奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2021/2/28

82-3後鳥羽天皇皇子道助親王  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 第82代後鳥羽天皇第2皇子の道助親王(ドウジョシンノウ)(1196〜1249)の母は坊門信清(ボウモンノブキヨ)の娘ですので、今後紹介予定の禮子内親王や頼仁親王(ヨリヒト)の同母兄にあたります。
  制札の字体はやや子供っぽかったです
 クリックすると元のサイズで表示します
 後鳥羽天皇の第1皇子は第83代土御門天皇で、第2皇子でしたが道助親王は11歳でもう出家し、1214年には仁和寺第8代門跡になっています。
  主に美福門院の御陵に行くために高野山宿坊に泊まりましたが、そこからは少し離れた光臺院奥の静かな所に墓は有りました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 1221年承久の乱に直接は参加していませんが、父後鳥羽の為に祈祷は行ったようです。
でも、前から出家もしていたので、他の子供たちのように処罰はされなかったようですが、36歳で高野山に隠遁させられています。
  墓は小さな塚になっていました
 クリックすると元のサイズで表示します
 墓は高野御室光臺院(コウダイイン)で、結構立派な門構えがありました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 奥の左に木戸があって鍵がかかっていました、
たまたまか弘法大師のお導きか、この院の奥様らしき方に尋ねると、御親切にも鍵を開けていただき、おまけに道筋まで丁寧に嫌な顔一つせずに教えていただけました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 聞き及んだとおりに歩くと道助親王墓にすぐにたどり着けました。
墓の目の前には、高野山で自刃したこの写真の豊臣秀次公墓もありました。
 全体にこの辺りは霊気が漂ってる感じがして、こんな時は一人で天皇陵巡りより、家内がいてくれた天皇陵巡りの方が安心でした。

2021/2/26

82-2後鳥羽天皇皇女尊称皇后昇子内親王  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 第82代後鳥羽天皇(1180〜1239)は沢山の妃にたくさんの皇子女を産ませていますが、奥さんで宮内庁治定陵に上がってる人は誰もいません。
しかし、皇子女は次期天皇に成った二人も含めると、8人もの治定陵墓がありますので、ここは一応順次巡って行きます。
  ここは昇子内親王墓と言われている、あくまでも陵墓参考地ですが、浄菩提院塚陵墓参考地(ジョウボダイインツカリョウボサンコウチ)(伏見区竹田小屋ノ内町)
 クリックすると元のサイズで表示します
 後鳥羽天皇の唯一の皇后は、摂政関白九条兼実(カネザネ)(1149〜1207)の娘九条任子(クジョウタエコ・ニンシ)で、産まれたのが、立っても座っても光ってると言われた第1皇女昇子内親王(ショウシ・ノボルコナイシンノウ)(1195〜1211)です。
  名神高速京都南ICの南、城南宮の近くの小さな空き地が陵墓参考地でした
 クリックすると元のサイズで表示します
 第74代鳥羽天皇皇女しょうし内親王(八条院)の猶子となったので(生後すぐ)、莫大な八条院領を譲られ(1才)、異母弟第84代順徳天皇の准母ともなっていて(13才)、春華門院という院号も宣下されています(14才)。
でも、義母となった八条院が亡くなって5カ月後に、昇子内親王は17歳で亡くなったので、八条院領はそのまま順徳天皇に相続されたそうです。
順徳天皇も1221年の承久の乱で佐渡に流されたので、八条院領は誰のものになったんですかね。
  掃除直後なのか、綺麗でした
 クリックすると元のサイズで表示します
 クリックすると元のサイズで表示します
 浄菩提院塚陵墓参考地辺りは、鳥羽離宮があったので、白河・鳥羽・近衛天皇陵も近くですが、現在は名神高速道路京都南ICがあって、誰かは不明ですが後宮塚(コウキュウヅカ)・中宮塚(チュウグウヅカ)陵墓参考地もありました。
 このゴミ捨て場のようにも見える後宮塚陵墓参考地は、本当にラブホテル街の真ん中にあって、塚の前の道の両側ともにラブホテルでしたので、一人で訪れるのは恥ずかしかったです(と言っても、この年では二人で訪れるのはもっと恥ずかしいかもしれませんが)。

      返事
Toyさん:トップにならないように(成れないか)生きてきましたので、
    たった二人になった我が家でも、トップは家内です。
花水木さん:人の目の基準が変わってきてるだけのような気はしますが、
    若い時の思い込みは、なかなか断捨離出来ません。

2021/2/23

82-1後鳥羽天皇  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 今日は令和の天皇誕生日、まだピンと来ない祝日ですが、
天皇陵巡りを書くには絶好の日ですね。
 尊成親王(タカヒラシンノウ)は第80代高倉天皇(1161〜1181)の第4皇子で、母は修理大夫坊門信隆(ボウモンノブタカ)娘の殖子(ショクシ)(1157〜1181)ですので、後白河天皇の孫・安徳天皇の異母弟になります。
 クリックすると元のサイズで表示します
 1183年都落ちに伴い、高倉天皇第1皇子安徳天皇(1178〜1185)や第2皇子守貞親王(モリサダ)を連れて、平氏一門は三種の神器と共に西国へ逃げました。
第3皇子惟明親王(コレアキラ)や以仁王の遺児北陸宮(ホクロクノミヤ)とは争いましたが、結局(後白河の前でむずかしがった6歳の惟明より、ニコニコしてた4歳の尊成の方が気に入られた)、わずか4歳の尊成親王が三種の神器も無く即位し、第82代後鳥羽天皇(ゴトバ)(1180〜1239)(在位1183〜1198)となりました。
  写真は秋の大原三千院前です
 クリックすると元のサイズで表示します
 したがって、第81代安徳天皇が壇ノ浦の露と消えるまでの1年半ぐらいは、同時に二人の天皇(両人ともに幼稚園児ぐらいですが)が並び立ったことになります。
  三千院には入らず、その少し奥の勝林院の手前に御陵は有りました
 クリックすると元のサイズで表示します
 1190年11歳で元服した後鳥羽天皇は、10人以上の女に20人以上の子を産ませていますが、皇后九条任子(タエコ・ニンシ)には内親王しか産まれませんでした。
しかし2人の皇妃から、第1皇子の第83代土御門天皇や第3皇子の第84代順徳天皇が産まれています。
 クリックすると元のサイズで表示します
 治天の君であった祖父後白河法皇も亡くなり、19歳の後鳥羽天皇は4歳の第1皇子土御門に譲位して院政を敷き、多芸多才ぶりを発揮して「新古今和歌集」も編纂しましたし、鎌倉幕府とも渡り合っていきましたが、自身の三種の神器無き即位に対する屈辱感と自己嫌悪からか専制的になり、とうとう承久の乱(1221年、はからずも今年は丁度乱後800年にあたります)を起こし、北条家鎌倉幕府と対峙しました。
  陵の前一段低い所にある法華堂の屋根が見えます
 クリックすると元のサイズで表示します
 しかし、結束した鎌倉武士団にわずか1ヶ月にして敗れて、後鳥羽上皇は隠岐の島に、土御門上皇は土佐に順徳上皇は佐渡島に配流されました。
  御陵横の法華堂、陵の鳥居が少し見えます。第10皇子の尊快法親王が遺骨をここに安置したそうです
 クリックすると元のサイズで表示します
 18年に及ぶ隠岐での寂しい生活のまま、後鳥羽上皇は60歳で亡くなり、隠岐の島で火葬されましたが、残念ながら私は今回火葬塚は行けてません。
この大原陵(オオハラノミササギ)(左京区大原勝林院町)には、息子で佐渡で亡くなった順徳上皇と共に眠っていますが、陵の形はそれぞれ違って、写真右に写ってる十三重塔が後鳥羽の陵です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 小倉百人一首は、天智・持統の親子天皇から始まり、後鳥羽・順徳の親子天皇で終わっていますが、編者藤原定家は後鳥羽上皇を慕っていたようです。

       返事
花水木さん:白蜜と黒蜜が有るので、
   三密の3番目は何蜜ですかね??

2021/2/21

第70回長浜盆梅展  
 クリックすると元のサイズで表示します
 滋賀県の知事さんが、「京都の人は滋賀に来ないでほしい」と言われていたので、毎週ぐらい行っていた滋賀県に、2か月以上行きませんでしたが、滋賀の感染者数も京都の感染者数も少なくなって、あまり変わらなくなったので、2か月ぶり以上の本格的滋賀県訪問です。
 大津SAから大津市と琵琶湖を眺めてる写真ですが、SA駐車場の車は他府県ナンバーばかりでした。
 クリックすると元のサイズで表示します
 少し雪の残る長浜慶雲館の第70回長浜盆梅展に今年も行ってきました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 玄関に飾られた盆梅です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 今年も寂聴さんの掛け軸がありました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 いつもの年よりはやはり少なめの入場者なので、床に映る梅も邪魔されずに、ゆっくり写真も撮れました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 今年は切り絵作家早川鉄兵さんと、いつもの京都芸術大学とのコラボらしいです。
 帰りに、去年はあっさり枯らしてしまった盆梅を、今年も買って再挑戦ですが、私が世話をするわけではありません。
 クリックすると元のサイズで表示します
 いつもの長浜のレストランでランチ、黒壁通り辺りも観光客は少しずつ増えてるようです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 琵琶湖を一周して帰りますが、湖北は一昨日かに降った雪が残ってましたが、気温はもう春です。
もう1〜2回寒くなったら、春ですかね。

       返事
和さん:今年の桜は、
    人出がまだ少ないままなら、人気スポットに行きたいです。
toitennさん:まあこのお札を家に貼るかどうか、
    迷うところですがね。
花水木さん:50年前なら、
    金閣炎上後まだ日がったてない時ですよね。
     緑は抹茶アイスです。
    白蜜って、どんな蜜ですか?  
タグ: 盆梅展  湖北

2021/2/18

衣笠散歩  京都
 クリックすると元のサイズで表示します
 今日は寒いですが、先週は暖かかったですね。
感染者数も減少気味なので、先週は暖かさにつられてバスに乗って、その後ブラブラ衣笠を散策しました。
 50年ぶりぐらいの金閣寺。
 クリックすると元のサイズで表示します
 入場料400円、入場券はお札になっていました。
臨済宗相国寺派鹿苑寺(ロクオンジ)で、舎利殿金閣が有名なので、金閣寺ですね。
 クリックすると元のサイズで表示します
 冬の良く晴れた天気の中、観光客は少なく写真の邪魔にもならないぐらい、最近金箔貼り直したところなので、ピッカピッカでこれぞ金閣寺!
 クリックすると元のサイズで表示します
 後ろ姿では、逆光もあってか、1層の白壁と2層・3層の金箔に、やや違和感を覚えましたが、雨水の樋まで金です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 回遊式庭園を巡って、裏山からの金閣寺の眺めもまた良いものでした。
 クリックすると元のサイズで表示します
 そのままブラブラと、途中にオムライスを食べて、立命館大学衣笠校舎向かいの「堂本印象美術館」にも寄ってみました、と言うかこれが目的だったかも。
 クリックすると元のサイズで表示します
 クリックすると元のサイズで表示します
 私の大学時代に出来た美術館ですが、入ったのは初めて、府立に移管してきれいに整備され、しかも510円の観覧料が65歳以上無料でした。
そこまで年寄りに奉仕せずに、もっと若い人を安くしたらいいのにとは思いますが、遠慮なく二人とも無料で入りました。
私が3歳ぐらいの頃に、京都駅から皆に見送られ「つばめ」でヨーロッパ旅行に旅だったようで、印象と言えば抽象画と思ってましたが、ピカソと同じでヨーロッパのスケッチなども上手ですね。
 クリックすると元のサイズで表示します
 と言うことで、無料で芸術に接したので、浮いたお金で、帰り道の喫茶店であんみつとコーヒーセットをいただきました。
三密はダメな世の中になりましたが、黒蜜ってなんでこんなに美味いんですかね。

2021/2/15

琵琶湖疎水  京都
 クリックすると元のサイズで表示します
 京都の緊急事態宣言解除は延期されていますが、感染者の数も減ってきたので、午前中だけの仕事の帰りに、久しぶりの御陵巡り。
地下鉄蹴上駅で途中下車して、南禅寺周囲を巡りました。
 蹴上駅を降りて、蹴上浄水場を横目に、インクラインしたの「ねじりまんぼ」と言う古いトンネルをくぐって南禅寺に向かいます。
「まんぼ」はトンネルの意味だそうで、上のインクラインを台車に乗った舟が行きかうので、重さに耐えるよう、写真のように内壁のレンガは斜めに積まれ、トンネルも斜めに掘られたようです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 琵琶湖から京都へ掘られた琵琶湖疎水は、今でも京都の水道水として使われていますし、この蹴上の斜度を利用して日本初の商用水力発電所も造られ、この電気で市電も走れるようになりました。
先ほどのトンネル上のインクラインは、疎水を使って運航してる船を、この斜度を上下させるための道なのですが、今は桜の名所でもあって、レンタル着物を着た女の子で春は一杯になるのですが、この日は誰もいませんし、もちろん桜はまだです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 疎水の水は、発電所の水車を回す水、インクラインに沿って岡崎疎水に流れ落ちる水の他に、この水路で東山の麓を流れ、哲学の道から最後は私の家近くの松ヶ崎疎水まで流れる、と言う不思議な流れです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 京都で起こる殺人事件の多くでは、被害者はここで殺されたり、犯人がここで捕まったり、自白することで有名な、南禅寺の水路閣(水道橋)です。
こうして高さを確保しながら、ゆっくりと北の方へ、一見高低差に逆らうように流れて行く気がする、京都疎水が出来ています。
 クリックすると元のサイズで表示します
 造られてからもう130年ぐらい経ってるはずですが、水漏れもしてないようです。
若い女の子が二人、写真を邪魔するようにずっといてくれましたが、これでなんとなく安心出来ました。
誰もいないと殺されそうな気もする水路閣の下です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 石川五右衛門の「絶景かな絶景かな!」で有名な南禅寺三門ですが、南禅寺全部が拝観中止してるせいもあって、観光客はまばらです。
南禅寺内の目的の天皇陵巡りの一つには、拝観中止で入れずに終わりました。

      返事
toitennさん:私をほめるのは顔だけにして下さい。
     下関の水族館「海響館」の、
    サメ肌以上のシーラカンスは観ましたか?

2021/2/12

81-1安徳天皇  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 第80代高倉天皇の第1皇子で、母は平清盛の娘で中宮の徳子(建礼門院)の言仁親王(トキヒトシンノウ)は、祖父清盛の期待を一身に集めて生後すぐに立太子し、わずか2歳で即位し第81代安徳天皇(アントク)(1178〜1185)(在位1180〜1185)となりました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 1183年に木曽義仲が挙兵し京都に迫ったので、平家一門は幼い安徳天皇を擁し、三種の神器を持って西へと落ちのびて行きました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 1185年に木曽義仲を討った源義経は、屋島で平家に大勝し、最後関門海峡の壇ノ浦で平家をせん滅したので、安徳天皇は祖母である清盛の妻二位尼時子に抱かれ入水、三種の神器の内の宝剣は、今もこの海底に眠ってるはずです。
  写真は、門司から関門海峡を挟んで対岸の下関を眺めています。
この後関門トンネルを歩いて渡り、御陵を参拝などして、また定期渡し船でこちらへ戻ったのは、島に居た10年以上前のことになります。
 中央の竜宮城の様な建物が赤間神宮(アカマジングウ)
 クリックすると元のサイズで表示します
 安徳天皇はわずか8歳で亡くなったので、もちろん未婚でしたが、未婚のまま亡くなった歴代男性天皇は、13歳で亡くなった先々代の第79代六条天皇と、生まれながらにして白髪だったと言われる第22代清寧天皇の3人だけです。
  写真は、逆に赤間神宮の水天門から見た関門海峡ですので、門司が見えています
 クリックすると元のサイズで表示します
 安徳天皇の遺体はあがってないので、落ち延びて行ったという伝説は沢山あるようですが、一応御陵は赤間神宮境内に明治になってから出来た阿弥陀寺陵(アミダジノミササギ)(山口県下関市阿弥陀寺町)で、陵はお寺形式になっていました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 陵の傍には、壇ノ浦で滅んだ平家一門の墓も並んでいましたが、名前に「盛」が付く7人の墓が前列に並んでいるので「七盛塚」とも呼ばれていますし、後列には二位尼の供養塔もあるようです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 日本史の中でも超有名な源義経ですが、彼の最大の失敗は安徳天皇をみすみす死なせたことで、それだけならまだいいのですが、三種の神器の一つ宝剣を取り戻せなかったことでしょうね。
これで兄頼朝と対立してしまい、悲劇の道を歩むようになったと思いますが、まあその分後世の人気は出たのかもしれません。
 写真は門司港から見た関門海峡大橋ですが、このどこかに今も宝剣は沈んでいるはずですので、この宝剣を見つけるTV でもやってほしいです。
万一出て来たら、それこそ世紀の発見ですよ! 

        返事
toitennさん:現状維持でいこうとした饅頭屋は、
    やっぱり何百年はもたなくて、
    先進的なものも取り入れて、日々前進しようとするが拡張はしない、
    小さな饅頭屋さんが、生き残ってきたと思います。
    私は基本保守の現状維持派なので、トップには向かないし、
    ゆっくりと滅びる種族だと思います。

2021/2/10

31.黒みつだんご  菓子たくさん
 クリックすると元のサイズで表示します
 自宅近くの小さな饅頭屋さん「美玉屋」(みたやまさん)、洋菓子店は増えましたが、京都にはまだまだ小さな饅頭屋さんがあります。
変に大きくして、新しくして、結局他人に乗っ取られたりつぶれたりして、無くなってしまう商売もありますが、私は基本的には変化せず大きくせず、有名にもならずに続いている、小さな饅頭屋さんは理想です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 それはさておき、みたまやさんの名物「黒みつ団子」、10本入りで1080円、1本100円です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 近くを通りかかると、ついつい買ってもらったり買ったりしますが、黒蜜の味ときな粉が絶妙で、10本全部でも軽く食べられますが、今回は家内と仲良く5本づつ食べました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 優しい家内は、残ったきな粉は全部、私が舐めるのを許してくれました。

        返事
花水木さん:前回の東京五輪は、
    高校生の私も盛り上がりましたが、5?年後の大阪万博はもう冷めていました。
    2019年W杯ラグビーはかなり盛り上がってしまいましたが、
    この東京五輪は又冷めています。
    自分勝手ですね。

2021/2/7

80-2高倉天皇皇后徳子  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 平徳子(タイラノトクシ・ノリコ)(1155〜1214)は、父平清盛(1118〜1181)、母平時子(トキコ)二位尼(ニイノアマ)(1126〜1185)の間に産まれ、同母兄には父清盛亡き後平家の大将になった平宗盛(ムネモリ)がいます。
  大原寂光院前に、陵に登って行く石段があります
 クリックすると元のサイズで表示します
 8歳で即位した第80代高倉天皇(1161〜1181)が11歳で元服したので、6歳年上の徳子が入内し皇后ともなりました。
父清盛が待ち望んだ第1皇子言仁親王(トキヒト)(1178〜1185)(後の第81代安徳天皇)も、やっと産まれました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 徳子は母として、安徳天皇と平家一門と共に西国へ落ちて行きましたが、最後は壇ノ浦の戦いで敗れたので、母二位尼と息子安徳天皇と一緒に入水しましたが死にきれず、兄宗盛と共に生き残り、京都へ護送されています。
 クリックすると元のサイズで表示します
 兄宗盛は斬首されましたが、徳子は罪に問われず、京都大原寂光院で余生を送りました。
 日本画の題材にもなってる、平家物語最後の後白河院の大原御幸も有名ですので、一時寂光院は女性観光客の人気スポットになっていましたが、新型コロナ2波と3波の間の昨秋は、高齢観光客がチラホラぐらいでした。

       返事
花水木さん:ゴディバは何故閉店なんですかね?
大雪男さん:WOWWOW加入したので、欧州ラグビー観てます。
    日本に来たレイドローがいないスコットランドが、
    イングランドに勝った試合を観終わった所です。
toitennさん:カルカンとは違いますね。

2021/2/5

30.雪餅  菓子たくさん
 クリックすると元のサイズで表示します
 久しぶりの「菓子たくさん」シリーズです。
冬になったので、ため込んでいた写真の虎屋の雪餅を出しました。
もう今年は売ってないと思います。
 クリックすると元のサイズで表示します
 何やかんやいちゃもんは付けますが、虎屋のお菓子はやっぱりおいしい!
1個500円弱も、まあ仕方がないと思ってしまいます。
表面の雪は、山芋らしいです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 冬の夜(昨年か一昨年ですので、どこでも行けましたが)、雪餅食べて一服、京都はそれなりに良いですね。

      返事
花水木さん:確率高いですね!
    1等30万円ではなく、ふるさと小包希望の謙虚さが、
    この幸運を呼ぶのですかね。
toitennさん:こちらも確率よいですね!
    「憎まれっ子世に憚る」ですかね?
    ちょっと使い方違うか?
タグ: 虎屋


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ