奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2021/12/30

99‐1後亀山天皇  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 (南朝2代)第97代後村上天皇(1328〜1368)(在位1339〜1368)の第2皇子で、母は女御藤原勝子(ショウシ)ですので、第98代長慶天皇(1343〜1394)(在位1368〜1383)の同母弟になる煕成親王(ヒロナリシンノウ)ですが、誕生日は不祥ですし、後宮に入内した女性も確かでなく、皇子には恒敦親王(ツネアツ)がいたといわれてるぐらいです。
  奥嵯峨(鳥居本)と言われてる、以前は女性に人気の化野念仏寺・祇王寺・二尊院の近くに、陵へ続く写真の参道がありました
 クリックすると元のサイズで表示します
 同母兄長慶天皇の譲位を受けて、1383年頃に即位し(南朝4代)第99代後亀山天皇(ゴカメヤマ)(?〜1424)(在位1383頃〜1392)になった煕成親王ですが、治世の初めは同母兄長慶の院政が行われ、北朝方に対して徹底抗戦を行っていたようですが、劣勢は免れず、次第に和平の方向に舵を切ったようです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 北朝方の足利3代将軍義満も和平を望み、三種の神器を返して譲位の形で地位を譲り、その後は替わり番この両統迭立で行き、領地は公平に二つに分けるという条件で、1392年南北朝合一がなされました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 この合意によって、後亀山天皇は吉野の行宮を出発、京都に入って北朝の後小松天皇に神器を渡し、南北朝合一ということですが、南朝は消滅しましたし、その後約束の両統迭立も守られませんでした。
 クリックすると元のサイズで表示します
 京都嵯峨に行った後亀山はその後出家し、一時は吉野に戻りましたが、再び帰り嵐山の小倉山で隠遁生活を送り、たぶん78歳で崩御し、この嵯峨小倉陵(サガオグラノミササギ)(右京区嵯峨鳥居本小坂町)に葬られています。
 これで残りは5分の一、何とか天皇陵巡りは75歳までには完結できそうです。

 今年はこれでたぶん終わりです、皆様良いお年をお迎えください。
来年も駄文に飽きず、読んでいただければ幸いです。
   to be continued


        返事
Toitennさん:美味しいものは噛みしめよ、
    といつも言われてますが、
    貧乏性か、美味しいものは慌てて食べています。
3

2021/12/26

45.三笠野と荒城の月  菓子たくさん
 クリックすると元のサイズで表示します
 創業文化4年(1804年)の但馬屋老舗は、大分県竹田市竹田町にあります。
初代但馬屋幸助は但馬の最近私も行った朝来の生まれで、京都伏見の駿河屋で修業したそうですので、豊後の竹田も但馬の朝来も京都伏見も知ってるので、勝手な思い込みですが、なんか他人とは思えません。
 クリックすると元のサイズで表示します
 「三笠野」の由来は、昔奈良に燧焼(ヒウチヤキ)と言う日田の岡藩藩主が好きなお菓子があり、これを模すように但馬屋に作らせたのが、奈良の三笠山・春日野に因み「三笠野」と名付けられた、この茶色いほうのお菓子です。
1枚1枚丁寧に焼き上げた生地で、自家製こしあんを包んでいます。
 クリックすると元のサイズで表示します
 真っ白いのは「荒城の月」、明け方の空に浮かぶ白い月を菓子名に「夜越の月」と藩主より名を貰っていましたが、滝廉太郎が岡城を想って作曲した「荒城の月」を菓子名にいただいた(昭和9年)、黄身あんを泡雪で優しく包んだ上品なお菓子です。
 どちらも1個180円でしたが、2口で食べられます。

         返事
Toitennさん:コロナ禍の世の中、
    マスクでひげが隠れるため、サンタのお呼びはありませんね。
1
タグ: 竹田 滝廉太郎 朝来

2021/12/24

98‐3長慶天皇皇子承朝王  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 承朝王(ジョウチョウオウ)(1374〜1443)は第98代長慶天皇(1343〜1394)の皇子ですが、母は不明、俗名は憲明と言いました。
  嵐山嵐電駅近くの長慶天皇嵯峨東陵の制札に、並んで承朝王墓とありました
 クリックすると元のサイズで表示します
 1392年南北朝合一で出家し、海門承朝(カイモンジョウチョウ)と名乗り、南禅寺・天竜寺・河内観心寺などで偉いお坊さんとして過ごし、父の菩提を弔うために慶寿院を開創してますので、承朝王ははっきり実在した人のようです。
  陵の入り口から左手に長慶天皇を見て奥に進み、振り返ってみた写真ですが、手前が承朝王の墓です
 クリックすると元のサイズで表示します
 昭和19年(1944年)にここが慶寿院跡地であることから、平坦な長慶天皇陵とされたのですが、一緒に承朝王墓(右京区嵯峨天竜寺角倉町)ともされたのでしょうね。
  長い入れない参道の奥に墓があるようです

         返事
Toitennさん:まあ夢ですね。
2

2021/12/22

98-2長慶天皇皇子世泰親王  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 吉野如意輪寺にある第96代後醍醐天皇(1288〜1339)の塔尾陵(奈良県吉野郡吉野町吉野山)の制札には、長慶天皇皇子世泰親王墓の名も書かれていました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 世泰親王(ヨヤス・セイタイシンノウ)は第98代長慶天皇(1343〜1394)(在位1368〜1383)の第1皇子で、母は三条教子と推定されているだけです。
 塔尾陵への参道を上ってすぐの右側に、小さな階段とその奥に世泰親王の墓がありました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 この墓は父長慶天皇が治定される前の1879年(明治12年)には、もう治定されていますし、こんな何もわからない親王墓を、わざわざ後醍醐天皇陵の脇に治定してるのも不思議です。
この吉野に南朝方の行宮(アングウ)が置かれていた1373〜1378年頃に親王が死んだからですかね。

          返事
Toitennさん:私も死後550年後に認められて、
    地球を救った英雄として立派な墓を作ってもらえるような、
    そんな老人に今から成りたいですが???。
2

2021/12/20

98-1長慶天皇  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 父第97代(南朝2代)後村上天皇(1328〜1368)(在位1339〜1368)の第1皇子で、母はたぶん女御の勝子(ショウシ・カツコ)で、吉野山中で生誕したといわれてる寛成親王(ユタナリシンノウ)は、父後村上天皇の崩御の頃に第98代(南朝3代)長慶天皇(チョウケイ)(1343〜1394)(在位1368〜1383)として即位したらしいです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 その頃、南朝方の楠正儀(マサノリ)(正成の息子)の北朝帰参などで、南朝方は衰退の一途をたどっており、長慶天皇の業績もほとんど記録に残ってないため、そもそも即位したかどうかさえ不明でした。
 クリックすると元のサイズで表示します
 1911年(明治44年)に南北朝正閏問題は、明治天皇の裁定により、南朝が正統とされましたが、その時でさえ長慶天皇は歴代天皇代数に入れられず、1926年(大正15年)にやっと長慶天皇は皇統加列に入ったぐらいです。
 このだだっ広い御陵に至っては、1944年(昭和19年)(私の生まれる4年前ですよ)に死後550年たってからここに決定されたようです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 こんな天皇ですから、皇妃や子供も不明で、1383年頃に同母弟といわれる煕成親王(ヒロナリ)に譲位しましたが、その煕成親王が第99代後亀山天皇になって南北朝合一後京都に帰還した時も、長慶上皇は同行しなかったようです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 京都で亡くなったのか、吉野や河内で亡くなったのか判りませんが、京都嵐山にこの嵯峨東陵(サガノヒガシノミササギ)(右京区嵯峨天竜寺角倉町)が造られたわけは、息子承朝が父長慶天皇を弔うために開創した慶寿院の、ここが跡地だからだそうですよ。

        返事
Toitennさん:日曜日朝は、
    今季初のうっすら雪化粧でしたね。
大雪男さん:恐縮です。
    ライトアップは、なんでも綺麗にしますね。
2

2021/12/17

東寺境内ライトアップ  京都
 クリックすると元のサイズで表示します
 堺イルミネーションに行く予定を立てていたら、重なるものですね、家内の友人から東寺境内ライトアップ(1000円)の招待券を貰いました。
 昔から同じ疾患の臨時手術は続いてありましたし、競馬も一度入ると続きます(願望も混じってますが)。
先週久しぶりに池添騎手のおかげで馬連2万円弱を獲ったら、昨日は麻雀で一人ボロ勝ちまでしてしまいましたので、今週の競馬はいつもよりワクワクしてるあほな私です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 18時開門少し前に着いたら、さすが京都のライトアップ、東寺の塀を囲むように列が出来ていましたので、入場直後は人の頭越しに見物です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 東寺拝観は20年以上ぶりか、こんな堀が有ったのかどうかも忘れていました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 クリックすると元のサイズで表示します
 瓢箪池も有りましたが、塀の外から車から新幹線から見慣れてる東寺五重塔は、ライトアップのせいなのかどうか、少し太って見えました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 さすが国宝東寺五重塔、半月を従えて堂々とそびえています。
 クリックすると元のサイズで表示します
 金堂や講堂の薬師三尊や立体曼荼羅も、照明に金色に輝き、私でも思わず手を合わせて祈りました(おかげで勝ち運が…)。
往時はもっと暗いロウソクの光ですが、もっと金色だったと思うので、人々はひれ伏したのかもしれません。
 この仏さんたちを見るだけで、十分価値はありました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 というわけで、京都の観光地も捨てたもんではないですね。
先週は都会の観光3日間、毎日7km以上歩いたので、都会観光のほうが疲れますね。

       返事
Toitennさん:恐ろしくて、便器までたどり着けず。
    尿意も完全になくなっていました。
和さん:若い時なら、
    この有料車両に乗る気は起りませんが、
    今ならプチ贅沢で快適でした。
大雪男さん:私は山でも駄目でしょうね。
     写真は全員撮って、あとで売りつける商売です。
    もう自分たちの写真は要らないですよ。
1
タグ: 東寺 万馬券

2021/12/14

あべのハルカス  
 クリックすると元のサイズで表示します
 あまり混んでなかった堺のホテルからの堺の朝、生駒山系?から昇る朝日の右側、ビルのすぐ上に黒く伸びてるのが、懐かしい仁徳天皇陵です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 堺イルミネーションを見た帰りは、あべのハルカス行ってみました。
高さ300ⅿと日本一高いビルです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 展望台の開場までに着いてしまったので、近くの天王寺公園をブラブラ朝の散歩です。
大坂冬の陣で徳川家康の本陣となった、標高26ⅿの茶臼山を初めて見ましたが、大阪城の東北にあるイメージを持っていましたが、南の天王寺に茶臼山は有ったんですね。
 クリックすると元のサイズで表示します
 あべのハルカス展望台の「ハルカス300」は高い!!入場料も1500円です。
行ってみたのは良いのですが、360度ガラス張りの展望台は苦手です、やや後悔しました。
ガラスの近くにはなかなか寄れません、遠くを見てるのはまだ良いのですが、
 クリックすると元のサイズで表示します
 足元を見るのはダメで、危険です。
標高26ⅿの茶臼山は、写真の左に映ってますが、はるか下です。
 クリックすると元のサイズで表示します
足元がガラス張りになってる部分もあって、無知で怖いもの知らずの校外学習中の小学生は、その上に座って絵をかいていましたが、修羅場を潜り抜けてきた私にはその度胸は全くありません。
 クリックすると元のサイズで表示します
 どこに行っても行きたくなるトイレですが、入ったのはいいが、こんな所では出るものも出ませんので、何とかこの写真だけは特派員魂で撮って、おしっこはせずに出てきました。
まあ便器がガラスのほうを向いていたら、やけくそで天空めがけておしっこをしたかもしれませんが。
 クリックすると元のサイズで表示します
 展望台から2階下の天空庭園に下りたら、ちょっと安心して、パインアメソフトも食べる余裕が出来ました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 こんな私ですが、VIP扱いで?新聞?にも載りましたが、大きなカラー新聞は買いませんでした。
 クリックすると元のサイズで表示します
 仕事帰りにJR奈良線→京都地下鉄烏丸線→落ち合って阪急京都線→大阪地下鉄御堂筋線→南海高野線と、帰りは南海本線→JR大阪環状線→京阪電車→京都地下鉄東西線・烏丸線と、たくさんの電車に乗れた旅でした。
京都に帰る京阪電車特急は500円追加してプレミアムカーに乗れました。
券を買う自動販売機の前でもたもたして、一列車遅らせましたが、プレミアムカーの乗り心地はよく、もったいないので眠ることなく景色も楽しめました。

        返事
Toitennさん:あまり美人ではないが情熱の歌人晶子さん、
    この髪では堺の金持ち夫人ですかね。
花水木さん:すべての食べ物の中で、
    里芋が一番好きってことですか?
2

2021/12/11

堺イルミネーション  
 クリックすると元のサイズで表示します
 通勤列車の車内つり広告で見た、堺イルミネーションの案内にひかれて、仕事帰りに落ち合って、久しぶりの都会への1泊2日の小旅行です。
 大阪で唯一方角が少しわかる三番街で、遅めの昼食は都会風に、塩味のパンにハムを挟んだ覚えられない名前のサンドイッチとクリームもおいしい甘いフレンチトースト。
   都会人はこじゃれたおいしいものを食べてますね。
 クリックすると元のサイズで表示します
 堺市役所の展望台から、仁徳天皇陵を見下ろしたかったのに、新型コロナワクチン接種場に使われていて閉鎖中でした。
 堺の街をぶらぶら歩いて、海岸沿いのホテルから夕陽を見下ろしました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 運河沿いにライトアップされた堺イルミネーションを歩きましたが、平日だったこともあってか、近所の散歩者ぐらいしか歩いていません。
 クリックすると元のサイズで表示します
 凝ったイルミネーションや動くイルミネーションがあるわけではなく、細い運河に飾られてるデコレーションを裏から見たり、
 クリックすると元のサイズで表示します
 ぐるっと運河を回って、始まりはなんでも堺のデコレーションを表から見たりで、ぶらぶらしただけで、ゆっくり夕食を近くの居酒屋さんで食べて堺イルミネーションは終わり。
 クリックすると元のサイズで表示します
 ホテルの部屋からも、南海電車堺駅の向こうに、運河にかかる青いイルミネーションを見下ろせました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 ホテルから見下ろした港になってたのは、灯台と思ってましたが、誰かの像?
 クリックすると元のサイズで表示します
 堺駅前のロータリーを見下ろしたら、堺といえばたぶん与謝野晶子の像でしょうね。
 仁徳天皇陵の周りは天皇陵巡りで行ってますが、そのほかは初めての堺、かき氷の美味しい店があったと思ってたのですが、これはわからずに終了です。

         返事
Toitennさん:ハイ!空耳でしょうね。
    間違い 空耳 古い傷 
     男と女のラブゲーエム
3

2021/12/8

97-2後村上天皇中宮顕子  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 南朝2代でもある第97代後村上天皇(1328〜1368)(在位1339〜1368)の女御には、嘉喜門院(カキモンイン)藤原勝子(カツコ・ショウシ)(生没年不詳)がいて、たぶん第98代長慶天皇や第99代後亀山天皇を産んだそうですが、裏付けもなく墓もはっきりしません。
  いかにも奈良の山奥の山村という感じの眺めの中、道端に車を停めて歩き出すと、写真の陵が見えてきました
 クリックすると元のサイズで表示します
 そんな中、後村上天皇が中宮に迎えた源顕子(ケンシ・アキコ)(1332?〜1359?)との間には、特に皇位に就くような皇子もいませんが、忠臣として名高い北畠親房が顕子の父だろうということなのかどうか、皇后扱いの陵として宮内庁は治定しています。
  ズームで見上げた陵は、なかなかいい感じです
 クリックすると元のサイズで表示します
 奈良市からは南東の方角の山間部に有る後村上天皇中宮顕子の笠間山陵(カサマヤマノミササギ)(奈良県宇陀市榛原笠間(ウダシハイバラカサマ))も何とか制覇です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 なんでこんな所にこんな人の陵が有るのか解りませんが、後村上天皇との間に坊雲を産み、親子で陵の横にある陽雲寺(ヨウウンジ)に世俗を離れて住んでいたので、ここが陵になったとも言われていますし、父親房の墓と伝えられてる墓が近くの室生寺にあるそうですので、この辺りは北畠家の勢力圏だったのかもしれません。
でも宮内庁がこんな人のこんな墓を、治定陵として管理してる意味はちょっと解りかねます。
  参道の登り口に、民家程度の陽雲寺がありました
 クリックすると元のサイズで表示します
 顕子は27歳で亡くなったそうですので、息子坊雲もせいぜい10歳ぐらい、昔の人はみな若くしてしっかりしていますね。
 また、私の好きな話、顕子さんは公家と密通して長谷寺で出家したという噂もあるようです。
まあいたかどうかもわからない人の陵ですが、立派です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 陵に上って見下ろす景色は、なかなか良いですし、陵内には落ち葉も落ちていませんので、宮内庁の人が掃除に来るのはたびたびでもないような場所、たぶん地元の人が戦後もずっと掃除をされてるのでしょうね。

       返事
二つ前の花水木さん:奈留島に行ってからは、
    子供たちからは「犬先生・マリオ先生」と呼ばれてましたが、
    大人からは「京都の福山雅治」と呼ばれてました(妄想かもしれませんが)。
    その前の病院では、この私の写真を見てクリックすると元のサイズで表示します
    「外科医島耕作」と呼ぶ人も(私だけ)いましたよ。
2

2021/12/6

44.初雁焼  菓子たくさん
 クリックすると元のサイズで表示します
 埼玉県川越市で1783年(天明3年)創業の龜屋、1893年(明治26年)の川越大火で本店は焼失、町の三分の一も燃えましたが、蔵造りの建物は焼け残ったので、以後も蔵造りの建物が建てられたそうです。
10月頃に観たNHKの日本紀行でも、「あっ!これが龜屋か!」と思った建物が映っていました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 この大火の頃に、サツマイモ「紅赤」を薄く切って鉄板で焼いたお菓子を考案した龜屋は、川越城の別名初雁城に因み「初雁焼」と命名したそうです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 かんなで薄く切ったサツマイモを、ゴマを付けた鉄板に挟んで焼き、糖蜜を付けたお菓子で、1個のサツマイモからせいぜい4〜5枚しか出来ないそうです。
これが4〜5枚以上入っていて(もっと大きいのは写真を撮る前に食べてしまってました)594円は安すぎます。
1日1枚以上食べるのは贅沢すぎますので、コストパフォーマンスが高いし、うまいです!
 私はポテトチップはあまり食べませんが、「おさつドッキ」は好きなので、このもっとおいしく豪華な「初雁焼」は好きです。
1
タグ: 川越市 紅赤 龜屋


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ