奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2011/5/19

竹田城跡  播州
     クリックすると元のサイズで表示します
 5月14日(土)晴れ、前回桜の季節で、山道の入口から車が連なって行けそうになかった竹田城址に再チャレンジすべく、朝早めに出発。
 運良くか悪くかJR播但線の踏み切りで汽車を待つ間、見上げると山の上に石垣が見えました。
      これが竹田城址
   クリックすると元のサイズで表示します
 狭い道を対向車が来ないことを祈りながら進み、中腹の駐車場に車を停めて、急だが短い兎さんコースを登ります。 結構急!
 この城を攻める兵隊は大変だし、もし住んでいたなら、お姫さんはどうして登ったのでしょうね?
     クリックすると元のサイズで表示します
 登りついた竹田城址、1450年ごろに築城され、関ヶ原の1600年頃にはもう廃城となった山城遺構です。
 西方を見下ろすと、播但連絡道の綺麗なアーチ橋が目に付きます。
大胆な人妻は石垣のふちに立っていますが、私はそこまで行けません。
      クリックすると元のサイズで表示します
 古城山(353,7m)の山頂部がお城です。
一番高いこの天守跡は三角点にもなっていました。
石垣は有名な坂本の穴太積みです。
     クリックすると元のサイズで表示します
 天守跡には木のはしごで登ります。
ここから南千畳を眺めると、天空の城、日本のマチュ・ピチュと言われている意味がわかります。
相ノ浦に有った奈留町墓地→町ぼち→マチボチ→奈留島のマチュ・ピチュより少し大きいスケールです。
     クリックすると元のサイズで表示します
 逆に首を振って北千畳を眺めると、南北400m・東西100mの山の稜線に建つ細長い山城であることがわかります。
 桜の木も多く、桜の名所ですが、今は新緑でした。
       クリックすると元のサイズで表示します
 東側眼下に、竹田の町並みと円山川が光っています。
これだけの城がどれだけ役に立ったのかどうかは知りませんが、山城としては結構綺麗に残っている竹田城址、秋は雲海に浮かび虎臥城(とらふすじょう)とも呼ばれています。
 再挑戦したかいのある但馬和田山にある山城跡でした。
   皆さんもぜひどうぞ!

  返事
喜珍さん:奈留島でネクタイしていたの私だけでしたね。
花水木さん:シャツとチョッキが同系色だったのは、本日たまたま。
    白衣のポケットには筆記用具・聴診器・メモ帳など、いつも重いです。
    ポケットに物を詰め込むタイプなので、いつも怒られています。
ひなたさん:奈留島ならなんと言っても奈留島121ヶ所ゴミ箱霊場観光巡り、121ヶ所以上の見所が有ります、
    ’8年8月〜’10年8月のブログを参考にして下さいと言ったら、怒られますかね。
    歩くのはつらいので、何とか奈留島の知人を見つけて下さい。
    私はゴジラの出る野首が好きですよ!
   奈留病院近かくの「みかんや」のちゃんぽん食べてみて下さい、和さんの知人なので色々教えてくれると思います。
    私が居れば、案内できたのに残念です!私も行きたいですよ!

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ