奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2010/5/8

初節句  京都の思い出
  今週土日も天気が良さそうですが、当直です。  
クリックすると元のサイズで表示します
 連休も上天気で、京都は暑かったぐらいですが、その熱い京都で、昨年生まれた二人の孫の初節句を祝いました。
 次男のアパートの壁には、私たちの贈った小さな一刀彫の兜と共に、鯉のぼりも翻っていました。
奈留島のように沢山で立派ではなく、たった一匹で、尾っぽも孫にかじられたようですが、
    手拭のわりには悠然と泳いでいました。
    クリックすると元のサイズで表示します
 次男のほうの息子は、1年前はNICUに入っていて心配させましたが、大きくなってさすが武士の子、もう馬に乗って疾走しています。
    早く駆けるのでピントが合いません。
   クリックすると元のサイズで表示します
 皆が集まってくれて、家族でいると嬉しいような疲れるような。
「孫S」は離乳して、パクパク食べています。
「孫Y」はまだまだ小さいですが、よく笑ってくれます。
    私は押しも押されぬお爺さんです。
    クリックすると元のサイズで表示します
 家内の友人がそれぞれに作ってくれた、タペストリーの鯉のぼりも泳いでいます。
    売り物らしいです。
    クリックすると元のサイズで表示します
 5月5日は「クスリの日」らしく、街で貰ったティシュなどの中に紙の兜も入っていました。
    フークも馬になったり武将になったり忙しいです。 
      クリックすると元のサイズで表示します
 長男のアパートの大きなTVの前には、私たちの贈った小さな奈良一刀彫の兜が鎮座していました。
    チョッと小さすぎたか。

   返事
やまももさん:これは車の旅でしょうね。
    松江・出雲大社・境港を廻るコースは、私も好きで何回か行きました。
花水木さん:そうだ、私も船酔いするんです。

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ