奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2007/10/9

満ち潮・引き潮  
 「満潮で人が生まれ、引き潮で人が亡くなるか?」 花水木さんの質問ですが、京都では海がないので、あまり聞いたことはなかったですが、ここ奈留島では、患者さんがいよいよとなった時、看護婦さんは「8時が引き潮だから準夜ぐらいね」とか言ってくれます。
 ただし入院患者は、点滴などで昇圧剤や利尿剤など、いろいろ使っている人が多いので、なかなかそうはいきません。
クリックすると元のサイズで表示します
 2005年12月の日別の出生数のグラフです。1週間周期で波のようなグラフになっています。
すなわち曜日で見ると、火曜日に生まれる人数は、日曜日より千人ほど多く、明らかに土日休日に生まれる人は少ないのです。又時間帯別の統計では、14時台の出生数が深夜帯(1時・2時)の2倍以上だそうです。これは良い悪いは別にして、陣痛促進剤の使用によるものでしょう。
 今の世の中、生まれるときも死ぬときも人工的に管理されているようです。他人事のように言っていますが、私もそうすることで御飯を食べてきました。
 もっと自然にしていたら、月の満ち欠けは生物の一つである人間にもっと影響を及ぼしているでしょうね。
 結局花水木さんの質問の対する答えは、「そうでしょうけど、そうでもない」ぐらいですか。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ