奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2011/9/26

夏休みの旅3:倉吉の3  
      クリックすると元のサイズで表示します
 倉吉はさすがに鳥取県、梨が目に付きます。
「なしっこ館」は月曜日休館で、入れず。
 他にも蕎麦屋さんは沢山あって、やっぱり昼は蕎麦の昼食でした。
 白いたい焼きも倉吉の名物のようで、一個一個店の前で手で焼いていて、薄い白い皮に丁度良い甘さのあんが一杯詰まって 1個90円。
 皮が薄くて、黒い下着が透けているようにあんが見えているのを、私は選んで食べました。
3人で店内に座って、お茶も飲んで(茶・コーヒーがセルフで無料でしたが、コーヒーまではあつかましいので、お茶だけにしておきました。)
    それで全部で  270円
       クリックすると元のサイズで表示します
 安房国館山藩の藩主 里見忠義公 は幕府から改易を受け、倉吉に配流。
その後、石高も減少させられ、若くして亡くなりました。
 この時、その後を追って八人の家臣が殉死。
その墓が配流されたここ倉吉の大岳院に有りました。
        クリックすると元のサイズで表示します
 殉死した八人の墓です。
中央とその右の大き目の墓は、伯父か家老かの墓。
中央左の小さいのが忠義公で、周りの残り8基が殉死した八家臣の墓です。
忠義公の戒名が雲晴院殿心(艘?)凉大居士で、八人の家臣の戒名にも全てが付いていたので、この八人は八賢士と言われていたそうです。
      クリックすると元のサイズで表示します
 この八賢士が八犬士となって滝沢馬琴の「南総里見八犬伝」が生まれたとも言われています。(あとからのこじつけ説もあり)
墓の周りに小さい犬の像が・・・、捜してみると境内にはやっぱり8匹の犬がいましたが、表情は「ひとまちいぬ」の方がずっと良かったです。
 ゆっくり周ってもまだ昼過ぎ、その日の泊りはここから1時間もかからない美作三湯の一つ湯原温泉です。
   まだ続きます

  返事
花水木さん:「世代万々歳」の意味も説明してもらいましたが、
    過去のことなのか未来のことなのか、もひとつ理解できませんでした。
    説明者は末裔の方ではなく、ボランティアでもなく、市の職員でもないと言われ、謎です。

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ