奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2008/10/14

反省  
 先週は最悪の結果でしたね。
30年ほど前に、あと1勝したらいいのに、負ける気満点の中日に負け、巨人にも負けて優勝を逃し、笑いものになった時より酷いですね。
 まあ今年は、誰が悪いとも言い難く、そんな中で岡田監督が潔く辞めるのは、日本シリーズや来年の、選手の発奮材料には成りそうです。
{前半は勝ちゲームをよく観ましたが、8月は観ると負け、9・10月はよう観ませんでした}
 監督としての岡田監督は、星野が辞めて早く監督になったにしては、なかなかよくやったと思います。あんな「あほ顔」ですが、さい配には一貫性もあってなかなか賢いと思います。
 
 先週は、家族的にはもっと好い事も有りましたし、連休は奈留島体育祭や、1泊で福江島に行って阪神の傷を温泉で癒してきました。

 さあ! これからはNFLです。
ドルフィンズもペイトリオッツ・チャージャーズと連破(今週は残りゼロで逆転負け)して、昨年よりは楽しめそうです。

 週末は高校の同窓会で京都に行きます。
ゴミ箱霊場巡りもいよいよ佳境(マンネリ)に入り、又ブログ頑張ります!
 島の医者の仕事もします!

 追伸
TV「誰も知らない泣ける歌」で、今、奈留島が映り、「瞳を閉じて」が流れましたが、チョット追求不足で残念です。

2008/10/9

奈留島121ヶ所ゴミ箱霊場観光巡り 10  奈留島121ヶ所ゴミ箱霊場観光巡り
     クリックすると元のサイズで表示します
 第9番霊場江上教会にも別れを惜しみつつ、三叉路を北にとると、こんな可愛い江上のバス停留所を右に見て、すぐに、
     第10番霊場蒲○誠宅手前橋角(右側)のゴミ箱に行き着けます。
    クリックすると元のサイズで表示します
 この霊場も3軒分ぐらいだけのゴミ箱霊場であり、小さな橋の傍らに陽を浴びて静かにたたずんでいるだけです。
    クリックすると元のサイズで表示します
 霊場の向かいの海は、ほんの少し防波堤もある港になっており、その向こうには奈留瀬戸を隔てて久賀島が見えます。
    クリックすると元のサイズで表示します
     クリックすると元のサイズで表示します
 ここからは少し海岸道路を、海を左手に見ながら歩きます。
そして、奈留島の西北端である大串湾に沿って、第11番〜18番霊場を順にめぐりましょう。

2008/10/7

奈留島121ヶ所ゴミ箱霊場観光巡り 9の2  奈留島121ヶ所ゴミ箱霊場観光巡り
 
 第9番霊場元江上小学校海側(三叉路左角)のゴミ箱巡礼のメインは、むしろ霊場奥にたたずむ、
      江上教会です
      クリックすると元のサイズで表示します
 世界遺産に登録を予定されている長崎教会群のひとつで、上五島出身で教会建築の父と言われている鉄川与助さん作の可愛い木造建築です。
 世界遺産に登録されたのがいい方に向いて、いつまでも奈留島の名所として残ってくれることを祈ります。
     クリックすると元のサイズで表示します
 奈留一番の名所といっても過言ではなく、前方の南国っぽい木の間から垣間見える教会は、私のお気に入りです。
 こんな教会で結婚式を挙げたいものです。
    クリックすると元のサイズで表示します
 内部の柱は、わざわざ木目模様に塗って装飾すると言う手の込んだ造りです。
大正7年完成時には、40〜50戸の信者さんがおられ、前の海で何故かその年には、キビナの大漁が続いた為に、完成さすことが出来たという話もあるようです。
 今はわずか2〜3戸の信者さんが、綺麗にここを守っているだけです。
     クリックすると元のサイズで表示します

2008/10/6

奈留島121ヶ所ゴミ箱霊場観光巡り 9の1  奈留島121ヶ所ゴミ箱霊場観光巡り
     クリックすると元のサイズで表示します
   第9番霊場元江上小学校海側(三叉路左角)のゴミ箱は、
 夏井・大串・小田の3方向からの道路が合わさる三叉路に、海を向いて鎮座しています。
     クリックすると元のサイズで表示します
 今や数軒になってしまった江上地区のゴミ箱なので、小さいですが、この地区の人は綺麗好きで正直ですので、ゴミ箱やその周辺は綺麗に片付いています。
    クリックすると元のサイズで表示します
 背景には、平成10年に廃校に成った、江上小学校の立派な校舎が、今も使われてないまま立ち続けています。
    クリックすると元のサイズで表示します
 霊場の前は海。久賀島がすぐ近くですし、大串湾の反対側も目と鼻の先です。
昔ここでは、キビナ(キビナゴが地引網で沢山獲れたようです。
    クリックすると元のサイズで表示します
 キビナ:鹿児島名物と思っていましたが、五島でもよく獲れて、安くて、刺身やいり焼きで食べると美味しいです。(この写真で50〜100円ぐらいか)
          9の2に続く

2008/10/5

奈留島121ヶ所ゴミ箱霊場観光巡り 道程編  奈留島121ヶ所ゴミ箱霊場観光巡り
  クリックすると元のサイズで表示します
 第8番霊場からは島の西側の山道をクネクネと北上します。
途中、お墓なのか道祖神なのか分かりませんが、これもある一家がずっと掃除を続けているようです。
    クリックすると元のサイズで表示します
 この道がクルット周っている谷間は、大型ゴミなどの一般廃棄物最終処分場として、埋立地になっていましたが、現在は休業中のようです。
    クリックすると元のサイズで表示します
 救急患者搬送用の大型へリポートも、ここに有ります。
ここから主に、大村の医療センターまで、ヘリコプターは飛んでいきますが、ここまで救急車に同乗してくるだけで酔ってしまう私は、ヘリには乗らなくても良いのは幸いです。
     クリックすると元のサイズで表示します
 海岸に出たところが、廃村になってしまった小田ですが、奈留八景で紹介したように、夕陽は綺麗です。もう一度未公開分をご覧ください。
   クリックすると元のサイズで表示します
   クリックすると元のサイズで表示します
 小田から海岸線に沿って歩くと、全行程3qぐらいで第9番霊場に到着です。
地図と写真で比べてください。

2008/10/4

奈留島121ヶ所ゴミ箱霊場観光巡り 番外編  奈留島121ヶ所ゴミ箱霊場観光巡り
 土日は当直です。
夕方までに救急車が3回も入ってきたり、他にも5人ほど急患があったので、忙しかったですが、久しぶりに競馬も入ったので、機嫌よく仕事をしています。
 阪神も「もうチョットしっかりしてよ!」

 奈留島121ヶ所ゴミ箱霊場観光巡りものんびりと進んで、やっと8番終了。
 最初に説明したように、この121ヶ所は単なる数字ではなく、四国八十八ヶ所西国三十三ヶ所の両方巡るのと同じくらい霊験あらたかな 88+33=121
 に偶然ではなく、神仏の御啓示で決まったものです。
     クリックすると元のサイズで表示します
 おかげさまで、全国的な人気も出てきたようで?
その証拠に、この人気にあやかってか便乗して?
 天下のNHKも視聴者の強い要望で?10月から
   はじめての西国三十三ヶ所巡り(さんじゅうさんしょと読むんですね)を放映しだしました。(毎週水曜日夜10時)
 参考にするため、観てみる予定で、この本も買いました。
今後NHKから本家である奈留島121ヶ所ゴミ箱霊場観光巡りのシリーズ放映の依頼があれば、恥ずかしがらずに受けるつもりですので、その時には121回の放映全部を観て下さいね!

2008/10/3

奈留島121ヶ所ゴミ箱霊場観光巡り 8  奈留島121ヶ所ゴミ箱霊場観光巡り
   クリックすると元のサイズで表示します
 宿輪の港の埋立地にやや長い名称の、
第8番霊場 外西海物揚場内道路横(吉○酒店前付近)のゴミ箱が堂々鎮座しています。
 がっちりしたブロック造りで、何が入っても(せいぜい空き缶なのですが)壊れないぞ!と言う風貌です。
     クリックすると元のサイズで表示します
 ここ[宿輪」と言う地名の由来は、昔調査のために訪れた役人が、浜辺で輪になって焚き火を囲み、一夜の宿を取ったという事から、[宿輪」と名がついたそうです。
 奈留島には、[宿輪」姓の人も沢山おられます。

 それなら西部劇でよく見た、焚き火を囲んでの野営から、アメリカ西部にはかなりの数の「宿輪」⇒「Ring Hotel」や「Hotel Circle」と言う地名が有っても良いのに・・・・・無いですね?
    クリックすると元のサイズで表示します
 この宿輪の港には、まき網船団の一つもまだ残っていて、この日は大漁旗もはためいていました。
 読者の皆様もうご存知の月夜間、これが明けて漁に出る出網(デアミ)の日にも、大漁旗は揚げるそうで、揚がっているから大漁では必ずしも無いようでした。

2008/10/2

九州旅行6 砂風呂など  九州本土
    クリックすると元のサイズで表示します
 3泊目は指宿まで足を伸ばし、池田湖や開聞岳も見てきました。
開聞岳はそんなに大きな山ではないですが、富士山の形で海からずっと綺麗に盛り上がった姿は、やっぱり感激です!
 旅の目的第5番目は、指宿の砂風呂初体験です。
「10分〜15分ぐらい入ってください」と言われ、砂をかけられましたが、最初の5分は「砂が重たいなあ」とばかり考え、次の5分は「熱いなあ」と、心地よく眠ってしまうのではないかと言う思いは、間違っていました。
    クリックすると元のサイズで表示します

     クリックすると元のサイズで表示します
 可愛山陵のある川内(センダイ)の隣に阿久根市が有ります。
ここに京都の友人の奥さんの実家が有るので(人の家に行くのは大好きです)、寄ってみるのが第3番目の目的です。
 ここで薦められたのが、鶴が来るので有名な出水(イズミ)[京都人なのでデミズと読んでしまいますが]の武家屋敷群
 お勧めだけあってなかなかよく保存され、予想以上に広い範囲で、静かで、有名ではないがお勧めです。

 と言う次第で、終わってしまえばなんと言うこともない、自分勝手な九州旅行でした。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ