奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2021/3/30

蟹と桜2.  
 クリックすると元のサイズで表示します
 一晩眠っても蟹でパンパンの腹をさすりながら、誰も入ってない朝風呂に入ります。
風呂の窓の外も、桜満開でした。
 クリックすると元のサイズで表示します
 朝ごはんでさらにパンパンになった腹をシートベルト締めて、帰り道は香住近くの大乗寺(応挙寺)に寄りました。
 円山応挙(1733〜1795)が京都で修行中の貧しい頃に、当時の大乗寺住職がその才能を見込んで学資を援助したことが縁で、大乗寺客殿建築の時に、御恩返しとして、応挙が一門の弟子と共に障壁画を描きましたので、部屋の沢山の襖は応挙と弟子の絵で飾られていました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 この客殿の前に、マスクをして誰が座ってるのかと思ったら、これが応挙さんでした。
詳しく説明しながら案内してもらったので、800円の拝観料が高くは感じませんでした。
これだけの拝観料が取れるのも、当時の住職の先見性のおかげですかね。
 クリックすると元のサイズで表示します
 但馬・丹波を車で移動中も、周囲の山や道路や川岸には桜がいっぱい!
日本の春です!
 クリックすると元のサイズで表示します
 春の(ちょっと大きめの)小川もさらさら流れ、山の新芽ももやっとして、車窓は全て春でした。
 クリックすると元のサイズで表示します
 最後に養父(ヤブ)の木彫展示館(200円)まで、ポスターにつられて寄り道。
 クリックすると元のサイズで表示します
 クリックすると元のサイズで表示します
 「木彫フォークアート・おおや」の優秀作品が展示されていました。

      返事
花水木さん:そうです、
   和さんのブログにもよく出てくる出石です。
    鰻は食べますよね、
   そしたら鱧はもっと食べやすい気がしますが。
toitennさん:蟹に限らず、満腹はしんどいですね。
     松井山手は都会になりましたね。
和さん:食べ終わってから、
    撮影を思い出すこと多いですが、
    今回蟹本体を写すと、目の毒のような気がしてです。
0

2021/3/28

蟹と桜1.  
 クリックすると元のサイズで表示します
 今日は雨も、昨日一昨日は暖かく上天気。
感染者数はまた増えだしていますが、今年最後の機会と、まだ増加傾向ない時に予約した、蟹食べ旅行に新車で出かけました。
 途中最初に寄った、この太鼓橋前までは行ったことあるが、登城したのは初めての福知山城(330円)。
 クリックすると元のサイズで表示します
 ほぼ満開で暖かいお花見日和、城に桜はやっぱり似合いますね。
麒麟がくるの明智光秀が築いた城なので、新型コロナが無ければもっとにぎわっていたはずですが、それでも帰る頃には城前の駐車場はほぼ満車。
 クリックすると元のサイズで表示します
 城前の店の開店を待ちながら、ゆっくり桜を堪能してからランチです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 続いて出石の皿ソバで有名な出石城へ。
ここは桜まつりもやるのか、場内にはぼんぼりも立っていました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 出石には何度も来てますが、登城した記憶は思いだせず、こんなに皿ソバの店が沢山あったとも記憶してません。
 クリックすると元のサイズで表示します
 桜の向こうに、出石と言えばこの辰鼓楼(シンコロウ)。
廃城になった出石城三の丸大手門の石垣を利用して、明治に造られた時計台です。
有名な札幌時計台と共に、日本最古の時計台として作られたとは知りませんでしたが、出石のシンボルになっています。
 クリックすると元のサイズで表示します
 豊岡・城崎を通りすぎて日本海に出て、柴山漁港を目指しました。
風は強かったですが、すっかり春の海の山陰海岸。
 クリックすると元のサイズで表示します
 今年は少し遅めで、ギリギリ間に合った蟹尽くしの夕食、1年に1回は蟹・松茸・鱧・河豚は食べる人生を送りたいですが、今年は河豚を食べそこないました。
 阪神も2連勝して幸先良い春、贅沢したので、今日の雨の高松宮記念は、少しの投資で高配当を狙います。

      返事
花水木さん:自宅庭広すぎですよ。
    むさしの森は関東圏しか店無いのですかね。
和さん:平野神社の前通りましたが、
    今週なら今日の雨でもう散ったかもしれませんよ。
0

2021/3/24

今週初めの桜  京都
 クリックすると元のサイズで表示します
 今週はいよいよ暖かくなってきましたので、京都の桜も今週末には満開になりそうです。
 朝の通勤で通り抜けてきた、相国寺境内の頭上にも、松に混じって桜がありました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 京都の南の老人ホームの庭の枝垂れ桜は、まだまだでした。
 クリックすると元のサイズで表示します
 京都の北の方の、自宅の小さな庭の小さな桜、先週はつぼみ堅しでしたが、今週はつぼみ膨らむです。
背景のモクレンは、そろそろ終わりです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 自宅よりもっと北の病院の桜は、ソメイヨシノと違っていつも早いので、もう満開以上です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 地面には、少し花びらが散り始めていました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 病院庭の、多分ソメイヨシノですが、北の方なのにもう満開です。
早く花見に行かないと、4月にはもう桜は全部散ってしまうかも。

        返事
花水木さん:辛夷ではなく、モクレンだと思います。
     黒大奴調べたら、
    餡を羊羹で包んでるそうで、安くて美味しそうですね。
toitennさん:スカイラークは知ってますが、
    むさしの森珈琲って、初耳です?
    関西に有るのですか?
0

2021/3/22

先週の桜  京都
 クリックすると元のサイズで表示します
 今日(3月22日)は少し寒さが戻りましたが、これで寒さはもう終わりのようです。
先週は暖かく、京都はかなり早い開花宣言もありました。
 いつもの老人ホームの庭のソメイヨシノも、チラホラ一部咲きだしています。
 クリックすると元のサイズで表示します
 自転車通勤で前を走った裏千家今日庵の桜は、まだまだです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 暖かく気持ち良かったので、通り一筋だけ遠回りして、紫式部の墓にも参ってきました。
ここには何故か隣に小野篁が眠っていますが、桜は有りませんでした。
 クリックすると元のサイズで表示します
 近くには、今は山科に移転した瑞光院の跡地があって、そこに「赤穂義士四十六士遺髪塔跡」の石碑が立っていました。
この瑞光院の僧侶によって、四十六士の髷が集められ、ここに埋められたそうですが、この話はまったく知りませんでした。
何故四十六士かと言えば、切腹しなかった寺坂吉右衛門が含まれてないそうで、寺坂吉右衛門の墓は、五島列島久賀島にもありましたね。
 後ろに有る桜は咲いていました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 自宅のわずかな庭にある桜は、まだつぼみ堅しです。
今週末には、どこも見頃になりますかね。
 クリックすると元のサイズで表示します
 桜がまだまだ地味なので、墓参り帰りのランチのデザート。
 クリックすると元のサイズで表示します
 別の日、パンケーキのランチを食べた後に、家内が頼んだ店の名物パンケーキを半分ぐらいくすねたら、お腹いっぱいになりました。

       返事
toitennさん:「ウナギパイ」忘れてましたが、
    最近は食べる機会が無いですね。
和さん:「わさび漬け」の人気は、
    今はどれくらいあるのか、見当がつきません。
花水木さん:八つ橋は時々食べますが、
    おたべはめったには食べませんから、
    やっぱり地元名産品は食べないのですかね。
     黒奴、知らないので調べてみます。
0

2021/3/20

33.あべ川もち  菓子たくさん
 クリックすると元のサイズで表示します
 静岡の名物(土産物)と言えば、私には子供の時から「わさび漬け」がインプットされています。(食パンにバターとわさび漬けを塗って食べるのが好きでした。)
 でも甘いものの静岡名物と言えば「あべ川もち」ですかね。
 
 クリックすると元のサイズで表示します
 こちらは創業慶応3年(大政奉還された1867年ですので、150年以上前)松柏堂本店の「あべ川もち」ですが、日持ちさすためか一人前ずつパックになって、きなこ4・餡2で230円。
 クリックすると元のサイズで表示します
 こんな風なあべ川もちはあまり食べませんが、つき立ての餅か湯に通した餅に甘いきな粉をまぶして、自宅で食べる安倍川餅は、磯辺と甲乙付きがたいほど好きです。

        返事
花水木さん:関西の文明堂は、
    庶民的な店の感じでしたが、
    長崎県に行ってみると、高級カステラ店でしたので、
    文明堂のイメージは地域によって変わるのかもしれません。
toitennさん:納豆だけでおやつですか?
    甘納豆のことですよね。
0

2021/3/18

32.栗と餅の三笠  菓子たくさん
 クリックすると元のサイズで表示します
 朧八瑞雲堂(オボロヤズイウンドウ)(北区紫野上竹段町)は2009年の創業と、京都の和菓子屋さんにしては歴史が浅すぎますが、分厚い生クリームをはさんだ「生どら焼」が衝撃的で、行列が出来る有名店になりました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 今回は、人気ですぐに売り切れるという「生どら焼」ではなく、「栗と餅の三笠」税別305円を買ってきてもらいました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 餡は甘さ控えめで、餅の食感も良かったですし、1個で食べた感はあります。
表面がつるつるした三笠ではなく、裏生地のような感じの皮は、ややパサつき感がありました。
 どら焼きと三笠の区別はどうつけるんですかね、私としては三笠の名の方が馴染んではいます。

       返事
花水木さん:昔の女の人の名の「子」は、
    ほとんど「し」と読んで下さい。
     74点って、なんか教習所の意図を感じますね。
    2000円獲りたい一心ですかね。
0

2021/3/16

82-7後鳥羽天皇皇女禮子内親王  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 第82代後鳥羽天皇の第3皇女禮子内親王(レイシナイシンノウ)(1200〜1273)の母は坊門信清の娘なので、道助親王は同母兄、頼仁親王は同母弟になります。
 異母兄の土御門・順徳両天皇朝に賀茂斎院に入ってますが、承久の乱の混乱で賀茂斎院は廃絶したので、禮子内親王は最後の斎院となってしまいました。
  御墓は太秦映画村にも近い、少しは畑も残る住宅地の中に、かなり広々と存在していました
 クリックすると元のサイズで表示します
 禮子内親王は病気の為に13歳で斎院を退下し、七条院殖子の元で養育されたこともあってか、嘉陽門院の院号を宣下され、承久の乱前には出家していました。
  御墓の中央には、ポツンと石塔が立っていました
 クリックすると元のサイズで表示します
 七条院領を相続したためか、墓は単なる内親王にしては広目です。
宅地開発された農地の中に、宮内庁治定になった為に、こんな空き地が残るのは良いことかもしれません。
  後鳥羽天皇皇女禮子内親王墓(右京区太秦安井池田町)
 クリックすると元のサイズで表示します
 後鳥羽天皇の皇子女6人の墓参りをしましたし、この後天皇になった2人の親王の陵も廻りますので、後鳥羽だけで10回分ぐらいを使わなくてはならないようです。
 少しスピードを上げたいような、終わりを長引かせたいような気分です。

       返事
花水木さん:善峯寺の山門は、
    白い部分があるので、余計立派に見えます。
     75点以上ですか!
    63点でなんとか世の中を渡ってきた私は、
    追加の2000円を払います。
0

2021/3/14

82-6後鳥羽天皇皇子道覚法親王  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 道覚法親王(ドウカクホッシンノウ)(1204〜1250)は後鳥羽天皇の皇子で、母は尾張局です。
朝仁親王(アサヒトシンノウ)と親王宣下は受けましたが、12歳で出家し天台教学を学びました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 承久の乱(1221)で青蓮院を退出せざるを得ませんでしたが、その後天台座主となり、青蓮門院門跡にもなってますので、ここ善峯寺の青蓮院宮墓の中に祀られてるのでしょうね。
 青蓮院宮墓地(ショウレンインノミヤボチ)(西京区大原野小塩町)の一番左横にありました
 クリックすると元のサイズで表示します
 特に巡るまでもない人のようですが、善峯寺にも行ってますので、数増やしに挙げさしてもらいました。
もちろん宮内庁治定陵墓です。

       返事
花水木さん:75歳以上の試験は難しそうですね!
    せっかくの新車に2年間しか乗れなかったら辛いです。
0

2021/3/11

新車で薬師寺へ  
 クリックすると元のサイズで表示します
 日曜日も新車の試運転を兼ねて、奈良までドライブ。
年寄りの乗る車日産ノートから、新型日産ノートになって、チョット若返った気分です。
℮-POWERはほとんどブレーキを使わない運転なので、新しいドライブ感覚ですが、アクセルとブレーキを踏み間違わないように頑張ります。
 クリックすると元のサイズで表示します
 新しく再建された建物が並んでる薬師寺に行きました。
写真は平成15年(2003)再建の大講堂、正面が40mあって、金色の鴟尾が輝いていました。
 観光客はこれくらいで、参拝の邪魔にならないので、名所に行くなら今ですかね。
国宝の仏足石・仏足跡歌碑も、触れるぐらい近くで観れました。
こんな石の国宝があるとは知りませんでしたので、幾つになっても知らぬことは多いですね。
 クリックすると元のサイズで表示します
 50年前に来た頃は、これしかなかったかもしれない国宝の東塔です。
裳階が付いてるので六重に見えますが三重塔で、「凍れる音楽」と称されてる有名国宝です。
 今回は全面解体修理が終わった所で、特別に戸が開かれていて、内部の心柱などを見ることが出来ました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 この解体修理で東塔てっぺんから1300年ぶりに降ろされ、役目を終えた水煙が、平成29年(2017)にこれまた再建された食堂(ジキドウ)横の西僧坊内に展示されていました。
歴史の教科書でも見た、透かし彫りの水煙をまじかに観れて、しかも写真も許可ですよ。
 クリックすると元のサイズで表示します
 写真は昭和56年(1981)再建の西塔ですが、昭和42年(1967)に懐かしい高田好胤管主により始められ、当時は話題にもなった薬師寺再建事業ですが、50年以上たって金堂・西塔・中門・回廊・大講堂・食堂が再建され、薬師寺式伽藍配置として教科書で学んだ白鳳伽藍完成したんですね。
 クリックすると元のサイズで表示します
 再建が良かったか悪かったか判りませんが、この薬師寺の伽藍拝観料は1600円と、帰ろかなと一瞬思った値段でした。
まあ金もかかったと思うし、高田好胤さんの執念も入ってるので、これぐらい獲らないとやっていけませんかね。
 善男子・善女子は最初と最後にもこのトイレも使わしてもらってるので、まあ元は取りましたかね。
 50年前に東塔だけを観た時は、無料だったのでしょうか、憶えていません。
 クリックすると元のサイズで表示します
 奈良市内在住の長男家族とも久しぶりに会って、家からすぐの店でランチ。
デザートの名前は覚えきれませんが、シンプルながら味わい深い味でした。

       返事
toitennさん:4輪自動電車です。
花水木さん:もうすっかり元のCityboy?に戻ってます。
     一昨年も高齢者教習受けてますが、
    75才以上はそれよりずっと難しくなるんですか?
0

2021/3/9

新車で彦根へ  
 クリックすると元のサイズで表示します
 五島列島から京都に戻って、早いものでそろそろ5年が経ちます。
京都に戻ってから乗り換えた年寄り向きの日産ノート、5年の車検も近いので、新型ノート℮-powerに買い換えました。
これが私の最後の新車になると思いますが、名義は家内です。
 日産の℮-power、ガソリンエンジンで発電して、その電気で電気モータを回して走るという形式なので、車と言うより電車ですかね。
 クリックすると元のサイズで表示します
 早速往復200qぐらい、琵琶湖の湖岸道路を走って彦根までドライブしました。
彦根では「ひこにゃん」には逢いましたが、彦根城はパスしました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 彦根にも、おなじみの像がありましたよ!
関西圏は京都以外でよく見かけますね。
 クリックすると元のサイズで表示します
 お城近くの並ばずに入れた店でランチ、安くて美味しかったです。
まあまあ観光客も増えていて、車のナンバーを見る限り、岐阜など東の方から来ていました。
 デザートのチーズケーキも自家製の様で、甘さ控えめで美味しいです。
  新車はやっぱりいいですね。!!
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ