奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2021/1/27

79-1六条天皇  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 第78代二条天皇(1143〜1165)の第2皇子(第1皇子は4カ月年上の尊恵法親王(ソンエ))、順仁親王(ノブヒトシンノウ)の母は伊岐致遠(イキノムネトウ)の娘で、身分も低かったですが、父二条天皇が病弱だったこともあって、わずか2歳で即位し(歴代最年少即位)、第79代六条天皇(ロクジョウ)(1164〜1176)(在位1165〜1168)となりました。
  79・80代の甥と叔父ですが六条天皇と高倉天皇の陵はひっついています
 クリックすると元のサイズで表示します
 しかし平氏一門の権勢を背景とした後白河院政の下では、しょせんは六条天皇は中継ぎですので、5歳にして早くも退位し、替わって後白河上皇の第7皇子が第80代高倉天皇に成りました。
  陵印も79・80代と共通です
 クリックすると元のサイズで表示します
 六条自身は上皇となったのですが(歴代最年少上皇)、元服を迎えることなく妃もまだない13歳で崩御し、清閑寺陵(セイカンジノミッサギ)(東山区清閑寺歌の中山町)に葬られました。
  清閑寺陵は高倉天皇の後清閑寺陵の背側に有るので、近寄れませんし見えません。
隣の清閑寺の石段からズームでで、なんとか木間越しに塀や門がわかるぐらいでした
 クリックすると元のサイズで表示します
 五条通の延長に有る国道1号線の山科に抜けるトンネル手前に、参道の標柱が立っていました。
右の天智天皇陵まではまだまだ遠いですが、今回の陵はここから歩いてすぐです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 この辺りは「歌の中山」と言われていて、清閑寺の山道で美女に出会った僧が、俗念を起こしましたが、気の利いた言葉が出てこず、「清水寺へはどう行けばいいのですか?」と聞くのがやっとだったそうです。
美女は「見るにだに まよふ心のはかなくて
      まことの道を いかでしるべき」
の歌を返されたそうです。
 もちろんここで美女には合えませんでしたし、若い時に美女に声をかける機会もなかったわけではありませんが、「今何時ですか?」ぐらいしか聞けなかった私です。

       返事
花水木さん:花水木さんも、
    センサーにめげないで〜
toitennさん:旅行どころか、
    「京都の人は滋賀県に来ないで」キャンペーンしてるので、
    大好きな滋賀県にも行けない生活です。
    こうなったら週末は毎週雨でも良いですよ。
和さん:やっぱりコロナの時代は
    これっ霧!より、これっきり!の方が良いですね。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ