奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2020/9/28

71-1後三条天皇  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 1034年に産まれた尊仁親王(タカヒトシンノウ)は、第69代後朱雀天皇の第2皇子で、母は第67代三条天皇第3皇女禎子内親王(テイシ)(1013〜1094)(母は藤原妍子)です。
 異母兄第70代後冷泉天皇の皇太子に12歳で成れましたが、藤原北家の関白頼通・教通は娘を後宮に入れてる後冷泉天皇に皇子が産まれて、出来るなら外祖父に成りたかったので、尊仁親王には冷たかったようです。
  写真は、龍安寺の裏にあった薄くなって読みにくい立札ですが、ここから山へあがると、六つの御陵と一つの火葬塚に行けるとあります
 クリックすると元のサイズで表示します
 道長と倫子の間に産まれた、当腹(ムカイバラ)(正妻の子)の頼通などの子供は関白になったり皇后になったりしていますが、同じ兄弟でも母が違う道長と明子(メイシ・アキラケイコ)との間の外腹(ソトバラ)の子は、なかなか出世できませんでした。
 外腹の一人藤原能信(ヨシノブ)(995〜1065)が強力に推したので、尊仁親王は皇太子に成れたようです。
  先ほどの立札をもう少し進むと、母の禎子内親王(後朱雀天皇皇后)の御陵の向こうに見える山際に、三人の天皇陵が並んでいます。
 クリックすると元のサイズで表示します
 尊仁親王の東宮妃として18歳の時に、23歳の第68代後一条天皇皇女で母は藤原威子の馨子内親王(ケイシ・カオルコ)(1029〜1093)を入内させましたが、出来た二人の子供はいずれも夭折しています。
 能信の養女となった藤原茂子(モシ・シゲコ)(?〜1062)も入内し、第1皇子貞仁親王(サダヒト)(1053〜1129)(後の第72代白河天皇)など1男4女をもうけました。
 又女御としては源基子(キシ・モトコ)(1049〜1134)を寵愛して、第2・3皇子が産まれています。
  三つ並んだ鳥居に向かって左側が、この後三条天皇陵です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 後見人となっていた藤原能信はもう亡くなっていましたが、異母兄後冷泉天皇は後継者が産まれることなく亡くなったので、尊仁親王が即位し、第71代後三条天皇(ゴサンジョウ)(1034〜1073)(在位1068〜1073)が産まれました。
 これで第61代朱雀天皇からちょうど10代、130年以上続いた藤原北家の娘を母親にした天皇の時代は終わりました。
 まあそれでも、後三条天皇の母禎子内親王の母親は、道長の娘妍子ですので、藤原北家の血がまだまだ濃く入ってると言えばそうです。
  写真の天皇陵印も三つの陵名がまとめて入っています。
 クリックすると元のサイズで表示します
 娘を天皇に嫁がせ、出来た幼い孫を次の天皇にして、自分は外祖父として政治の実権を握る摂関政治はここでほぼ終わりました。
 その最後として、頼通・教通兄弟は摂政・関白として政治の実権をまだ握っていましたが、後三条天皇は1069年延久の荘園整理令を発布したり、1072年延久宣旨枡(エンキュウノセンジマス)の制定など、天皇親政も開始しています。
  写真のように、三つの陵共に高台にあるので、近くまで行けませんでした
 クリックすると元のサイズで表示します
 後三条天皇は即位後わずか4年で第1皇子貞仁親王に譲位し、院政を開こうとしていますが、次の年には40歳でもう亡くなってしまい、父と異母兄の横で母の陵も見える圓宗寺陵(エンソウジノミササギ)(右京区竜安寺朱山)に葬られました。
 火葬塚は京都岡崎の平安神宮の中にあって、見せてもらえたというブログもありましたが、私は番人や若い宮司に「そんなものは知らん」とけんもほろろに断われてしまいました。
 写真の平安神宮の案内看板の現在地の少し右に、後三条天皇火葬塚は有るはずなのですが、偉そうにして入れてくれませんでした。
五島や長崎など他の地方でも道を尋ねると、こちらが恐縮してしまうぐらい親切丁寧に教えてもらえることが多いですが、京都の名所に居る私ぐらいの年の番人はいつも高圧的な態度で接してくるので、気分が悪くなることが多いです。
 私も他山の石として、京都のいじわるお爺さんにならないように気を付けます。

        返事
花水木さん:今年は彼岸花の開花が1週間ほど遅れてる、
    とニュースで知りました。
    彼岸花の生活リズムを狂わすほどの異常気候になってるんですかね。
    私は開花せずに、枯れ果てる人間のようです。
     草間彌生さんの作品は、色が明るいから気持ち良いです。

2020/9/25

信州へ3  
 クリックすると元のサイズで表示します
 4連休の初日は、私の旅の最終日ですが、良い天気になりました。
信州を今頃走ると、ソバ畑の白い花が満開ですが、お彼岸なのに、黄色く色づいた田んぼに彼岸花の赤が全くありませんでした。
何故なんですかね?
 松本に車を停めて、国宝松本城(700円)へ登りました。たぶん2回目か。
 クリックすると元のサイズで表示します
 天守に登るのに50分待ちですが、ゆっくり並びました。
もう並ぶのが嫌いな、昔の私ではありません。
 新型コロナで入場制限していて並ぶかわりに、ゆっくり人に押されることなく、天守の急な階段も登れました。
5年後ぐらいには、天守の急な階段はもう登れなくなっているかもしれません。
 クリックすると元のサイズで表示します
 お堀に架かる埋橋を、天守から見下ろしました。
この日は4連休の初日の土曜日、観光客は結構いますし、帰りの高速道路は渋滞もありましたし、SAにも結構人がいて、駐車場所を少し探さなければならない時も有りました。
いよいよ人が出てきたのですかね、帰った次の日のTVでは、松本城160分待ちと報道していました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 松本市美術館にも行って、昼食を食べました。
その日から始まっていた「ミュシャ展」はパスしましたが、コレクション展示「草間彌生 魂のおきどころ」を観ました。
そもそも松本市美術館の壁からして、草間彌生さんの作品です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 美術館玄関前のオブジェも、草間彌生さんの巨大作品。
鏡を使った、目がくらむような作品や、例のカボチャの作品もあって、なかなか楽しい展覧会でした。
そもそも草間彌生さんは、松本市生まれでした。
 4連休の旅はその初日で終了し、残りの3日は、子供や孫と自宅周囲で遊びました(遊んでもらいました)。

2020/9/23

信州へ2  
 クリックすると元のサイズで表示します
 今回の隠れた旅の目的は、いつもの天皇陵巡りではありません。
20代の頃に、信州では行きたかったが行けなかった、別所温泉に行くことです。
 上田交通別所線別所温泉駅のホームに飾られていた、今は走ってない丸窓電車(モハ5250)と記念撮影も出来ました。
50年前のもっとスマートな頃に、動いてる電車に乗りたかったし、撮りたかったですが、道々この電車を発見して良かったです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 宿は専用庭付きの二間の部屋で、風呂もすごく近かったので、別所温泉の良い湯に何度も浸かれました。
 ここもGoToTravelのおかげで4割引ほど、GoTo・・様様ですが、今後東京が解除されたら、宿もとりにくくなりそうです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 クリックすると元のサイズで表示します
 宿から歩いて5分の曹洞宗安楽寺(300円)にも行けました。
雨上がりで、帰りには雨も降ってきて少しは濡れましたが、それがよけい周囲を綺麗にしていました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 4重の塔に見えますが、八角三重塔で国宝です。
鎌倉末期に建立された、わが国最古の禅宗様建築だそうです。
建ってる場所が良いので、余計値打ちがあります。
 クリックすると元のサイズで表示します
 宿の横にあった天台宗別格本山常楽寺北向観音にもお参りしました。
南向きに建つ長野善光寺は来世の利益を、この北向きの千手千眼観世音菩薩は我々の現世利益を導く霊験があるようで、昔からこの二つを参詣しなければ、片詣りになると言われていたようです。
私は善光寺にはお詣りしたことがあるので、ここでは麻雀と競馬の現世利益を願ってお詣りしました。
 両側に書かれた金色のお経は、この寺と京都曼殊院門跡門主を務めて第256世天台座主まで登りつめた(地方からは今まで二人だけ)、大正生まれのお坊さんと、その兄弟で東京浅草寺の住職の筆によるものです。(この説明は夕食時の仲居さんから聞きました)
 クリックすると元のサイズで表示します
 新型コロナ対策で柄杓がかたづけられてる所もありますが、ここの手水舎は、温かい温泉水!でした。
 クリックすると元のサイズで表示します
 境内にある樹齢1200年の桂の大木、川口松太郎がこの温泉に泊まって、境内にある愛染明王堂とこの桂の木にちなんで書いたのが、あの「愛染かつら」だそうです。
 花〜も嵐も 踏うみ越〜えて の主題歌だけしか知らないですが、医者物メロドラマですよね。

        返事
toitenlabeeさん:今回のコメントのように、
    簡潔に少しトゲを含みながら褒めてくれる。
    その技法で、新しい仕事やベトナム人生徒に接して、
    頑張って下さい。
花水木さん:前回の写真は、高山陣屋周辺です。
       旅に病んで 夢は枯野を かけ廻る
    なんてことになる前に、遠出しようと頑張ってますが、
    夜の高速運転では、車線が二重に見えだしていますので…。

2020/9/20

信州へ1  
 クリックすると元のサイズで表示します
 Go To Travel第3弾で、信州に行くことにしました。
昨年9月に上高地に行った時にも休んだ、東海北陸自動車道ひるがの高原SAから、昨年は大日岳が綺麗に見えたのですが・・・。
  これは昨年撮った写真です
 クリックすると元のサイズで表示します
 今年は最初から雨と霧。
同じひるがの高原SAからの、ほぼ同じ方向の写真ですが、大日岳どころか全くなにも見えません。
 クリックすると元のサイズで表示します
 その日は高山泊まり。
Go To Travelで宿泊料が6割ぐらいになった以外にも、いろんな特典が付いていて、夕食には「高山地酒3種利き比べ」も付いて来ました。
3種類全部飲んでも、1合弱の量ですが、残しました。
利き酒の代わりに家内に付けてもらった「3種地元産ジュースの飲み比べ」の方に、私もしておけば良かったかもしれませんが、「甚五郎」が私には一番合いました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 泊まった旅館の部屋からは、高山祭の屋台の一つ「琴高台(キンコウダイ)」を入れておく家が見下ろせましたが、散歩の時に近寄ってみると、以前に鳥取倉吉で見てますし、播磨の清水寺にも有った、「せんとくん」の薮内佐斗司さんの「琴高童子像」が家の前に有りました。
 中国の仙人で、琴が上手で、龍を捕まえるために鯉に乗って来た琴高仙人の話からの屋台だそうです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 岐阜も長野も、旅館や観光施設の新型コロナ対策は過剰なぐらいでしたが、高山陣屋の前に立っていた若き山岡鉄舟像もマスク着用でした。
以前はなかったような山岡鉄舟像ですが、父が飛騨高山郡代として赴任したので、鉄舟も10歳から17歳まで高山で暮らしていたからのようです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 次の日、安房トンネルを抜けて長野県に入りました。
岐阜まではよく行くのですが、あんなに行っていた長野県は20年ぶりくらいです。
(上高地が長野県なら昨年行ってますが)
 真田3代の郷 上田城 まで行きました。
徳川秀忠の軍をくい止めて、秀忠の関ケ原到着を遅らせたので有名ですが、本丸は残っていず、天然の要害になっていた千曲川は流れを変えてはるか向こうでした。
 クリックすると元のサイズで表示します
 青年の真田幸村像です。
まだ設置場所が決まっていず、ポンと置かれてるままでした。

      返事
大雪男さん:おむつをしてることは、
    全く忘れて連れて行ってました。
    無事帰還出来て良かったです。
    仕事以外でおむつ交換したのは、
    35年前ぐらいの1回だけだと思うので、ヤバかったですね。
花水木さん:そうです、
    男子の甘党をもっと認めてもらいたいものです。
    黙ってると店では、家内の前にパフェが、私の前にはコーヒーが置かれます。
    先入観があるのですね。
     花水木さんがもっと年とってからも、孫は出来そうなので、
    頑張って下さい。
和さん:小学校に行った孫は、
    もう遊んでくれませんね。
    大きくなったらもう忘れてしまう年までしか、
    相手をしてくれないようですね。

2020/9/14

孫とバス旅行  京都
 クリックすると元のサイズで表示します
 家の前から出てる京都市営の循環バスに2歳の孫V-1と二人だけで乗って、旅に出ました。
バスを見ると喜ぶ孫は、バスに乗るのも好きなようです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 最初に乗ったバスは車庫に入ってしまったので、バスを乗り継いで旅を続けます。
新型コロナ流行までは、京都市営バスは観光客でギュウギュウ詰めが多かったですが、今は日曜日でもガラガラです。
 丁度後輪の上の座席で、高くなっていたので、孫はバスが動くと立って踊りだしています。
 クリックすると元のサイズで表示します
 バスを降りて、喫茶店で、大きなイチゴ氷を、二人で分けて食べました。
祖父と父の甘党氷好きを受け継いだ孫は、手や服をイチゴでベタベタにしながら、手で氷を次々と食べます。
私はスプーンで上品に、しかし全部取られないように急いで、氷を食べます。
 クリックすると元のサイズで表示します
 ほぼ満足した二人は、最後は地下鉄に乗って家まで戻りました。
エスカレーターやエレベーターも好きな孫は、降りたエレベーターに又乗ろうと、閉じたドアが開くのをじっと待っていました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 競馬中継までには家に戻りましたが、孫は幼児番組にしては色っぽいお姉さんをかぶりつきで、祖父はTVを2画面にして、小さな方で競馬中継に夢中でした。
こんなに平和に、孫孝行もしてるのに、競馬はやっぱり入りません、全敗です。

      返事
花水木さん:二階の洗面所も1階と同じく、
    「床のクセが凄い!」ですか?
     皆さん(クレソン畑でつかまえて)も読んで下さい。
      コメントは、どんなものでも嬉しいですよ!
     (どんなものでも)は失礼な言葉になりましたが。

2020/9/11

70-4後冷泉天皇皇后歓子  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 藤原歓子(フジワラノカンシ・ヨシコ)(1021〜1102)は藤原教通(ノリミチ)の3女で、母は藤原公任(キントウ)の長女ですので、同母姉には第69代後朱雀天皇の女御で、皇后には阻止されてなれませんでしたが准后になった生子(セイシ)(1014〜1068)がいます。
  写真は何回も出てきてる宇治陵総拝所
 クリックすると元のサイズで表示します
 歓子は4歳にして母と死別していますが、1047年に第70代後冷泉天皇(1025〜1068)(在位1045〜1068)に入内し、皇子も産まれましたが、この皇子はすぐに亡くなっています。
 1050年にはあとから入内した伯父頼通の娘寛子の方が先に立后されました。
  総拝所前にある藤原家塋域碑は、道長が宇治木幡に建てた浄妙寺堂柱礎石です
 クリックすると元のサイズで表示します
 歓子の同母姉生子は、立后を伯父頼通によって阻止されましたが、1068年に父教通が関白になったので、歓子も皇后になれました。
 こうして後冷泉天皇には、章子内親王・寛子・歓子と3人の正妃が並び立つことに成りましたが、結局この3人には成人した皇子は産まれず、摂関政治の終焉を迎えることに成りました。
でも、3人の後冷泉天皇の正妃は、3人とも80・92・82歳と、当時としてはかなり長命でした。
  制札左から6番目に後冷泉天皇皇后歓子宇治陵
クリックすると元のサイズで表示します
 皇后に成れた歓子ですが、その2日後にはもう後冷泉天皇は崩御しました。
そんなことには関係なく、以前から仏教に帰依していた歓子は、その後も念仏三昧の生活を送り、82歳の高齢で亡くなって、定子の鳥戸野陵で荼毘にふされた後、宇治陵に葬られたようです。
  一条天皇皇后定子鳥戸野陵は、6人の皇后の火葬塚でもあります

     返事
花水木さん:岡崎市にある寺だと思います。
    徳川将軍14代のお位牌は有りますが、
    15代将軍慶喜公のだけ無いと思いますが、
    それがちょっと嬉しいような悲しいような気がするのは、
    私の曾祖父の兄が、主君慶喜公に裏切られたような気がしてるからです。

2020/9/9

70-3後冷泉天皇皇后寛子  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 藤原寛子(フジワラノカンシ・ヒロコ)(1036〜1127)は道長の後を継いで藤原氏長者になった頼通(ヨリミチ)(992〜1074)の長女で、母は藤原祇子(ギシ)(?〜1053)で、やや母方の身分が低い感はありますが、同母弟の師実(モロザネ)(1042〜1101)も後継者になれて関白になっています。
  何回も使いまわししてる宇治陵総拝所の写真です
 クリックすると元のサイズで表示します
 正妻との間に子女に恵まれなかった頼通にとって、寛子は待望の娘でしたので、後冷泉には東宮の時から章子内親王がもう入内していて(1037年)、天皇に成った後も3年前には従姉妹の歓子(カンシ・ヨシコ)も入内していたのに、1050年に寛子も入内させています。
  宇治陵総排除の前に建つ藤原北家塋域の碑には、頼通・師実の名も刻まれています
 クリックすると元のサイズで表示します
 明るい性格で、後冷泉天皇の寵愛も受けましたが、子には恵まれませんでした。
夫に先立たれて出家し、四条院とし、皆から敬意を払われながら92歳まで生きて、宇治の山奥の院で亡くなり、宇治木幡の藤原家塋域に葬られ、宇治総拝所制札には後冷泉天皇皇后寛子として名があがっています。
 昭和天皇皇后の香淳皇后(コウジュン)が2000年に97歳で亡くなるまでの870年以上の間、寛子は皇后歴代最高齢記録を保持していました。

2020/9/7

70-2後冷泉天皇皇后章子内親王  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 天皇家のサラブレッド第68代後一条天皇は、9歳年上ですがこれまた有力な道長4女威子(イシ)とだけ結婚し、当時では珍しい一夫一婦制を貫きました(貫かされたかも)。
 この二人に皇子が産まれたら、道長はじめ藤原北家は万々歳だったのですが、皇子は産まれず、残念ながら内親王二人が産まれただけでした。
 クリックすると元のサイズで表示します
 二人の内親王の内、妹の馨子内親王(ケイシ・カオルコ)(1029〜1093)は第71代後三条天皇に入内しましたが、産んだ一皇子・一皇女は夭折しています。
  陵の近くには昔の京都市電の錦林車庫があったので、そこに京都市電が飾ってありました
 クリックすると元のサイズで表示します
 今回の主人公は姉の方の章子内親王(ショウシ・アキコナイシンノウ)(1027〜1105)です。
章子内親王は10歳で父後一条天皇と母威子を相次いで亡くしましたが、祖母兼母方では伯母の上東門院彰子の庇護を受け、1037年11歳で2歳年上の親仁親王(チカヒト)の東宮妃になり、親仁親王が第70代後冷泉天皇(1025〜1068)(在位1045〜1068)になったので、女御になりました。
  細長くなかなか立派な御陵です
 クリックすると元のサイズで表示します
 しかし子宝には恵まれず、夫の後冷泉天皇崩御後は落飾(ラクショク;貴人が髪をそって仏門に入ること)し、太皇太后として後二条院と称し、40年近く安定した余生を送って80歳で亡くなり、父親と同じ菩提樹院陵(ボダイジュインノミササギ)(左京区吉田神楽岡町)に後冷泉天皇皇后章子内親王として葬られています。

       返事
toitenlabeeさん:お経は嫌な仕事より容易いのでは!
     最後に底に残ったコーンフレークで、今までの美味しさが消える時が有りますね。
    まあ私は総入れ歯になってからは、硬口蓋は入れ歯で守られ、
    コーンフレークが刺さることは無くなっていますがね(自慢になりませんが)
     白玉が入ってるのは、和風パフェだけでしょ。
花水木さん:人がいず、
    並ばずに御朱印が手に入ったのは良かったです。
     プリンアラモードは、高台の有る平べったい紡錘形の器に入った物では?
    逆円錐形で細長い器に入っていて、長いスプーンで食べて、
    最後の底の一すくいが取りにくいのがパフェでは?
     70歳過ぎてさすがにもうやりませんが、
    パフェの器の内面に残ったクリームなどがもったいなくて、
    ちょっと水を入れて器を回し、こびりついたクリームを溶かして、それを飲む。
    そしてあまりおいしくなくて、今までのパフェの後味を台無しにして後悔する。
    若さゆえの苦い思い出を、返事を書いてる間に思いだしてしまいました。

2020/9/5

高野山2  
 クリックすると元のサイズで表示します
 金剛峯寺は秀吉が亡母の菩提を弔うために建立した建物のようですが、同じ高野山の中には徳川家霊台(200円)もありました。
3代将軍家光が、家康と秀忠の為に建てた御霊屋(ミタマヤ)です。
風雨に曝せられてる割には、綺麗に豪華に残っていました。
 高野山は宗派や敵味方関係なく、誰を祀っても良いようです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 いつもは御朱印帳を忘れてしまう家内ですが、今回は持ってきたので、右の金剛峯寺はむろん、左の徳川と書かれて葵の紋もある朱印も授かりました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 信心深い?二人は、今回は初めての経験の総持院と言う宿坊に泊まりました。
まあ、高野山は宿坊しか泊まる所はないようですが。
 クリックすると元のサイズで表示します
 宿坊と言っても、Go To Travelで安くなるので、一番高い「方丈の間」に泊まりましたので、8畳2間の立派な床の間も付いている部屋です。
ウオシュレットも付いていますし、風呂も部屋にありましたし、ぐるっと有った畳の縁側だけでも私の家より広いぐらいでした。
この部屋で将棋のタイトル戦も行われたことがあるようですが、痕跡は見つかりませんでした。
 クリックすると元のサイズで表示します
 部屋からは立派な広い庭も独占できます。
2食共に完全な精進料理でしたが、量的にも充分で味も良かったです。
 朝は6時からお勤めもあって、その後の住職の法話も含めて1時間半以上ですが、若い時に法事や葬式であんなに苦痛だったお経も、今は全然苦にならず、あっという間に(寝てたかもしれませんが)終わりました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 次の日は快晴、山は何だか秋の気配もしていました(8月29日)。
 奥の院の大きなお墓群をブラブラ見学して、ちょっとだけ関係ある天皇陵巡りの写真も撮れて、帰途に付きました。
 高野山に詣でて、これで人生が変わるということはありませんので、相変わらずくだらいブログは続けます。

        返事
和さん:コメント2回読んでから理解しました。
    確かに新型コロナで伽藍は、ガランとしていました。
     パフェの下にコーンフレークが敷いてあって底上げしてるのは、
    安物観がしませんか?
    最後にパサパサのコーンが残るのは辛い時があります。
    クリックすると元のサイズで表示します
     昨日食べたモロゾフのカスタードプリンパフェ
    底はマンゴージェリーで、最後まで甘味押さえて美味しかったです!

2020/9/2

高野山1  
 クリックすると元のサイズで表示します
 高野山ではお盆の精霊迎えに、大きな切子灯籠(キリコドウロウ)を飾るということですが、お盆が終わっても8月一杯は飾られていると、TVで観たので、高野山に観に行くことにしました。
実はまあ、高野山には行かなければならない皇后陵があるので、そろそろ行こうかなと思っていたことが本当の理由ですし、山の上は少しは涼しいだろうも、後押ししています。
  写真は金剛峯寺(コンゴウブジ)主殿に飾られてる切子灯籠です
 クリックすると元のサイズで表示します
 朝早く家を出て、途中でゆっくり遅めの朝食を摂っても、充分昼前には高野山に到着。
京奈和道路が大分完成して来たので、便利になっています。
 高野山総本山金剛峯寺(500円)表門(正門)ですが、新型コロナの影響もあるのか、平日の観光客はまばらでした。
正面奥に小さく切子灯籠も見えます。
 クリックすると元のサイズで表示します
 金剛峯寺拝観は意外と値打ちがあって、沢山の襖絵も立派なものがありますし、この蟠龍庭(バンリュウテイ)などの庭も立派です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 檀上伽藍(ダンジョウガラン)地区にあるこの大塔の朱の色が鮮やかなので、なんとなく高野山や真言宗は派手な印象がありましたが、他の建物はおとなしい色で、周囲の杉の大木とよく合ってました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 TVでもやっていて、廻したかった六角経蔵。
美福門院の寄進らしいですが、この美福門院(鳥羽天皇皇后)の高野山陵には、着いた早々ちゃっかり一番にもう巡り済みです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 年寄り一人でも廻せましたが、建物全体が廻るわけではありません(TVもボーッと観てたのですね)。
外側の丸い細い輪が廻るだけでしたので、ちょっとがっかりしましたが、当たり前ですね。
 クリックすると元のサイズで表示します
 朝食が遅かったので、昼はこのきなこ餅パフェだけにしておきました。
残念ながら底の方はコーンフレークが敷いてありました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 金剛峯寺の周りにある二つの親王墓も巡れました。
その一つ光臺院(コウダイイン)にある墓の訪問は、その場にいた奥さんに尋ねると、丁寧に門を開いてくれて、道筋まで教えてもらえました。
高野山は親切です!光臺院の奥さん(たぶん)ありがとうございました!お大師さんのお導きですかね。
  クリックすると元のサイズで表示します
 高野山の警察署交番もこんなに立派な建物です。
まあ高野山全体が祈りの街ですが、観光の町でもあるので、新型コロナでここも大変だとは思います。
  途中ですが残りは次回に。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ