奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2019/1/30

44-2長屋王  天皇陵巡り
   クリックすると元のサイズで表示します
 古代に都のあった桜井や飛鳥から見て、奈良盆地の北西の対角地域としての辺国(ヘグニ)がなまって、平群(ヘグリ)という読みが難しい地名になりました。
 その平群には、今回の長屋王(676?〜729)や以前紹介した山背大兄皇子と、政権争いに敗れて滅ぼされた人の墓があります。
     クリックすると元のサイズで表示します
 近鉄平群駅を降りて、住宅地のような農地のような道を歩いて、到着したのが長屋王墓(ナガヤオウノハカ)です。
     クリックすると元のサイズで表示します
 長屋王の父の高市皇子は、第40代天武天皇の長男ですが、母親の身分が低いために、高い身分の持統天皇系の皇子の補佐役として、天武天皇以後の皇親政治を支えてきました。
 長屋王の母親は第38代天智天皇の皇女で、第43代元明天皇の同母姉でもある御名部皇女(ミナベノヒメミコ)です。
 以上から長屋王は天皇に成れるに充分な身分だったのです。
 44−2ではなく、天武天皇の40で紹介するべきだったかもしれませんが、44-1元正天皇が義姉弟なので、44にしています。
    クリックすると元のサイズで表示します
 長屋王の夫人は、母親は第43代元明天皇で、第42代文武天皇や第44代元正天皇を弟姉に持つ吉備内親王(キビナイシンノウ)です。
 しかも長屋王自身も、政治的にもなかなか優れた人だったようで、藤原不比等と共に皇親政治を支えたようですし、もしかしたら天皇位を狙っていたのかもしれません。
     クリックすると元のサイズで表示します
 長屋王墓の横にあるほぼトイレだけの長屋王御陵公園の案内板には、不比等が死んだ後も、不比等の娘宮子の子第45代聖武天皇を助けて政治の中心にいたのですが、藤原4兄弟の陰謀と言われてる謀反の疑いで、長屋王夫婦とその子4人は縊死に追い込まれた書いてありました。(729年長屋王の変)
 長屋王は吉備内親王以外にも、不比等の娘藤原長娥子(ナガコ)も妻にしていますが、長屋王の変でもこちらの子には御咎めなかったようです。
 この藤原4兄弟、変後天然痘で次々と死んでいったので、長屋王の祟りとか呪いとか言われています。
     クリックすると元のサイズで表示します
 奈良そごうの建設現場から、昭和63年に大量の木簡が発掘され、平城京の東南隅に長屋王の大邸宅があったことが、事実として証明されました。
    クリックすると元のサイズで表示します
 ここに建った、内部に夢殿を模した建物があったり、有名老舗店が入ったちょっと高い食堂街がある、バブル期の象徴奈良そごう店は、2000年(平成12年)に閉店に追い込まれ、その後に入ったイトーヨーカ堂も地の利が悪いのかもう一つパッとせず、2017年(平成29年)閉店しました。
 そして今は、ミ・ナーラという商業施設になっていますが、がらんとしていてもひとつ人は入っていませんでした。
これらは「今だに長屋王の呪いが続いているせいだ」と言われています。

     返事
花水木さん:若い時に憶えた事は今でも憶えていること多いので、
    わけのわからん暗唱も、全くの無駄とは言えないと思いますが、
    あの頃は嫌でした。
     歴代女性天皇は8人いますが、
    結婚した人の相手は皆男天皇ですので、その子は男天皇の子でもあります。
    愛子さんは皇室典範をなおしたら、天皇になれます。
    でも、一般人と結婚して子をなしても、
    その子が次の天皇に成るのは、私はやめておいた方が良いと思います。
    日本天皇家の拠りどころ、男系がつぶれるからです。
タグ: 天皇陵 長屋王 平群

2019/1/25

44-1元正天皇  天皇陵巡り
   クリックすると元のサイズで表示します
 氷高皇女(ヒタカノヒメミコ)の父は草壁皇子、母は阿閇皇女(後の第43代元明天皇)です。
氷高皇女の祖母である第41代持統天皇が望んでいた父草壁皇子の天皇即位は、皇女が9歳の時に草壁皇子が亡くなったので、ご破算になりました。
     クリックすると元のサイズで表示します
 しばらくして皇女の同母弟が第42代文武天皇になりましたが、この弟も体が弱かったので、いつ亡くなるかも分からない。
 そこで弟の息子(首皇子(オビトノミコ)後の第45代聖武天皇)が大きくなるまでの中継ぎ要員として、氷高皇女は独身のまま置かれたそうです。
 尚同母妹の吉備内親王は長屋王と結婚しています。
     クリックすると元のサイズで表示します
 弟の文武天皇は予想通り夭折したので、先ずは母親である阿閉皇女が第43代元明天皇になり、その後母元明は譲位し、自分は後見役として太上天皇に成り、予定通りとっておいた氷高皇女が即位し第44代元正天皇(ゲンショウ)(680〜748)(在位715〜724)となりました。
  クリックすると元のサイズで表示します
 その治世中には、718年養老律令制定、後ろ盾になっていた藤原不比等は720年に亡くなりましたが、722年百万町歩開墾計画・723年三世一身法(サンゼイッシンホウ)と受験日本史で学んだけれど中身は覚えていない法令を次々と定めています。
    クリックすると元のサイズで表示します
 譲位して甥の聖武天皇に位を譲った後も、独身のまま20年以上生きて(68歳)、ここ奈良の北、甥夫婦や母親の陵にも近い奈保山西陵(ナホヤマノニシノミササギ)(奈良市奈良阪町)に葬られています。
 聖武天皇陵から元明・元正天皇陵に向かう道に、セメント漬されて半分地中に埋まった道標がありました。

      返事
花水木さん:俵屋吉富の雲龍ですね。
    京観世と雲龍はどっちが好きかは好みの問題ですが、
    どっちが古いかは詳しく知りません。

2019/1/21

京観世  菓子たくさん
    クリックすると元のサイズで表示します
 京都の有名和菓子屋さんの鶴屋吉信。
以前働いていて、今も少しだけバイトで働いている病院の、堀川通りをはさんだ向かいに店があります。
柚餅(ユウモチ)も有名で好きですし、よく貰いました。
 この京観世(キョウカンゼ)も鶴屋吉信の定番商品です。
この絵柄は堂本印象の絵らしいです。
     クリックすると元のサイズで表示します
 以前は1本の羊羹状になっていて、切って食べてましたが、最近はこの様に一口サイズに切って包装して売ってる和菓子が増えましたね。
 こうなって1個260円です。
高い気もしますが、まずまずですかね。
   クリックすると元のサイズで表示します
 袋を開けると、いつでも新鮮な京観世が出てきます。
確かに切って食べてた時は、最後はやや硬くなってくるのが普通で、それがまた良いと言えば良かったのですが、その印象があるのか、久しぶりの京観世は昔より柔らかくなった気がしました。

     返事
花水木さん:都会では1個500円のケーキに、
    私も慣れてきて驚かなくなってきましたが、
    この笹乃雪は見かけより安いので、お土産に良いかも。

2019/1/17

笹乃雪  菓子たくさん
    クリックすると元のサイズで表示します
 石川県能登の浜口長生堂という店の「笹乃雪」
    クリックすると元のサイズで表示します
 金沢市内にも店があるようですが、竹皮(本物ではないよう)に包まれたお菓子です。
見かけは豪華そうですが、意外と安く130円ぐらい。
    クリックすると元のサイズで表示します
 もちの中にきなこを練り込んで、雪に見立てた粉砂糖をまぶした、笹の葉の形をしたお菓子です。
3枚入っていて、粉が落ちるのに気を付けて、くるっと巻くようにして口に入れると、甘さが広がりました。
ものすごく上品な味というわけではありませんが、それがまた良いのかもしれません。
    クリックすると元のサイズで表示します
 私は初めて食べたと思います。
能登や金沢に行かれたら、お土産にどうぞ。

     返事
花水木さん:シホンケーキに目の前でクリームを塗って苺を載せて、
    孫と息子の嫁が作ってくれました。
     私は嫁や婿には恵まれてると思います。
どこまでも追っかけ、だった頃もあったさん:
    ある時はサメ肌の女、またある時は三重ノ海、
    しかしてその実体は、七つの顔を持つH病院のNさんですね。
    久しぶりのコメントありがとうございます。
         多羅尾坂内
タグ: 笹乃雪

2019/1/14

正月も終わり  菓子たくさん
    クリックすると元のサイズで表示します
 成人の日の連休も終わり、今年の正月もなんということなく終わりました。
あとは年賀はがきのお年玉籤が当たるかどうかぐらい。
 娘夫婦が年賀の挨拶に持って来てくれた、近所の京都北山マールブランシュの正月用ケーキ。
    クリックすると元のサイズで表示します
 正月三が日過ぎは家内の誕生日でもあるので、皆で祝った嫁の手作り誕生日ケーキ。
    クリックすると元のサイズで表示します
 この連休は、近くの家族だけで夕食会。
お土産の、昨年秋に京都にも出来たパリの店ブーランジェリーのケーキ。
じゃんけんはべべから2番目でしたが、私はどれが当たったでしょうか?
ちょっとパリの味がする(知らんくせにと言われましたが)、右下のミルフュールでしたが、美味しかった。
 正月1.5sほど太りました。

      返事
花水木さん:新元号の私の予想。
    Aだと思うので、「安○」という感じでどうでしょうか。

2019/1/11

太安万侶  天皇陵巡り番外
   クリックすると元のサイズで表示します
 第43代元明天皇の命により、稗田阿礼(ヒエダノアレ)の暗唱を元にした古事記を、編纂者として献上した太安万侶(オオノヤスマロ)は、学校の日本史でも学ぶ有名人ですね。
   クリックすると元のサイズで表示します
 奈良の若草山の裏側にひろがる丘陵地である田原地区、その茶畑の中にこの太安万侶の墓はあります。
細い道の分かり難い道端に小さな道標があって、そこを少し上って行くとありました。
    クリックすると元のサイズで表示します
 私もなんとなく記憶にありますが昭和51年1月、自分の茶畑を整地していた竹西英夫さんが偶然掘り当て、周辺の関係者の協力もあって発見された太安万侶墓(奈良市此瀬町)です。
    クリックすると元のサイズで表示します
 茶畑の真ん中の斜面にある直径4.5ⅿの円墳ですが、火葬された骨と共に出土した銅製墓誌から、太安万侶の墓であると確定しています。
     クリックすると元のサイズで表示します
 半分架空の人物かとも思える人が、墓誌に依りはっきりと実在の人と分かった好例です。

       返事
花水木さん:大正生まれの死亡診断書はまだよく書きます。
    明治に○するのは、最近経験なくなってきました。
    90歳以上でも昭和生まれですが、昭和は長いので、   
    4つの時代を生きるお姑さんはすごいですね。
     私の子供たちは昭和最後の方の産まれなので、
    昭和・平成・○・△と4つの元号を簡単に生きそうですが、
    私は△はちょっと無理かも?
    

2019/1/5

43‐1元明天皇  天皇陵巡り
    クリックすると元のサイズで表示します
 阿閇皇女(アヘノヒメミコ)の父は第38代天智天皇、母は蘇我倉山田石川麻呂の娘姪娘(メイノイラツメ)ですから、第41代持統天皇とは異母姉妹になります。
従兄妹でもあり甥でもある草壁皇子と結婚して、第42代文武天皇・第44代元正天皇・吉備内親王(キビ)を産んでいます。
     クリックすると元のサイズで表示します
 権力者持統天皇の希望でもあるし、健康であったなら、夫の草壁皇子は天皇となり、自分は皇后になって、その後は息子天武が天皇になるはずでした。
しかし、夫草壁皇子は夭折してしまい、若くして天皇になった息子文武さえも夭折ということで、孫が大きくなるまでの中継ぎとして、阿閉皇女は藤原京で即位し第43代元明天皇(ゲンメイ)(661〜721)(在位707〜715)となりました。
 史上3人目の女天皇です。
      クリックすると元のサイズで表示します
 708年武蔵国秩父から銅が献上されたので、年号を慶雲(ケイウン)から和同(ワドウ)と改元、《今と違って同じ天皇で年号は変わって良い》和同開珎(ワドウカイチン)を発行しました。《我々はワドウカイホウと読まされて、日本最古の貨幣と憶えましたが、今は「広範囲に流通した日本最古の貨幣」と、その地位は少し下がっています。
    クリックすると元のサイズで表示します
 在位中の710年には、都を藤原京から平城京に遷都しました。
712年には、太安万侶が古事記を撰上しました。《お世話になりました》
     クリックすると元のサイズで表示します
 715年、54歳の元明天皇は老いと疲労を理由に譲位し《ちょっと若いが、わかりますね!》、娘の氷高皇女(ヒタカノヒメミコ)に皇位を譲りました。
 そしてその6年後に崩御し、ここ奈保山東陵(ナホヤマノヒガシノミササギ)(奈良県奈良阪町)に葬られました。

       返事
花水木さん:お賽銭を出した神社では、
    卑しい私は願い事を沢山してしまいます。
    それがだめの元だったのですね。
和さん:笑えるブログのリクエストがあると、
    ついつい天皇陵巡りを出してみたりする、
    天邪鬼な私です。
 

2019/1/2

2019年 平成31年  
    クリックすると元のサイズで表示します
   あけましておめでとうございます
 今年はラグビーW杯の年、観に行きたいと思ってます。 
そんなわけで、今年の年賀状は写真も版画もやめて、文章にしてしまいましたが、関係ないか!
    クリックすると元のサイズで表示します
 亥年とということで、元旦はあまり行ったことがない護王神社に初詣。
でも境内をぐるっと取り巻いてる参拝者を見て、あっさり参拝はやめて帰りました。
   クリックすると元のサイズで表示します
 護王神社は和気清麻呂を祀る神社で、九州の宇佐八幡宮へ向かう長い道中の清麻呂を、猪300頭が案内したので、猪と共に足腰の守護神ということになっています。
   クリックすると元のサイズで表示します
 ここの狛犬は猪です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 龍の替わりに、猪の口から水も出ていました。
参拝は出来ずにすごすごと帰りましたが、行の地下鉄で少し痛かった腰は、帰りの車内では楽になっていました。
御利益ではなく、単に歩くのに慣れただけですかね。
   クリックすると元のサイズで表示します
 2日目は、箱根駅伝の合間に氏神様の新宮神社で、ちゃんと蝋燭もたててお賽銭も出して、初詣。
夫婦の和合・子や孫や親戚の幸せ・病気がちの友達などの健康・仕事の失敗のないこと・競馬麻雀の勝利、それにブログ読者の幸せも含め、長い時間お祈りしました。
長すぎてわけが分からなくなりましたが、今年もよろしくお願いいたします。
 箱根駅伝の青山学院5連覇は怪しくなりましたが、ラグビーは今天理が帝京の10連覇を止めました。
久しぶりにドキドキしながらラグビーを観ましたが、天理大学おめでとう!!
明治にも必ず勝ってくださいよ!

     返事
花水木さん:今年も花水木さんのコメントが頼りです。
     よろしくお願いいたします。
たぬきさん:ありがとうございます。嬉しいです。
    家内と同じく徳島なので「たぬき」なのですね。
淡路島でマジックBARをしてた頃もあったさん
    最終日、キャリーオーバーしたWIN5を本命中心に24通りだけ買いましたが、
    惜しくも30億どころか、3万を獲り逃しました。
    今年は、確実に勝つ3連単を狙います。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ