奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2018/8/10

佐川美術館の田中一村展  趣味
   クリックすると元のサイズで表示します
 琵琶湖大橋の近くにある佐川急便の佐川美術館、家からは途中越えで1時間弱で行けます。
この正面看板は、黒田丈二さんの作品だと思いますし、20年前の開館早々に黒田辰秋展もあったと思いますし、その時は息子の丈二さんも生きていましたね。
  クリックすると元のサイズで表示します
 琵琶湖をイメージしているのか、水の上に浮いたような美術館の建物は、20年経っても綺麗です。
   クリックすると元のサイズで表示します
 建物の中からも、葦の植えられた水辺の庭が見渡せます。
   クリックすると元のサイズで表示します
 平山郁夫の絵の収集でも知られた美術館ですが、二人とも平山郁夫さんはそれほど好きではないのでパス。
 もう一人彫刻家佐藤忠良(サトウチュウリョウ)の作品をたくさん集めてることでも有名です。
庭の水面に置かれた「蝦夷鹿」の作品も忠良さんです。
忠良さんの作品はなかなか良いですが、私にとっては我々世代のアイドルでもあった女優の佐藤オリエの父親、の方が分かりやすかったです。
  クリックすると元のサイズで表示します
 男子トイレも20年前に出来たとは思えないぐらい。
   クリックすると元のサイズで表示します
 トイレに寄ったわけではなく、田中一村さんの生誕110年ということで、奄美大島で作品を書き続け、あまり作品を認められないうちに島で亡くなった画家 田村一村展が佐川美術館で開催されていたからです。(1000円)
  クリックすると元のサイズで表示します
 若いころの南画家としての作品が多く、奄美大島の作品は少なかったので、ちょっと物足りない展覧会でした。
子供の時からめちゃくちゃ上手、特に虫は上手でしたが、鳥は軍鶏以外はもひとつ、やっぱり若冲は天才ですね。
 69歳で亡くなるまで一人ものだったのですかね、もっと奄美の絵を見たいものです。

       返事
花水木さん:大丈夫です!
    遊園地9時間中6時間は座っていたと思います。
    好きなキノコ狩り5時間可とはすごいですが、
    まあ私も好きな麻雀なら5時間は楽勝ですね。
     オートバイでは友人の息子を二人も亡くしているので、
    孫にも乗ってほしくはありませんね。

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ