奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2019/7/22

10.鯨羊羹  菓子たくさん
 クリックすると元のサイズで表示します
 尾道市の中尾本舗の名物「鯨羊羹」です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 一つづつ袋に入って、食べるための菓子楊枝まで一袋に1本入っています。
一周巻いてあるセロファンが、少々取りにくいです。
 ケーキでもそうですが、このセロファンで巻いてあるのはひっつき予防で、必要だとは思いますが、どこから剥がしてよいのか端が見つけにくいですし、はがしたセロファンにケーキが少しついて、舐めたくなりますね。
 クリックすると元のサイズで表示します
 なんとかセロファンを取って、そのままではなく皿に移して食べました。
鯨の皮の様な黒さと身の白さ、なるほど鯨らしく、名前は納得できました。
涼しげなお菓子なので、今の季節に食べるのが一番いいのでしょうね。
 クリックすると元のサイズで表示します
 菓子楊枝の切れ味もよく、上品に3〜4切れに分けて口にほうり込みました。
1個220円、満足です。

      返事
花水木さん:昨年も同じような祇園祭をかき込んでいましたね。
    同じことばかりですみません、今回はお菓子メインということでお許しを。
    奈留島でも同じことを何回も書いていたような気がしますが、
    今後ますます繰り返しが多くなると思いますが・・・・。
大雪男さん:これから巨人が10連敗でもしてくれたら、
    面白くなるのですが、それはかなわぬ夢。
    広島に2位になってもらい、CS勝ってもらいたいです。
    広島には連勝する力ありますが、
    今年の阪神はまだ無理なので、4位狙いで充分です。
タグ: 中尾本舗


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ