奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2017/7/22

菊水鉾茶会  京都から
 クリックすると元のサイズで表示します
 暑い京都、7月16日(日)祇園祭の宵山見物に、昼間ですが行きました。
四条通の函谷鉾。
  クリックすると元のサイズで表示します
室町通りの菊水鉾。
  クリックすると元のサイズで表示します
 菊水鉾のご神体の稚児人形「菊丸」です、巡行の日は鉾の前に飾られます。
 菊水鉾は、私の小学生の頃?、いずれにしろ戦後に再建されたまだ新しい鉾です。
   クリックすると元のサイズで表示します
 菊水鉾の町内には、昔金剛能楽堂があって、そこには「菊水の井戸」という名水が湧いていたそうです。
その為か、祇園祭の時には菊水鉾茶会が行われます。
 その日は表千家の順番の日で、娘が手伝いに出ているので、家族中で参加しました。(私は初めてです)
 お菓子はいつも、涼しそうな透明の羊羹?、亀廣永の「したたり」で、この黄色な大きな皿は貰って帰れます。
  クリックすると元のサイズで表示します
 祭の屋台でスーパーボールすくいをさせたり。
   クリックすると元のサイズで表示します
 少し人混みを離れて、勝手知ったる道を歩いて(子供の時のテリトリー内です)、はずれた屋台で(鉾周囲の屋台よりずっと安くなってると思います)氷を与えたりの孫サービス。
  クリックすると元のサイズで表示します
 最後は皆で喫茶店に入って、私はそこで孫3人分の氷より高い氷を食べて、帰りました。

    返事
花水木さん:鳥だけ雄が綺麗とのことでしたが、
    人間だって雄の方が綺麗ですよ。
    綺麗でない雌は化粧でごまかしているだけです。
    でも私は雌が好きですよ!
     ケーキの皿に目が行くとは、私は気にもかけませんでした。
    1枚の写真を見ても、人によって色々感想が違うのですね。
    


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ