奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2019/3/29

初めての沖縄3  
    クリックすると元のサイズで表示します
 宮古島の北にあるもう一つの小さな島大神島(オオカミシマ)、さすがに橋は架かってなく、定期船が1日4〜5便、人口は20人ぐらいです。
池間大橋のたもとから見える、写真右の島がその大神島です。
  クリックすると元のサイズで表示します
 宮古島周囲の小さな島五つと、そこに架かる四つの橋を紹介しましたが、宮古島そのものに2泊して、宮古島をレンタカーで回ってます。
 宿泊したリゾートホテルの朝食バイキング席からの眺めです。
    クリックすると元のサイズで表示します
 白砂が今まで経験した砂とは違う、めちゃくちゃ細かく、パウダースノーのような砂で出来た砂山ビーチ。
くりぬかれた岩穴でも有名なようですが、残念ながら浸食が激しく崩れそうなので、立ち入り禁止の柵や落下防止の金網がはりめぐされて、写真映りが悪くなっていました。
越前海岸の以前紹介した呼鳥門(コチョウモン)と同じ姿です。
      クリックすると元のサイズで表示します
 何故か宮古牛?がいる展望台から眺める海は、写真よりずっと綺麗です。
もう海で泳いでいる人がいますが、我々はまだ早いと水着を持参しませんでした。
   クリックすると元のサイズで表示します
 しかし、泊まったホテルが追加料金なしで、玄関もあって私の家よりもはるかに広く、サウナ室まである最上の部屋に替えてくれました。
ハリウッドスターのような気分で、部屋専用のL字型プールに真っ裸で入って夜も朝も泳ぎました。
沖縄だからプールの水も冷たくないのではなく、なんとお湯が流れ込んでいるプールですよ。
人生で一番良い部屋を経験させてもらいましたが、今後はもう体験できないでしょう。
      クリックすると元のサイズで表示します
 宮古島の東南端に細く伸びた東平安名崎(ヒガシヘンナサキ)にある平安名埼灯台、高さ24.5m、初点灯は昭和42年3月27日。
      クリックすると元のサイズで表示します
 200円で灯台に登れます。
らせん階段を登って上に出て、中央の壁にへばりつくようにして、おそるおそる外側を1周廻れましたし、写真もこの様になんとか撮れました。
   クリックすると元のサイズで表示します
 「まいばり」という有料の熱帯植物園はカートに乗って案内してくれます。
パイナップルが実りかけていましたが、私のイメージでは、パイナップルは地中から顔を覗かしてると思っていましたが、違いましたね。
     クリックすると元のサイズで表示します
 70歳以上は無料の宮古市総合博物館で、お勉強もしました。
誰も人がいない場合は、お約束の顔出しパネルで写真を撮ります。
     クリックすると元のサイズで表示します
 宮古市熱帯植物園は無料です。
沖縄県の県花デイゴの並木を歩きました。
    デイゴ〜の花が〜
       がちょっと咲いていました。
       こんな赤い花なんですね。
 宮古島自体も色々見どころあって、素晴らしい所です。
ダイビングなんかが出来たなら、もっと良いのですがね。

         返事
花水木さん:首里城や国際通りは観光客が溢れていました。
    宮古島でさえ、綺麗なリゾートホテルが並んでいて、
    離島感は薄れています。
     観光化で島の人の働く場所が出来て、過疎化も止まるのは、
    離島には良いことなんでしょうが、素朴で優しい島の人が、
    悪い都会の色に染まったり、綺麗な海が汚れてしまうのは悲しいです。
和さん:古宇利島、知らなかったので調べたら、
    そうですこんな橋を求めて宮古島に行ったのです。
     沖縄も五島も、天気が悪いと全く違う印象になるので、
    たまに行くなら、やっぱり快晴が良いですね。
     今回の旅行、天気だけなら60点ぐらいでした。
    
タグ: 宮古島

2019/3/27

初めての沖縄2  
   クリックすると元のサイズで表示します
 宮古島の形は、細い示指だけを伸ばした右手拳のような姿です。
その示指の先端にある小さな池間島(イケマシマ)に架かる池間大橋は、平成4年2月完成の全長1425mです。
   クリックすると元のサイズで表示します
 池間島の人口は600人ほど、島の先端にあるこの池間灯台は、沖縄県で一番明るい灯台だそうです。
南の白い灯台を見ると、五島列島のいろんな灯台を思い出します。
     クリックすると元のサイズで表示します
 灯台入り口のステンレス製のドアは、鏡のようにきれいに景色を映し出します。(映ってるものが綺麗かどうかはわかりませんが)
 ドアの上のプレートには、初点昭和15年12月・改築昭和61年2月、とかろうじて読めました。
     クリックすると元のサイズで表示します
 池間大橋遠景。
ずっと続く浅瀬に建っていて、中央もそれほど高くありません。
 これで橋観光一つ目は終了。
    クリックすると元のサイズで表示します
 続いて雨滴のような形の、宮古島の西にある小さな来間島(クリマジマ)に渡りました。
人口は100人台、さとうきび畑が続いています。
対岸の宮古島から、来間島の竜宮展望台をズームでとらえました。
     クリックすると元のサイズで表示します
 その竜宮展望台から見た来間大橋は、平成7年完成で、池間大橋より新しく、全長も1690mと少し長いです。
この橋は農道橋(定義はわかりませんが)としては、日本最長の橋らしいです。
   クリックすると元のサイズで表示します
 今回の旅行の第1目的地である伊良部大橋(イラブオオハシ)は、平成27年1月に完成したところで、3540mもあって無料で渡れる橋としては日本一の長さです。
 渡った後の伊良部島の浜からの眺めです。
    クリックすると元のサイズで表示します
 橋の中央部は、けっこう高くなっていました。
     クリックすると元のサイズで表示します
 宮古島から見た伊良部大橋と伊良部島。
伊良部島は奈留島よりは少し大きいだけですが、人口は6000人以上と立派な島です。
リゾートホテルらしき施設も沢山あって、昼にランチに寄った店も都会的でした。
     クリックすると元のサイズで表示します
 一見一つの島のように見えますが、細い水路でへだてられてる左側は、他の島下地島(シモジシマ)です。
     クリックすると元のサイズで表示します
 フナウサギバヤタという、昔は船を見送っていた場所に、何故か大きなサシバ(渡りをする鷹)像の展望台がありました。
     クリックすると元のサイズで表示します
 伊良部島の一部と思っていましたが、ちゃんとした島であることを知った下地島は、昔は入江だったところが陥没して水路になって、伊良部島から離れました。
狭い水路には、現在六つの橋が架かってるそうで、その一つこの橋は、中でもこれくらい短いです。
 これで目的の三つの橋、四つになりましたがをすべて渡り、一応旅の目的は果たしました。
   クリックすると元のサイズで表示します
 クリックすると元のサイズで表示します
 下地島はほとんどが下地島空港で出来てるような島で、空港は昭和47年にジェットパイロットの離着陸訓練用に出来て、3000m級の滑走路ももっています。
今はあまり使用してないようですが、3月末からは成田からの直行便が着くようになるので、工事をしていました。
下地島空港17(ワンセブン)エンドという、着陸誘導灯が海に並んだ場所も観光名所になっていて、たくさんの車が道に並んでいました。
3月23日からこの道も車両通行禁止になるそうで、ギリギリ間に合いました。
   クリックすると元のサイズで表示します
 空港の横にある通り池、石灰岩の陥没で出来た二つの池は、水中で海ともつながってる為に、絶好のダイビングスポットになってるようですが、私は絶対に絶対にやりません。
     クリックすると元のサイズで表示します
 1771年4月24日に起こった明和の大津波で、ここまで流されてきたという大石。
高さ12.5m、海岸からの高さも10m以上ありますので、津波の力がいかに強いかが分かります。
中央部がへこんでるので、帯を締めてるように見えるため帯岩と言います。
 長くなりましたが、宮古島の2次離島と橋を終わります。

      返事
花水木さん:沖縄は砂が綺麗なので、
    奈留島より海は碧いです。
     飛行機乗り継ぎでも、最後は船に乗る奈留島はしかたないですが、
    またそれが良いんですよ。
大雪男さん:沖縄に比べて、意外と五島は日本海気候ですね。
     虎はだんだん心配になっていますが、
    今年は夏過ぎから強くなると、根拠なく信じてます。

2019/3/24

初めての沖縄1  
     クリックすると元のサイズで表示します
 昨年秋には、初めて青森県の地を踏みました。
そして今回初めて沖縄県に行きました。
これでまだ私が足を踏み入れてない県は、茨城県のみとなりました。(埼玉県もまだ行ってないかもしれませんが)
    クリックすると元のサイズで表示します
 沖縄県と言っても本島ではなく、那覇空港から飛行機を乗り継いで宮古島です。
家から宮古島空港まで6時間、五島列島奈留島に行くよりは早いです。
    クリックすると元のサイズで表示します
 宮古島、人差し指を立てた右こぶしのような形です。
日本で10番目ぐらいの広さの福江島の半分ぐらいしかなく、20番ぐらいの面積ですが、もちろん奈留島の7倍はあり、関西人なら判りやすい小豆島とほぼ同じ面積です。
人口は約5万5千人と、あまり減少していず、福江島よりもはるかに都会で、コンビニもたくさんあるし、ドンキホーテもありました。
   クリックすると元のサイズで表示します
 宮古島に飛来するサシバという鳥が飛び立つ姿を摸した宮古島空港のターミナルビル。
宮古島には、宮古島以外に周囲に五つの島があります。
その中の三つには長い橋がかかっているので、その橋を観たり渡ったりするのが、今回の旅の目的です。
    クリックすると元のサイズで表示します
 橋の話は次回にすることにして、今回まずはマンゴージュース。
さすがに本場、屋台で買ったジュースでも美味い。
   クリックすると元のサイズで表示します
 ホテルの夕食のデザートは、温かいかりんとう饅頭。
黒糖饅頭との違いは不明です。
     クリックすると元のサイズで表示します
 森のアイスクリームと言われてる、アラモヤのソフトクリーム。
ちょっと不思議な味。
    クリックすると元のサイズで表示します
 アメリカのハンバーガーチェーン店らしいA&Wのワッフルサンデー。
    クリックすると元のサイズで表示します
 沖縄では氷ぜんざいが普通らしいですが(普通のぜんざいはホットぜんざいと書いてありました)、私が食べたのはコーヒーゼリーぜんざい、ぜんざいコーヒーより美味しかったですし、ぜんざいとアイスクリームやコーヒーゼリーはよく合いますよ。

       返事
和さん:休日は混んでると思います。
     「グラントリオ」は長崎で観たので、それから10年、
    クリント・イーストウッドは頑張ってますね。
大雪男さん:商売はじっと我慢してるような老舗が強いとは思うのですが、
    長く続いてる店は、それなりに新しいこともやりながら続いてるような気もします。
     広島のオープン戦ももひとつですが、
    それ以上に阪神はどうも弱いようですね。
花水木さん:病院経営でも、拡大路線より今をきちっとやっていこうと、
    昔から会議では言ってましたが、
    私のように守るだけの経営ではダメなようで、ある程度は打って出なくては、
    現状維持も難しくなるとも思いました。
     竹林公園は、職員さんが穴場でした。
タグ: 宮古島

2019/3/18

ラコリーナ近江八幡  
     クリックすると元のサイズで表示します
 遠くまで映画を観に行くつもりで、滋賀県近江八幡までドライブしましたが、上映時間の調整に、たねやがやってるクラブハリエのラコリーナ近江八幡に寄りました。
    クリックすると元のサイズで表示します
 近江八幡郊外の広い敷地に出来た、単純に言えばたねやグループのお土産物屋です。
たねやは先行していた同じく滋賀県の叶匠寿庵を追い越して、今や全国展開してる和菓子屋で、さすが近江商人とも言えますし、そんなことはしない京都の和菓子屋と、100年200年後はどちらが生き残ってるのか・・・・。
    クリックすると元のサイズで表示します
 自然な感じで、農園もしていますし、イギリスの田舎のような、ナウシカの風の谷のような、まあ異空間に観光客も寄って下さい、商品も買ってください、という感じです。
現時点では、京都の饅頭屋さんには大きく差を付けてるとは思いますが。
    クリックすると元のサイズで表示します
 バームクーヘンやどら焼きやリーフパイなど、たねやのおなじみの商品を買ったり食べたりも出来ます。
    クリックすると元のサイズで表示します
 自分の子供には絶対に買いませんが、孫にはクッキー缶になってるレーシングカーも買いました。
回る物が好きな11ヶ月の孫は、タイヤを回して遊んでくれました。
      クリックすると元のサイズで表示します
 昔近江八幡の駅前にあった、まだこじんまりしたたねやのレストランでも人気メニューであったスープオムライス、これだけが食事メニューのレストランで食べました。
中は五穀米で、名物の赤こんにゃくも入っていました。
横の瓶は好みでかけるオリーブオイルですが、余ったのは持って帰りました。
昔食べた物より和風で、卵も厚くなった気がしますが、トマトも効いてて美味しいです。
     クリックすると元のサイズで表示します
 セットの八幡カステラとコーヒーも頼みました。
ふわふわした乾いた感じのカステラで、あんを絡めて食べますが、時々ザラット・ガリットするザラメがアクセントになってました。
やっぱりカステラはザラメですね。
      クリックすると元のサイズで表示します
 お腹一杯になって、二人ともこのまま映画に行くと眠ってしまいそうなので、ブラブラと道の駅やイオンに寄りながら帰ることにしました。
 映画は結局次の日の朝早くに観に行きました。
昨日の予定「グリーンブック」から「天国でまた会おう」に変更しましたが、なかなか良い映画でした。

     返事
大雪男さん:バスしかないですが、楽しめますよ。
     阪神打者、有望と思う人も2年続きませんね。
     北条に頑張ってほしいのですが、私は。

2019/3/16

京都市洛西竹林公園  京都
    クリックすると元のサイズで表示します
 京都市西京区のはぼ向日市に隣接する辺りに、「京都市洛西竹林公園」というものがありました。
御陵巡りの帰りの夕方に寄ってみました。
    クリックすると元のサイズで表示します
 桓武天皇皇后陵から「竹の径」を歩いて、竹林公園に至ったのですが、この「竹の径」が素晴らしく、嵐山にある観光客であふれている「竹林の小径」に比べても、ずっと静かで竹も多いですよ。
    クリックすると元のサイズで表示します
 車も通ってよい道なのですが、1台も会いませんでした。
    クリックすると元のサイズで表示します
 径の途中には、寺戸大塚古墳もありました。
   クリックすると元のサイズで表示します
     クリックすると元のサイズで表示します
      クリックすると元のサイズで表示します
 色んな種類の竹垣も造られており、嵐山の有名な「竹林の小径」に行くぐらいなら、こちらの方がずっとお薦めです。
    クリックすると元のサイズで表示します
 そしてたどり着いた竹林公園は無料ですし、園内の竹の資料館では、むちゃくちゃ丁寧に、この写真の手の持ち主の館員さんが、詳しく説明してくれました。
  この亀甲竹(キッコウチク)は自然に出来た物で、節も斜めに入っていました。
      クリックすると元のサイズで表示します
 右が銀明竹(ギンメイチク);マダケの一種で、各節の交互に黄条が入ってる。
 左が黄金竹(オウゴンチク);枯れているわけではなく、黄金色。
    クリックすると元のサイズで表示します
 金明孟宗(キンメイモウソウ);銀明竹の逆バージョン、金の竹に緑の筋が交互に入ってますが、これも自然です。
     クリックすると元のサイズで表示します
 子供の頃には、田舎の家の庭にはどこにでもあった気がする、これで矢を作った矢竹(ヤダケ)。
     クリックすると元のサイズで表示します
 日本に昔からあるのはマダケ、一般に食用にする筍になるモウソウチクは、江戸時代に中国から入ってきたものだそうです。
 マダケは120年に一度花が咲いて、全部枯れてしまいますが、他の種類の竹は何年に一度花が咲くのかまだ分かってないようです。
    クリックすると元のサイズで表示します
 竹はタケノコの太さのまま成長して数カ月で大人の竹になるので、竹の太さはタケノコの頃の太さで決まってしまうそうです。
 竹は春に葉替わりして、黄色い葉になるので、竹の紅葉は春です。
したがって(竹の秋)というのは、春の季語だそうです。
 最後、竹はイネ科の常緑樹。
と、知らなかったことばかり教わり、大分賢くなってお世話になったので、わずか200円でしたがあまり売れてそうもない(入園のしおり)まで買ってしまいました。
そしたら、帰りのバス停までの道やバスの時間まで教えてもらいました。
  竹林公園もお値打ちです!

        返事
花水木さん:妻先のコメントの真意を、
    理解できてない私ですが?
     外食してる親子連れ、
    今はほぼ父親が抱っこして、母親は一人食べてますね。
     タカアシガニはしゃべりながら食べられるのですね?
    身が取り易いからですか?

2019/3/13

45-4聖武天皇皇子安積親王  天皇陵巡り
      クリックすると元のサイズで表示します
 京都府の南端、和束町(ワツカチョウ)は茶の産地でもあります。
この茶畑の丘の上に、和束墓(ワツカノハカ)(京都府相楽郡和束町)があり、ちょっと分かり難かった入り口から登って行きました。
     クリックすると元のサイズで表示します
 安積親王(アサカシンノウ)(728〜744)は、聖武天皇と県犬養広刀自(アガタノイヌカイノヒロトジ)との間に生れました。
同母姉に井上内親王と不破内親王がいますし、前回の1歳にならず亡くなった基王は、数カ月だけ年上の異母兄ですし、同じく阿部内親王(後の孝謙・称徳天皇)も異母姉です。
     クリックすると元のサイズで表示します
 茶畑内の、天空へ延びていくような石段を登って行きます。
 基王が亡くなって、聖武天皇の息子は安積親王一人になったのですが、藤原氏に近い光明子が産んだ阿部内親王が、女ですが20歳で立太子し、その時10歳の男子の安積親王は据え置かれました。
     クリックすると元のサイズで表示します
 安積親王は難波宮に行啓の際に脚気になり、2日後帰った恭仁京で二十歳にならずして亡くなりました。
上流階級で豊かな食生活だったと思われる皇子が、脚気と言うのもちょっと不自然な気がしますし、あまりにも急速な悪化も、しんどいのをよほど長く我慢していたのか、疑問です。
藤原仲麻呂(藤原不比等の孫)に毒殺された説も、それなりにうなづけます。
    クリックすると元のサイズで表示します
 制札には、読みにくいですが、聖武天皇皇子安積親王と書いてありました。
兄弟で前回紹介した基王墓の制札には、聖武天皇皇太子だけで、名前がなかったのはなんでなんでしょうね。
   クリックすると元のサイズで表示します
 この和束墓は、正式名太鼓山古墳(タイコヤマコフン)ですが、なぜこんな田舎にとも思いましたが、意外と恭仁京から近いです。

      返事
花水木さん:私の子供は二太郎一姫?ですが、
    妻は「あんたが養育しなかったので、良い子になった」
    と言います。
     確かに写真を拡大すると、
    私の爪先(ツマサキ)は上がってますね?!
    多分私は、いつも妻を先に前に立ててあがめているので、
    妻先(ツマサキ)が上がってるのですよ!
     蟹を食べる時、全員が無口になりますね。
    タカアシガニの身が取れやすい程大きいのは、良いですね。
 

2019/3/9

45-3聖武天皇皇太子基王  天皇陵巡り
    クリックすると元のサイズで表示します
 昨年12月に天皇陵巡り番外で紹介した藤原宮子は、基王の父親(聖武)の母であり、母親(光明子)の姉でもあります。
その宮子の墓とされている、今はほとんど何も残っていない奈良ドリームランド跡地近くの佐保山西陵を散策した後、基王の墓も探しました。
 再掲載した22年前のドリームランドに立つ、ふやけてない頃の私です。
     クリックすると元のサイズで表示します
 道の傍に草に埋もれるように石柱が立っていましたが、ここから登れる感じではありません。
 基王(モトイオウ)(727年11月16日〜728年10月20日)は第45代聖武天皇と光明皇后との間に産まれた唯一の男子です。
生後32日目には、もう皇太子になっていましたが、1歳になる前に亡くなりました。
持統天皇が望んでいた、天武ー草壁ー文武ー聖武ー基王とかろうじて続いていた男系の相続が途絶えてしまった瞬間です。
     クリックすると元のサイズで表示します
 山道から少し見えた石の柵を目標に、横の林に入っていきましたが、たまたま通っていた地元の人から、この辺スズメバチが出るよと言われ、おっかなびっくりでしたが、なんとか見えました。
      クリックすると元のサイズで表示します
 この墓、何故か柵に阻まれて内に入れません。
蜂も怖いので、この柵の間から仰ぎ見るだけにしておきました。(正面からも入れないようです)
 基王の死は、皇族同士の近親婚の遺伝的宿命でもありましたが、その当時は、替わって有力皇位継承者になった長屋王一族の呪詛が、基王の死の原因であると、多分藤原一族の風評にまんまと乗ってしまった聖武天皇などのために、基王死後半年もたたない729年2月の長屋王の変に繋がりました。
     クリックすると元のサイズで表示します
 この中には入れない直径10mぐらいの円形墳は、大黒ヶ芝古墳と言い、隼人石という色々彫刻された石も置いてあるようですが、宮内庁は那富山墓(ナホヤマノハカ)(奈良市奈良阪町)で基王の墓と言っています。
 でもズームでとらえた制札には、聖武天皇皇太子とあるだけで、名前は書いてありませんでした。
 基王が成人まで生きて次の天皇になっていたなら、日本の歴史はかなり変わっていたでしょうね。

       返事
大雪男さん:九州人は越前(松葉)蟹への思い入れはあまりないようですね。
    私は1年に1回は蟹と松茸は食べたいほうです。
     私も巨人が最下位ならハッピーです。
    年々阪神ファンというより、
    アンチ巨人の思いが強くなってる気がします。
花水木さん:タグ付き蟹も、
    地元のささやかな食堂ですし、1人前を二人で分けているので、
    駿河湾のタカアシガニ定食より安いと思います。
     確かにだんだんふやけてきてはいますが、
    夫婦喧嘩というのは少なくて、
    婦の一方的な攻勢というのが、
    今の世の姿ではないでしょうか。
タグ: 天皇陵 基王

2019/3/6

蟹  
    クリックすると元のサイズで表示します
 今年度は、一度小浜でセコ蟹を買って帰って食べただけ。
蟹の宿に泊まって蟹を食べるほどの贅沢は出来ず、日帰りで越前海岸(ゆっくり車で3時間弱)まで蟹を食べに行きました。
    クリックすると元のサイズで表示します
 刺身も付いた越前蟹定食を一つ注文して、もう一つは千円の魚フライ定食で、これはこれで甘エビのフライも沢山付いていて美味しかったです。
一応タグも付いた地元の越前蟹を一杯半、二人で分けて食べましたが、お腹いっぱいになり、土産の蟹を買う気もうせて、とんぼ返りです。
    クリックすると元のサイズで表示します
 帰り道の滋賀の道の駅で、いもねり2個入りぜんざいと抹茶のセットを食べました。
     クリックすると元のサイズで表示します
 いもねり:くず米を里芋と一緒に炊いて、潰して丸めた郷土料理の復活版。
五平餅やきりたんぽに似た触感で、美味しくいただきました。
    満腹!!

       返事
花水木さん:アン・ルイスさん、可愛かったですね!
         グッバイマイラブ  も一度抱いて 
           わすれないわあ  あなたあの声 
        私は、ここを憶えています。
         どこの妻も夫には厳しいですね。
タグ:  いもねり

2019/3/3

45-2光明皇后  天皇陵巡り
    クリックすると元のサイズで表示します
 左の道は夫に、右の道は妻の光明皇后陵に続いています。
安宿媛(アスカベヒメ)(701〜760)は藤原不比等とその後妻の県犬養橘三千代(アガタノイヌカイノミチヨ)との間に産まれた女子で、いわゆる藤原4兄弟とも兄妹になります。
     クリックすると元のサイズで表示します
 同じく異母姉(宮子)の子供である首皇子が皇太子の時に、同い年同士で(16歳)結婚し(甥と叔母の結婚)、首皇子が第45代聖武天皇になったので、夫人となりました。(その頃は、皇女でないと皇后にはなれません)
     クリックすると元のサイズで表示します
 阿部内親王(後の孝謙・称徳天皇)と基王(モトイオウ)を産みましたが、以前にも書いたように基王は1歳にならずして亡くなりました。
長屋王の変直後に皇后になりましたので、皇女以外が皇后になった先例を付けたことになり、以後藤原氏から天皇に嫁いだ子女が夫人ではなく皇后になれるようになりました。
 精神的に弱かった聖武天皇を助け、夫婦共に仏教を深く信じて、東大寺や国分寺の建立を目指しましたし、藤原4兄弟の死の後は、甥である藤原仲麻呂と共に政治にも結構口出ししたようです。
  クリックすると元のサイズで表示します
 陵印も夫婦二人の陵名が書かれてるだけです。
私が小学生の夏休みにいりびったていた母の実家には、20歳近く年上の従兄弟が残した皇国史観一杯の戦前の本がたくさん残っていたので、それを読んで育った私は、けっこう右翼的思想になっていました。
確かその本の中に、癩病患者の膿を吸って治してる光明皇后の絵入り物語があったと思いますので、歴代皇后の中でも有名人です。
     クリックすると元のサイズで表示します
 夫の聖武天皇が亡くなった後も、天平応真仁正皇太后(テンピョウオウシンニンショウコウタイゴウ)なんてたいそうな名を付けて、娘の第46代孝謙天皇を補佐しました。
 60歳で亡くなり、夫の陵の横のこの佐保山東陵(奈良市法蓮町)に葬られました。

      返事
花水木さん:奈良時代の終わりの方は、
    これからも紹介しますが、結構血なまぐさかったようですね。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ