奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2021/4/3

伏見の桜  京都
 クリックすると元のサイズで表示します
 伏見区の老人ホームの庭の枝垂れ桜、4月になって、2日前と比べても豪華になっていました。
1日は老人ホーム新入社員の入社式も有りました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 午前の仕事も終えて、伏見に有る天皇陵巡りも兼ねて、ブラブラと伏見の疎水まで散歩です。
平日ですが、それなりに人出は有ります、桜は日本人を縛りから解放するようですね。
疎水周囲の桜は散り始めていて、少しですが花筏も見られました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 伏見の酒蔵を背景に、桜見物の十石船も満員のようです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 幕末の二つの寺田屋事件で有名な、伏見の寺田屋の庭にも、1本だけ桜がありました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 寺田屋には入りませんでしたが、不二家には入って、ちょっと遅めの今日の昼ご飯は、これにしておきました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 帰って、自宅の小さな庭の小さな桜も満開と思ったら、もう葉が出始めていました。
今年は早いですが、この桜が満開になると、京都の桜もだいたい終わりです。
 
タグ: 酒蔵 寺田屋 不二屋

2021/4/2

3月末の桜  京都
 クリックすると元のサイズで表示します
 早くも京都の桜は満開以上。
自転車通勤も、近くの松ヶ崎疎水の桜の下を、花見も兼ねて走れます。
 クリックすると元のサイズで表示します
 外国人観光客に人気になっていた出町の本満寺の枝垂れ桜、今年は満開を観ずに散り始めていました。
枝垂れにしては早く咲くのでしたね、誰もいません。
 クリックすると元のサイズで表示します
 でも、横のソメイヨシノは満開でした。
 クリックすると元のサイズで表示します
 午前中の仕事が終わって、帰り道の賀茂川堤は満開。
 クリックすると元のサイズで表示します
 川の方に枝をのばす桜のトンネル下を、自転車でゆっくり帰ります。
 クリックすると元のサイズで表示します
 次の日、伏見の老人ホームの庭の枝垂桜は満開ですが、横の桜はもう葉が出はじめていました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 自宅の小さな庭の小さな桜は、ほぼ9分咲きで、ややあつくるしい桜です。

        返事
toitennさん:そちらは丹後、こちらは但馬で
    「へしこまりました」。
    では分からないので、「びいたぬの高速じだんだ日記」で検索してください。
和さん:大乗寺には苦しくなるような階段は無かったので、
    違うのかもしれません。
     平野神社は半分酔った夜桜見物の記憶しかありませんが、
    綺麗ですね。
花水木さん:花水木さんは毎年タカアシガニを食べてるのでは?

2021/3/24

今週初めの桜  京都
 クリックすると元のサイズで表示します
 今週はいよいよ暖かくなってきましたので、京都の桜も今週末には満開になりそうです。
 朝の通勤で通り抜けてきた、相国寺境内の頭上にも、松に混じって桜がありました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 京都の南の老人ホームの庭の枝垂れ桜は、まだまだでした。
 クリックすると元のサイズで表示します
 京都の北の方の、自宅の小さな庭の小さな桜、先週はつぼみ堅しでしたが、今週はつぼみ膨らむです。
背景のモクレンは、そろそろ終わりです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 自宅よりもっと北の病院の桜は、ソメイヨシノと違っていつも早いので、もう満開以上です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 地面には、少し花びらが散り始めていました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 病院庭の、多分ソメイヨシノですが、北の方なのにもう満開です。
早く花見に行かないと、4月にはもう桜は全部散ってしまうかも。

        返事
花水木さん:辛夷ではなく、モクレンだと思います。
     黒大奴調べたら、
    餡を羊羹で包んでるそうで、安くて美味しそうですね。
toitennさん:スカイラークは知ってますが、
    むさしの森珈琲って、初耳です?
    関西に有るのですか?

2021/3/22

先週の桜  京都
 クリックすると元のサイズで表示します
 今日(3月22日)は少し寒さが戻りましたが、これで寒さはもう終わりのようです。
先週は暖かく、京都はかなり早い開花宣言もありました。
 いつもの老人ホームの庭のソメイヨシノも、チラホラ一部咲きだしています。
 クリックすると元のサイズで表示します
 自転車通勤で前を走った裏千家今日庵の桜は、まだまだです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 暖かく気持ち良かったので、通り一筋だけ遠回りして、紫式部の墓にも参ってきました。
ここには何故か隣に小野篁が眠っていますが、桜は有りませんでした。
 クリックすると元のサイズで表示します
 近くには、今は山科に移転した瑞光院の跡地があって、そこに「赤穂義士四十六士遺髪塔跡」の石碑が立っていました。
この瑞光院の僧侶によって、四十六士の髷が集められ、ここに埋められたそうですが、この話はまったく知りませんでした。
何故四十六士かと言えば、切腹しなかった寺坂吉右衛門が含まれてないそうで、寺坂吉右衛門の墓は、五島列島久賀島にもありましたね。
 後ろに有る桜は咲いていました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 自宅のわずかな庭にある桜は、まだつぼみ堅しです。
今週末には、どこも見頃になりますかね。
 クリックすると元のサイズで表示します
 桜がまだまだ地味なので、墓参り帰りのランチのデザート。
 クリックすると元のサイズで表示します
 別の日、パンケーキのランチを食べた後に、家内が頼んだ店の名物パンケーキを半分ぐらいくすねたら、お腹いっぱいになりました。

       返事
toitennさん:「ウナギパイ」忘れてましたが、
    最近は食べる機会が無いですね。
和さん:「わさび漬け」の人気は、
    今はどれくらいあるのか、見当がつきません。
花水木さん:八つ橋は時々食べますが、
    おたべはめったには食べませんから、
    やっぱり地元名産品は食べないのですかね。
     黒奴、知らないので調べてみます。

2021/2/18

衣笠散歩  京都
 クリックすると元のサイズで表示します
 今日は寒いですが、先週は暖かかったですね。
感染者数も減少気味なので、先週は暖かさにつられてバスに乗って、その後ブラブラ衣笠を散策しました。
 50年ぶりぐらいの金閣寺。
 クリックすると元のサイズで表示します
 入場料400円、入場券はお札になっていました。
臨済宗相国寺派鹿苑寺(ロクオンジ)で、舎利殿金閣が有名なので、金閣寺ですね。
 クリックすると元のサイズで表示します
 冬の良く晴れた天気の中、観光客は少なく写真の邪魔にもならないぐらい、最近金箔貼り直したところなので、ピッカピッカでこれぞ金閣寺!
 クリックすると元のサイズで表示します
 後ろ姿では、逆光もあってか、1層の白壁と2層・3層の金箔に、やや違和感を覚えましたが、雨水の樋まで金です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 回遊式庭園を巡って、裏山からの金閣寺の眺めもまた良いものでした。
 クリックすると元のサイズで表示します
 そのままブラブラと、途中にオムライスを食べて、立命館大学衣笠校舎向かいの「堂本印象美術館」にも寄ってみました、と言うかこれが目的だったかも。
 クリックすると元のサイズで表示します
 クリックすると元のサイズで表示します
 私の大学時代に出来た美術館ですが、入ったのは初めて、府立に移管してきれいに整備され、しかも510円の観覧料が65歳以上無料でした。
そこまで年寄りに奉仕せずに、もっと若い人を安くしたらいいのにとは思いますが、遠慮なく二人とも無料で入りました。
私が3歳ぐらいの頃に、京都駅から皆に見送られ「つばめ」でヨーロッパ旅行に旅だったようで、印象と言えば抽象画と思ってましたが、ピカソと同じでヨーロッパのスケッチなども上手ですね。
 クリックすると元のサイズで表示します
 と言うことで、無料で芸術に接したので、浮いたお金で、帰り道の喫茶店であんみつとコーヒーセットをいただきました。
三密はダメな世の中になりましたが、黒蜜ってなんでこんなに美味いんですかね。

2021/2/15

琵琶湖疎水  京都
 クリックすると元のサイズで表示します
 京都の緊急事態宣言解除は延期されていますが、感染者の数も減ってきたので、午前中だけの仕事の帰りに、久しぶりの御陵巡り。
地下鉄蹴上駅で途中下車して、南禅寺周囲を巡りました。
 蹴上駅を降りて、蹴上浄水場を横目に、インクラインしたの「ねじりまんぼ」と言う古いトンネルをくぐって南禅寺に向かいます。
「まんぼ」はトンネルの意味だそうで、上のインクラインを台車に乗った舟が行きかうので、重さに耐えるよう、写真のように内壁のレンガは斜めに積まれ、トンネルも斜めに掘られたようです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 琵琶湖から京都へ掘られた琵琶湖疎水は、今でも京都の水道水として使われていますし、この蹴上の斜度を利用して日本初の商用水力発電所も造られ、この電気で市電も走れるようになりました。
先ほどのトンネル上のインクラインは、疎水を使って運航してる船を、この斜度を上下させるための道なのですが、今は桜の名所でもあって、レンタル着物を着た女の子で春は一杯になるのですが、この日は誰もいませんし、もちろん桜はまだです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 疎水の水は、発電所の水車を回す水、インクラインに沿って岡崎疎水に流れ落ちる水の他に、この水路で東山の麓を流れ、哲学の道から最後は私の家近くの松ヶ崎疎水まで流れる、と言う不思議な流れです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 京都で起こる殺人事件の多くでは、被害者はここで殺されたり、犯人がここで捕まったり、自白することで有名な、南禅寺の水路閣(水道橋)です。
こうして高さを確保しながら、ゆっくりと北の方へ、一見高低差に逆らうように流れて行く気がする、京都疎水が出来ています。
 クリックすると元のサイズで表示します
 造られてからもう130年ぐらい経ってるはずですが、水漏れもしてないようです。
若い女の子が二人、写真を邪魔するようにずっといてくれましたが、これでなんとなく安心出来ました。
誰もいないと殺されそうな気もする水路閣の下です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 石川五右衛門の「絶景かな絶景かな!」で有名な南禅寺三門ですが、南禅寺全部が拝観中止してるせいもあって、観光客はまばらです。
南禅寺内の目的の天皇陵巡りの一つには、拝観中止で入れずに終わりました。

      返事
toitennさん:私をほめるのは顔だけにして下さい。
     下関の水族館「海響館」の、
    サメ肌以上のシーラカンスは観ましたか?

2021/1/1

初詣  京都
 クリックすると元のサイズで表示します
 12月31日、もう休日何日目か数え忘れましたが、普通なら休日1日目になるんですかね。
2回目の初詣も年末に済ますために、下鴨神社へ行きました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 次男の家に車を置いて、そこから歩いてすぐの下鴨神社の夕暮れです。
なるべく参拝者を撮らないように写してますが、31日ですがそこそこ人はいました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 スマホでおみくじもあるようで、元旦はここに人が並ぶのでしょうか?
前倒しで、孫にお年玉も渡して帰りましたが、紅白もガキの使いもほとんど観ずに、井岡の強いのだけを観て、9時過ぎにはもう布団の中の年の暮れでした。
 クリックすると元のサイズで表示します
   あけましておめでとうございます
 1日は、上賀茂神社に歩いて行く計画は途中で挫折し、近所の新宮さんに3回目の初詣です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 お賽銭もちゃんと出して、家内安全だけではなく、博奕勝利も祈りました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 やっぱり元旦、小さな神社ですが初詣の人は、密と言うほどではないですが、まあまあいます。
新宮神社から大文字山を望みますが、予報では大雪のはずだったんですが、元旦雪は無かったです。

       返事
花水木さん:ネズミですので、昨年が年男です。
    私の人生設計では、今年の丑は、
    多分私の最後の丑になる予定です。

2020/9/14

孫とバス旅行  京都
 クリックすると元のサイズで表示します
 家の前から出てる京都市営の循環バスに2歳の孫V-1と二人だけで乗って、旅に出ました。
バスを見ると喜ぶ孫は、バスに乗るのも好きなようです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 最初に乗ったバスは車庫に入ってしまったので、バスを乗り継いで旅を続けます。
新型コロナ流行までは、京都市営バスは観光客でギュウギュウ詰めが多かったですが、今は日曜日でもガラガラです。
 丁度後輪の上の座席で、高くなっていたので、孫はバスが動くと立って踊りだしています。
 クリックすると元のサイズで表示します
 バスを降りて、喫茶店で、大きなイチゴ氷を、二人で分けて食べました。
祖父と父の甘党氷好きを受け継いだ孫は、手や服をイチゴでベタベタにしながら、手で氷を次々と食べます。
私はスプーンで上品に、しかし全部取られないように急いで、氷を食べます。
 クリックすると元のサイズで表示します
 ほぼ満足した二人は、最後は地下鉄に乗って家まで戻りました。
エスカレーターやエレベーターも好きな孫は、降りたエレベーターに又乗ろうと、閉じたドアが開くのをじっと待っていました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 競馬中継までには家に戻りましたが、孫は幼児番組にしては色っぽいお姉さんをかぶりつきで、祖父はTVを2画面にして、小さな方で競馬中継に夢中でした。
こんなに平和に、孫孝行もしてるのに、競馬はやっぱり入りません、全敗です。

      返事
花水木さん:二階の洗面所も1階と同じく、
    「床のクセが凄い!」ですか?
     皆さん(クレソン畑でつかまえて)も読んで下さい。
      コメントは、どんなものでも嬉しいですよ!
     (どんなものでも)は失礼な言葉になりましたが。

2020/8/17

五山送り火  京都
 クリックすると元のサイズで表示します
 新型コロナの第2波がこんなに早く、暑い夏にやってくるとは思ってなかったヤブ医者で、冬のインフルエンザの時期に第2波が重なったら嫌だなあと、漠然と思っていたぐらいの私です。
第2波もなかなか終息せず、そんなわけで今年のお盆はなにをするでもなく、出かけるのも仕事だけで、暑すぎてクーラーも効かない自宅で、ボーと過ごしてしまいました。
唯一の幸いは、このお盆2週4回の土日競馬は、当たらない三連複を止めて馬連中心で買ったためか、ほんのちょっとの負けで済んだことです。
  写真は昨年の五山の送り火「船形」です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 これまた昨年の送り火「妙」、我が家は特等席です。
京都の三大祭は、秋の時代祭りも早々と中止になって、全滅です。
 スポーツ界も新型コロナ陽性者が増えてるので、今季のラグビーも心配です。
箱根駅伝も、道路上の見物人を排除して、無観客でやるのでしょうか。
 クリックすると元のサイズで表示します
 昨日16日の京都五山送り火は、中止ではなく見物客が密集しないように、縮小と言うことで、最低限のことをすることになりました。
 それでも、近畿放送やNHKBSのTV中継はありました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 マンションが建って、我が家からは、「大」は一番上が見えるだけになってしまっています。
今年は「大」は6カ所だけしか点火しないのですが、元々一番上しか見えないので、今年の形式でも、我が家からはいつもの「大」と同じこれだけです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 「船形」も帆柱の上1カ所だけの点火です。
ちょっと寂しいですし、窓の外から例年は聞こえてくる、見物人のどよめきもありません。
 クリックすると元のサイズで表示します
 クリックすると元のサイズで表示します
 我が家のメイン「妙」も、その日の昼に見てみると、中央に薪を積んでカバーされた白いものが見えました。
今年は山の草刈も、あまりなかったような気がします。
 クリックすると元のサイズで表示します
 そこに点火です。
 
 クリックすると元のサイズで表示します
 ズームしてみると、周りに人影も見え、お題目の声も聞こえてきました。
でも今年は、なんとなく寂しく送り火は終わりました。
我が家のお客さんも娘夫婦と孫の4人だけです。
 送り火は終わりましたが、秋の気配は今日も全くありません、暑い暑い!
自転車通勤も暑いです。

       返事
花水木さん:その当時の82歳ですので、
    今なら100歳以上の感じ、
    60代ではまだまだ老婆には程遠いですよ。
     「老婆は1日にしてならず」ですか、なるほど!
     老爺(ロージ)僕を誰が
         老爺 そんなにしたの
           老爺 悪い夢を忘れてしまおう〜
      私は「傷だらけの老爺(ロージジイ)」です。
タグ: 妙法

2020/7/17

祇園祭中止  京都
 クリックすると元のサイズで表示します
 いつもなら今日は祇園祭山鉾巡行の日、雨を気にしながら、そろそろ出発の時間ですが、残念ながら今年は中止。
秋の京都時代祭りも中止になりました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 中止が決まった頃に、祇園祭山鉾連合会理事長の木村君からこの祇園祭セットが贈られてきました。
自分のエコバッグにしても良いですかね。
 遅ればせながら  ありがとう。
 クリックすると元のサイズで表示します
 もう一人の祇園祭関係者、放下鉾の友人も毎年ちまきをくれます(お菓子付き)。
奈留島にいた頃には、島まで送ってくれていました。
 今年はコロナ退散・終息祈願まで付いていました。
これで我が家には、コロナは入ってこないでしょう。
   ありがとう
 祇園祭のちまき、娘の友人が祇園祭に初めて来て、ちまきを買った時に、「賞味期限は何時までですか?」と尋ねたそうです。
祇園祭のちまきは何も入ってないですが、毎年交換してるので、まあ賞味期限(効果持続期限)は1年ですかね。
 クリックすると元のサイズで表示します
 祇園祭と言えば鱧ですが、立派な鱧寿司も食べました。
もちろんこれも、友達の息子の料理人からのもらい物です。
   ありがとう
 クリックすると元のサイズで表示します
 貰いものばかりで暮らしてる私ですが、これは天からのいただき者、5人目の孫も1ヶ月、元気にスクスク(ブクブク)育って、泣き声も大きくなってきてます。
   ありがたいことです
 梅雨は来週ぐらいに明けそうですが、新型コロナはまだまだですね。

       返事
花水木さん:私も、なんにでも醤油派です。
     彰子夫のYoutubeも、なんとかたどり着きたいと思ってます。
大雪男さん:九州の醤油は、私にぴったりでしたが、
    九州の麦味噌には、もろ手を挙げられませんでした。
     私もじっと野球観戦は出来ません。
    藤川はすぐに戻ってきますが、
    大山は急に打てなくなりました。
 


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ