奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2019/4/28

46-1孝謙天皇  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 第45代聖武天皇と藤原不比等の娘光明子との間に産まれた第1皇女阿部内親王(アベナイシンノウ)は、同母弟の基王が1歳にならずして死んでしまったので、藤原一族の後押しで、女性としては異例の皇太子になりました。
そして、父の聖武天皇が譲位したため、第46代孝謙天皇(コウケン)(718〜770)(在位749〜758)は平城京で6人目の女性天皇として即位しました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 この陵はなんとなく平坦な感じのする陵でした。
749年の即位にあたって、先の元号である天平感宝をわずか3ヶ月で改元し、天平勝宝としました。
 あと3日で、232個目(北朝分も含めると248個目)の年号が令和になります。
元号は645年の大化から今まで231個(北朝含めると247個)有るので、1400年弱の間に90代ぐらいの天皇がいたことから、1代の天皇平均三つ弱の年号を持っていたことになります。
 新しい年号令和はもちろん、ほとんどの年号は2文字の漢字でしたが、この聖武〜称徳の20年間の間だけ、4字の元号がいつつ有りました。
  天平感宝(テンピョウカンポウ) 744年〜
  天平勝宝(テンピョウショウホウ)749年〜
  天平宝字(テンピョウホウジ)  757年〜
  天平神護(テンピョウジンゴ)  765年〜
  神護景雲(ジンゴケイウン)   767年〜 の5です。
新元号も、いっそのこと4字熟語のような元号にしたら良かったのに。
 クリックすると元のサイズで表示します
 孝謙天皇の主な仕事は、聖武太上天皇・光明皇太后と共に、752年大仏開眼供養会を執り行ったことです。
 その2ヶ月後には、有名な唐僧鑑真を戒師にして仏門に下り、名を法基(ホウキ)としました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 しかし孝謙朝の政治は、病弱な聖武太上天皇ではなく、母の光明皇太后と母の兄になる藤原仲麻呂(恵美押勝エミノオシカツ)に依って為されました。
新たな皇太子も仲麻呂の家で育っていた天武天皇の孫大炊王(オオイオウ)が選ばれ、ますますの藤原一族の台頭と共に、前回の橘諸兄一族の衰退につながりました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 天平宝字2年(758年)、孝謙天皇は大炊王に譲位し太上天皇に成りましたが、その後重祚(チョウソ)して再び称徳天皇に成りましたので、この陵の制札には孝謙の名はなく、陵印にも孝謙ではなく称徳天皇高野陵(タカノノミササギ)(奈良市山陵町)と彫られているだけです。
しかし、陵の前の信号灯には、不思議にも孝謙天皇陵前Kokentennoryomaeと書かれていました。

     返事
花水木さん:私も高校の同級生にあつ子さんいました。
    そのお父さんに英語を習っていて、一緒に勉強もしていました。
    あつ子さんはイギリス人と結婚し、今は離婚したみたいです。
    会ってみたい同級生です。
     我が家は、私が1〜2時間早く寝てます。
大雪男さん:広島は交流戦終わった頃には首位でしょう。
    阪神は借金10ぐらいまででオールスター戦を迎えてほしいです。
    巨人のことは考えたくもないです。

2019/4/24

橘諸兄  天皇陵巡り番外
  クリックすると元のサイズで表示します
 京都市伏見区にある老人ホームで午前中働いた後(午後からの他の病院での仕事は今年からやめています)、いつもならJR奈良線に乗って、京都駅の方に帰るのですが、この日は反対方向の電車に乗って、30分ほどの京都府南部、奈良にも近い井手町(イデチョウ)を目指しました。
  クリックすると元のサイズで表示します
 新しい駅舎になったばかりのJR玉水(タマミズ)駅で降りて、木津川の流れの反対方向である東の方、山手を目指して20分ほど歩きました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 スマホの地図にも出てこないので、感を頼りに歩いて行って、やっと入り口を見つけました。
    橘諸兄公旧趾
 クリックすると元のサイズで表示します
 竹林の中を走る寂しい道を少し歩いて、この石段に到着。
橘諸兄(タチバナノモロエ)(684〜757)、何をした人かもひとつ憶えていませんが、日本史の教科書には載っていて、名前が印象的なので憶えていました。
皆さんも名前だけはなんとなくご存知と思います。
 クリックすると元のサイズで表示します
 諸兄の父は美努王(ミヌオウ)、母は県犬養美千代(橘美千代)で、第30代敏達天皇5世の孫にあたるそうです。
母美千代はその後藤原不比等の後妻になって、聖武天皇夫人の光明子(光明皇后)を産んでますので、諸兄は光明皇后の異父兄にもなります。
 クリックすると元のサイズで表示します
 聖武天皇(妹の旦那になります)に仕えていましたが、藤原四兄弟や他の議政官(大臣・大納言・中納言・参議)が次々と天然痘で亡くなったので、自動的に官位が上がり、左大臣にまでなっています。
それと共に、政争にも巻き込まれ、藤原一族の巻き返しを狙った広嗣の乱(740年)や、孝謙天皇の時代になると、藤原仲麻呂の台頭もあって、謀反の疑いまでかけられたた為、756年自ら潔く職を去って引退しました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 この旧趾(単に石碑を建てただけでしたが)から又駅の方に戻る途中に、この六角井戸がありました。
この辺りが本当に諸兄の別荘(玉井頓宮タマイトングウ)があった所らしく、このために諸兄は井手左大臣とも呼ばれていたようです。
 うろつきまわった聖武天皇が、この近くの恭仁京へ遷都した時に、ここを仮り宮ともしたと、案内板には書かれていました。
 橘諸兄の死後1年たって、諸兄の息子橘奈良麻呂(タチバナノナラマロ)は、藤原仲麻呂に対抗して乱を起こそうとしましたが、事前に密告により捕えられ獄死しています。
  橘奈良麻呂の乱(757年)

       返事
花水木さん:私たちは熟年夫婦以上、
    枯れきった老夫婦になっています。
     TV観たくないほど阪神弱いので、
    甘いものを食べて早く寝るしかありません。

2019/4/20

海津大崎の桜  京都から
    クリックすると元のサイズで表示します
 京都市内の桜はもう終わりそうなので、4月14日(日)は午後から雨の予報でしたが、琵琶湖の北にある海津大崎の桜を観に行きました。
    クリックすると元のサイズで表示します
 島に行く以前に行った時には、人と車で混雑していて、渋滞の中をゆっくり車で通る、良い花見が出来ましたが、この日は満開のちょうどいい時でしたが、雨の予報の為か人出は少なく、車も一方通行にされているのでスイスイ走りました。
湖の方から花見が出来る遊覧船も、空いているようで、予約しなくても乗れたかもしれません。
 写真は家内に任せて、私は運転を続けるしかありませんでした。
    クリックすると元のサイズで表示します
 トンネルを越えると、歩く人はほとんど見なくなりました。
桜は丁度満開ですが、雨がポツポツ降ってきました。
    クリックすると元のサイズで表示します
 向こうの山の中腹に線状に連なる桜並木が見える奥琵琶湖パークウエイ、そこには4千本の桜並木があると宣伝してる立て看板につられて、あがりました。
    クリックすると元のサイズで表示します
 奥琵琶湖の向こうに、伊吹山が霞んで見えていましたが、写真では分かりにくくなっていました。
この展望台までで通行止め、再び同じ桜並木のドライブウエイを下りました。
    クリックすると元のサイズで表示します
 雨が激しく降ってきました、こちら側から海津大崎の桜を撮りましたが、霞んでるだけ。
桜の写真はやはり快晴の下が、綺麗ですね。
 それでも今年は桜をたくさん観ました、1万本は越えてると思いますよ。
    クリックすると元のサイズで表示します
 ついでに昨日19日(金)、北の豊岡にカバンを買いがてらドライブ、丹波・但馬の山や川や寺や神社や公園や墓地にも桜はたくさん咲いています。
ほとんどは葉桜になってますし、帰りに寄った篠山城の桜ももう終わり、でもこれで今年観た桜は1万五千〜2万本になったかも。

     返事
花水木さん:花水木さんは枝垂れ桃タイプって、
    じゃあ美人薄命タイプと言うことですね。
    私の人生は、枝垂れ首という感じで、うなだれて歩んでいます。
     お母さんにうつされた風邪は、
    息子である旦那さんにうつして、治って下さい。
タグ: 海津大崎

2019/4/17

通勤桜3  京都から
       クリックすると元のサイズで表示します
 先週は月〜土と6日働くしんどい?週で、4月13日(土)も月に一度だけの外科外来に自転車で出勤。
京都植物園北側の鴨川沿いの半木の道(ナカラギノミチ)、ここの枝垂れ桜は遅咲きなので、まだ綺麗。
    クリックすると元のサイズで表示します
 裏千家の今日庵の玄関前には、桜がありました。
    クリックすると元のサイズで表示します
 隣り合ってる表千家の不審庵には、桜はありません。
     クリックすると元のサイズで表示します
 病院近くの首途八幡宮(カドデハチマングウ)には、紅白の枝垂れ桜が咲いていると、看護婦さんに言われて、帰りに寄りました。
 源義経が鞍馬山から奥州に旅立つ前に、安全祈願した首途八幡宮には、1本の木から、はっきりと紅白別々に咲く花が確かに有りましたが、桜ではなく、源平枝垂れ桃と言う桃の木でした。
桃でも何でも、不思議で綺麗でした。
     クリックすると元のサイズで表示します
 ついでに、その近くの雨宝院(ウホウイン)の桜も教えられて、寄ってみました。
御衣黄桜(ギョイコウザクラ)と言う、薄緑色の花が咲く八重桜があるのですが、まだ満開には少し早く、捜すとチラホラと、確かに緑色の花でした。
今日ぐらいは満開かもしれません。
      クリックすると元のサイズで表示します
 そして今週15日、満開だった本満寺の枝垂れ桜は、立派な葉桜に変わっていました。
    クリックすると元のサイズで表示します
 我が家の小さな2代目八重桜も、やっと満開になりました。
やや暑苦しい桜ですが、我が家のものと思うと、それなりに見事です。

      返事
花水木さん:五島列島の桜より、
    京都の桜の方が綺麗とは思いますが、
    弘前の桜なんかは、京都よりきれいそう、
    桜と紅葉は寒い所の方が綺麗になりますかね。
     エンペラ、なんか烏賊とはなじまない言葉の感じがします。
     そろそろ花水木さん忙しく嬉しくなると思いますので、
    連休明けぐらいまで、コメント休まれても決して怒ったりしませんよ!

2019/4/14

通勤桜2  京都から
    クリックすると元のサイズで表示します
 先週4月8日、自転車通勤で渡る葵橋から、鴨川上流の桜を撮りました。
満開で、暖かくなってきました。
    クリックすると元のサイズで表示します
 北の方岩倉の病院の庭のソメイヨシノは満開ですが、前の週満開のピンクの桜はもうだいぶ散っていました。
    クリックすると元のサイズで表示します
 しかし2日後には冷たい雨が降り、同じ病院庭の桜も寒そうで、風も強かったので、だいぶ花びらも落ちました。
今週で京都市内のソメイヨシノは終わりそうです。
    クリックすると元のサイズで表示します
 伏見区の老人ホームの庭の枝垂れ桜は、やっと満開近くになりました。
    クリックすると元のサイズで表示します
 山の上にある老人ホームから、ぶらぶら歩いて降りて行く帰り道、名もなき家の庭に咲く枝垂れも満開ですし、道端のソメイヨシノは落花さかんでした。
    クリックすると元のサイズで表示します
 山科川の土手は花吹雪が舞っていました。
    クリックすると元のサイズで表示します
 月に2回は京都の西の嵐山でも働いているのですが、訪問リハビリの車の中から撮った渡月橋下流の桂川。
沢山の観光客の中を進みましたが、渡月橋では写真を撮るのを忘れてしまい、後の祭りの写真です。
     クリックすると元のサイズで表示します
 この日も仕事は午前中だけなので、帰りは西の方の御陵巡り兼花見。
沓掛近くの大枝神社の桜、さすが大枝?神社。
 阪神やっと勝ちましたが、私の皐月は咲きませんでした。

      返事
花水木さん:天気によって桜の写り具合は変わりますね。
    ソメイヨシノの白っぽい花を美しく撮る技術は、
    私にはまだ備わっていないようです。
     エンペラを知らなかったので、調べると、
    ナポレオンの帽子に似てるので、
    「エンペラ」と言うそうですが、本当ですかね?
タグ: 鴨川 大枝神社

2019/4/13

通勤桜1  京都から
    クリックすると元のサイズで表示します
 背割堤の桜はわざわざ観に行ったのですが、通勤の途中などにもたくさんの桜が咲いています。
4月1日朝、出町の診療所近くの、最近はネットなどでかなり有名になってきた、本満寺の枝垂れ桜。
早咲きの枝垂れなので、もう満開です。
朝早いので、まだ人は少なかったですが、昼に帰る頃には、外国人など多数の見物客で一杯でした。
    クリックすると元のサイズで表示します
 先週(4月始め)、京都の北の岩倉の病院の桜は、北の方にもかかわらず、満開でした。
ソメイヨシノではないピンク色の品種のためですかね。
     クリックすると元のサイズで表示します
 4月4日、山科川辺りを歩いて帰る時、川岸の桜はまだもう少し、でも川の中の菜の花は黄色く目立っていました。
    クリックすると元のサイズで表示します
 寄り道して、山科の御陵巡りもしながら帰りましたが、平日にもかかわらず人は沢山出ていますし、桜はほぼ満開。
    クリックすると元のサイズで表示します
 宴会もあったので、高瀬川辺りも散策しながら会場に足を運びましたが、桜は満開で柳は青めるです。
 そうして私の桜、桜花賞も中穴ぐらいで、少しだけ満開になりました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 そして、先週は子V−婿と孫V−1の同日誕生日。
30歳と1歳です。
 クリックすると元のサイズで表示します
   クリックすると元のサイズで表示します
 今週になって、本満寺の枝垂れ桜はもう葉桜に、手前のソメイヨシノは満開ですが、人はあまりいませんでした。

      返事
花水木さん:土手に咲く桜は水を求めて枝が下がるのか、
    綺麗で目の前に花が見えますね。
     タケノコの炊いたものが入ってるんだと思います。
    小倉餡でもパンに合うので、タケノコも合ってますよ。
     女性の望む体重は低すぎて、
    そんなに痩せなくても良いのに、と男は思います。
    男性の望むパンツの面積と、女性が穿いて快適なパンツの面積も乖離があるようですね。
    体重はそんなに減らさなくて良いから、パンツの面積をもう少し減らしてほしいです。
     イカのエンペラは初めて聞いた言葉でしたが、
    料理用語か女性は皆知ってましたね。
    昔、温泉マークを逆さクラゲと言ってましたね、
    今後は、パンティーのことは逆さエンペラと言うことにします。
和さん
     クリックすると元のサイズで表示します
     背割堤の桜の間から見えた大山崎山荘。
    こちらから見えるので、あっちからも桜見えるでしょうね。
    阪急の駅からも、シャトルバスが出てるようですよ。
タグ:  本満寺

2019/4/10

背割堤防の桜  京都
     クリックすると元のサイズで表示します
 淀川三川合流域、桂川・宇治川・木津川がここで集まって淀川になる所です。
写真の川は木津川、そして背割堤(セワリテイ)があって、向こうの山は天下分け目の戦い天王山の戦い(山崎合戦)で有名な天王山だと思います。
      クリックすると元のサイズで表示します
 京都と大阪の境、京都府八幡市の背割堤の桜並木が、私が島に行ってたこの7〜8年で、急に京都の桜の名所になってきたようです。
朝6時台に家を出て、京阪電車八幡市駅で降りて10分ほど歩く、この背割堤の桜鑑賞に出かけました。
    クリックすると元のサイズで表示します
 4月6日土曜日、暖かくて絶好のお花見日和です。
早くに出たつもりも、朝8時前でも、もうかなりの人が来ていました。
 背割堤;二つの河川が合流する時、水位差の影響を減少し、
     合流を滑らかにするために、
     二つの川の間に設けられた堤防。
    クリックすると元のサイズで表示します
 ここは木津川と宇治川の間に造られた背割堤で、桜並木は1400m、先端でUターンせざるを得ず、3kmは歩くことになりますが、土手の上を歩いたり下を歩いたり、変化があるので苦には成りませんでした。
      クリックすると元のサイズで表示します
 暖かかった所為か、ブラブラ1時間以上歩いている間に開花が進んだようで、行より帰りの方が満開に近くなった印象もあります。
     クリックすると元のサイズで表示します
 通行料も無料で、特にお金が入るわけでもないのに、交通整理などに沢山の人を雇わなくてはならない八幡市も大変ですね。
 帰りに協賛金の募金箱に少しお金を入れると、この絵葉書をくれました。
ここにある25mの展望塔(300円)は、もう混んでいたので登るのはやめました。
登ると堤のこんな姿が観れるようです。
     クリックすると元のサイズで表示します
 八幡市駅まで戻って、まだ混んで来てない駅前の喫茶店で、コーヒーブレイク。
竹の産地だけあって(エジソンが作った電球のフィラメントは、ここ八幡の竹が一番長持ちしたそうですよ)、家内がメニューにタケノコサンドを見つけたので、食べました。
やっぱり花より団子です、まあいけますよ。

       返事
花水木さん:和菓子も洋菓子も好きですが、
    洋菓子に使う砂糖の量を知って愕然としました。
     美人薄命と思っていた家内も、
    もう70歳近くになりましたので、
    どうも思っていたほどは美人ではなかったようで、
    薄命(穿くめい)どころか、大きなパンツを穿くようになっています。
     阪神は少し盛り返してはいますが、
    巨人に勝たなくては意味ないです。

2019/4/7

6大原 松露饅頭  菓子たくさん
    クリックすると元のサイズで表示します
 佐賀県唐津の祭り唐津くんち、鯛や兜の曳山で有名ですが、その祭りの絵柄を使ってる元祖 阿わび屋 大原松露饅頭。
    クリックすると元のサイズで表示します
 この松露饅頭は1個90円と安いですが、京都なら200円の値が付きそうです。
    クリックすると元のサイズで表示します
 唐津にある日本三大松原の一つ、虹の松原の松の根元の砂地に自生する球状の食用キノコ、松露に形が似てるので、こう名付けられました。
    クリックすると元のサイズで表示します
 カステラ生地で餡を包んで焼いた焼き饅頭です。
食べてみると、餡がびっしり入っていて、確かに薄い生地は屋台のベビーカステラの味を思い出させますが、より上品で、一個だけでは少々物足りない味でした。
     クリックすると元のサイズで表示します
    クリックすると元のサイズで表示します
 住職であり、表千家の重鎮でもあった、故山下恵光さんの書いた「菓子珊珊」という本を貰いました。
高い本なので、買えとお勧めできませんが、図書館ででも借りて下さい。
珊珊(サンサン):輝いて美しい様子だそうです。
    クリックすると元のサイズで表示します
 「菓子珊珊」にもこの松露饅頭の項がありました。
菓子をこんな風に説明し、こんな風な菓子器に入れて写真を撮れれば良いのですが、私ではなかなかそうはいきません。
 せめて一歩でもそんな風になりたいと、ブログの記事カテゴリーを、珊珊にあやかって「菓子たくさん」に替えてみます。
(たくさん)のなかに、これから沢山のお菓子を食べたいという気持ちと、食べすぎて糖尿になったりしないよう、お菓子はもうたくさんだ、の意味をこめました。

     返事
大雪男さん:阪神も広島も今がどん底、
    と思って生きていきましょう。
     香川県は行く所ないですかね、
    剣山なんかどうですか?剣山は徳島県かな?
花水木さん:目が点は放送時間が変わってからは観てません。
    残念!
     美人薄命;昔YMCAのキャンプリーダーで行ってた時、
       美人のリーダーが白い水着で泳いでいて、
       なんとなく透けてると、男たちで騒いでいると、
       一人が「やっぱり美人(はパンツを)はくめい」と言ったので、
       全員笑いが止まらなくなったことがありました。
       美人薄命を聞くと、いつも若いあの頃を思い出します。
       でも男のノーパンは美しくはないですよ。

2019/4/4

鈴鹿サーキットゆうえんちモートピア  
    クリックすると元のサイズで表示します
 春休みの孫3人を連れて、鈴鹿サーキットゆうえんちモートピアに行ってきました。
昨年の夏にも同じメンバーで行ったのですが、好評だったのでもう一度です。
朝の開園前に着いて、結局閉園近く、電気がつきだす頃までいました。
     クリックすると元のサイズで表示します
 新しい乗り物や、怖そうな乗り物には乗ってくれず、さすがに血は争えないと思いましたが、孫たちを鼓舞するつもりで、勇気を出して大観覧車にも5人で乗りました。
手すりから手は離しませんが、なんとか鈴鹿サーキット内を走ってるレースカーを、俯瞰で捕えました。
 最初乗った時は怖がって顔も上げなかった孫T−1も、この後見学の私を差し置いて、3回も続けて大観覧車に乗っていました。
    クリックすると元のサイズで表示します
 慣れた乗り物には、アホかなと思うぐらい続けて乗る孫たちですが、そうすると上手になってまた乗ってしまう。
まあじじばばは座って待ってるだけなので、楽は楽です。
このお子様向きレースカーでは、CarNo8の車に乗った孫は、9台中のダントツ1位で、A級ではないですが、良いタイムで帰ってきてます。
    クリックすると元のサイズで表示します
 知る人ぞ知る宇川徹のライダーポジションの人形。
一応あの頃の世代の男ですから、マン島のホンダの優勝には万歳しましたし、ライダー姿のスペンサーのジグゾウパズルも作ってます。
成人して初めて私が買ってもらったスーツは、あの福沢諭吉のひ孫でレーサー、事故死してしまった福澤幸雄のデザインした、なんと緑色のスーツでしたよ。
     クリックすると元のサイズで表示します
 憧れてはいましたが、乗ったのは通勤で使ったホンダラッタッタのみです。
こんな格好で乗ってみたかったのですが、こんな怖いことはようしません。

     返事
大雪男さん:宮古島が福江島よりはるかに都会なのには、
    びっくりしました。
     まだ私が足を踏み入れてない県は、茨城県だけになったからです。
     阪神もう終わりました! 情けない!!
    もうTVは観ずに、せっせとブログを書きますよ。
花水木さん:モノレールもそうですが、車も多いです。
     外国人とのトラブルを実際経験はしてませんが、
    外国人を見ると、まだちょっと緊張します。

2019/4/1

初めての沖縄4  
     クリックすると元のサイズで表示します
 沖縄本島にも帰りに1泊して、那覇市内観光もしました。
目玉の首里城にも、もちろん行きました。
    クリックすると元のサイズで表示します
 以前からここは守礼門の印象しかありませんでしたが、想像していた以上に守礼門は赤かったです。
これも再建されたものなので、再建されてからなら、私よりも若い建物でした。
     クリックすると元のサイズで表示します
 首里城内の近代的トイレの蛇口。
トイレも首里城自体も綺麗で、世界遺産だそうですが、ほぼ再建されたものばかりなので、これが世界遺産指定か、とは思いますが、綺麗にしてからの方が観光客は増えてるでしょうね。
     クリックすると元のサイズで表示します
 でも石垣は立派です、でも石垣も沖縄戦でやられてると思うので、ほとんどが再建でしょうね。
     クリックすると元のサイズで表示します
 泊まったホテルから見えるモノレールのゆいレールで、那覇市内を主に移動しましたが、一度乗ったタクシーは渋滞につかまりました。
那覇市は京都市より都会ですし、京都と同じく外国人観光客であふれていました。
     クリックすると元のサイズで表示します
 沖縄の城(グスク)をイメージした沖縄県立博物館・美術館。
美術館は目玉がなかったので、さらっと流しただけです。
    クリックすると元のサイズで表示します
 博物館は内容も豊富で、楽しくまわりました。
     クリックすると元のサイズで表示します
 博物館の庭に造られていた沖縄の家は、NHK朝ドラ「ちゅらさん」を思い出しました。
    クリックすると元のサイズで表示します
 沖縄県庁も那覇市役所も立派な建物です。
国際通りも歩いて、食事をしたり(これが美味しかった)、牧志公設市場も少し覗きました。
しかし、那覇は都会すぎて、私にはちょっと合いませんでした。
次に機会があれば、本島の北部や水族館に、又石垣島にも行ってみたいと思いますが、その前に茨城県に行かなくてはなりません。

      返事
花水木さん:水着を持っていたとしても、
    このプールでは裸で泳いでいると思います。
    夜の水中ライトにうかんだ私の裸体は、スターのように綺麗でしたよ!?
     66歳の若造が何を言ってるのですか、
    70歳になった私も旅行などすると、知らないことばかりに出会いますよ。
大雪男さん:那覇のちょっと高級な居酒屋で話を聞いた人によると、
     大神島は神聖な場所がたくさん有りますし、
    嫁としても島外の人はなかなか入れず、島だけの生活を守ってきたようですが、
    そんなことをしたら、近親婚で滅亡してしまうと思うのですがね。
     阪神、なんとしても明日からの巨人戦には勝ち越してほしいですよ。
    怖いので観ずに応援します。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ