奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2015/5/30

嵯峨島体感ウォーク2  富江
 クリックすると元のサイズで表示します
 29日(金)30日(土)は二日続きの日当直なので、全く当たらなかった競馬も買いましたが、ブログも珍しく2日続けて書いています。
 奈留に来た時から巡りたかった嵯峨島一周クルーズ、これも出来るので大喜びです。
しかも、晴れてはいませんが、波・風共に全くないべた凪のクルーズ日和。
女岳を後ろに見ながら、一周は左回りに開始。
 クリックすると元のサイズで表示します
 男岳の火口を海上から眺めますが、緑が何とも言えない絶妙の緑。
 クリックすると元のサイズで表示します
 クリックすると元のサイズで表示します
 ずっと見たいみたいと思っていた女岳火口の海上からの眺め、この船は火口の中央にいることになりますが、空撮の写真で思っていたほどは、火口の縁を内側から眺めている感じはしませんでした。
 クリックすると元のサイズで表示します
 こんな海蝕洞も見られますので、中に入れるような船があれば良いのですが。
船員さんは、釣りに来て上から誤って滑り落ちる人もいる、と言ってました。
 まあ五島に来て苦節?10年!やっと念願の夢は叶いました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 嵯峨島は立派なツワが有ることで有名で、ツワ引きツワーも有るようで、道端には沢山ツワが生えていました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 桑の実もたくさん実っていて、初めて食べましたが、そんなに酸っぱくはありません。
たくさん食べると、舌が黒くなるそうです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 わざわざ三井楽公民館の館長さんも来ていただいて、道々草花の説明も受けましたが、右から左へと(左から右でしたかね?)名前は抜けていきます。
その中でこの「ママコノシリヌグイ(継子の尻拭い)」は覚えました。
この棘のある枝でお尻を拭かれた継子は、痛かったでしょうね。
韓国では「嫁の尻拭き草」と呼ばれているようです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 嵯峨島の道端にも野アザミは群生していましたが、その枝に泡状の白い塊がたくさん付いていました。
これは「蛍の卵」ですと説明され、こんな水のない所で蛍は育つのか不思議がったり、これだけ卵があったら、1か月後にこの山道は蛍が乱舞してるようになると思いました。
しかし、帰ってから調べると、どうもこれは日本のいろんな地域に誤って伝えられ信じられているだけで、この白い泡は蛍の卵ではなくアワフキムシの幼虫らしいです。
皆さんの地域ではどうですか?
  ということで、嵯峨島体感ウォーク、ちょっと疲れましたがよき旅でした。
 三井楽支所地域振興課の皆さん、お休みの日にありがとうございました。

    返事
大雪男さん:定期船でのクルージング代が500円と格安。
   定期船往復船代830円、弁当が500円だと思います。
    千畳敷と言うぐらいですから、オーモンデ充分踊れます。
    嵯峨島の花がデカい印象はありませんでしたよ。
花水木さん:私は腰が引けてる姿を見てるだけで怖くなってました。

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ