奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2018/1/10

正月明けの旅行1  
 クリックすると元のサイズで表示します
 昨年も泊まった岡山県牛窓のホテル、あまり同じ所には泊まらない私ですが、ここのホテルの朝食が美味しかったのと、食堂から島を結ぶフェリーの発着が見え、その向こうにある島にも渡りたくて、正月明けの連休に行ってきました。
   クリックすると元のサイズで表示します
 ホテル横の牛窓港からフェリーで5分、120円の前島までの船の旅です。
奈留島にある前島は「まえしま」ですが、岡山の前島は「まえじま」のようですし、面積もだいぶ大きそうで、人口は180人ほどらしいです。
   クリックすると元のサイズで表示します
 前島フェリーは2隻の船で運航しているようで、朝6時から夜10時まで40分毎の運航なのでかなり便利そうです。
 人だけで乗ったのは私たち老夫婦だけですが、車は5台ほど乗ってきました。(車でも千円台の運賃の安さ、かなり補助が出てる気がします)
  クリックすると元のサイズで表示します
 島に降りて、二人でブラブラと近くだけの散歩コースを歩きましたが、島民には誰にも会いません。
 小豆島がまじかに見えます。
   クリックすると元のサイズで表示します
 「ブラタモリ」で学んだ「メサ」という地形、典型的なメサの四国屋島が、台形型の姿を見せています。
さすがに瀬戸内海、波は穏やかです。
   クリックすると元のサイズで表示します
 ここは日本の夕陽百選に選ばれていますが、今日の夕陽は雲から顔を出してくれませんでした。
 こんな風に海を眺めていると、奈留島の海を想い出します。
というか、ロマンチスト?の私は、想い出したくてここに来たのかもしれません。
  クリックすると元のサイズで表示します
 この島にはキャベツ畑や白菜畑がたくさん有りました。
漁業ではなく農業の島のようですね。
ちなみに、白菜はこんな風に結んでおかないと丸くならないそうですね。
  クリックすると元のサイズで表示します
 30分ほどの散歩を終えて、次の船までフェリー乗り場で休憩、ここの島の駅もっくりで、キャベツと夏ミカンを安いので買って帰りました。
  クリックすると元のサイズで表示します
 この船に乗って帰りますが、前島から牛窓までは奈留島と前島よりも近いですね。
奈留島の前島の人たちと同じように、橋を架けようとした時に、この島の人たちも、橋が出来たら本土から悪い人たちが入ってくると、拒否したのですかね。

      返事

花水木さん:この世の中は狭いですね、
    やっぱり良いことをしておくと、巡り巡ってこのことを知ってる人に巡り合ったり、
    感謝されたりするので、こまめな善行は大事ですね。
大雪男さん:地下鉄などには、若い人や子供が溢れているのに、
    田舎には本当に子供が少ないですね。
和さん:すごい旦那さんですね、
    会って教えてもらいたいです。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ