奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2013/7/25

奈留島百人一首36  奈留島百人一首
 クリックすると元のサイズで表示します
 36. 夏の夜は まだ宵ながら 明けぬるを
            雲のいづこに 月宿るらむ
 
                清原深養父(キヨハラノフカヤブ)(9世紀末期〜10世紀初め)
 「夏の夜、綺麗な月に見とれていたので、まだ宵のうちと思っていたら明け方になってしまった。これでは月も沈む間もないので、雲のどこかに隠れているのでしょう。」
とロマンチックに詠った深養父さん、この後出てくる第42番の清原元輔の祖父であり、第62番の作者清少納言はひ孫にあたります。
 クリックすると元のサイズで表示します
 36. 夏の日は もう宵なのに 明るいよ
            日本のいづこか 西の端らむ
 

          夏の・は・宵な・明・のいずこ・らむ  14字 同じ
 「ここ奈留島では、宵と言ってもまだまだ明るいです。夏なら20時でも明るいですよ。
それもそのはず、ここは日本の西の端、東京から比べたら1時間ぐらい時差があるんですもの。」
 夕方近くに城岳の展望台に登っても、まだまだ陽は沈んでいませんし、周囲は明るいです。
山の影になる所では、少しづつ暗くなって、運動場のナイターも点灯されていました。
 奈留島の季節の状況がよく判る、上手に変換された一首となっています。
最後の「らむ」は推量のらむなので、本当は「西の端です」と断定した方が良かったかもしれませんが、日本にはもっと西の端があるので、これくらいで遠慮しておきました。

    返事
喜珍さん:出来れば奈留島を詠った百人一首でお願いします。
花水木さん:昔の女優は綺麗でしたね!
    キム・ノバック、リズ・テーラー、グレス・ケリー、クラウデア・カルディナーレ、モーリン・オハラ、ミレーヌ・ドモンジョなどなど、
     その中でもドヌーブ綺麗、「昼顔」どきどきして観ましたが内容は期待?はずれ・・・。
大雪男さん:奈留島に留学生を迎える考えはあるようですが、
     こちらの生徒が福江に行くという考えは斬新ですね。

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ