奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2019/3/16

京都市洛西竹林公園  京都
    クリックすると元のサイズで表示します
 京都市西京区のはぼ向日市に隣接する辺りに、「京都市洛西竹林公園」というものがありました。
御陵巡りの帰りの夕方に寄ってみました。
    クリックすると元のサイズで表示します
 桓武天皇皇后陵から「竹の径」を歩いて、竹林公園に至ったのですが、この「竹の径」が素晴らしく、嵐山にある観光客であふれている「竹林の小径」に比べても、ずっと静かで竹も多いですよ。
    クリックすると元のサイズで表示します
 車も通ってよい道なのですが、1台も会いませんでした。
    クリックすると元のサイズで表示します
 径の途中には、寺戸大塚古墳もありました。
   クリックすると元のサイズで表示します
     クリックすると元のサイズで表示します
      クリックすると元のサイズで表示します
 色んな種類の竹垣も造られており、嵐山の有名な「竹林の小径」に行くぐらいなら、こちらの方がずっとお薦めです。
    クリックすると元のサイズで表示します
 そしてたどり着いた竹林公園は無料ですし、園内の竹の資料館では、むちゃくちゃ丁寧に、この写真の手の持ち主の館員さんが、詳しく説明してくれました。
  この亀甲竹(キッコウチク)は自然に出来た物で、節も斜めに入っていました。
      クリックすると元のサイズで表示します
 右が銀明竹(ギンメイチク);マダケの一種で、各節の交互に黄条が入ってる。
 左が黄金竹(オウゴンチク);枯れているわけではなく、黄金色。
    クリックすると元のサイズで表示します
 金明孟宗(キンメイモウソウ);銀明竹の逆バージョン、金の竹に緑の筋が交互に入ってますが、これも自然です。
     クリックすると元のサイズで表示します
 子供の頃には、田舎の家の庭にはどこにでもあった気がする、これで矢を作った矢竹(ヤダケ)。
     クリックすると元のサイズで表示します
 日本に昔からあるのはマダケ、一般に食用にする筍になるモウソウチクは、江戸時代に中国から入ってきたものだそうです。
 マダケは120年に一度花が咲いて、全部枯れてしまいますが、他の種類の竹は何年に一度花が咲くのかまだ分かってないようです。
    クリックすると元のサイズで表示します
 竹はタケノコの太さのまま成長して数カ月で大人の竹になるので、竹の太さはタケノコの頃の太さで決まってしまうそうです。
 竹は春に葉替わりして、黄色い葉になるので、竹の紅葉は春です。
したがって(竹の秋)というのは、春の季語だそうです。
 最後、竹はイネ科の常緑樹。
と、知らなかったことばかり教わり、大分賢くなってお世話になったので、わずか200円でしたがあまり売れてそうもない(入園のしおり)まで買ってしまいました。
そしたら、帰りのバス停までの道やバスの時間まで教えてもらいました。
  竹林公園もお値打ちです!

        返事
花水木さん:妻先のコメントの真意を、
    理解できてない私ですが?
     外食してる親子連れ、
    今はほぼ父親が抱っこして、母親は一人食べてますね。
     タカアシガニはしゃべりながら食べられるのですね?
    身が取り易いからですか?


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ