奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2008/6/19

院内旅行3  九州本土
 2日目は、昨晩からの雨が止まず、朝から大雨です。
    本日は自由行動、、   390円のジャンプ傘 (安いですねえ) を買って、予定通りシーボルト記念館を目指しました。
クリックすると元のサイズで表示します
 受験勉強で憶えた、萩の松下村塾・大阪の適塾と同じく、長崎と言えばシーボルトが開いた鳴滝塾が有名です。
 長崎へ来たら鳴滝塾へ行こうと思っていた願いが、やっと叶いました。
 と言うのも、私が特に記憶力が良いのではなく、私が京都の太秦近くの鳴滝で生まれ、2歳ぐらいまで過ごし、大学生の時は一人で又そこに住んでいた過去が有るからです。
  京都の鳴滝は、滝らしい滝も無く、もちろん滝の音も聞こえませんが、当時は、市川雷蔵の新居や嵯峨三智子の家が有って、太秦撮影所もまあ近かったです。(文徳天皇陵でも遊びました)
 クリックすると元のサイズで表示します
 鳴滝塾跡とシーボルト記念館を目指して、雨の中を登っていくと、ゴーゴーと滝の音が聞こえてきました。
 長崎の鳴滝の地名は、やはり京都の鳴滝から採ったようですが、長崎の鳴滝には、今でもゴーゴーと鳴っている滝が有りました。
 多分、雨が降っていなかったら細い流れなのでしょうが、さすが雨男!怖いぐらいの急流です。
    これが本当の<b>鳴滝</b>です!!
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
 鳴滝塾の跡(シーボルト宅跡)は、山すそにシーボルトの胸像のみで、何も無かったですが、シーボルトには不可欠の (おタキさん)陽花紫が、これも丁度雨の6月で満開!
   誰もいない雨の鳴滝塾と、100円の入館料しか取らないシーボルト記念館、
  390円のジャンプ傘をさして一人たたずむ過去ある男!
    運動靴の中がグジュグジュしてこなかったら、絵になるのに・・


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ