奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2021/4/30

新緑  京都
 クリックすると元のサイズで表示します
 今年の私のGWは7日間、でも不要不急の外出は控えて自粛の世の中ですので、どこにも行けません。
第1日目は土砂降りの雨なので、もちろん自宅から出ませんでした。
第2日目の今日は上天気、京都市内の御陵を地下鉄とバスで巡りました。
 先ずは沢山の天皇が眠ってるので、もう少し写真の枚数を増やしておくために、月輪陵を訪れます。
 クリックすると元のサイズで表示します
 全くの不要不急の外出ですので命令違反ですが、ブログに書く順番がせまってきてる陵も有るので、行かなくてはブログが進まないという、急用の外出と言うことでお許しください。
普通の人は今日は平日ですが、乗った地下鉄もバスも空いています。
月輪陵は泉涌寺内に有りますが、緊急事態宣言で閉じているのか、拝観受付に人はいませんでした。
 クリックすると元のサイズで表示します
 泉涌寺内には、写真の陵印を貰ってる宮内庁の月輪陵墓監区事務所もありますが、周囲は緑で最高の季節なのに、散歩の人を少しだけ見かけるだけです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 隣の今熊野観音への鳥居橋も、ミドリ・緑・みどり。
影に立ってると少し冷えますが、歩くとちょうどよく、ほんまに新緑の候ですが、誰もいないのがもったいない!
 クリックすると元のサイズで表示します
 続いて祇園さんに。
正面交叉点にも人はまばらですが、写真を撮ってる傍の店の外には、いつもの順番待ちの列は出来ていました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 最近国宝に成った八坂神社本殿、子供の時は八坂神社の氏子だったので、まあ良かったと言えば良かったのですが、今更これが国宝という気もします。
いつもならお詣りの人で一杯ですが、写真に誰も写らないぐらいですので、久しぶりにお賽銭を少し投げてお祈りしました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 円山公園にある、与謝野晶子が「今宵遭う日と皆美しき」と詠んだ有名な枝垂れ桜です。
周りにこんなに木が有ったかなあと、又「皆美しいけど自分が一番美しいと詠んでるんですよ」と国語の先生が解説した時に、「美人とは思えない晶子の写真から、厚かましい女やなあ」と思ったことを、思いだしました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 知恩院山門も緑が一杯、GWでこんなに観光客がいないのは、いくら何でも寂しい限りですが、状況は私みたいにのんびりしていてはいけないぐらいになってきましたね。
 ここで菅首相は、「オリンピックは止めて、競技会場や組織委員全員やオリンピック用の医療スタッフ全員を新型コロナ撲滅に振り替えます」と宣言して総選挙したら、勝てるかもしれませんよ。
 クリックすると元のサイズで表示します
 知恩院とこの大楠木がある、青蓮院との間にある、
 クリックすると元のサイズで表示します
青もみじが一杯の花園天皇陵を巡って、赤飯と柏餅を買って(写真は食べてから思いだしました)、晴れてる間に帰りました。
 明日はまた天気が悪そうです。
土・日は競馬鑑賞ぐらいしかないですかね。
 せっかくのGW、なんかむなしいですが、しかたないですね。 

2021/4/28

87-1四条天皇  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 第86代後堀河天皇(1212〜1234)にやっと生まれた第1皇子で、母は九条道家(1193〜1252)の娘竴子(シュンシ・ヨシコ)(1209〜1233)の秀仁親王(ミツヒトシンノウ)は、生誕後すぐに立太子しわずか2歳で即位、第87代四条天皇(シジョウ)(1231〜1242)(在位1232〜1242)です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 四条天皇の即位には、鎌倉幕府からは「不快」の意思表示もありましたが、外祖父九条道家の三男が鎌倉幕府4代将軍九条頼経(ヨリツネ)(1218〜1256)、長男は摂政九条教実(ノリザネ)(1211〜1235)であり、平清盛の権勢にも並ぶと言われた教実・頼経の祖父でもある前太政大臣西園寺公経(キンツネ)(1171〜1244)は道家の舅でありましたので、絶頂期の道家の力で四条天皇は生れています。
  泉涌寺の中にある月輪陵、入り口で御陵に参拝しますと言ったら拝観料は無で通してくれました。さすが泉涌寺、太っ腹でした
 クリックすると元のサイズで表示します
 四条天皇即位後は、父後堀河上皇が院政を敷きましたが、わずか2年で父は亡くなり、以後は九条道家や西園寺公経が政治を動かし権勢をふるいました。
  月輪陵制札にはずらっと数えきれないぐらいの名前が書いてありますが、其の1番手が今回の四条天皇です
 クリックすると元のサイズで表示します
 その後四条天皇は11歳で元服し、九条教実の娘彦子(ヒロコ)を女御に迎えますが、女よりいたずらの方が好きなまだ子供だったのか、次の年にお傍のものを滑らせて喜ぼうと、御所の廊下にいたずら心から撒いた滑石で、なんと自らが滑ってしまい、皆の予想外の12歳で亡くなってしまいました。
  これから何回も出てくる月輪陵、写真が重ならないように、連休にでももう一度行って、たくさん写真を撮っておきます
 クリックすると元のサイズで表示します
 四条天皇には兄弟も息子もいなかったので、次期皇位を巡っては物議が持ち上がりましたが、鎌倉幕府は後鳥羽-順徳系の天皇を認めず、比較的中立を保っていた土御門天皇系の後嵯峨天皇が生れました。
 こうして次期天皇は藤原家系の公家が決めるのではなく、武家社会が口出しして決める世の中に変わっていきました。
  京都駅の東南に有る御寺泉涌寺(ミテラセンニュウジ)、四条天皇の葬儀はこの寺で行われ、父後堀河天皇陵傍のこの泉涌寺内月輪陵(ツキノワノミササギ)(東山区今熊野泉山町)に葬られました。

2021/4/26

86-2後堀河父太上天皇後高倉院  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 少々過去に戻りますが、第80代高倉天皇は平清盛の娘徳子との間に第1皇子第81代安徳天皇をもうけていますが、坊門殖子(ショクシ)との間に第4皇子第82代後鳥羽天皇ももうけていましたね。
そして同じく、殖子との間に高倉天皇第2皇子として産まれたのが守貞親王(モリサダシンノウ)(1179〜1223)です。
  写真は仲恭天皇陵と、その途中にある崇徳天皇皇后聖子陵への参道入り口です
 クリックすると元のサイズで表示します
 1183年7月の平家都落ちに伴い、安徳天皇の皇太子という形で同行し、壇ノ浦で平家が滅亡し、異母兄安徳天皇も入水し亡くなりましたが、守貞親王は救出されて京都に戻っています。
しかし戻った都では、もう同母弟の第82代後鳥羽天皇が即位していました。
  写真では分かり難いですが、聖子の月輪南陵の手前右手に、それらしきものが見えてきました
 クリックすると元のサイズで表示します
 その後は、守貞親王は次期天皇に推されたこともありましたが、現実は土御門・順徳と後鳥羽系が皇位を継いでいったので、1212年には出家して行助入道親王(ギョウジョニュウドウシンノウ)と名乗りました。
  写真の如く、後高倉院の鵺塚(ヌエツカ)陵墓参考地出土遺物埋納所(伏見区深草本寺山町)の碑が立つ、四角形の山だけです
  クリックすると元のサイズで表示します
 その後1221年に起こった承久の乱で、鎌倉幕府は後鳥羽系の皇族を処分したので、世俗に在る男子皇族は行助入道親王の三男茂仁王(ユタヒトオウ)のみとなったので、この茂仁王に白羽の矢が立ち第86代後堀河天皇(1212〜1234)(在位1221〜1232)になったのです。
  横には後高倉院の娘で甥の四条天皇の准母になった尊称皇后利子内親王の秘塚(ヒメツカ)陵墓参考地からの出土遺物が埋められています
 クリックすると元のサイズで表示します
 10歳の三男が天皇に成ったので、守貞親王(行助入道親王)は治天の君として太上天皇号を贈られ、院政を敷きました。
  二つ並んだ埋納所の上の生け垣は、もう月輪南陵です
 クリックすると元のサイズで表示します
 しかしながらわずか2年で亡くなった守貞親王は、後高倉院として北白河に葬られたようです。
葬られたと言われる鵺塚が元々あったのが、写真の平安神宮大鳥居と平安神宮の間にあったようで、明治27年に御陵伝説地に治定されていました。
しかし戦後すぐで宮内庁の力も弱かったのか、昭和30年にここを岡崎グランド(主に野球場)にする為に、なんと言うことか立ち退きにあったようです。
それでここ九条陵の空き地に出土遺物(どんなものなんでしょうね)は埋納され、陵墓参考地も外されたようです。

       返事
大雪男さん:4月末現在の私のセ・リーグ順位予想
    阪神➡広島➡ヤクルト➡巨人➡中日➡横浜
    無理がありますかねえ

2021/4/25

さて何をするか?  
 クリックすると元のサイズで表示します
 藤が咲く季節になりましたが、京都も今日から緊急事態宣言下に入ります。
老人ホームの特養入所者と介護職員には1回目ワクチン接種無事終わりました。
養護入所者の人はまだ予定たっていませんが、私は医療従事者として連休前後にはワクチン接種できそうです。
 どこも行けないので、今朝は近くの宝ヶ池散歩して、朝からブログを書いています。
 クリックすると元のサイズで表示します
 写真中央はUFOではなく、懐かしい古いキミマロズームで撮ったので、レンズのシミです。
 明日から3日働くと、私は丸々1週間のゴールデンウイークですが、どこも閉まってそうですし、得意の滋賀県イオンや平和堂にも来るなと言われてるようなので、困ってます。
 クリックすると元のサイズで表示します
 新緑の候、プロ野球TV観戦か競馬勝負かWOWOW鑑賞ぐらいしか思いつきません。
自転車で京都市内の御陵も廻っておかないととか、断捨離で本棚整理出来ればよいのですが・・・。
 先ずは午後からの競馬に勝って、阪神も勝って、楽しくゴールデンウイークを迎えたいものです。

2021/4/23

86-1後堀河天皇  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 承久の乱直後、鎌倉幕府は討幕計画に加わった後鳥羽上皇(1180〜1239)の系統を嫌がって、第80代高倉天皇(1161〜1181)の孫にあたる茂仁親王(ユタヒトシンノウ)(母は藤原基家の娘陳子(チンシ))をなんとか探し出して、わずか10歳でしたが第86代後堀河天皇(ゴホリカワ)(1212〜1234)(在位1221〜1232)として即位させました。
  写真の石碑の立つ泉涌寺横の参道を登って行きます
 クリックすると元のサイズで表示します
 茂仁親王の父守貞親王(モリサダ)(1179〜1223)は、異母兄第81代安徳天皇と共に壇ノ浦まで連れて行かれ、なんとか京に戻った時には、同母弟第82代後鳥羽天皇が皇位に付いていたので、1221年には出家し行助入道親王(ギョウジョニュウドウ)と名乗っていました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 後堀河天皇が誕生したので、皇位に付いていなかった父守貞親王(行助入道親王)は高倉院として院政を敷きましたが、2年で亡くなったので、後堀河天皇の一応院政が始まりました。
  参道途中左の脇道が、後堀河天皇陵の参道になっていました
 クリックすると元のサイズで表示します
 後堀河天皇のもとには、前太政大臣三条公房(キンフサ)の娘や関白近衛家実(イエザネ)の娘が入内しましたが、皇子は産まれず、前摂政九条道家の娘竴子(シュンシ・ヨシコ)(1209〜1233)が入内し、やっと皇子秀仁親王(ミツヒト)(1231〜1242)が産まれました。
  少し石段を上がって曲がると御陵です
 クリックすると元のサイズで表示します
 後堀河天皇の治世中は、もっぱら鎌倉幕府による承久の乱の戦後処理が行われ、道家の外祖父に早くなりたい意向と、病弱なために早く退位したい後堀河天皇の願いが一致して、鎌倉幕府の反対はあったようですが、強引にまだ2歳の秀仁親王に譲位し、四条天皇の下院政を開始しました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 愛する美人妻竴子が三度目のお産で亡くなったこともあってか、譲位後2年にして23歳で後堀河は亡くなり、泉涌寺が見下ろせるこの観音寺陵(カンオンジノミササギ)(東山区今熊野泉山町)に葬られています。

       返事
じょんのびかあさんさん:お久しぶりです
    高校の時は可愛いだけの女の子と思っていましたが、
    小学校で習ったことをまだはっきりと覚えてる才女だったんですね。
    ト音記号の書き方なんか、全く記憶にない私です。
Toitenlabeeさん:ハニホヘトイロハがドレミファソラシドなんですね。
    病院の頃は単におもろいおばはんと思っていましたが、
    なかなか賢いおばはんだったんですね。
    文書プロ級だったですよね。

2021/4/21

ト音記号  
 クリックすると元のサイズで表示します
 新型コロナのことばかりで、憂鬱になってる世の中ですが、老人ホームの入所者にやっとワクチン接種が始まりました。
昨日は50人程に接種、明日は80人ぐらい接種予定になっていて、私も40年ぶりぐらいで筋肉注射をしました(若い時は抗生物質の筋注よくありましたが、今は私にとっては筋注は死語に等しくなっていたのですが)。
まあこんな老いぼれ医者でも出来る処置ですが、まだ残った人にも注射し、3週後には又同じことをしなければいけないと思うと、やや憂鬱です。
 そして私自身の接種日はまだ決まっていないのが、嬉しいような憂鬱なような・・・です。

 話は変わって本題ですが、我が家は建築費を節約するために、写真の如く良く言えば木の家ですが、悪く言えば屋根裏もない、下張りの木板がそのまま見えてる家です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 したがってトイレの側面も、全てこの木です。
もう何回これを見ながら用を足したか分かりませんが、これを見てて急に「ト音記号ってどう書くのかいな?」と思ってしまいました。
音楽や音感は平均以下の私ですが、なんとかト音記号は書けました。
そうすると今さらですが、「何でト音記号と言うの?」と言う疑問に突き当たりました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 今はどんな疑問でもパソコンが解決してくれます。
(ト音)というのは、イタリア語では(ソ)のこと、ト音記号を書く時の最初の円は、五線譜の第2線に書かれ、ここが(ソ)日本語では(ト)ですよ、と言うことを表わしてるだけ。
多分中学の音楽で習ったことだと思いますが、私は初めて分かりました。
中学生でなく、生意気な大人になってしまった私は、それなら大層な形にせずに、第2線に○をつけとけば良かっただけのような気がしますが、もっと深いわけが有るんですかね?

        返事
toitennさん:福井・石川は日帰り圏内ですので、
    連休もそっと行ってみようかな、とも思っています。
大雪男さん:昨日は5-0からちょっとヒヤッとしました。
    もひとつ万全でない巨人を、
    今のうちに少しでも叩いておかないといけないので、
    今日明日あと2勝願ってます。
タグ: 音楽 ト音記号

2021/4/18

紫式部公園  
 クリックすると元のサイズで表示します
 京都も新型コロナ1日感染者が100人になり、大阪・神戸や奈良さえも行きにくくなり、家で自粛が筋なんですが、じっと家に居られない性分なので、福井県の人の少なそうな所へドライブなら良いかと出発しました。
越前大野城を目指しましたが、ゆっくりしすぎて時間が足らなくなりそうなので、武生まででUターンして帰る途中に、誰もいない紫式部公園に行きあたりました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 なんで越前市に紫式部公園と思いましたが、越前国司に赴任した父藤原為時に附いて、紫式部は若き日の1年半を武生で暮らしたそうです。
 十二単衣を着た金色の紫式部が、どこを向いているかと言えば、
 クリックすると元のサイズで表示します
 目の前の寝殿造庭園と、その向こうの日野山の美しい姿を、郷愁の思いでながめてる姿らしく、文化勲章も受賞してる圓鍔勝三(エンツバカツゾウ)さん(全く知りませんでしたが)の作です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 もう少しで満開になりそうな大藤棚もある紫式部公園ですが、少しだけ桜も残っていましたが、金曜日のせいでもあるのか、人は誰もいませんでした。
 クリックすると元のサイズで表示します
 近くでたまたま捜せた蕎麦屋さんで遅めの昼食も、人気もあるせいかお客さんも密にならない程度には多く、座敷も立派です。
名物おろしそば(700円)、辛いですがダシの味もよく、たいへん美味しく当たりでした。
 土日は雨、阪神は調子良いですが、皐月賞はダメで、私は又下り坂です。

      返事
大雪男さん:10ゲーム以上離しても負けた年が有るので、
    まだまだですが、近本が今日は4安打でした。

2021/4/16

85-1仲恭天皇  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 祖父の後鳥羽上皇が誕生を待ち望んでいたという懐成親王(カネナリシンノウ)は、第84代順徳天皇の第1皇子として産まれ、母は摂政九条良経(ヨシツネ)の娘の中宮立子(リッシ)(1218〜1234)です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 誕生早々に立太子し、1221年4月には、祖父後鳥羽上皇の討幕計画に加担するために退位した父順徳天皇の後を受け践祚(センソ)(天子の位を受け継ぐこと)、第85代仲恭天皇(チュウキョウ)(1218〜1234)(在位1221.4.20〜7.9)となりました。
  名もなき天皇ですが、参道はきれいに整備され、まずまずの大きさもある陵です
 クリックすると元のサイズで表示します
 でも、位についたことを内外に示す即位は行われない間に、5月には承久の乱が起こり、瞬く間に敗北に終わったので、乱後の7月には鎌倉幕府に依って、仲恭天皇は廃されてしまいました。
  参道奥の制札の立つところから、直角に曲がると拝所に出ます
 クリックすると元のサイズで表示します
 わずか4歳の天皇で、在位期間も歴代天皇最短の70日、即位の式も行われてない「半帝」「九条廃帝」と呼ばれていましたし、歴代天皇として第85代仲恭天皇の諡号(シゴウ)が贈られたのは、明治3年(1870)のことです。
  拝所から参道を振り返った写真です
 クリックすると元のサイズで表示します
 明治維新直後で、長州藩士がいばりくさっていた頃に陵が出来たのか、拝所正面下に写真のように、維新戦役防長藩士之墓が並んでいるのが、ちょっと気に入りませんね。
 又参道途中には、崇徳天皇皇后聖子の陵も有るので、歴代天皇と認められてから作られた陵のようと思います。
 クリックすると元のサイズで表示します
 廃帝後は、母の実家九条の家に引き取られ、皇女も一人もうけていますが、17歳で没しこの九条陵(クジョウノモササギ)(伏見区深草本寺山町)が治定されています。
 クリックすると元のサイズで表示します
 陵から少し下って師団街道沿いの道端に、写真のようにある東山本町陵墓参考地が、元々の仲恭天皇陵だと言われています。
廃帝にしては、母の実家の力か、結構な陵に丁寧に葬られたようですね。

        返事
大雪男さん:阪神上手く行きすぎで心配、
    と言うか、セリーグの他チームが悪すぎですね。
    (巨人がその中で勝ってるのが嫌ですが)
     最近のラグビーはノックオンしませんね。
    近くからあんなに速いパスをほられたら、
    私は全て落としてましたね!
    最近はボールも良くなったのですかね。

2021/4/14

84-2順徳天皇皇曾孫志玄王  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 第84代順徳天皇の第6皇子善統親王(ヨシムネ)は1233年生まれですので、父順徳が佐渡島へ配流された後につくった皇子のようです。
祖母の修明門院の下で育ち、親王宣下を受け、七条院領を相続し、四辻宮とも呼ばれていますので、島流しの父を持ったにしては、まあまあの生活をして85歳まで行きました。
  少しかすれ始めてる制札でした
 クリックすると元のサイズで表示します
 善統親王の息子で、四辻宮の2代目が尊雅王(タカマサオウ)です。
  嵐山(天龍寺)から近い慈済院の一般墓地の真ん中に、宮内庁治定の墓があるので、裏側からも見通せました
 クリックすると元のサイズで表示します
 そして尊雅王の息子が、今回の志玄王(シゲンオウ)(1282〜1359)ですので、順徳天皇のひ孫にあたります。
 13歳で出家し、庭園設計でも有名な夢窓疎石(ムソウソセキ)(1275〜1351)に師事し、京都天龍寺の第2世になったそうです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 天龍寺塔頭の慈済院を創建したので、この慈済院墓地内にお墓があるのは分かりますが、こんな人の墓を、宮内庁がわざわざ治定陵墓に加えて守ってる意味がもひとつ分かりませんし、こんな墓までわざわざ巡ってる私の意図も判然としませんね。
もやもやしながら墓を巡って、三条通りに出たら、そこは若い時に当直にも行ってた先輩外科先生の病院でした。

       返事
和さん:今年の京都の桜は早かったので、
    絶好の時期でしたね。
    半木の道の枝垂れも早かったようですね。
花水木さん:孫に会えたの1年半ぶりとは、
    島にいた頃の私より間隔開いていて、気の毒ですね。
     朝橘さんの実演を観れない今、せめてNOTEの献金と思ってますので、
    もっと頻回に書くよう(文章上手です)、親の方から命令しておいてください。
toitennさん:フィッシャーマンズワークより、
    海岸線沿いの店を、私は主に回っています。

2021/4/12

桜花賞  趣味

クリックすると元のサイズで表示します 
 新型コロナ、関西もあっという間に感染者が増えて、私の予想よりは一ヵ月早く第4波も来てしまいました。
京都も今日からマンボウですが、こんなことを言ってはいけないのですが、緊迫感はなくなっています。
携帯電話がまだ無かった頃に働いていたので、臨時手術などに捕まらないよう、休みになると電話のない外に出る癖が まだ取れませんので、このご時世でも休日はついつい外に出てしまいます。
 金曜日は、安くて美味しいランチを食べるために滋賀県に行きました。
店は席を少なくしていましたが、デザートはこの値段にしては豪華です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 私も医療従事者の端くれで、働いている病院でも施設でもクラスターが発生し、それなりに苦労はしましたが、ワクチン接種の順番はまだ廻ってきません。
明日からは勤務してる老人ホーム入所者のワクチン接種が始まるので、打たれるのではなく打つ仕事が始まりそうです。
 土曜日は、少し肌寒かったですが、なるべく人の少なそうな日本海方面小浜へ、魚を食べにドライブです。
道々の山の桜ももうほとんど終わってましたが、春の山はほんわか色で、春ですね。
 満腹以上になったので、帰りのケーキ屋さんでは、地味にプリンだけにしておきました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 日曜日は、遊びに来てくれた孫たちと、近所の京都府立植物園に散歩です。
あっという間に、もう新緑ですね。
植物園、若者から年寄りまで、そこそこの人は出てましたが、混雑まではしてません。
 クリックすると元のサイズで表示します
 植物園の桜も、山桜が少し残ってるぐらいで、今年の桜はこれで見納めです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 4月始めですが、チューリップは満開以上でした。
 クリックすると元のサイズで表示します
 松山英樹がマスターズで優勝してしまいましたね!
今のパワーゴルフでも日本人が優勝できるのは、すごいの一言ですね!
次は100mですね。
 桜花賞は、あまり期待してなかったので、少ししか買わなかったソダシが来ましたね!
誰が観てもソダシと一目瞭然なので、見やすかったですよ!
 大外枠のサトノレイナスは切った(その割には外枠の池添を中心に買ってるのですが)のに、すごい脚でせまってきましたね!
これで内枠ばかり買った三連複2・4・5は、紙切れになってしまい、もちろん池添はこずに、2週続けての夢は当たり前のように、桜と共に散りました。

       返事
花水木さん:自分は下品な下ネタ好きな人間ですが、
    私の周りの大人は、静岡県人よりは上品でしたので、
    こうなってるとは知りませんでした。
toitennさん:私がマンガトリオの漫才に衝撃を受けた頃に、
    toitennさんは産まれたぐらいですかね。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ