奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2015/10/7

柳川川下り  九州本土
 クリックすると元のサイズで表示します
 ここは一応予定した柳川です。
柳川藩主別邸の「御花」は昔行ったので玄関を見るだけ、北原白秋の生家にも行かず、名物の鰻も食べずに、川下りだけしました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 夕方遅くなったので、二人だけで貸し切りのようになってしまい、優雅に川下り。
川下りと言っても、天竜川や保津川の川下りと違って、流れのない堀をどんこ舟と言う前後のない舟に乗って漕ぎ進むだけ。
この前方の橋を美女二人が渡って行きましたが、船頭さんの話では、「御花」の旧藩主の末裔のお嬢さんとのことで、可愛いが性格は・・・・と、説明されました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 私と一字違いのこの船頭さんは「つつみ」さん、歌も上手でたった二人だけの客でも楽しい話を色々してくれました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 時々は低い橋をくぐるため、私たち二人は船底に寝転がって、船頭さんは橋の上を歩いて、船はくぐり抜けていきました。
 よく写真やCMにもある柳川の川下り結婚式は、船べりが白いどんこ舟に乗っていくそうです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 最後に今回の旅行の目的地で目的を果たして、鹿児島本線の小さな駅で家内を見送り、私は長崎港からジェットホイルで福江島に、家内は博多から新幹線で京都に帰ります。
 ありふれた古びた夫婦の小旅行ですが、別れて別々の家に帰るというのがみそで、ちょっとした不倫旅行気分になれてなかなか良いものでした。
   あれは1週まえ 見送るあなた駅に残し
     動き始めた鹿児島本線に 一人とびのおった
   ひなびた町いの昼下がり  JR駅の前に立たずうむ
     ポロシャツのあなたに 別れの言葉さえ 忘れて〜た
            喝采

        返事
綾部のとしちゃん:もう少しトライを狙って
    積極的に8強入りを狙ってほしかったのですが、
    相手のプレッシャーを感じていたのですかね。
     私も試合中は「ボールを蹴り出してプレーを一旦切ってくれ」と思いながら
    いつもいつもヨタヨタ走っていました。
花水木さん:トッピングはシラスです。
    クリックすると元のサイズで表示します
    天井広告はこんな感じ、升席に寝転ぶと目に飛び込んできます。

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ