奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2008/9/13

奈留島銅像巡り 1  奈留島
 3連休は3連直で、チョットブルーな気分です。
その1日目、雨が降ってきて、本日からのソフトボール大会も順延と、告知放送が告げています。
 本日は比較的患者さんも多く、夕方にはもう10人を超えました、すっかり当直気分です?

 巡り巡りづいて、今度は散歩の時に眺めている、奈留島の銅像を訪ねる旅です。
     クリックすると元のサイズで表示します
 先ずは、フークの良きドッグラン場に成っている、総合グランドの隣に有る総合体育館
   その玄関横に、「明日への掛橋
     2少女の立像です。
 町制施行30周年を記念して、昭和62年(1987)11月に建立と書いてありました。
作者は、私は知りませんが、佐藤敬助さんです。

     クリックすると元のサイズで表示します
 奈留病院玄関入って直ぐに目に付く、「やんちゃ医者」と銘のある銅像です。
 平成4年(1992)奈留病院が増改築され、今の姿になった時に出来た像です。
その頃は、奈留町も奈留病院もかなり金持ちだったのでしょうね。
 病院自体の外壁タイルや内装も、金のかかった造りになっていて、この像も余裕を持って作られたと思われます。
 作者はこれまた、佐藤敬助さんでした。

インターネットで調べると:佐藤敬助さん
 長崎大学の教授も兼ねた彫刻家で、大阪の御堂筋の彫刻群に、高村光太郎・ロダンなどと共に並んでいるので、それなりに有名な人のようですね! 子供の彫刻が得意か?


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ