奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2020/6/29

24.水無月  菓子たくさん
 クリックすると元のサイズで表示します
 藤原家隆(1158〜1237)のこの歌、文学部志望の女の子と上賀茂神社を散策してる時、今まで奈良にある川と思っていたならの小川が、上賀茂神社の境内を流れる川であることを教えられ、あわてて体裁を取り繕ったことを思い出すので、好きな歌です。
 もう秋のような涼しさですが、みそぎ、六月祓(ミナヅキバラエ)が行われてるので、まだ夏ですよね。
 クリックすると元のサイズで表示します
 この六月祓は旧6月30日に行われ、京都ではこの日に水無月を食べるのですが、私は今年はもう3個食べ終わりました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 鶴屋吉信の水無月(ミナヅキ)、1個250円です。
私はこんな外郎系の和菓子も大好きです。
抹茶や黒糖の味もありますが、ここはやはり白い水無月。
 クリックすると元のサイズで表示します
 6月には氷室の氷を宮中で食べる習わしが有ったので、氷室形といって三角形に切る水無月になったようです。
 
       返事
花水木さん:京和菓子にも詳しいですね。
    俵屋吉富の雲龍はちょっと重いので、
    1本食べるのは無理ですが、
    最近は半分の長さの雲龍も売ってるので、
    これなら2〜3日かければ、完食いけそうです。
toitenlabeeさん:うまいなあ〜
    水無月でも何かお願いします。
    悪例;水無月は水無月(皆好き)です。

2020/6/26

23.観世水  菓子たくさん
 クリックすると元のサイズで表示します
 足利義満が能楽の観阿弥・世阿弥父子に拝領した屋敷には、名水の誉れ高い井戸があり、観世井(カンゼイ)と称しました。
その井戸の水面に出来る、龍が作ったと言われる渦を意匠化した観世水(カンゼミズ)は、文様として広く使用されています。
 クリックすると元のサイズで表示します
 観世井の有る今出川大宮の観世稲荷社を訪ねたのですが、小学校の一部になっていて入れなくなっていましたので、遠くから分けのわからない写真を撮っただけで、この小さな森です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 観世稲荷社近くにある饅頭屋さん、鶴屋吉信の京観世も有名ですが、これは正月に食べる感じです。
今の季節はこの観世水の渦巻き模様のお菓子、虎屋の観世水(カンゼスイ)。
 クリックすると元のサイズで表示します
 6月2週間だけの限定販売だけあって、いかにも涼しげなお菓子です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 さすが虎屋、1個450円と、和菓子にしては少々高めですが、今年は2個も食べることが出来ました。
6月、水無月も美味しいですが、観世水もなかなかのものです。

      返事
花水木さん:最近は批判が多いようですが、
    「スポック博士の育児書」もあの頃は有名でしたねと、
    私の大事な愛読者である、同僚同世代医師も申しておりました。
     水入りペットボトルは猫除けだと思います。
    よく見るので、効果は有るのでしょうね。

2020/6/22

65-1花山天皇  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 第63代冷泉天皇(950〜1011)と藤原伊尹(コレタダ)(924〜972)の娘懐子(カイシ)(945〜975)との間に産まれた第1皇子が師貞親王(モロサダシンノウ)です。
叔父の第64代円融天皇(959〜991)(在位969〜984)の即位と共に、1歳にもならずして立太子したのは藤原師輔(モロスケ)(909〜960)の長男で外祖父に成った伊尹の威光です。
  平野神社の裏手の住宅街の道路に道標を見つけました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 師貞親王は父冷泉天皇と同じく、藤原元方(モトカタ)の怨霊にとりつかれ(村上天皇第1皇子なのに広平親王(ヒロヒラ)が立太子出来なかった外祖父元方の恨み)、主に色好みの乱心が伝えられています。
それでも円融天皇の譲位を受けて即位し、17歳で第65代花山天皇(カザン)(968〜1008)(在位984〜986)となりましたが、その時にはもう外祖父伊尹も母懐子も亡くなっていました。
  写真の御陵は大通りから一歩外れているだけですが、静かな住宅地の中でした。
 クリックすると元のサイズで表示します
 こんな天皇を献身的に支えたのが二人の賢臣、外祖父伊尹の五男で懐子の同母弟義懐(ヨシチカ)(957〜1008)と乳母の子である藤原惟成(コレナリ)(953〜989)で、関白は先代からのしょせんはよそ者頼忠(ヨリタダ)であったので、実際はこの二人によって革新的な政治も行われたようです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 花山天皇は大納言藤原為光(タメミツ)(師輔の9男なので、伊尹や兼家は異母兄)の娘で女御の藤原忯子(シシ)(969〜985)への寵愛ぶりが有名ですが、忯子は妊娠8か月で17歳で亡くなってしまったので、花山天皇は失意のどん底に落とされたそうです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 これが契機となった花山の出家願望を利用した、兼家の自分の孫一条天皇への早期皇位移動の策略によって、だまされた形で、花山天皇はわずか2年で、19歳で出家してしまいました。
義懐・惟成も一緒に出家したそうです。(寛和の変)(カンナノヘン)
 クリックすると元のサイズで表示します
 出家後も花山院の色好みは変わらず、母・娘と関係を持って親子丼で二人共に子を作ったりして励んでますが、仏道修行にも励み、観音霊場を巡礼し、現在の西国三十三ヶ所巡礼の祖を作り、これが私の奈留島121ヶ所ゴミ箱霊場観光巡りにも脈々と受け継がれています?。
  クリックすると元のサイズで表示します
 花山天皇は20年以上の法皇生活後40歳で亡くなり、制札では紙屋川上陵(カミヤガワノホトリノミササギ)(北区衣笠北高橋町)に葬られていますが、陵印では何故か紙屋上陵で川が有りません。

        返事
花水木さん:死亡診断書はしょっちゅう書いていますが、
    出生届は私もほぼ知りませんでした。
     昔の育児書なら松田道雄さんのですかね。
toitenlabeeさん:昔から真剣に偉い人だと思ってましたが、
    妹の産まれた時のことを憶えてるって、さすがですね!
    私にも2歳下の弟がいますが、全く憶えていませんよ。
大雪男さん:忘れてるのは、
    自分で提出しなかったからですかね。
    最近の結婚届もカラフルですよ。
     第1戦;無人の外野席にボールが跳ねた7回で、寝ました。
     第2戦;すぐに競馬中継に集中しました。
     第3戦;孫たちが来てくれたので、ほぼ観ずにすみました。
    今年は早々と終わりましたが、毎年6月には終わってるので・・・。
    ボーアが左投手を打てそうな気はしませんが、
    それでも頑張れと思う、阪神ファンですが、試合はしばらく観ません。

2020/6/19

兄弟初顔合わせ  
 クリックすると元のサイズで表示します
 娘がお産から帰ってきました。
しばらく家に居るので賑やかにはなりますが、今の所赤ん坊はおとなしいです。
 新型コロナ時代の出産なので、病院も父親だけがちょっと逢いに行けただけで、兄弟はこの日が初顔合わせ。
兄の方はなんとなく無関心を装ったり、弟が泣くとびっくりしたりで、ソーシャルディスタンスを保ってる二人をみてると飽きません。
さすが新型コロナ世代ですね。
 クリックすると元のサイズで表示します
 私は出生証明書を書いた経験はありませんし、出生届も書いたかどうか憶えていませんが、婿さんが書いてる京都市の出生届はカラフルでした。

      返事
花水木さん:奈留島の小学校校庭の広さに、
    びっくりしたことを憶えています。
    私の小学校校庭の5倍はあって、
    そこで遊ぶ子供は10分の1以下でした。
     面白いこと、難しいですね、努力はします!
     マスク生活暑苦しくなってきましたね。
    マスクを少し外した時、鼻の下が急に涼しくなって、ほっとしました。
    昔、辛い試験勉強中に、机の引き出しの中の彼女の写真を見て、
    一息ついた時に、同じような気持ちになったことを思い出してます。

2020/6/17

64-4円融天皇女御尊称皇太后詮子  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 藤原兼家(929〜955)と藤原中正の娘時姫(〜980)の間には、
*長男道隆(953〜955)(妻が写真の儀同三司母高階貴子(タカシナタカコ)で、伊周(コレチカ)・定子の母でもあります。
*長女超子(954?〜982)(前出の冷泉天皇女御で三条天皇の母)
*3男道兼(ミチカネ)(961〜1002)(7日関白)
*今回の詮子
*5男(4男?)道長(966〜1028)
の子が出来ています。
 クリックすると元のサイズで表示します
 今回の詮子(センシ・アキコ)(962〜1002)は978年に、前回の遵子に数カ月遅れて第64代円融天皇に入内し、女御になりました。
 980年に円融第1皇子懐仁親王(ヤスヒト)(980〜1011)を産みましたが、982年に中宮の座は夫円融の父兼家に対する反感からか、子が無い遵子に取られてしまいました。
 この人もやっぱり宇治陵です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 しかし、息子懐仁が即位して7歳で第66代一条天皇となると、詮子も皇太后となり、夫円融法皇(959〜991)が崩御すると出家して、居宅の東三条邸にちなんで東三条院(ヒガシサンジョウイン)と称し、これが女院号(ニョインゴウ)の始まりとなりました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 東三条邸で三条天皇と一条天皇も産まれてますし、東三條殿址の石碑が立つ中京区押小路釜座角(オシコウジカマンザ)は、あの頃の小学生でバレエを習っていたちょっとハイカラな女の子の家の塀沿いでした。
向かいには同級生の家も有ったので、しょっちゅう通ってた懐かしい道ですが、今までこの石碑には気づいていない、そう言えば有った気もするぐらいの、私はおバカさんです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 詮子(東三条院)は国母(コクモ)として政治に介入し、弟の道長を可愛がって、道長の後ろ盾になり、同母兄道隆の息子伊周(コレチカ)を圧迫し、5男でしかない道長が藤原氏長者になるのを助けました。
息子一条天皇には伊周妹の定子が中宮としているのに、わざわざ夜中に息子一条天皇を訪ねて、泣き落としで道長娘彰子を後宮に入れさせる事までしたそうです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 詮子も3枚目写真の宇治陵総拝所制札7番目には一条天皇御母尊称皇太后詮子宇治陵と書かれて、宇治のどこかに葬られているようですが、敵対したとも思われる姪の一条天皇皇后定子の鳥戸野陵(トリベノミササギ)で火葬されたようで、ここの制札には圓融天皇女御尊称皇太后詮子火葬塚と書かれていました。

     返事
和さん:5人の孫皆が似てるような気はしてます。
    このご時世、なんとか元気で愉快に生きてほしいです。
     アッツそうやと思って、わたしもプリンター開けたら、
    保険証がそのまま残ってました。
花水木さん:娘には2人目の男の子、
    どちらかがお寺を継いでくれるでしょうが、
    生れてすぐから、継がなくてはと思う人生も大変でしょうなあ、
    と気楽に生きてるお爺さんは思います。
     給付金は結局貯金通帳に入るので、
    なんとなく無くなっていくような気もしてきて、心配です。
toitenlabeeさん:アベノマスク触った感じは、
    それほど高級感はなかったですよ。
    まあ装着したら心がひやーっとするかもしれませんが。
大雪男さん:京都府でも宇治市の人は、
    もうもらったと言ってます。
     マスクしてると暑苦しい季節になってきましたが、
    庭仕事もマスクしてされてるのですか?
     解除されて久しぶりにマスクで麻雀しましたが、
    負けてしまいましたよ。

2020/6/14

特別定額給付金  
 クリックすると元のサイズで表示します
 先週、特別定額給付金の申請書が我が家にも届きました。
二人で計20万円、早速保険証と家内に見せてもらった貯金通帳を、印刷機でコピーして送りました。
そろそろ他府県への宿泊旅行も行けそうだし、そしたらブログも不評の天皇陵巡り以外の、旅行のネタも書けるし、豪華なパフェや氷も、給付金で食べられそうです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 と胸算用してましたが、申請書が届いた同じ日に、5番目の孫が産まれました。
京都市内の病院での出産ですが、コロナ期間なので、もちろん面会も禁止中、島に居る頃に遠くで孫が産まれたことを、風の便りで聞いたのと同じです。
違うのは、スマホで動画が見れることです。
5人の孫全員が男となりましたが、この子には給付金は配られないようです。
 産後の娘が帰ってきてしばらく家に居るので、旅行は当分お預けになりました。
申し訳ありませんが、また退屈な天皇陵巡りが続くと思います、なるべく御陵以外の写真も入れながら行きますので、お許しください。
 そして写真のアベノマスクも届きました。
給付金は二人で仲良く分けようね、と言っていた家内は、アベノマスクは気前よく、あんたにあげると言ってくれました。

      返事
花水木さん:朝橘さんのNOTEも、
    母親の言葉を守って継続ですね。
    私も花水木さんを裏切らないように、頑張って面白いことを入れます。
     ケーキの写真、上から写しすぎでした。
大雪男さん:車運転、好きではなくなっては来てます。
     自粛はやりすぎです。
    確率的に大丈夫な所が、今はほとんどだと思います。
    心配しすぎて、皆が宇宙旅行服のようなのを着て、
    生活するようになったら、世も末ですよ!

2020/6/12

他府県へ  
 クリックすると元のサイズで表示します
 先週土曜日、もう良いだろうと他府県まで、不要不急のドライブです。
他府県ナンバーの車やバイクもたくさん走っていて、「赤信号みんなで渡れば怖くない」の心境です。
 朝早めに出たので、時間つぶしに若狭瓜割名水公園に寄りました。
紫陽花はまだチラホラでしたが、池の花菖蒲は咲いています。
 クリックすると元のサイズで表示します
 いつもの若狭小浜お魚センターで魚を少し買って、マーメイドテラス近くの店で昼も魚を食べて、満足です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 小浜の古い町並みも少し歩いて、腹ごなし。
小浜市まちの駅に、市内から移築復原された明治期の芝居小屋旭座内部です。
熊本山鹿市の八千代座よりも小ぶりですが、花道は有りました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 甘いものは別腹なのと、散策で昼食より少し経ったので、小浜のいつものケーキ屋によって、ケーキです。
スイーツを外で食べるのは、3カ月ぶりぐらいですかね。
 自粛してる皆さんには申し訳ないですが、やっぱり他府県は良いですね。

      返事
toitenlabeeさん:仕事を趣味にしたら楽しくなりますよ。
    H病院は綺麗な人が多かったので
    (あの頃のtoitenさんも綺麗でしたよ)、
    私は毎日楽しかったです。
花水木さん:今回もちょこっとだけになりました。
     子供の時から「やり始めたら途中でやめるな」と言われ育ちました。
    すみませんが最後までお付き合いお願いします。
    でも、もしかしたら、天皇陵巡りも極めてしまうかもしれませんがね。
     例によって私の「物事を極める」は、
    進歩しないし、上手にならないので嫌になる。
    すぐに飽きて、退屈する。  です。

2020/6/10

64-3円融天皇皇后遵子  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 藤原実頼(サネヨリ)次男で関白の頼忠(ヨリタダ)(924〜989)と、第60代醍醐天皇第3皇子代明親王(ヨシアキラ)の娘厳子女王(ゲンシ)(〜1014)との間に産まれた次女が、今回の藤原遵子(フジワラノジュンシ・ノブコ)(957〜1017)です。
同母弟にはちょっとわがままな藤原公任(キントウ)(966〜1041)(道長と同い年)がいます。
写真の小倉百人一首55番の大納言公任です。
また母方の従姉妹として、冷泉天皇女御で花山天皇の母の贈皇太后懐子(カイシ)もいます。
 クリックすると元のサイズで表示します
 前回の媓子に遅れること4年、978年に2歳年下で20歳前の第64代円融天皇に入内し女御になり、中宮であった媓子が亡くなったので、982年に中宮になりました。
 中宮と皇后はややこしいですが、基本的にはと言うか元々は同じだと思ってます。
 クリックすると元のサイズで表示します
 遵子には子は無く、もう一人の女御、父が兼家の詮子(センシ)(962〜1002)には第1皇子懐仁親王(ヤスヒト)(980〜1011がいたにもかかわらず、遵子が中宮になったのは、円融天皇の兼家に対する反感があったようです。
しかしこの時、遵子の同母弟公任が得意になりすぎたので、詮子や兼家の恨みを買ってしまったという話もあるようです。
 円融天皇譲位後は、遵子も仏道に入って静かに余生を送り、宇治陵制札4番目に圓融天皇皇后遵子の名があがっています。

    返事
toitenlabeeさん:私も自粛で
    体重2Kg・腹囲2cm増えましたが、アベノマスクはまだ着きません。
     「5日連続で働かなくてもいい生活になりたいって」
    30年早いわ!

2020/6/7

64-2円融天皇皇后媓子  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 先週から復帰した仕事もあって、久しぶりに5日連続で働いたのと、急に夏になってきたこともあって、体の調子がくずれかけています。
今回は短いので、なんとかブログを仕上げて、これから競馬を考えて(当たらない方向にばかりですが)、競馬貯金があまり減らないように、レース数を絞って買います。
 藤原兼通(カネミチ)(925〜977)と第60代醍醐天皇第7皇子有明親王(アリアキラ)の次女昭子女王(ショウシ・アキコ)(〜994)との間に産まれた兼通長女が、今回の藤原媓子(フジワラノコウシ・テルコ)(947〜979)です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 円融天皇の下で、媓子の伯父伊尹(コレタダ)の死後、父兼通が927年に関白になりました。
当時は中継ぎ天皇と思われていた円融天皇には、入内する娘がいなかったので、973年に媓子が27歳で14歳の円融天皇に入内し女御となりました。
 宇治陵総拝所の制札には、遵子の後5番目に円融天皇皇后媓子として名があがっています。
 クリックすると元のサイズで表示します
 12歳年上女房でしたが、夫婦仲は良かったようです。
しかし子供には恵まれず、父兼通も亡くなって後ろ盾も失い、立后から6年で33歳で亡くなり、やはり宇治陵に葬られています。
 宇治陵総拝所に接して藤原氏塋域の石碑が建っています。
「塋域」とは墓地のことで、37号まである宇治陵はまあ藤原家の墓とも言えます。

      返事
花水木さん:まだマスクも申請書も届きません。
     伊尹はコレタダ・コレマサとも読みますが、読めませんよね。
     子が付く名前も色々な読み方が付いてます。
    私の近い近い親族にもヤスコは二人いますが、
    子はシと読む方が平安朝らしいので、お姫様の名はシとしてます。
     今回の媓子は媓の漢字の変換がなかなか出てきませんで、苦労しました。
タグ: 天皇陵 宇治陵 塋域

2020/6/4

64-1円融天皇  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 守平親王(モリヒラシンノウ)は第62代村上天皇(926〜967)の第5皇子として生まれましたが、母安子(アンシ)(927〜964)は藤原忠平次男の師輔(モロスケ)(909〜960)の長女だったので、第4皇子で異母兄為平親王(タメヒラ)(952〜1010)を越えて、同母兄第63代冷泉天皇の皇太子に成りました。
 陵は福王寺の五叉路を父村上天皇陵へ登って行く途中の、住宅街に突然現れます。
 クリックすると元のサイズで表示します
 為平親王の舅になった源高明(ミナモトノタカアキラ)に実権が移るのを阻止すべく、藤原北家が引き起こした陰謀安和の変(969年)で、高明は失脚しました。
 その半年後に冷泉天皇は譲位し、11歳の守平親王が即位し第64代円融天皇(エンユウ)(959〜991)(在位969〜984)となり、母安子はもう死んでいたので同母姉資子内親王(シシ)(955〜1015)が母替わりとなりました(准三后)。
 クリックすると元のサイズで表示します
 幼い天皇の為、大伯父で太政大臣の藤原実頼(サネヨリ)(900〜970)が摂政になっていますが、やはり天皇との血のつながりが薄いために、揚名関白(ヨウメイ)(名ばかりの関白)でした。
実頼死後は、外祖父師輔の長男藤原伊尹(コレタダ)(924〜972)(母安子の同母兄)が摂政関白となりましたが、わずか1年ぐらいで亡くなり、謙徳公を送られています。
 クリックすると元のサイズで表示します
 長男伊尹死後は、伊尹の同母弟の次男兼通(カネミチ)(925〜977)が摂政関白になりましたが、3男の同母弟兼家(カネイエ)(929〜990)と激しい争いを繰り返し、死んでも弟兼家に関白職を譲り渡したくなかった兼通は、円融天皇自身の兼家嫌いもありましたが、伯父実頼の次男頼忠(ヨリタダ)(924〜989)に関白職を譲っています。
 クリックすると元のサイズで表示します
 こうした藤原北家内の権力争いに翻弄された円融天皇は、20歳ころになってやっと手腕を発揮しようと思う間もなく、復権して来た兼家の辣腕の前ではどうすることも出来ず、唯一の息子懐仁親王(ヤスヒト)(980〜1011)の立太子を条件に、24歳で同母兄第63代冷泉天皇の息子で甥になる師貞親王(モロサダ)に譲位し、太上天皇と成りました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 円融天皇は藤原家から媓子(コウシ)・遵子(ジュンシ)を中宮に入れていますが、唯一の子懐仁親王を産んだのはあまり好きでなかった兼家の娘詮子(センシ)でした。
 仁和寺の山の上の宇多天皇陵に行った後に、そのまま山をぐるっと回って、今度は龍安寺の上の山にある円融天皇火葬塚を巡りました。
山道の途中、我が家の方向の向こうに比叡山を眺めます。
 クリックすると元のサイズで表示します
 太上天皇になってからは気が楽になったのか、985年正月には「子の日の遊び」を開催、平兼盛・
 クリックすると元のサイズで表示します
 清原元輔・
 クリックすると元のサイズで表示します
 源重之・
 クリックすると元のサイズで表示します
 大中臣能信などが参列してます。
 クリックすると元のサイズで表示します
 また、この会に招待されなかった曾禰好忠も貧しい恰好で参加し、追い出されたという話も残っています。
 クリックすると元のサイズで表示します
 円融天皇の後村上陵(ノチノムラカミノミササギ)(右京区宇多野福王寺町)はまあ普通の陵でしたが、円融天皇火葬塚(右京区竜安寺朱山)は龍安寺の裏山の上にありますが、きれいに整備された立派な円丘でした。
 このまま龍安寺の方に降りて行くと、一条天皇陵など六つも陵が集まっていて、いっぺんに廻れました。

      返事
toitenlabeeさん:近所の息子の家には、
    アベノマスクだけはもう来たそうです。
    子供のいる家には早く来るそうですよ、知らんけど。
和さん:負の連鎖でしょうね、
    安倍さんの言葉は、ますます空虚に聞こえますね。
じょんのびかあさんさん:そうです、
    ちょっと他府県ですが大飯のウミンピアです。
     今週から仕事もとに戻りだして、老体疲れてます。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ