奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2019/5/11

47⁻1淳仁天皇  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 先代の第46代孝謙天皇が女帝ですので、皇太子には第40代天武天皇の孫道祖王(フナドオウ)をたてていましたが、なんか言いがかりのような理由(淫欲に溺れていた)でこれを廃し、替わってたてられたのが、同じく天武天皇の孫である大炊王(オオイオウ)です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 大炊王の父親は舎人親王で、その第7子として生まれましたが、3才の時にはもう父は死んでしまっています。
時の権力者藤原仲麻呂は、自分の長男の亡き真従(マヨリ)の未亡人である粟田諸姉(アワタノモロネ)を大炊王に娶らせ、自邸の田村第(タムラテイ)住まわせていたので、皇太子にと大炊王を強く推挙しました。
そして、孝謙天皇の譲位後、大炊王は第47代淳仁天皇(ジュンニン)(733〜765)(在位758〜764)になりました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 淳仁天皇の政治の実権は、父親にも等しく、その即位を強力に後押しした藤原仲麻呂が握っていたのは当然で、比べられないほどの恵みを与え、あらゆる騒乱を平定出来る者と言う意味の名、恵美押勝(エミノオシカツ)と言う名まで、仲麻呂に与えています。
 クリックすると元のサイズで表示します
 その頃孝謙上皇は、あの弓削道鏡を寵愛するようになり、上皇と天皇の対立を招いたので、764年あせった仲麻呂は恵美押勝の乱を起こしましたが、意外なことに強そうだった仲麻呂軍はあっさり上皇軍に負けてしまい、淳仁天皇も拘束されて、淡路島に流されてしまいました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 そもそも淳仁天皇という諡号は、明治時代になってから付けられたもので、それまでは淡路廃帝(アワジハイタイ)と呼ばれていて、長くに渡って天皇とは認められていなかったようです。
淡路島から逃亡を計って捕まり、亡くなりましたが、多分殺害された天皇でしょう。
 ここ淡路陵(アワジノミササギ)(兵庫県南淡町)には、徳島に行く時に途中で高速を降りて参りましたが、だいぶ前の頃です。

    返事
和さん:年齢的に行く所が、同じような所になりますね。
    豊岡・丹波も、この1ヶ月で2回も行ってます。
花水木さん:しっかりした味です。
    食レポは語彙が少ないので、苦手ですよ。
大雪男さん:4人目の孫は4月2日生まれなので、
    この利を生かしてもらいたいです。
     少し強くなっても、巨人に勝たないと面白くありませんよ。
ヌカタオキミさん:H病院の職員とゴルフに行ったのですが、
    ゴルフ場も意外と空いていましたね。
  
  私事ですが、本日月に1度の外科外来の仕事の通勤帰り、
 自転車で思い切り転倒してしまいました。
 周りの外人観光客に「ダイジョウブデスカ?」と思い切り声をかけられました。
 頭も少し打ちましたが、挫創だけで骨折はしてないようです。
 でも心はかなり折れています。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ