奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2018/12/30

徳島から倉敷・へ津山  
クリックすると元のサイズで表示します
 今回の旅2日目は、家内の実家によって墓参り。
いつものようにたくさんのお土産を車に積み込んで、瀬戸大橋を渡って本州に戻ります。
    クリックすると元のサイズで表示します
 昔行った倉敷駅前のチボリ公園、今や廃園となって、アウトレットに様変わりしていますが、駅前のシンボルタワーや、アウトレットの中にも、少しだけチボリ公園の面影が残っています。
     クリックすると元のサイズで表示します
 倉敷美観地区近くのホテルに泊まって、瀬戸内の魚を食べに近くの居酒屋に。
酔い覚ましに、夜の大原美術館を廻ってホテルに戻りました。
   クリックすると元のサイズで表示します
   クリックすると元のサイズで表示します
 3日目朝、まだ観光客も少ない美観地区の屋並と大原美術館。
   クリックすると元のサイズで表示します
 大原美術館所蔵の中で有名なエル・グレコの「受胎告知」は、もちろん写真撮影禁なので、大塚美術館のエル・グレコ作品を替わりに掲載。
 ここも有名な作品多かったですが、展示量としては丁度良いぐらい、昨日の大塚国際美術館は多すぎました。
中でも、洋画家の児島虎治郎の作品は意外と気に入りましたし、熊谷守一の「陽が死んだ日」が良かったです。
     クリックすると元のサイズで表示します
 棟方志功の作品もたくさん有りましたが、もちろん撮影は禁止ですので、泊まったホテルの壁画で我慢してください。
     クリックすると元のサイズで表示します
 帰りは津山に廻って、津山城は石段を登っただけで済ませ、津山駅裏の=津山まなびの鉄道館=へ。
     クリックすると元のサイズで表示します
 津山駅には扇形機関車庫と転車台が残っていて、記念館になっています。
    クリックすると元のサイズで表示します
 この転車台はまだ現役で、動きます。
     クリックすると元のサイズで表示します
 この日は津山線開業120周年のお祭りで、テント屋台で津山ホルモンうどん・そずり鍋・新庄ししメンを食べました。
    クリックすると元のサイズで表示します
 しかし、帰った我が家にも、埃はかぶっていますが、扇形期間車庫と転車台、それにラッセル車やDD13型デイーゼル機関車もあります。

2018/12/26

鳴門の大塚国際美術館  
    クリックすると元のサイズで表示します
 明石海峡大橋・大鳴門橋と渡って、四国鳴門の大塚国際美術館に行きました。
原寸大システイーナ礼拝堂のミケランジェロの天井画が、陶板で再現されています。
家内はヴァテイカンで本物を見た時に「ここは大塚国際美術館と同じ!」と、変に驚いたそうです。
    クリックすると元のサイズで表示します
 天井画の中でも有名な、このアダムと神様の絵は、私が高校の時に見たチャールトン・ヘストンの「華麗なる激情」?のタイトルバックにも使われたので、懐かしい思い出があります。
    クリックすると元のサイズで表示します
 「飛び込む男」古代画にしては、新鮮です。
丁度20年前に出来た大塚国際美術館、その直後に行ってますが、順番どおりに古代ギリシャから回り、子供もいたこともあって、途中疲れて肝心の所は飛ばしてしまったりしてしまいました。
   クリックすると元のサイズで表示します
 今回はゆっくりと、先ずは美術ボランテイアさんがやってる定時ガイド(2時間)に付いて回りました。
 フェルメールの部屋には「真珠の首飾りの少女」など5作品が並んでいて、思ってたより小さいですが、ここは全部原寸大。
   クリックすると元のサイズで表示します
 「最後の晩餐」の修復前、もうこれは見れません。
    クリックすると元のサイズで表示します
 「最後の晩餐」の修復後、両方向かい合って展示されてるので、比較できますが、修復してよかったかどうかは難しいですね。
    クリックすると元のサイズで表示します
 色んな時代の色んな「最後の晩餐」を比較することも出来ました。
    クリックすると元のサイズで表示します
 お昼に館内のレストランで食べた、最後の晩餐を元にした1800円の「最後の晩餐」。
色の割にはこの和牛、柔らかくて美味しかったです。
   クリックすると元のサイズで表示します
   クリックすると元のサイズで表示します
   クリックすると元のサイズで表示します
    クリックすると元のサイズで表示します
   クリックすると元のサイズで表示します
     クリックすると元のサイズで表示します
    クリックすると元のサイズで表示します
       クリックすると元のサイズで表示します
    クリックすると元のサイズで表示します
 誰でも一度は観たことがある名画が千点以上、これでもかと言うぐらい陶板で実寸大に再現されていてます。
しかも、触ってみることも出来、写真も撮り放題です。
    クリックすると元のサイズで表示します
 焼けて無くなってしまった分も含めて、七つのゴッホの「ヒマワリ」が一つの部屋に集まっていましたが、それほど感激はしませんでした。
   クリックすると元のサイズで表示します
 モネの「大睡蓮」の大きな絵は、丸く屋外に展示されています。
2000年以上、どんな環境に置かれていても色あせしないのが、この陶板名画の特徴ですので、京都の植物園横の半屋外にも陶板名画の庭があります。
    クリックすると元のサイズで表示します
 モネの池を眺めながら、お茶休憩。
 「セザンヌのアップルパイ バニラアイス添え」とスダチスカッシュを飲みました。
     クリックすると元のサイズで表示します
 レンブラントの「夜警」はもちろん有りましたが、昔の記憶でレンブラントの自画像ばかり集まった部屋があったはずでしたが、見当たりませんでした。
美術館から出てから、展示作品リストを読んで、一番上の階にあったのを知りました。
残念ですが、又10年後の楽しみに取っておきますか。
    クリックすると元のサイズで表示します
 5〜6時間大塚国際美術館に滞在して、その日は鳴門に泊まりました。
夕食のデザートで、この日は終了。

      返事
チャリンコさん:1・2着は決めていましたので、
    3着は悩んで、外国人騎手の馬を中心に買ったのが、
    吉と出ただけのまぐれです。
花水木さん:JRAのCMは金があるので(私の金も入ってます)、
    豪華な役者をいつも使ってますね。
     心旅は楽しみにしてますが、
    今回の静岡は観る機会があまり取れませんでした。
淡路島でマジックBARをしてた頃もあったさん:コメントありがとうございます。
     H病院の訪問診療は辞めることにしました。
      有馬は池添さまさまですが、そちらのルメールには及びませんよ。
      そちらの仁科明子はすぐわかりました。
     奥田瑛二さんはそっくりですが、高倉健はそれなりですよ。
和さん:歳とって朝は強くなりました。
    4時でも6時でも出発可です。
     男性トイレには、ドレッサーはなかったですが、広く綺麗です。

2018/12/24

有馬記念  趣味
   クリックすると元のサイズで表示します
 朝早くから、宝塚北サービスエリアに行きました。
今年の春に、新名神高速道路の高槻から神戸JCTが開通してから初めて通ります。
京都から西に行く時に、いつも混む宝塚辺りの中国道を迂回できる道ですが、確かに混んでいませんでした。
   クリックすると元のサイズで表示します
 それでもTVでも取り上げられて、混雑してるという宝塚北SA。
朝早いこともあってか、半年以上たって珍しく無くなったのか、宝塚出身の手塚治虫さんのリボンの騎士の周りにも誰もいません。
   クリックすると元のサイズで表示します
 タカラジェンヌの衣装も誰も見てません。
有名なトイレは綺麗でしたので、いつものように写真をと思いましたが、問題になったのか、撮影禁止の立札がありました。
 わざわざ寄る所でもない感じになっています。
    クリックすると元のサイズで表示します
 淡路サービスエリアからの明石海峡大橋。
この連休は四国〜中国と少し旅行しました。
 その為競馬はお休みですが、せめて有馬記念は買おうと、旅先から苦労して初めて携帯から馬券を少し買いました。
ご存知のように、私の池添君が勝ってくれたので、有馬記念3連単を獲りました!!!
 レイデオロの1着固定だけでなく、ブラストワンピースとの1・2着固定裏表のフォーメイションにして良かったのと、慣れない携帯からで、2度打ちして同じ組み合わせを2回買ったのを、わざわざ一つは消して、儲けが半分になった少し残念さと。
まあそれでも有馬を勝った記憶があまりないので、今年は嬉しいです。
 とりあえず、自慢と嬉しい報告のみで、旅行の話は次回に。

     返事
花水木さん:私は若い時から餡好きですが、
    さすがに「亀山」だけは食べられませんでした。

2018/12/19

小倉バター  
    クリックすると元のサイズで表示します
 名古屋のお土産に、婿殿から小倉バターを貰いました。
名古屋の喫茶店の豪華なモーニングサービスのトーストに、よく出てくるあれです。
愛知県東海市にある、小島食品製造株式会社の製品でした。
    クリックすると元のサイズで表示します
 早速朝のトーストに塗っています。
頭で想像してたより甘くなく、ラベル写真のように、更に少しバターを盛り付けて食べると、より美味しい!
  こういうの、私は大好きです!!

      返事
花水木さん:「22年前からも、ずっと仲良し」ではなく、
    「22年前は、仲良し」で、
     今はなかなか仲良ししてくれません。
     夫達は、いつまでも仲良くしてくれる妻を求めてるのですがね。
      『古より』これも読みが難しかったです。
     「いにしえより」か「ふるきより」かどう読むか迷いました。

2018/12/14

番外 藤原宮子  天皇陵巡り番外
    クリックすると元のサイズで表示します
 奈良市の北、すなわち平城京から少し北の丘陵地にも、古墳や陵がたくさん並んでいます。
東大寺の北西方向にある鴻ノ池運動公園の駐車場に車を停めて、元明・元正・聖武天皇陵と共に、藤原宮子(フジワラノミヤコ)の墓と言われる佐保山西陵(サホヤマノニシノミササギ)の七ツ石(ナナツイワ)を訪ねました。
 この陵はその横に出来た遊園地、写真の雪岩山で有名だった奈良ドリームランドの開発に伴って、破壊されたようです。
22年前に、そこで遊ぶ40代アベックが娘に写真を撮られていましたが、その頃から寂しくなりかけていた奈良ドリームランドは、12年前に閉園となっていました。
   クリックすると元のサイズで表示します
 やっと見つけた、この汚れた看板だけの七ツ石、第42代文武天皇の妃である藤原宮子(〜754)は藤原不比等の長女ですので、まあ平民です。
   クリックすると元のサイズで表示します
 どれが七ツ石なのか?全てで七ツ石と言うのか不明ですが、左の変な形の石が墓陵石らしいかもしれません。
 宮子の父である藤原鎌足の次男不比等も、実は天智天皇の御落胤という貴の説もありますし、宮子自身は紀州の海女であり、文武天皇がその美貌を見染てしまい、海女ではちょっとと言うことで、不比等の養女にしてから文武の妃にしたという賤の説もあります。
    クリックすると元のサイズで表示します
 なんとも寂しい史蹟周辺です。
 宮子の最大の功績は、文武天皇の後継ぎになる男子首皇子(オビトノミコ)(後の聖武天皇)を産んだことです。
 その後藤原一族が娘を天皇に嫁がせ、次の天皇の外戚になるという形を作った、最初の娘が宮子です。
   クリックすると元のサイズで表示します
 七ツ石の隣にあった黒髪山稲荷神社。
首皇子を産んだ後、宮子さんは引きこもり状態(うつ病?)なってしまったようで、737年50歳頃にやっと天皇になってた我が息子聖武と再会したぐらいです。
その後、夫文武天皇が亡くなってから50年近く経って、70歳ぐらいで亡くなってここに葬られたようです。

   返事
花水木さん:「27歳って儚げな感じですよね」と書かれてますが、
    「儚い」はなかなか読めませんでした。
    人に夢と書いて「はかない」と読むんですね。
    昔墓地の宣伝で、「墓の無い生活は、はかない」というのが有りましたが、
    「はかない」を「墓無い」と書くのならわかりますが、
    「儚い」と書くのは、ちと寂しいですね。
    「儚」と書いて「きぼう」と読みたいと、夢のような青臭いことも考えました。
     私は26歳で結婚したので、27歳は新婚生活中でしたが、
    確かにやや儚げでしたね。

2018/12/10

42⁻2草壁皇子  天皇陵巡り
    クリックすると元のサイズで表示します
 明日香から西南地域の山には終末期古墳が集まっていて、真弓崗(マユミノオカ)と呼ばれています。
その辺りにある、草壁皇子の陵と真陵の両方を捜してる時に、道を一筋間違えたのか、このマルコ山古墳に行き当たりました。
写真の中の耕運機操作中のおじさんに尋ねて、草壁皇子の陵を目指します。
    クリックすると元のサイズで表示します
 草壁皇子(クサカベノミコ)は、両親ともに天皇であり叔父と姪でもある天武・持統の二人の間に産まれています。
また妃の阿閇皇女(アヘノヒメミコ)(後の元明天皇)は、父親が天智天皇ですし、母親は姪娘(メイノイラツメ)なので、持統天皇とは異母姉妹(その上異母同士は姉妹です)。
 その間に産まれた子供は、元正天皇・文武天皇・吉備内親王と、皇族同士の濃い血の中で、草壁皇子は産まれ育っています。
    クリックすると元のサイズで表示します
 血の濃さのためか、草壁皇子は27歳の若さで亡くなり、母の持統天皇の執念も実らず、天皇になれませんでした。
 死後は、息子天武が天皇になったので、天皇の父親が天皇でないのは何かと不都合なのか、追尊天皇(ツイソンテンノウ)として、岡宮天皇(オカノミヤ)(662〜689)と追号されました。
 歴代天皇には数えられていませんが、墓は陵と呼ばれ、宮内庁の管理下に置かれています。
     クリックすると元のサイズで表示します
 この眞弓丘陵(マユミノオカノミササギ)(奈良県高取町)は正面に回れませんので、石垣と垣根の下から正面を仰ぎ見るようにして、写真に納めました。
     クリックすると元のサイズで表示します
 この陵に行きつく前に、細い峠道をえっちらおっちら自転車で登って行くと、峠の頂上には「的場」姓が多いい大きな家が密集していました。
この小さな看板に沿って進むと、春日神社という社があり、その境内にあったのが束明神古墳(ツカミョウジンコフン)です。
    クリックすると元のサイズで表示します
 束明神古墳、今でこそ神社横の小さな盛り土ぐらいにしか見えませんが、昭和59年の発掘によって、直径60mぐらいの大規模な八角形墳で、わずかに残っていた被葬者の若い歯牙から、こちらの方が本当の草壁皇子(岡宮天皇)の墓だったとする方が妥当なようです。
    クリックすると元のサイズで表示します
 眞弓丘陵からは坂を下って御所方面に出、斉明天皇陵にも寄って帰ったのは、もう1年前の出来事です。

      返事
花水木さん:大化の改新後に薄葬令が出され、
     持統天皇も火葬にされて、骨壺に納められたそうです(盗掘されましたが)
      お釈迦さんも火葬で、その仏舎利が分けられていますので、
     仏教と共に火葬は広がったと思います。
      私も田舎で土葬に参加してますが、
     昔はきれいに焼くのもなかなか大変で、薪代もバカにならなかったでしょうね。

2018/12/7

42−1文武天皇  天皇陵巡り
  クリックすると元のサイズで表示します
 父は草壁皇子(クサカベノミコ)で、母は天智天皇皇女阿閉皇女(アヘノヒメミコ)(後の第43代元明天皇)である軽皇子(カルノミコ)は、7歳で父を失いましたが、祖母である41−1持統天皇の寵愛の元で育ちました。
   クリックすると元のサイズで表示します
 高市皇子(タケチノミコ)の薨去に伴い、持統天皇は譲位し、軽皇子は弱冠15歳で藤原京で即位し、第42代文武天皇(モンム)(683〜707)(在位697〜707)となりましたが、政治は太上天皇(ダイジョウテンノウ)になった持統と藤原鎌足の息子不比等が担っていました。
     クリックすると元のサイズで表示します
 歴史的には文武の時代、701年大宝律令(タイホウリツリョウ)が完成、又30年以上断絶していた唐との国交が再開し、遣唐使がまた派遣されました。
     
    クリックすると元のサイズで表示します
 文武天皇は皇族出身の妃は持たず、夫人(ブジン)とした不比等の娘藤原宮子(フジワラノミヤコ)(〜754)との間に首皇子(オビトノミコ)(後の第45代聖武天皇)をもうけています。
    クリックすると元のサイズで表示します
 文武天皇は父と同じように25歳の若さで亡くなり、高松塚古墳のそばの檜隈安古岡上陵(ヒノクマノアコノオカノエノミササギ)(奈良県明日香村)に、火葬して葬られました。
 この文武天皇の記述からは、日本書紀に続く六国史(リッコクシ)2番目の続日本紀(ショクニホンギ)になります。

      返事
花水木さん:湯気があるほうが、
    美味しく見えると思いましたが、ダメでしたか。
     リモコンの蓋を開けると、字幕設定ありました。
    やってみて、確かに字幕出てきましたが、
    大きすぎるし、字体が美しくないので、これはやめておきます。

2018/12/3

ダメな秋  
   クリックすると元のサイズで表示します
 金曜日、月二回の新しい仕事を始めました、京都右京区辺りの訪問リハビリの手伝いをチョットするだけですが。
 紅葉真っ盛りの嵐山、渡月橋を横目に訪問車の後部座席から紅葉狩り。
鳥居本の立派な家や、高雄トンネル抜けた所の茶店の家にも訪問ですが、ついでの紅葉の方が綺麗。
 車から、久しぶりにキミマロズームで撮ったこの渡月橋写真は、白黒写真になっていました。
   クリックすると元のサイズで表示します
 土曜日は、滋賀県坂本の日吉大社に紅葉狩り。
   クリックすると元のサイズで表示します
 「チコちゃんに叱られる」を見てから出発したので、混んでるかなと思いましたが、紅葉祭も前日に終わったようで、駐車場もまだまだ空いていました。
   クリックすると元のサイズで表示します
 曇り空から陽が射してくると、まだまだ綺麗な紅葉ですが、風でかなり葉が舞ってきます。
   クリックすると元のサイズで表示します
 1kmほどブラブラ散歩して、隣の西教寺も訪問。
聖徳太子が開創された寺で、天智天皇の時代に西教寺の号を下賜された古い寺です。
   クリックすると元のサイズで表示します
 境内には、明智光秀一族の墓や、光秀の妻で細川ガラシャ夫人の母にあたる明智煕子(ヒロコ)の墓も有りました。
再来年のNHK大河の主人公が光秀なので、ここもたぶんもっと有名になるでしょうが、先取りです。
   クリックすると元のサイズで表示します
 こちらの紅葉は、まだもう少しは綺麗な感じで続きそうです。
    クリックすると元のサイズで表示します
 ちょっと早めの昼は、蕎麦です。
坂本の蕎麦屋は、今は「鶴喜そば」が有名で、もう前には行列が出来ていましたが、私が食べたのはその横に昔からある「日吉そば」。
入った時は客は私たちだけですが、このにしん蕎麦の鰊も大きくて美味いし、家内が頼んだざるそばも腰があって美味い。
値段的にも多分こちらの方を薦めます。
   クリックすると元のサイズで表示します
 そして日曜日はゴルフコンペ、12月というのにチョッキでプレー出来る暖かさ、でもスコアは絶望的で、ハンディにも恵まれずブービー賞(布団乾燥機は貰えましたが)、ゴルフは根本的に考え直さなくてはならないかもしれません。
 帰りの車に息子からメールが入り、チャンピオンズCでぼろもうけと、親の私の結果はダメを再確認。
 競馬も麻雀もゴルフも、今年はだめな秋です。

     返事
花水木さん:字幕設定とはどういうことですか?
    今どきのTVは4Kどころかそんなことも出来るのですか?
    ぜひ教えて下さい。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ