奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2019/8/31

50-6桓武天皇皇孫遍照  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 京都市山科の西北の辺りに遍照墓(ヘンジョウノハカ)はあります。
通勤の帰り道に、天智天皇陵に近い地下鉄御陵(ミササギ)駅で降りて(地図上の方)、ブラブラと遍照墓(地図下の方)を訪ねました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 地図を見て探しているのにもかかわらず、一度は見落として通り過ぎた、狭い道の奥に墓らしき姿を見とめました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 ぐるっと回りを住宅に囲まれている、小さな円形の丘が遍照墓ですし、はっきりと宮内庁が管理してる制札がありました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 遍照(ヘンジョウ)と言われてもピンときませんが、遍照の意味は「あまねく世間を照らすこと」らしいです。
このありがたい名前の持ち主は、桓武天皇の孫にあたります。
すなわち父親が良岑安世(ヨシミネノヤスヨ)で、桓武天皇の息子なんですが、生母の身分が低いので親王宣下を受けられず、良岑姓を賜与されて臣籍降下しました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 この安世の八男として生まれた良岑宗貞(ヨシミネノムネサダ)(816〜890)は、850年に出家して遍照僧正(ヘンジョウソウジョウ)となりました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 なんといっても有名なのは、まだ出家する前の宮中に出入りしていた頃に作った小倉百人一首の11番目
   天津風 雲の通い路 吹きとじよ
      乙女のすがた しばしとどめむ
この和歌、昔ノック・フック・パンチのマンガトリオが、
  天津風 余った風は どこに行く
と、漫才の冒頭によく使っていたので、憶えました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 遍照も突然妻子を捨てて出家したのですが、その息子良岑玄利(ヨシミネノハルトシ)が父遍照を訪ねると、「お前もお坊さんになれ」と強引に11歳で出家させて、素性法師(ソセイホウシ)にさせられました。
まあそれでも、親子して小倉百人一首に載せてもらえるような歌人になったのですから、良しとしましょう。
 でも、臣籍降下した天皇の孫の墓まで宮内庁が管理してるのは、何故なんでしょうかね?

     返事
花水木さん:子供も多かったですが、妻も多いので、
    私たちの祖母年代が、一人でたくさん産んでる方が驚きですね。
     私の家族はAとBが結婚したので、
    子供はO・A・ABと一家で全て揃いました。
    どの型の子が産まれても、私の子だと言わなくてはならない、
    悲しい定めの私です。
    何だかなあ〜。(花水木さんから盗作)

2019/8/28

50-5桓武天皇皇子仲野親王  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 第50代桓武天皇には35人の子供がいたそうですが、その第12皇子である仲野親王(ナカノシンノウ)(792〜867)と言われても、ピンときませんし今まで聞いたこともなかったです。
でも墓は、嵐電帷子ノ辻(カタビラノツジ)駅とJR山陰線太秦(ウズマサ)駅の間にあって、結構目立つ大きな墓でした。
 クリックすると元のサイズで表示します
 藤原四家の中で一番目立たず人材も少なかった藤原京家の出の藤原大従(フジワラノオオツグ)の娘藤原河子(カワコ)が、桓武天皇の宮人(キュウジン)となり、5人の親王・内親王を産みましたが、その内の一人が仲野親王です。
 住宅街の中にある高い丘に木々が生い茂り、森のようになった高畠墓(タカバタケノハカ)、参道も非常階段のように細く伸びていました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 仲野親王は歴史の中で特に何かしたと言うわけではないようですが、垂箕山古墳(タルミヤマコフン)と言われるこの大きな前方後円墳に葬られているのは、少し不思議です。
まあ、治定されたのが明治になってからですから・・・・。
 クリックすると元のサイズで表示します
 空濠のなってるような墓外周の道を、丁度掃除中の職員に咎められないように一周巡りました。
 仲野親王にも17人の子供がいましたし、75歳と長生きです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 仲野親王の沢山の子供のうちの一人班子女王(ハンシジョオウ)が、親王時代からの第55代光孝天皇の妃となっていて、源定省(ミナモトノサダミ)を産んでいます。
この一時は臣籍降下していた定省が、第56代宇多天皇になってしまったので、仲野親王は死後20年経ってから、天皇の外祖父として一品太政大臣を追贈されています。

     返事
花水木さん:今や私のブログは、
    半分は花水木さんのコメントを期待してる読者で成立っていますので、
    面倒ですが一行でもコメントお願いいたします。
     京都は大文字がすむと、秋になりました。
    今年も半分以上が過ぎ、月日は巡りますが、
    目標無く生きるのはしんどいです。

2019/8/24

50-4桓武天皇皇子伊予親王  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 木曜日の午後の仕事を辞めたので、午前中の仕事を終えて山の上の施設から、いつもの帰りとは逆の方向に降りて行き、色々訪問すること(道草です)が増えました。
山から降りた所が、写真の奥に見えてる六地蔵方面、京アニの放火殺人事件のあった所です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 降りて行く途中を少し外れて、住宅街の中を探していると、なんの目印も無くなかなか見つからなかった伊予親王(イヨシンノウ)(783?〜807)の巨幡墓(コハタハカ)(京都市伏見区)を、この奥に見つけました。
正式には黄金塚2号墳と言う、元々は120mもあった前方後円墳らしいです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 第50代桓武天皇は26人の女性を娶り、35人の子供をもうけていますし、この内の3人が天皇になりました。
 この伊予親王も、藤原南家の恵美押勝の乱を起こした仲麻呂の甥である藤原是公(フジワラノコレキミ)の娘で、桓武天皇夫人の藤原吉子(キッシ)から産まれていますので、天皇になっても不思議はなかったようです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 父の桓武天皇には愛されていたようですが、桓武の次の天皇になったのは、異母兄の第1皇子である第51代平城天皇です。
 兄の平城天皇に疎まれていた可能性もあるし、藤原四家の間の権力争いもあって、伊予親王が謀反の首謀者だと言われ、母吉子と共に捕縛幽閉されました。「伊予親王の変(807年)」
 クリックすると元のサイズで表示します
 「伊予親王の変」を日本史で学んだ記臆が全く無く、その墓が勤務地の近くにある自覚も、残念ながら私には全くありませんでした。
 この不幸な母子は、幽閉後1ヶ月ほどして、二人とも毒を仰いで自害したそうです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 恵美押勝の乱でボロボロになっていた藤原南家は、これでとどめを刺されたようですが、後に伊予親王は無実とされ、母と共に復号・復位されました。
こんなこともあってかどうか知りませんが、墓の中央には石の宝塔が立っていました。

2019/8/21

50-3桓武天皇夫人藤原旅子  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 藤原式家の百川(モモカワ)とその姪にあたる藤原諸姉(モロネ)【良継の娘で、前回の乙牟漏の姉になります】との間に、長女として産まれたのが藤原旅子(フジワラノタビコ)(757〜788)です。
 この陵の訪問も一度失敗してたどり着けずに、再挑戦です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 父の百川と、伯父でもあり祖父でもある良継が推した山部親王が第50代桓武天皇になったので、旅人の1歳下ですが叔母にあたる乙牟漏が皇后とはなっていましたが、更に785年に旅子自身も26歳で桓武天皇の後宮に入りました。
 竹林の間の道を少し登っただけで、たどり着けます。
 クリックすると元のサイズで表示します
 786年には大伴親王(オオトモシンノウ)(後の第53代淳和天皇)を産みましたが、788年には30歳で亡くなっています。
 妻の乙牟漏・旅子を次々と若くして死なせ、母の高野新笠も亡くなったので、桓武天皇はより一層早良親王(崇道天皇)の霊を畏れたようです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 こうして宇合(ウマカイ)から始まった藤原式家は、武智麻呂から始まった藤原南家の仲麻呂が恵美押勝の乱を起こして滅びたので、桓武・平城天皇の時代には種継や薬子(クスコ)等を擁して、藤原四家の中で一番栄えました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 旅子が若くして亡くなった時にはまだ2歳だった大伴親王が、37歳で即位して第53代淳和天皇になったので、旅子は皇太后を贈られて、洛西の丘陵地にあるこの宇波多陵(ウハタノミササギ)(京都市西京区大枝)に葬られました。

2019/8/17

大文字  京都
 クリックすると元のサイズで表示します
 また大文字が巡ってきました。
自宅が「妙」の前にあるので、島から帰って4年連続の鑑賞です。(と言うことは、4年連続同じようなブログです)
今年は京都市の半地下状の体育館が前に建ったので、少し景色は変わっています。
 クリックすると元のサイズで表示します
 昨日の台風も過ぎ去ってくれて、夕方には火床周囲の草に水を撒くぐらいになっています。
 クリックすると元のサイズで表示します
 今年はお客さんはなしで、その替わり家族12人全員集合です。
いつも知り合いから料理を少しとってるのですが、今年はなんと清水六兵衛さんのお皿に盛って来てくれました。
料理より皿の方が100倍高価でしょうね。
 クリックすると元のサイズで表示します
 8時過ぎ「妙」に点火、少しばらついたので、あとで怒られてるかもしれません。
 クリックすると元のサイズで表示します
 それでも今年は綺麗に安定して「妙」は燃えていました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 我が家からは「大文字」の上ちょっとと、「船形」も見えます。
子供の時は、大文字が終わると夏休みが終わると、悲しくなっていましたが、今年は人生を感じて悲しくなっています。

      返事
大雪男さん:若い時は、ラグビーのヘッドギアも、
    全共闘の赤ヘルも、それなりに似あっていると思っていましたが、
    額が無いせいか、帽子はまったく似合いません。
    火野正平さんが被っていたような布製の自転車ヘルメットも買いましたが、
    全くダメです。
花水木さん:「漏」確かにあまり漏れると、
    仕事にも差障りが出るかもしれないので、
    これで仕事をやめるかもしれないですね。

2019/8/14

50-2桓武天皇皇后藤原乙牟漏  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 奈良時代末のおさらいになります。
藤原乙牟漏(フジワラノオトムロ)(760〜790)の父親は、藤原四兄弟の式家の宇合(ウマカイ)の次男である良継(ヨシツグ)【宿奈麻呂スクナマロ】です。
宇合の長男であった兄の広嗣(ヒロツグ)が、聖武天皇時代の740年に九州で広嗣の乱を起こし、遠い値嘉島(五島列島北の宇久島)で捕えられ斬刑なった時、弟の良継も連座して伊豆国へ流罪となりました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 良継はその後許されましたが、当時は南家藤原仲麻呂の絶頂期であり、乙牟漏が産まれた頃は不遇の日々をおくらざるを得ませんでした。
一時は仲麻呂暗殺計画(763年)まで起こしましたが、失敗して姓も剥奪された時もありました。
  クリックすると元のサイズで表示します
 しかしこの藤原仲麻呂が764年に恵美押勝の乱を起こすと、父良継はその討伐軍に加わて、再び中央政界に復帰しました。
 770年称徳天皇が崩御すると、良継は弟の藤原百川(モモカワ)や従兄弟で藤原北家の藤原永手(ナガテ)と組んで、白壁王(第49代光仁天皇)の擁立に尽力しましたが、、天智系の白壁王をあえて推した理由は、白壁王の息子に自分の娘乙牟漏が嫁いでいることもあったんだと思われます。
 クリックすると元のサイズで表示します
 白壁王の長男でしたが、母親は身分の低い百済系渡来人の娘高野新笠だったので、まさか天皇に成れるとは思ってなかった頃の山部親王(ヤマベシンノウ)と結婚したので、まだまだ無位だった乙牟漏は、14歳で774年に安殿親王(アテシンノウ)(後の第51代平城天皇)を産み、781年には夫がまさかまさかの第50代桓武天皇として即位したので、無位→正三位→夫人→皇后と位が上がりました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 785年には息子安殿親王が立太子し、786年には神野親王(カミノシンノウ)(後の第52代嵯峨天皇)を産みましたが、789年高志内親王(コシナイシンノウ)を産んだ翌年に31歳で亡くなり、考古学的には4世紀代の古墳であるこの高畠陵(タカバタケノミササギ)(京都府向日市)に葬られました。
 天之高藤廣宗照姫之尊(アマカツタカフジヒロムネテルヒメノミコト)

      返事

花水木さん:倒木を跨ごうとして跨ぎきれず、
    前方に倒れこみました。
    頭では出来そうなことが出来なくなってます。
     当時の奈良仏教界が平安京に遷都したくなかったので、
    「ナクヨ坊さん」の方が、理屈にあった憶え方だと思っています。
大雪男さん:自転車通勤の時は帽子を被るようになりました。
    京都の夏は死ぬほど暑いですので、気力も萎えます。
タグ: 桓武天皇

2019/8/8

50-1桓武天皇  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 私が働いてる所の一つは、京都伏見の南の端の丘陵の上にあります。
すぐ近くにある写真の小さな丘のような森は大亀谷陵墓参考地で、ここは宮内庁管理地ですので、被葬者候補としては桓武天皇の名が挙がっています。
 クリックすると元のサイズで表示します
 この辺りの丘陵地はまた、昔は豊臣秀吉の築いた伏見城とその城下町があった所で、黒田長政の屋敷跡参考地も、すぐ近くにあります。
 クリックすると元のサイズで表示します
 5分ほど歩くと、この伏見城を模して遊園地(伏見桃山城キャッスルランド)内に築城された城は、15年以上前に遊園地が廃園になった後も残っています。
 クリックすると元のサイズで表示します
 ということで、この近くにある第50代桓武天皇(カンム)の柏原陵(カシワバラノミササギ)(京都市伏見区桃山町)は仕事帰りに簡単に行けました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 天皇の地位からは程遠かった天智天皇の孫白壁王の第1皇子として、渡来系の身分の高くない母高野新笠が山部親王(ヤマベシンノウ)(後の第50代桓武天皇)を産んだのは737年、父白壁王はその時28歳ぐらいです。
 その33年後に、父白壁王は第49代光仁天皇になってしまいましたが、皇太子になったのは第1皇子の山部親王ではなく、異母弟で二回りも若い他戸親王(オサベシンノウ)でした。
 クリックすると元のサイズで表示します
 その後、以前のブログでも書いたように、他戸親王が廃されたため自分が皇太子になり、781年父光仁天皇の後、なれそうになかった天皇になった山部親王は第50代桓武天皇(737〜806)在位781〜806)として44歳で即位しました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 京都岡崎の名所、明治になってから作られた神社にすぎない平安神宮ですが、祭神は平安京を開いたこの桓武天皇ですし、坂上田村麻呂を派遣して蝦夷征伐したことでも有名で、比較的皆が知ってる桓武天皇です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 794年(ナクヨ坊さん平安遷都と憶えましたね)、奈良の仏教世界から逃げ出したかったのか、曾祖父天智天皇のように遷都したかったのかもしれませんが、最初に動いた長岡京は藤原種継の暗殺や早良親王(サワラシンノウ)を死に追いやった土地であったので離れざるを得なかったのか、いろんなことが重なって平安京に都を移した桓武天皇です。
 又、他戸親王や早良親王と一応自分の兄弟が、藤原一族の覇権争いに巻き込まれたような形で亡くなり、自分が天皇の地位についたという負い目と崇り信仰にも苦しめられたようです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 京都に都を移してくれた桓武天皇が眠る柏原陵は、京都を去って都を東京に移した明治天皇陵と、皮肉にも並ぶようにありますので、この参道を歩くと両方の陵に行けることになってます。
それでも、この有名な古代でもない桓武天皇陵でさえも、ここが真陵かどうかは不明のようです。

    返事
花水木さん:暑い暑いのに、外人観光客は減りませんね。
     熱中症になりかけたようですね、
    山頂の御陵でしばらく休んで(動けなかった)から下り始めたので、
    なんとかもったのかもしれません。
     ほどほど程度も出来ない体にならない程度に、体を鍛えたいと思ってます。
大雪男さん:一度前にバッタリ倒れて、
    スマホが飛んでいきました。
     黒ごまアイスクリームで、味は美味しかったですよ!
     阪神はやはり無理ですね。

2019/8/5

大覚寺  京都
 クリックすると元のサイズで表示します
 天皇陵巡りもいよいよ次は第50代桓武天皇にまで至りました。
都も奈良から京都平安京に移りますので、歴代天皇陵も京都が多くなってきます。
したがって、天皇陵を巡るついでに、ブログの更新数を増やすためにも、色々京都の名所も紹介していこうとは思っています。
 クリックすると元のサイズで表示します
 嵐山の渡月橋や天龍寺周辺は、今や外国人観光客であふれかえり、その人々は野々宮神社や竹林の小径にまで及んでいますが、そこからもう少し歩くここ大覚寺や大沢池は穴場になってるのか、芋の子を洗うような数の観光客はいませんでした。
 クリックすると元のサイズで表示します
 宸殿(シンデン)は江戸時代の建物ですが寝殿造りなので、御所の紫宸殿と同じ感じでした。
 クリックすると元のサイズで表示します
 右近の橘・左近の桜と、今は言ってますが、昔は花と言えば梅のこと、ここ大覚寺では平安時代の古式に則り、左近の「梅」が植えられていました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 縦の柱を雨に、直角に曲がった回廊を稲光にたとえた「村雨の廊下」と呼ばれる廊下をつたって、境内を巡りました。
廊下の天井も江戸時代の建物のようなので、刀を振り上げられないように天井は低く作られているようです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 観光客は少なく、静かで落ち着いて廻れます。
拝観料500円も、一人ならまあいいでしょう。
 
 クリックすると元のサイズで表示します
 もちろん大覚寺境内からも大沢池は見渡せました。

       返事
花水木さん1:夏の木漏れ日の中を二人で歩きたかったですが、
    土曜日の猛暑日に、一人で天皇陵巡り最大の難関と言われてる淳和天皇陵に登りました。
    往復15Km、熱中症になりかけぐらいで、足元もおぼつかなくなり、腰もいたく、
    ふらふらになってしまいました。
    もうこんなことは無理な体になってしまったのか、
    いやいやもう一度体を鍛え直して、大雪男さんのように生きていくのか、
    麓まで降りても食事はする気にならず、
    氷水を飲んで、パフェを食べながら考えてしまいましたよ。
大雪男さん:本当に夢が現実になってきましたね!
    広島→横浜→巨人になりそうで、
    こうなったら、広島→横浜→阪神までいかないかとも思いますが、
    まあ高望みはせずに、今季は最下位脱出ぐらいの希望にしておきます。
花水木さん2:もう巨人の世の中ではないんですよ!
    阪神の世の中でもないんですがね。

 クリックすると元のサイズで表示します

2019/8/2

大沢池  京都
 クリックすると元のサイズで表示します
 嵯峨野にある天皇陵巡りの時に立ち寄った大沢池(オオサワノイケ)。
近くの広沢池(ヒロサワノイケ)はよく行きましたが、記臆にある限り、この大沢池を散策するのは初めてぐらいと思います。
 クリックすると元のサイズで表示します
 第52代嵯峨天皇が造営された離宮「嵯峨院」の苑池で、中国の洞庭湖になぞらえて「庭湖(テイコ)」とも言われ、わが国最古の人工の林泉(林や泉水のある庭園)です。
池に沿って木立の中をぐるっと一周(約1Km)してみました。
若い時にアベックで来たかったですし、今なら睡蓮(蓮かも)が満開だそうです。
  クリックすると元のサイズで表示します
 右の高い木のある島が天神島で、左の楕円形の島が菊ヶ島(キクガシマ)、その間に庭湖石(テイコセキ)があります。
 この菊ヶ島に生えていた嵯峨菊(花弁が細長く真っ直ぐな菊)を、船を浮かべていた嵯峨天皇が手折って、殿上の花瓶に挿したのが、華道の始まりと言われてます。(京都のへそ、六角さんではまた違う話を書いたような気がします)
その生け方を(二島一石の池の配置と同じ)伝えているのが嵯峨御流(サガゴリュウ)です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 池の端には有名な名古曽の滝跡があって、その石組も再現されていました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 200年後、大納言公任が、大沢池もさびれて滝も流れが無くなってからうたった、小倉百人一首の55番目の和歌はこの滝のことです。
 「なりぬれど」の後「な」ばかり続いて、リズミカルでうたいやすく憶えやすい和歌です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 大沢池に船を浮かべての観月、ここは月の名所でもあります。
この観月台に立って松尾芭蕉が、
     名月や  池をめぐりて  夜もすがら
と詠んだのは900年後ですし、今私がいるのは1200年後になりますね。

     返事
大雪男さん:巨人がもっと落ちてくることを祈るばかりですが、
    残念ながらCSに阪神はちょっとしんどい感じです。
     私はむしろダイエットをしてるんですが、
    上腹部が異様にポコッと出てきています。
花水木さん:妄想の中では絵になってるつもりなのですが、
    現実はなかなかです。
    男一人で食べるにしては、金額と内容があってない感じはします。
    一人で贅沢な昼はいらないんですが。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ