奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2021/6/30

吉野へ1.観心寺  
 クリックすると元のサイズで表示します
 東京は第5波?が、京都もまだ蔓延防止下の世の中ですが、天皇陵巡りの在庫も尽きかけなので、久しぶりの吉野への1泊旅行です。
 第2京阪・近畿道と大阪の高速道路を久しぶりに走りましたが、都会の道路はトラックも多く何車線も有るので、緊張しました。
着いたのが、大阪府河内長野市の観心寺(カンシンジ)です。
  クリックすると元のサイズで表示します
 高野山真言宗観心寺(300円)のこの金堂は、前に石柵囲いの弘法大師礼拝石がありますが、一見そうは見えない国宝です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 子や孫など増えれば、また悩みも増えるので、最近神社仏閣で祈るのは家内安全ばかりで、賭け事の勝運祈願まで手が回らなくなっています。(宝塚記念も獲れてません)
ここでも、家内安全のお線香を選んで、立てるのではなく横にして置いておくそうです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 観心寺に行った目的は、境内に後村上天皇陵があるためで、南朝ゆかりの寺で千早城も近く、楠木正成公御首塚もありました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 山門前には楠木正成銅像(大楠公)もあります。
15歳以上年長の皇国史観で育った従兄弟の残した本を、田舎に行ったら必ず読んでいた私は、小学生から中学ぐらいまでは、私の一番の英雄の一人は楠木正成でした。
この銅像と同じような皇居前にある楠木正成銅像を、中学の修学旅行のお土産に買って帰ったことを思い出しました。
「かあさん!僕のあの銅像どうしたでしょうね、夏・・・・」
 クリックすると元のサイズで表示します
 観心寺でも、手水鉢に花が浮かんでいました。
今はやりですが、紫の紫陽花はなかなか良いですね。
 ここから吉野までは、五条を抜けて意外と近かったです。

        返事
Toitenlabeeさん:伏見にも「ふたば」あるそうですよ。
     この前TVで、城陽の懐かしい「シェル」横にある、
    フルーツサンドの店を紹介してましたが、美味しいのですか?
1

2021/6/27

40.名代豆餅  菓子たくさん
 クリックすると元のサイズで表示します
 賀茂川と高野川が合流して鴨川になる出町、ここは私の母校にも近く、今は出町診療所で毎週1回だけですが働いてもいるので、馴染みの場所です。
 色々と工夫した企画で頑張ってる出町枡形商店街もありますが、その商店街の一角の行列のできる店が「出町ふたば」、創業明治32年の小さな饅頭屋さん(お餅やさん)です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 なんといってもこの店の一番の名物は「名代豆餅」、行列しないと買えないそうですが、デパートの地下で買える時も有ります。
 今は1個200円、昔はもう少し大きかったような気がしますが、柔らかい柔らかい食感がたまらないですね。

 今週は1泊小旅行してみましたが、帰ってみると阪神は尻に火が付きだしていますね。

       返事
和さん:知ってる人にぜひ教えてもらいたい、
    疑問ですね。
Toitenlabeeさん:大黒さんと恵比寿さん、
    小さすぎて孫が来た時心配なので、
    ほかしてしまいました。
1

2021/6/23

39.からからせんべい  菓子たくさん
 クリックすると元のサイズで表示します
 山形県鶴岡市の宇佐美煎餅店は創業昭和24年ですから、私の方が1才年上です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 江戸時代は「運徳煎餅」と呼ばれ、丸い煎餅を三方から折り曲げて、中に縁起物を入れて、正月に売られていたのが始まりとされていますが、振るとカラカラ音がするので、現在では「からからせんべい」と呼ばれています。
 クリックすると元のサイズで表示します
 袋から出すと、三角形の茶色の綺麗な「まるやまからからせんべい」、1個184円です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 せんべいを割ると、和紙に包まれた小さなおもちゃが出てきますが、この店のからからせんべいのおもちゃは、150種類以上あるそうです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 割って中のおもちゃを取り出すと、残りの煎餅はすぐに食べてしまえるぐらいの量で、やや物足りないですが、いっぺんに2個割ってしまうのは私にはもったいなくてできません、普通の煎餅と違って1日1個ですね。
 1個目は、小さな金の大黒さんと恵比寿さんでした。
 クリックすると元のサイズで表示します
 小さなおもちゃを中にいれてから焼くのだと思いますが、和紙に焦げ目はついていず、内部との間にも隙間があるので、なんで焦げずに焼きあがれるのか?疑問は残ります、
 2日目・3日目・4日目と1日1個を守って食べたら、おもちゃも3個増えました。
それほど嬉しいおもちゃでもなかったですが。

        返事
Toitenlabeeさん:私は一泊旅行に行く予定をたてました。
2

2021/6/20

91-2後宇多天皇皇后姈子内親王  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 第89代後深草天皇(1243〜1304)(在位1246〜1260)と中宮西園寺公子(サイオンジキミコ)(1232〜1304)との間に産まれたのが、第3皇女姈子内親王(レイシナイシンノウ)(1270〜1307)です。
  嵯峨清凉寺から大覚寺へ向かう住宅街の中に、1928年皇陵巡拝会が建てた今林陵参拝道の道標を見つけました
 クリックすると元のサイズで表示します
 父後深草上皇秘蔵の愛娘であった姈子内親王ですが、あろうことか大覚寺統・持明院統と争っていた相手方大覚寺統の後宇多上皇(1267〜1324)(在位1274〜1287)によって、姈子内親王は盗み出されてしまったそうで、まあ争いには成らなかったので相思相愛の駆け落ちに近かったようです(皇室版ロミオとジュリエット)。
  住宅街の中に、豪邸程度の敷地面積を持つ陵がありました
 クリックすると元のサイズで表示します
 後宇多と姈子は相思相愛だったですが、子には恵まれていません。
しかし後宇多は姈子以外にもたくさんの妃にたくさんの皇子女をもうけています。
それでも一応、姈子を一番大切にしたようで、姈子内親王が死んだ葬送の日に出家したそうです。
  今林陵から写真の夫後宇多の蓮華峯寺陵まで、歩いて20分ぐらいですが、ここは姈子内親王の分骨所でもあります
 クリックすると元のサイズで表示します
 子は産んでませんが、義理の息子第94代後二条天皇の准母として、姈子内親王はこのちゃんとした今林陵(イマバヤシノミササギ)(右京区嵯峨大覚寺門前六道町)に祀られています。

 今週は3月に買った新車のリコールに行ったぐらいで、何もせずに暮らしましたが、競馬は何も入らず、阪神は巨人に負け越し、梅雨の気分です。
 人流・人流の抑制と言いながら、オリンピックは無理矢理でもやるようなので、こちらも自粛は止めて、祇園祭も山鉾建てだけでなく巡行やっても、誰も文句は言わないと思いますが。
2

2021/6/18

91-1後宇多天皇  天皇陵巡り
  クリックすると元のサイズで表示します
 第90代亀山天皇(1249〜1305)(在位1260〜1274)の第2皇子で、母は洞院佶子(キツシ)(1245〜1272)の世仁親王(ヨヒトシンノウ)は、1274年(イニナヨ蒙古)に8歳で即位しました。
(亀山の第1皇子同母兄の知仁親王(トモヒト)(1265〜1267)は2歳で夭折してます)
 クリックすると元のサイズで表示します
 第91代後宇多天皇(ゴウダ)(1267〜1324)(在位1274〜1287)になった世仁親王ですが、父亀山上皇の院政に対しては、亀山の同母兄第89代後深草天皇(1243〜1304)(在位1246〜1260)は不満であり、持明院統の後深草に同情した鎌倉幕府は、後深草の皇子煕仁親王(ヒロヒト)(後の第92代伏見天皇(1265〜1317)(在位1287〜1298)を皇太子にたてました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 後宇多天皇皇后には、伯父後深草上皇皇女姈子内親王(レイシ)(1270〜1307)がたちましたが、これはロミオとジュリエットの皇室版の様な話なのですが、子供には恵まれていません。
  後宇多は母佶子と共にここに眠ってますが、父亀山・息子後二条・皇后姈子の分骨も一緒に眠ってますので、中でもめていなければ良いのですが
 クリックすると元のサイズで表示します
 宮人源基子(モトコ・キシ)(1269〜1355)との間には後の第94代後二条天皇(1285〜1308)(在位1301〜1308)が、典侍藤原忠子(チュウシ)(1268〜1319)には後の第96代後醍醐天皇(1288〜1339)(在位1318〜1339)が出来ています。
  陵は方形堂で内部に五輪塔があるそうです
 クリックすると元のサイズで表示します
 1274・1281年の2度の蒙古来襲来を乗り切って、後宇多天皇は1287年には譲位し、従兄弟の煕仁親王が第92代伏見天皇として即位したので、伯父にあたる後深草上皇が院政を敷くようになりました。
 こうして後宇多(大覚寺統)・伏見・後伏見(持明院統)・後二条(大覚寺統)・花園(持明院統)・後醍醐(大覚寺統)と、激しい両統迭立の時代が続きました。
  隙間から内部が見えるような見えないような、木と扉には菊の紋がちゃんとついています
 クリックすると元のサイズで表示します
 後宇多は後二条・後醍醐の両朝にわたり、11年ぐらい院政を敷いた後に、1321年に幕府の了解を得て白河上皇以来200年以上続いた院政を停止し、後醍醐天皇の親政が始まりました。
  参道両脇には小さな池がありました
 クリックすると元のサイズで表示します
 クリックすると元のサイズで表示します
 後宇多の院政は、その前半は善政を行い未代の英主と褒められてもいますが、実家同士の争いを越えて結婚した寵妃姈子内親王が亡くなった後は、出家し仏教にのめり込み賄賂政治にまで落ちてしまったとの評価だそうです。
 出家後は大覚寺を住まいにし、近くの山すそにある蓮華峯寺陵(レンゲブジノミササギ)(右京区北嵯峨朝原山町)に葬られました。
  池には亀も鷺も遊んでいました
 クリックすると元のサイズで表示します
 畑がどんどん住宅地になっていく右京区太秦安井池田町の、大きな駐車場ぐらいの敷地の立派な土塀に囲まれたお堂が後宇多天皇髪塔です。

      返事
Toitenlabeeさん:メダカは餌やるだけで、
    そのほかの手間はかかりませんよ。
1

2021/6/16

メダカ  
 クリックすると元のサイズで表示します
 先週末は、医局大先輩のお見舞いに福知山までドライブ。
今春に桜に囲まれていた福知山城は、緑に囲まれていましたが、同じ城前の駐車場に車を停めてお見舞いに。
 クリックすると元のサイズで表示します
 行って帰っただけのドライブでしたが、道の駅に寄った時に、急にメダカを買うことを思いつきました。
道の駅にもニトリにもなかったのに、コメリには1匹48円で売られていました。
数万円するメダカもいるそうですので、48円は安いのか、その辺で獲れた(私はメダカ取りをしたことありませんが)メダカに金を払うご時世を憂うのか判りませんが、10匹買ってしまい480円、水槽や水草や下に敷くメダカ用の石や餌も買って全部で2000円ちょいでした。
 クリックすると元のサイズで表示します
 家に着いた時には、ドライブに耐え切れず1匹はもう死亡してました。
石を洗い水を入れて、メダカを入れて、フークが島で死んでから丸6年、老夫婦以外の生物の居る家に戻りました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 メダカを買ったのは、孫が来た時喜ぶかなと思ったからですが、メダカよりドクターイエローの方が好きみたいです。

        返事
和さん:家内は京都市のライン申し込みで、
    私の指導で予約でき、意外と早く接種順番も廻ってきました。
     スイーツ食べ歩き夫婦旅は、ちょっと辛い企画ですね。
2

2021/6/13

西陣織会館周辺  京都
クリックすると元のサイズで表示します
 私は一応医療従事者の端くれで65歳以上!でもあるので、新型コロナワクチン接種はもう2回目接種終わってますし、200回以上の接種もしています。
 家内は完全に65歳以上の高齢者!ですし接種券も送ってきたので、京都市の接種申し込みにラインで申し込んだところ、意外と早く簡単に1回目の接種が当たり?ました。
若い時に9年間程勤務していた病院のすぐ近くの西陣織会館が接種場所で、木曜日夕方4時半からだったので、年とってから愛妻家!になった私は、付き添いとして参加。
もちろん接種会場には入れないので、懐かしい西陣織会館周辺を1時間ちょっと散策。
 西陣織会館のすぐ南には、写真の清明神社があります。
 クリックすると元のサイズで表示します
 クリックすると元のサイズで表示します
 最近は人気スポットになって、神社自体も綺麗になって、若い人が溢れてる清明神社ですが、夕方でもあるし新型コロナの非常事態宣言下でもあるのか、人っ子一人いませんでした。
 厄除けの桃を撫ぜると、気持ち良かった!ので、避ける役を言うことを忘れてしまいました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 行きにちょっと寄った水火天満宮(スイカテンマングウ)、日本最初の天満宮らしいですが、初めて参拝したと思います。
 クリックすると元のサイズで表示します
 少し北の表千家の不審庵(フシンアン)と裏千家の今日庵(コンニチアン)は、自転車でよく前を通ってましたが、ワクチン打ち終わった家内を支えながら?の帰り道で、三千家の武者小路千家の官休庵(カンキュウアン)もこの辺りであることを知りました。
 なんとか地下鉄駅まで家内を連れて?歩けたので、五島列島以来久しぶりにモスバーガーに入り(五島列島福江島にはマクドナルドは有りませんが、モスバーガーは有るので、時々利用していました)、休憩してから家路についた愛妻家!の私です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 もちろん愛妻家の振りをしながら、ワクチン接種を待つ間の一番の目的は、近くの般舟院陵巡りです。
 今の私の人生の一番の目標?は、天皇陵巡りを終えることなのですが、それを終えた次に何をするかが決まってないのも悩みです!!。
1

2021/6/11

90-4亀山天皇皇子寛尊親王  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 第90代亀山天皇には20人以上の皇子がいましたが、第2皇子世仁親王(ヨヒト)は後の第91代後宇多天皇(1267〜1324)ですのでもちろん宮内庁治定陵がありますし、前回の第4皇子良助親王(リョウジョ)(1268〜1318)の写真の冬野墓は、それなりに行った甲斐が有りました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 宮内庁治定墓としては、第11?皇子慈道親王(ジドウ)(1282〜1341)は善峯寺の青蓮院宮墓地に有りました(写真)。
亀山天皇皇孫で父は第7皇子恒明親王(ツネアキ)(1303〜1351)の尊観法親王の墓は、孫でもあり亡くなった下関市にあるそうなので、治定墓ですがパスしました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 今回の亀山天皇皇子寛尊親王墓(カンソンシンノウ)(?〜1382)は、9人の大覚寺門跡を務めた親王墓が並んでる大覚寺宮墓地(右京区北嵯峨名古曽町)の中に有ります。
 クリックすると元のサイズで表示します
 大覚寺宮墓地は大覚寺裏の住宅地に、住所からわかるように大沢池の名古曽の滝跡の近くですし、ちょっと苦労して登った嵯峨天皇陵の直下でもあります。
 ここは寛尊親王以下9人とも知らない名の親王ばかりなので、治定陵ですがこの1回だけで以後の親王はパス予定です。

        返事
Toitenlabeeさん:宮内庁にどれくらいの税金が投入されてるのですかね。
    まあ緑が守られるので、
    整備は続けても良いように思います。
    山奥の治定陵墓は、
    こんな世でも地元の有志が掃除してくれてると思いますが。
1

2021/6/9

90-3亀山天皇皇子良助親王  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 3年前の秋に訪問しブログでも紹介した、紅葉で有名で藤原鎌足が祭神の奈良談山神社。
 ここから山道を歩いて行く方法もあるようですが、私は飛鳥石舞台から奥へ続く道を少し走って、すぐ右に見えた明日香村クリーンセンター冬野方面の看板を右折し、所々狭い山道を対向車が来ないことを祈りながら走りました。
(往路で何故かミニパトカーと、復路で牧場に行く大型トラックとすれ違っただけです)
 心配する家内の声が限界になった所で、道が少し広くなって突き当り、到着です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 第90代亀山天皇第4(8)皇子で、母は典侍(ナイシノスケ・テンジ)三条局の、良助親王(リョウジョシンノウ)(1268〜1318)冬野墓(奈良県高市郡明日香村冬野)です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 なんでこんな山奥にこんな立派な墓があるのかと思うような、綺麗で整備もされてる墓でした。
 左の「良助親王冬野墓」の石柱の字体、書道家榊獏山(サカキバクザン)さんは「透明な楷書」と褒めてるそうです。
獏山さん好きですが、私には透明なの意味は判りませんでした。
 クリックすると元のサイズで表示します
 良助(法)親王は延暦寺天台座主(ザス)を務めていたことがあったぐらいで、特にどうと言うこともない親王のようですが、近くの談山神社に住んでいたこともあって、こんな山奥に葬ってくれと言ってたそうです。
 私の天皇陵巡りも、あまり知らない皇子女や僧籍に入って寺境内の宮墓地に葬られてる人々は、いくら宮内庁治定でももう行かないでおこうと思っています。
 でも、この誰も人がいない静かな山奥に、こんなきれいな独立した墓があったので、まあここは来た甲斐が有りました。
2
タグ: 天皇陵 冬野 明日香

2021/6/6

90-2亀山天皇皇后佶子  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 洞院(藤原)佶子(トウインキツシ)(1245〜1272)は亀山天皇(1249〜1305)(在位1259〜1274)の皇后で、異母妹に後深草皇妃洞院愔子(インシ)(1246〜1329)(伏見天皇母)や伏見天皇妃の洞院季子(スエコ・キシ)(1265〜1336)(花園天皇母)がいます。
  大沢池と広沢池の間の山すその陵を目指して大覚寺から歩きます
 クリックすると元のサイズで表示します
 容姿端麗な佶子は15歳で4歳年下の亀山天皇に入内、女御となりました。
2男1女をもうけ、その第2皇子が後に第91代後宇多天皇(1267〜1324)となりましたが、第1皇子・第1皇女は夭折しており、自身も28歳で亡くなっています。
 クリックすると元のサイズで表示します
 参道両脇に小さな池の有る蓮華峰寺陵(レンゲブジノミササギ)(右京区北嵯峨朝原山町)、ここは息子後宇多天皇の陵でもありますし、夫の亀山や息子の嫁後宇多天皇皇后姈子内親王や孫の後二条天皇の分骨所でもあります。

       返事
Toitenlabeeさん:Toiさんは日本語教師ですやん、
    私はゴロ合わせの年号しか覚えていませんよ。
2


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ