奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2019/5/20

47-3大夫人山背  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 当麻山背(タイマノヤマシロ)は前回の舎人親王の何人かの妃の一人で、733年(舎人親王は57歳ぐらい)に第7皇子になる大炊王(後の淳仁天皇)を産んでいますが、その時に当麻山背が何歳だったかは不明です。
 息子の第47代淳仁天皇の淡路島の陵から少し歩くと、いかにも陵らしい写真の丘が見えてきました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 それから25年経った758年に、急に我が息子が天皇になってしまいましたので、天皇の母として大夫人(オオミオヤ・ダイブジン)と尊称されるようになりました。
とっくの昔に死んでいた夫の舎人親王も759年には、天皇の父として崇道尽敬皇帝と追号されたので、追尊天皇崇道尽敬皇帝妃大夫人山背(ツイソンテンノウスドウジンキョウコウテイヒダイブジンヤマシロ)となったのです。
 小山の頂上まで、真っ直ぐの石段がのびていました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 ただし、淳仁王朝を完全に支配していた藤原仲麻呂が764年に恵美押勝の乱をおこし、あっけなく孝謙上皇方に負けてしまいましたので、息子の淳仁天皇も捕えられ、親子して淡路島に流されてしまい、当麻山背はその後消息不明です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 息子淳仁天皇はその後殺されたようなので、母もその時一緒に殺されてる可能性大です。
でも墓は息子の陵に近い所に淡路墓(アワジノハカ)として作られていますが、多分あと付けの様な墓だと思います。
遠い淡路まで、宮内庁の目が行き届いていないのか、制札は新しいですが、字自体は子供が書いたような感じです。

      返事
花水木さん:昔の嫌なことを夢に見ることはあります。
    辛いですが、それでも前向きに生きてるほうだとは思ってます。
    自分のことを忘れるのは良いのですが、歌の文句ではないですが、
    自分のことを忘れられるのは辛いですね。

2019/5/17

47-2舎人親王  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 舎人親王(トネリシンノウ)(676〜735)、その名前は太安万侶と共に日本書紀を編纂したとして、教科書にも名前が挙がっているので有名ですね。
 菖蒲の節句発祥の地らしい京都藤森神社は、菖蒲→勝負に通じていたり、5月5日の藤森祭で曲乗りの駈馬神事(カケウマシンジ)が行われることからも、競馬の勝負運の神様として、私も少しは頼りにしている神社です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 藤森神社のの祭神として、日本書紀を編纂したので日本最初の学者とされる舎人親王もあがっています。
 クリックすると元のサイズで表示します
 舎人親王の父は天武天皇で、母は天智天皇の娘新田部皇女(ニイタベコウジョ)ですので、血統的には申し分ありません。
第40代天武天皇の沢山いる息子の中では、一番最後まで行き残り、天武系の皇親政治を補佐するとともに、やや藤原氏寄りの政治活動もしてきました。
当麻山背(タイマノヤマシロ)との間に、第7皇子として大炊王をもうけたのは、死ぬ3年前の55才過ぎです(すごい!)。
 クリックすると元のサイズで表示します
 舎人親王の死後20年以上経ってから、息子の大炊王が思いがけずに第47代淳仁天皇に成れたので、天皇の父として崇道尽敬皇帝(スドウジンキョウコウテイ)とすごい名前の追号を貰っています。
 クリックすると元のサイズで表示します
 黄金塚陵墓参考地(コガネズカリョウボサンコウチ)(奈良市田中町)として宮内庁が舎人親王の墓(陵)と定めた、ここ奈良の平城京の東南の山すそですが、発掘調査では舎人親王の時代より100年ぐらい前の時代の墓の様で、正式名帯解黄金塚古墳(オビトケコガネズカコフン)です。
入り口を探すのに苦労して歩き回りました、このなんの目印もない脇道を入っていった所にありました。

     返事
花水木さん:心が折れたことも、もう忘れてしっまてる。
    これが年寄りの良い所です。
数さん:和さんの変換間違いでしょうね?
     賀茂川土手の木々の間を抜ける行列は、
    街中で観るより気持ち良かったです。

2019/5/15

葵祭  
 クリックすると元のサイズで表示します
 5月15日(水)、水曜日の仕事は朝の2時間だけで終わりです。
賀茂川の北山橋と北大路橋の間まで、二人でブラブラ葵祭見物に出かけました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 小学校の時は、学校前で葵祭と時代祭りは皆で見学してました。
時代祭りは武者行列が多く楽しみでしたが、葵祭は着飾ったお公家さんの行列なので、子供心にあまり楽しくなかったです。
クリックすると元のサイズで表示します
 その小学生以来、60年ぶりの葵祭見物かもしれません。
それも賀茂川の土手の道で観るのは初めてです。
快晴にもかかわらず、それ程暑くなく、風がそよいで気持ちいい日です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 今年の第64代斎王代は綺麗です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 牛車の音も久しぶりに聞きました。行列の馬も皆綺麗です。
少し待ってゆっくり観る余裕が、私にもやっと備わってきました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 終わって近くでパフェ食べて、高校の同級生に会いました。
着物関係の友人は、「下鴨神社での昼休憩では、一度十二単衣も脱いで休み、また着付けするようで、仕事関係の仲間はそちらに行っていて、上賀茂神社到着後は後片付けが忙しい」、と教えてくれました。
 絶好の祭り日和で良かったです。

      返事
花水木さん:ボーっと生きてるつもりはないのですが、
    ボーっとしてる時は多いですね。
大雪男さん:ヘルメット買ってるんですが(布製)、
    帽子・ヘルメットが恥ずかしいぐらい似合わない頭なんです。
     今日の巨人戦、怖くて観れませんが、
    なるべくなら2連勝して下さいと、祈ってます。
タグ: 2019年

2019/5/11

47⁻1淳仁天皇  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 先代の第46代孝謙天皇が女帝ですので、皇太子には第40代天武天皇の孫道祖王(フナドオウ)をたてていましたが、なんか言いがかりのような理由(淫欲に溺れていた)でこれを廃し、替わってたてられたのが、同じく天武天皇の孫である大炊王(オオイオウ)です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 大炊王の父親は舎人親王で、その第7子として生まれましたが、3才の時にはもう父は死んでしまっています。
時の権力者藤原仲麻呂は、自分の長男の亡き真従(マヨリ)の未亡人である粟田諸姉(アワタノモロネ)を大炊王に娶らせ、自邸の田村第(タムラテイ)住まわせていたので、皇太子にと大炊王を強く推挙しました。
そして、孝謙天皇の譲位後、大炊王は第47代淳仁天皇(ジュンニン)(733〜765)(在位758〜764)になりました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 淳仁天皇の政治の実権は、父親にも等しく、その即位を強力に後押しした藤原仲麻呂が握っていたのは当然で、比べられないほどの恵みを与え、あらゆる騒乱を平定出来る者と言う意味の名、恵美押勝(エミノオシカツ)と言う名まで、仲麻呂に与えています。
 クリックすると元のサイズで表示します
 その頃孝謙上皇は、あの弓削道鏡を寵愛するようになり、上皇と天皇の対立を招いたので、764年あせった仲麻呂は恵美押勝の乱を起こしましたが、意外なことに強そうだった仲麻呂軍はあっさり上皇軍に負けてしまい、淳仁天皇も拘束されて、淡路島に流されてしまいました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 そもそも淳仁天皇という諡号は、明治時代になってから付けられたもので、それまでは淡路廃帝(アワジハイタイ)と呼ばれていて、長くに渡って天皇とは認められていなかったようです。
淡路島から逃亡を計って捕まり、亡くなりましたが、多分殺害された天皇でしょう。
 ここ淡路陵(アワジノミササギ)(兵庫県南淡町)には、徳島に行く時に途中で高速を降りて参りましたが、だいぶ前の頃です。

    返事
和さん:年齢的に行く所が、同じような所になりますね。
    豊岡・丹波も、この1ヶ月で2回も行ってます。
花水木さん:しっかりした味です。
    食レポは語彙が少ないので、苦手ですよ。
大雪男さん:4人目の孫は4月2日生まれなので、
    この利を生かしてもらいたいです。
     少し強くなっても、巨人に勝たないと面白くありませんよ。
ヌカタオキミさん:H病院の職員とゴルフに行ったのですが、
    ゴルフ場も意外と空いていましたね。
  
  私事ですが、本日月に1度の外科外来の仕事の通勤帰り、
 自転車で思い切り転倒してしまいました。
 周りの外人観光客に「ダイジョウブデスカ?」と思い切り声をかけられました。
 頭も少し打ちましたが、挫創だけで骨折はしてないようです。
 でも心はかなり折れています。

2019/5/8

鳥取砂丘  
 クリックすると元のサイズで表示します
 10連休前半、大学時代の友人の墓参りというか、10年経ってもまだ納骨してないので、自宅の遺影に挨拶に行きました。
 帰りに久しぶりの鳥取砂丘に行ったというか、混んでいたので車が少なかった展望台に廻り、そこから砂丘を眺めてきました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 「砂の美術館」(600円)にも初めて入りました。
今回は、砂で世界旅行・南アジア編が開催中で、入り口にはマハトマ・ガンディー像、迫力ありました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 水も流れるタージマハル。
 クリックすると元のサイズで表示します
 釈迦の像は、作者の趣味か、アンジェリーナ・ジョリーに似ていました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 立派に本格的に作られてるので、一見の価値は充分ありました。
  クリックすると元のサイズで表示します
 クリックすると元のサイズで表示します
 鳥取砂丘の砂に産めて加熱したゆで卵を買って帰りました。
しっかりした味になっていて、これも1回は食べてもいい味です。
 連休終わって働きだしましたが、10連休の最後の日は、庭の木を少し切ったぐらいで、ゆっくり休みましたので、もういつもの調子です。

     返事
花水木さん:私の今の家族12人中、
    半分の5人が4月か5月生まれです。
    期待していいですかね?
     因みに、(ご存知のように)
    私は研ナオコさんの次の日です。
タグ: 砂の美術館

2019/5/5

10連休  
 クリックすると元のサイズで表示します
 10連休もあっという間に、あと1日だけになってしまいました。
まあ3連休はしょっちゅう、4連休もよくある私ですので、10連休はどうかと言われれば、まあこんなものかと答えるのみ。
混んでるし、宿泊は高いので、基本的には日帰り生活で終えるつもりです。
 1日目;家内に付き合ってもらって、奈良の山奥にある御陵さんに、山道を滑りながら到着。
 クリックすると元のサイズで表示します
 2日目;前回紹介したように、二人で叔母の卒寿の祝いに宇治まで行ってますし、平等院も拝観出来ました。
その分天皇賞は観られずで、ちょっとしか買わなかったので、得したかもしれません。
 クリックすると元のサイズで表示します
 3日目;10年前に若くして死んだ、馬があっていた大学の友人の遺影に挨拶するため、二人で鳥取までドライブ。
早くに出たので、渋滞は回避出来て、帰りには写真の鳥取砂丘にも寄って、道の駅ごとにトイレに行きながらブラブラ帰りました。
 4日目;長い連休、1回ぐらいはしなくてはならない麻雀を、昼日中から堪能して、平成最後の四暗刻もつもりました。
 5日目;令和になって1日目、仕事にちょっと行ってから、午後は買いだしです。
 クリックすると元のサイズで表示します 
 6日目;午前中にちょっと仕事をして、そのままJRで奈良に行き、孫を拾ってとんぼ返りで近鉄で帰りました。
小学生3人の孫が泊まりに来て、午前1時になっても部屋中を徘徊してます。
 クリックすると元のサイズで表示します
 クリックすると元のサイズで表示します
 7日目;1歳になった4人目孫も来てくれて、全員で4月後半と5月生まれの誕生会。
テニスにも付き合いましたが、ボールボーイするだけで疲れました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 クリックすると元のサイズで表示します
 8日目;久しぶりのゴルフです。
半袖でプレーしても暑いぐらい。
70歳になったので、金色のテイーマーカーから打った為もあって、90台前半と言う、私にしては素晴らしい成績でした。
 9日目;予定は8日目で終了も、まだ2日間休みはあります。
朝だけ買い物に出て、午後は競馬ですが、やっぱり入りません。
阪神は私があきらめたら勝ちだしたので、今日はTVで競馬以上に観ましたよ。
 明日の10日目;休みに何かしようと思う貧乏根性は捨てて、なにもせずにボーと過ごしたいと思っていますが、長い休みにも疲れました。
11日目に仕事が出来るのか心配ですが、そんな心や体でも出来る仕事なので、まあぼちぼちやります。

     返事
和さん:10連休、
    前半は冬・後半は夏になってしまいましたね。
     コメントは読むのが嬉しいので、なんでもOKですよ。
花水木さん1:ご苦労様でした!
    疲れるが、又すぐ会いたくなるのが5歳までの孫です。
    大きくなると、孫でも色々心配が増えます。
大雪男さん:阪神少し調子に乗ってるので、
    お調子者の私も、又TVを観始めています。
花水木さん2:私と同じ誕生日はロックフェラーですが、
    何の共通点もありませんよ。
 
タグ: 10連休 令和 平成

2019/5/1

宇治平等院  京都
 クリックすると元のサイズで表示します
 10連休も半分終わり、今日からは令和の世になりました。
連休は日帰りで遊ぶ予定ばかりですし、2日間はちょっと働きます。
 28日は叔母の卒寿の会で、夫婦で宇治に出かけました。
久しぶりに宇治橋を渡ります。
 クリックすると元のサイズで表示します
 会場の平等院前の料理屋に早く着いたので、小学校の遠足以来?の平等院(600円)に入りました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 平等院と言えば、なんといっても10円玉に刻まれたこの鳳凰堂です。
小学校の遠足の時には、この石灯籠の前で記念写真を撮ったような気がしますが。
 クリックすると元のサイズで表示します
 阿弥陀如来のお顔が、この格子の向こうに丁度見えるのも、確か有名です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 前の池も綺麗にして水も溜めて、屋根の鴟尾も金ぴかの鳳凰に変わっています。
 クリックすると元のサイズで表示します
 クリックすると元のサイズで表示します
 連休で観光客でごったがえしていましたが、季節もよく、藤棚も満開、ツツジも満開、良い季節になりました。
 と思ってたら、この2〜3日は寒くて、家内はストーブを片付けたことを後悔しています。

     返事
花水木さん:一進一退・成人映画・精力善用?などですかね。
     初孫女の子誕生おめでとうございます。
    東京でもなんとかこれを読んでてくださいよ。
大雪男さん:私の末娘が産まれた時に、
    次男(6歳)が「○○子が産まれた」と近所のおばあさんに伝えたら、
    「私と同じ名前だは」と答えられて、次男はちょっと嫌な顔をしたそうです。
    そのことを、笑いながらおばあさんは家内に話したそうですが、
    花水木さんも、「こんな爺さんと同じ生年月日か」
    と、ちょっと嫌な顔をされてるかもしれませんよ。
     
タグ: 鳳凰堂 卒寿


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ