奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2019/5/1

宇治平等院  京都
 クリックすると元のサイズで表示します
 10連休も半分終わり、今日からは令和の世になりました。
連休は日帰りで遊ぶ予定ばかりですし、2日間はちょっと働きます。
 28日は叔母の卒寿の会で、夫婦で宇治に出かけました。
久しぶりに宇治橋を渡ります。
 クリックすると元のサイズで表示します
 会場の平等院前の料理屋に早く着いたので、小学校の遠足以来?の平等院(600円)に入りました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 平等院と言えば、なんといっても10円玉に刻まれたこの鳳凰堂です。
小学校の遠足の時には、この石灯籠の前で記念写真を撮ったような気がしますが。
 クリックすると元のサイズで表示します
 阿弥陀如来のお顔が、この格子の向こうに丁度見えるのも、確か有名です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 前の池も綺麗にして水も溜めて、屋根の鴟尾も金ぴかの鳳凰に変わっています。
 クリックすると元のサイズで表示します
 クリックすると元のサイズで表示します
 連休で観光客でごったがえしていましたが、季節もよく、藤棚も満開、ツツジも満開、良い季節になりました。
 と思ってたら、この2〜3日は寒くて、家内はストーブを片付けたことを後悔しています。

     返事
花水木さん:一進一退・成人映画・精力善用?などですかね。
     初孫女の子誕生おめでとうございます。
    東京でもなんとかこれを読んでてくださいよ。
大雪男さん:私の末娘が産まれた時に、
    次男(6歳)が「○○子が産まれた」と近所のおばあさんに伝えたら、
    「私と同じ名前だは」と答えられて、次男はちょっと嫌な顔をしたそうです。
    そのことを、笑いながらおばあさんは家内に話したそうですが、
    花水木さんも、「こんな爺さんと同じ生年月日か」
    と、ちょっと嫌な顔をされてるかもしれませんよ。
     
タグ: 鳳凰堂 卒寿

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ