奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2008/7/31

奈留八景その4  奈留島
 三つ目、粟津晴嵐に対しては、
晴嵐と聞くと、真っ先に浮かぶのは、プラモデルで作った日本の水上艇「晴嵐」と、奈留島でも好きな野首の風景です。
 晴れた日でも、風があって、波も高く、まさに晴れた嵐!
晴嵐には、野首が一番合うと思って調べたら、なんと晴嵐は「山霞に煙ってかすんで見える風景」とのこと。
 まったく私の思い違いでした。しかし、今更そのイメージを変えられません。
   「天気晴朗なれど浪高し」のイメージで。
クリックすると元のサイズで表示します
   野首晴嵐 (のこびせいらん)
       無理やりでも素晴らしい!!

 四つ目は比良暮雪に対応して、
奈留島にも、比良山程高くはないですが、山はいくつか有ります。
しかし、暮雪には困りました。この3年間で、小雪はちらつきましたが、積雪は見ていません。
 雪はあっさり諦めて、霧にしてみました。
病院に近い城岳(しろんたけ)に霧はよく発生するので、暮霧(ぼむ)なんてどうでしょう。なんかオムライスのチェ−ン店にこんな名があったような気がしますが・・・。
     クリックすると元のサイズで表示します
     城岳暮霧 (しろんたけぼむ
        素晴らしいが字足らず!


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ