奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2008/10/23

福江島あちこち2  五島列島
  クリックすると元のサイズで表示します
      珊瑚の富江から、今度は北に走って、楠原教会を通り、昔、宇久五島家の城があった城岳展望台に上りました。
 嵯峨島・三井楽から奈留島まで見えると書いてありましたが、奈留島はどれか分かりません。
 手前には、白石湾と魚津ヶ崎の海が、箱庭のように広がっていました。 
    クリックすると元のサイズで表示します
 展望台からたくさんの人が見えたので、魚津ヶ崎(ぎょうがさき)公園に行ってみると、コスモス畑が満開です。
    (写真クリックお願いします)
 福江在住の知人二組から挨拶されました。私も有名になったのか、フークが目に付いたのか。
   クリックすると元のサイズで表示します
 この辺りは、遣唐使船の最後の寄港地だったので、
   「白石のともづな
 風待ちの遣唐使船がとも綱を結わえたという石です。
写真のように、杭のような立派な石で、字が刻んでありました。 と思ったら。
   クリックすると元のサイズで表示します
     
      クリックすると元のサイズで表示します
 危うく騙されるところでした(単なる私の早とちり)、杭のような石は単なる記念碑か?
本当の「ともづな石」は、この横のお堂の中に、屈まないと見えない高さ50pぐらいの小さな石でした。
 ボートも結わえないような小さな石なので、本当にそうだったのか疑問がわきます。
「義経の腰掛石」と言われたほうが納得がいきそうです。

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ