奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2016/10/23

神代の時代0‐5元伊勢外宮  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 日本で最大ぐらいの神様天照大神は、今は伊勢神宮の内宮に祀られているのですが、その前は丹波〜丹後の辺りで祀られウロウロされていたようです。
したがって外宮も同じくうろついていたのか?、丹後大江山近くに元伊勢と言われている内宮・外宮があります。
写真はこの元伊勢外宮へ向かう石段です。
  クリックすると元のサイズで表示します
 イザナミが床についている時に、その尿から生れた最後の神は、穀物の成育をつかさどる和久産巣日神(ワクムスビノカミ)ですが、この最後の神の御子が豊受気昆売神(トヨウケビメノカミ)で、多くの食物をつかさどる神です。
この神さんを祀ってるのが外宮です。
  クリックすると元のサイズで表示します
 この大江山近くの元伊勢は、内宮である皇大神社も立派ですし、元伊勢と言われている場所は他にもたくさんあるようですが、一応ここが一番有名な元伊勢です。
 次回は皇室の元になり、日本一有名な神天照大神を祀る内宮の順番ですので、セットになってるような外宮を紹介しましたが、伊勢には行けなかったのと、伊勢が有名すぎるので、あえて元伊勢にしています。
 クリックすると元のサイズで表示します
 私の母は丹後の産まれ、私は子供の時から元伊勢と言えばここと、行ったこともあったのは天橋立の向こう成相山側にある元伊勢で、ここの外宮は眞名井神社(マナイジンジャ)、その参道で神秘的ですし、これより奥は撮影禁止です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 外宮と内宮のどちらが上かは難しいですが、ワクムスビはアマテラスより先に産まれたお兄さんですが、トヨウケビはその子ですので、アマテラスは叔母にあたります。
又アマテラスは、自分一人では食事が安らかに出来ないので、丹波国の比沼真奈井(ヒメノマナイ)にいるトヨウケビを呼んでくださいと言い、伊勢の国に行かれたそうです。
したがって今は空になってしまったこの眞名井神社、キミマロズームでだけ近づいて撮りました。

     返事
花水木さん:三嶋大社と嶋と書くのが正しいのですね。
    早速私の文も嶋に訂正しました。
大雪男さん:ボブディランと連絡付かないようで、面白いですね。
タグ: 天皇陵

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ