奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2021/6/16

メダカ  
 クリックすると元のサイズで表示します
 先週末は、医局大先輩のお見舞いに福知山までドライブ。
今春に桜に囲まれていた福知山城は、緑に囲まれていましたが、同じ城前の駐車場に車を停めてお見舞いに。
 クリックすると元のサイズで表示します
 行って帰っただけのドライブでしたが、道の駅に寄った時に、急にメダカを買うことを思いつきました。
道の駅にもニトリにもなかったのに、コメリには1匹48円で売られていました。
数万円するメダカもいるそうですので、48円は安いのか、その辺で獲れた(私はメダカ取りをしたことありませんが)メダカに金を払うご時世を憂うのか判りませんが、10匹買ってしまい480円、水槽や水草や下に敷くメダカ用の石や餌も買って全部で2000円ちょいでした。
 クリックすると元のサイズで表示します
 家に着いた時には、ドライブに耐え切れず1匹はもう死亡してました。
石を洗い水を入れて、メダカを入れて、フークが島で死んでから丸6年、老夫婦以外の生物の居る家に戻りました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 メダカを買ったのは、孫が来た時喜ぶかなと思ったからですが、メダカよりドクターイエローの方が好きみたいです。

        返事
和さん:家内は京都市のライン申し込みで、
    私の指導で予約でき、意外と早く接種順番も廻ってきました。
     スイーツ食べ歩き夫婦旅は、ちょっと辛い企画ですね。
2

2021/6/13

西陣織会館周辺  京都
クリックすると元のサイズで表示します
 私は一応医療従事者の端くれで65歳以上!でもあるので、新型コロナワクチン接種はもう2回目接種終わってますし、200回以上の接種もしています。
 家内は完全に65歳以上の高齢者!ですし接種券も送ってきたので、京都市の接種申し込みにラインで申し込んだところ、意外と早く簡単に1回目の接種が当たり?ました。
若い時に9年間程勤務していた病院のすぐ近くの西陣織会館が接種場所で、木曜日夕方4時半からだったので、年とってから愛妻家!になった私は、付き添いとして参加。
もちろん接種会場には入れないので、懐かしい西陣織会館周辺を1時間ちょっと散策。
 西陣織会館のすぐ南には、写真の清明神社があります。
 クリックすると元のサイズで表示します
 クリックすると元のサイズで表示します
 最近は人気スポットになって、神社自体も綺麗になって、若い人が溢れてる清明神社ですが、夕方でもあるし新型コロナの非常事態宣言下でもあるのか、人っ子一人いませんでした。
 厄除けの桃を撫ぜると、気持ち良かった!ので、避ける役を言うことを忘れてしまいました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 行きにちょっと寄った水火天満宮(スイカテンマングウ)、日本最初の天満宮らしいですが、初めて参拝したと思います。
 クリックすると元のサイズで表示します
 少し北の表千家の不審庵(フシンアン)と裏千家の今日庵(コンニチアン)は、自転車でよく前を通ってましたが、ワクチン打ち終わった家内を支えながら?の帰り道で、三千家の武者小路千家の官休庵(カンキュウアン)もこの辺りであることを知りました。
 なんとか地下鉄駅まで家内を連れて?歩けたので、五島列島以来久しぶりにモスバーガーに入り(五島列島福江島にはマクドナルドは有りませんが、モスバーガーは有るので、時々利用していました)、休憩してから家路についた愛妻家!の私です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 もちろん愛妻家の振りをしながら、ワクチン接種を待つ間の一番の目的は、近くの般舟院陵巡りです。
 今の私の人生の一番の目標?は、天皇陵巡りを終えることなのですが、それを終えた次に何をするかが決まってないのも悩みです!!。
1

2021/6/11

90-4亀山天皇皇子寛尊親王  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 第90代亀山天皇には20人以上の皇子がいましたが、第2皇子世仁親王(ヨヒト)は後の第91代後宇多天皇(1267〜1324)ですのでもちろん宮内庁治定陵がありますし、前回の第4皇子良助親王(リョウジョ)(1268〜1318)の写真の冬野墓は、それなりに行った甲斐が有りました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 宮内庁治定墓としては、第11?皇子慈道親王(ジドウ)(1282〜1341)は善峯寺の青蓮院宮墓地に有りました(写真)。
亀山天皇皇孫で父は第7皇子恒明親王(ツネアキ)(1303〜1351)の尊観法親王の墓は、孫でもあり亡くなった下関市にあるそうなので、治定墓ですがパスしました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 今回の亀山天皇皇子寛尊親王墓(カンソンシンノウ)(?〜1382)は、9人の大覚寺門跡を務めた親王墓が並んでる大覚寺宮墓地(右京区北嵯峨名古曽町)の中に有ります。
 クリックすると元のサイズで表示します
 大覚寺宮墓地は大覚寺裏の住宅地に、住所からわかるように大沢池の名古曽の滝跡の近くですし、ちょっと苦労して登った嵯峨天皇陵の直下でもあります。
 ここは寛尊親王以下9人とも知らない名の親王ばかりなので、治定陵ですがこの1回だけで以後の親王はパス予定です。

        返事
Toitenlabeeさん:宮内庁にどれくらいの税金が投入されてるのですかね。
    まあ緑が守られるので、
    整備は続けても良いように思います。
    山奥の治定陵墓は、
    こんな世でも地元の有志が掃除してくれてると思いますが。
1

2021/6/9

90-3亀山天皇皇子良助親王  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 3年前の秋に訪問しブログでも紹介した、紅葉で有名で藤原鎌足が祭神の奈良談山神社。
 ここから山道を歩いて行く方法もあるようですが、私は飛鳥石舞台から奥へ続く道を少し走って、すぐ右に見えた明日香村クリーンセンター冬野方面の看板を右折し、所々狭い山道を対向車が来ないことを祈りながら走りました。
(往路で何故かミニパトカーと、復路で牧場に行く大型トラックとすれ違っただけです)
 心配する家内の声が限界になった所で、道が少し広くなって突き当り、到着です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 第90代亀山天皇第4(8)皇子で、母は典侍(ナイシノスケ・テンジ)三条局の、良助親王(リョウジョシンノウ)(1268〜1318)冬野墓(奈良県高市郡明日香村冬野)です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 なんでこんな山奥にこんな立派な墓があるのかと思うような、綺麗で整備もされてる墓でした。
 左の「良助親王冬野墓」の石柱の字体、書道家榊獏山(サカキバクザン)さんは「透明な楷書」と褒めてるそうです。
獏山さん好きですが、私には透明なの意味は判りませんでした。
 クリックすると元のサイズで表示します
 良助(法)親王は延暦寺天台座主(ザス)を務めていたことがあったぐらいで、特にどうと言うこともない親王のようですが、近くの談山神社に住んでいたこともあって、こんな山奥に葬ってくれと言ってたそうです。
 私の天皇陵巡りも、あまり知らない皇子女や僧籍に入って寺境内の宮墓地に葬られてる人々は、いくら宮内庁治定でももう行かないでおこうと思っています。
 でも、この誰も人がいない静かな山奥に、こんなきれいな独立した墓があったので、まあここは来た甲斐が有りました。
2
タグ: 天皇陵 冬野 明日香

2021/6/6

90-2亀山天皇皇后佶子  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 洞院(藤原)佶子(トウインキツシ)(1245〜1272)は亀山天皇(1249〜1305)(在位1259〜1274)の皇后で、異母妹に後深草皇妃洞院愔子(インシ)(1246〜1329)(伏見天皇母)や伏見天皇妃の洞院季子(スエコ・キシ)(1265〜1336)(花園天皇母)がいます。
  大沢池と広沢池の間の山すその陵を目指して大覚寺から歩きます
 クリックすると元のサイズで表示します
 容姿端麗な佶子は15歳で4歳年下の亀山天皇に入内、女御となりました。
2男1女をもうけ、その第2皇子が後に第91代後宇多天皇(1267〜1324)となりましたが、第1皇子・第1皇女は夭折しており、自身も28歳で亡くなっています。
 クリックすると元のサイズで表示します
 参道両脇に小さな池の有る蓮華峰寺陵(レンゲブジノミササギ)(右京区北嵯峨朝原山町)、ここは息子後宇多天皇の陵でもありますし、夫の亀山や息子の嫁後宇多天皇皇后姈子内親王や孫の後二条天皇の分骨所でもあります。

       返事
Toitenlabeeさん:Toiさんは日本語教師ですやん、
    私はゴロ合わせの年号しか覚えていませんよ。
2

2021/6/4

90-1亀山天皇  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 第88代後嵯峨天皇(1220〜1272)(在位1242〜1246)の第4皇子で、母は兄第89代後深草天皇と同じく大宮院姞子(キツシ)(1225〜1292)の恒仁親王(ツネヒトシンノウ)は、10歳にして後深草天皇の皇太子になりました。
  2020年秋、新型コロナの第2波と第3波の間で外国人観光客はいませんが、嵐山天龍寺はそれなりに観光客でにぎわっていました
 クリックすると元のサイズで表示します
 そしてそのまま恒仁親王は、父後嵯峨の意向で譲位させられた兄後深草に替わって、第90代亀山天皇(カメヤマ)(1249〜1305)(在位1259〜1274)として即位し、1268年にはまたまた父後嵯峨の命により、亀山天皇の皇子世仁親王(ヨヒト)が皇太子に付きました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 皇后には後深草天皇妃洞院愔子(インシ)の異母姉洞院佶子(トウインキツシ)(1245〜1272)を迎え、その間には後の第91代後宇多天皇になる世仁親王が産まれています。
他には中宮に西園寺嬉子(キシ)、女御に近衛位子(イシ)など、15人以上の妃に皇子だけでも20人以上もうけています。
 この時代の流れか、この頃の平安宮の内部もかなり乱れていたようです。
  父後嵯峨天皇の嵯峨南陵と亀山天皇の亀山陵(カメヤマノミササギ)(右京区嵯峨天竜寺芒ノ馬場町)は隣り合わせです
 クリックすると元のサイズで表示します
 1272年に治天の君だった後嵯峨が後継者を決めずに亡くなったので、委ねられた鎌倉幕府も困って母大宮院姞子に相談したところ、兄後深草より父母に愛されていた弟亀山天皇を次の治天の君にと指名しましたので、亀山天皇は息子世仁親王を第91代後宇多天皇にして譲位しました。
  天龍寺内でもあり、亀山陵は寺院形式で方形堂です
 クリックすると元のサイズで表示します
 院政を開始した亀山上皇は、イニナヨ蒙古・イニヤイ蒙古と憶えた1274年(文永の役)・1281年(弘安の役)の二度の蒙古襲来時には、率先して伊勢神宮への祈願を務めました。
  墓参以外立ち入り禁止の札がかかっていたので、ビクビクしながら参拝してる最中に沢山の宮内庁職員が入ってきたので、怒られるかとも思いましたが、私が「隣の墓は何ですか?」と尋ねると、笑顔で「ミンボです」と答えてくれました。
  ミンボ?は民墓で皇族ではなく我々一般人の墓のことだそうです
 クリックすると元のサイズで表示します
 1287年息子後宇多天皇の退位の時には、鎌倉幕府は亀山上皇が異心を抱いてると言うことから、皇位を再び持明院統の第92代伏見天皇に移しました。
これに依って、亀山上皇は失意のうちに出家し、離宮を禅寺として南禅寺を創建しています。
  亀山天皇分骨所は、皇后佶子と息子後宇多の蓮華峰寺陵にもありました
 クリックすると元のサイズで表示します
 また亀山の火葬塚は、亀山陵のある天竜寺の裏山の父後嵯峨天皇火葬塚と同じところでした。

         返事
花水木さん:私が見たら私だと判る写真です。
     入ってみたら、女の人が経営してるだろうなあと判る、
    有機栽培野菜がメインの店の野菜ピザでした。
Toitenlabeeさん:歌って踊れる外科医も、
    今やはっきり写ってない方が素敵な老人になり下がりました。
2

2021/6/2

岡寺  
 クリックすると元のサイズで表示します
 奈良県桜井の山奥に有る宮内庁治定陵墓を訪ねるために、緊急事態宣言下でありましたが、先週土曜日は他府県までドライブ。
二つのうち一つは、どこだかわからずにたどり着けませんでした。
 疲れはてて傷心のまま寄った店で、野菜のピザを食べて、ちょっと力を貰いました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 元気になって、飛鳥の地にある岡寺に初めて行きました。
てっきり聖徳太子ゆかりの寺と思ってましたが、西国三十三カ所第七番札所でした。
拝観料400円。
 クリックすると元のサイズで表示します
 クリックすると元のサイズで表示します
 真言宗のお寺は色々と商売上手と言うか熱心です。
今はやりの手水鉢に花を飾る手法もしてました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 岡寺のご本尊は如意輪観音像(重要文化財)で、わが国最大・最古の塑像です。
インド・中国・日本の三国の土を使って、何でもできる弘法大師が造られたそうです。
 丁度特別拝観期間だったので、近くで見ることが出来ましたので、その大きさはなかなか迫力ありました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 天智天皇に育てられた義淵(ギエン)(?〜728)が開基した岡寺ですが、義淵僧正はこの飛鳥の農地を荒らす悪龍を、その法力によって石の蓋を持ってこの写真の小池に封じ込め、改心した龍は善龍となってこの池に眠ってる為に、この池は龍蓋池と言い、岡寺の正式名称も龍蓋寺(リュウガイジ)と言うそうです。
 善龍になったのなら、もう閉じ込めておく必要もないと思うので、この石を動かして龍を逃がしてやったらどうなるんですかね。
 クリックすると元のサイズで表示します
 奥之院には石窟も有りました。
こんな場所は怖いのですが、記念写真に私もおさまりました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 岡寺の創建は奈良時代のようですが、もう奈良時代の面影はない寺になっていました。

 交流戦、やっぱり阪神は苦戦してますが、巨人も勝てないのでなんとかもってますね。
ダービーも私は苦戦どころか、完敗でした。
 
       返事
花水木さん:私は中島みゆき本人が歌う方が好きです。
    好みの顔の、中島みゆきが目に浮かぶからです。
Toitenlabeeさん:熊を見たら私の方が驚きますよ、
    たとえメス熊であったもです。
2


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ