奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2021/10/21

あさご芸術の森美術館  
 クリックすると元のサイズで表示します
 今回の砥峰高原への旅では、SA・PA・道の駅とトイレ休憩を繰り返しましたが、昼は幻のぶたと呼ばれてますが地味な八鹿豚(ヨウカブタ)のコロッケ定食で、コーヒーは何回か飲みましたが、写真にあげられるようなスイーツは食べずじまいです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 途中に朝来に出たので、あさご芸術の森美術館=淀井敏夫記念館=にも寄りました、JAF割りで450円。
 クリックすると元のサイズで表示します
 ロックフィルダムの前にある美術館で、朝来市出身で日本近現代彫刻の先駆者淀井敏夫(1911〜2005)さんの作品を展示しています。
ダムの前の屋外にも淀井さんの作品が並んでいます。
姫路城横の美術館や鳥取県倉吉の公園でも観たことがある淀井敏夫さんの作品は、嫌味が無いですね。
 クリックすると元のサイズで表示します
 美術館内の淀井敏夫作品は写真撮影もOKでしたが、2階でやってた第9回あさごアートコンペティション2021が、日展観てるよりずっと面白い作品が並んでいて、非常に楽しかったですが、写真撮影は不許可でした。
 クリックすると元のサイズで表示します
 あさご芸術の森には40もの沢山の野外彫刻が並んでいるのですが、毎年の野外彫刻公募展の受賞作品が増えているようです。
 これは公募作品ではないと思いますが、(「最後の午餐」に集合した一同)とは10年前にも一緒に写真を撮りましたが、皆は元気で変わらず歳とってませんが、私だけが10年歳取りました。

         返事
和さん:宝塚北SAは綺麗すぎますので、
    やや面白みに欠けてきてませんか。
     花水木さんはお孫さんの世話で忙しいのかも、
    朝橘さんのブログなども更新が少なくなってるので、
    子供と仕事で手が回らないのかもしれませんよ。
Toitenlabeeさん:観光バスを見るようになってきましたね。
    まあそれが普通なんですが、
    コロナ中の旅行の静かな環境を壊されてると、
    身勝手にも思ってしまってます。
2

2021/10/18

砥峰高原  
 クリックすると元のサイズで表示します
 新型コロナ感染者数もめちゃ減ってきましたね、理由ははっきりしないそうですが喜ばしいことです。
 来月からはインフルエンザ予防接種をしなくてはなりません。
 先週末はいつもの滋賀・福井と違って、西の方向にドライブしようと家を出ましたが、亀岡で道を一つ間違って箕面(ミノオ)方面に出てしまいました。
まあ箕面とどろみICから第2名神に乗れたのですが、負け惜しみですが「とどろみ」を「止々呂美」と書くことを知ったのは収穫?です。
 そこからその日は、SA・PA・道の駅など10ヶ所ほどでトイレ休憩をしながらの旅でしたが、先ずは乗ってすぐの手塚治虫や宝塚歌劇の宝塚北SAでトイレとコーヒーです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 予定通り?そのまま中国道・播但連絡道を通って砥峰高原(トノミネコウゲン)(兵庫県神河町)に行きました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 90haの広さの草原ですが、90haはこの写真の4倍ぐらいになるのですかね。
 クリックすると元のサイズで表示します
 ススキは丁度満開か少し早いかですかね。
もう秋でしたが、今日の寒さと違って3日前は、上天気の下を歩くと暑いぐらいでした。
 クリックすると元のサイズで表示します
 上の展望台まで登りました。
下に小さく見えるレストハウスと駐車場の車、平日でもあるので、なんとかここまでぐらいなら登れる私たちぐらいの年齢の人が多かったです。
駐車場(500円)も満車、そろそろ観光客が増えだすのは良いことでもあり、私に言う資格ないですが、うっとおしいことでもあります。
 クリックすると元のサイズで表示します
 10年前青野原病院にいた頃に「ノルウェイの森」のロケ地で有名になっていたので、行きたかったのですが、やっと行けました。
NHK大河の「平清盛」や「軍師官兵衛」もここでロケしたようで、現在上映してる「燃えよ剣」の撮影地でもあったようです。
松山ケンイチや岡田准一は砥峰高原が好きだったのですかね。
2

2021/10/9

紅ズワイ蟹  
 クリックすると元のサイズで表示します
 10月1日に非常事態宣言も解除されて、一応どこに行っても良いことになりましたが、そうなるともうどこも行きたくなくなって1週間。
1週間たつとやっぱりどこかに行きたくなって、松葉ガニではないですが、紅ズワイガニは解禁になってるので、越前海岸までゆっくりドライブ。
 その日の日本海はべた凪です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 クリックすると元のサイズで表示します
 紅ズワイ定食と刺身定食を二人で分けあって食べました。
紅ズワイも、濃厚さでは松葉ガニに負けますが、身も詰まっていて、二人で食べて十分の量。
刺身がまた美味しく、やっぱり海のそばに住みたいですね。
カレイ?の煮つけも、抜群のお味で、イカの入ったマカロニサラダさえ美味しいですし、これでファミリーレストランで食べるのより安いぐらいですので、3時間かけて来た甲斐は有りますね。
 クリックすると元のサイズで表示します
 せっかくなので越前海岸のもう少し先までドライブ、久しぶりに呼鳥門(コチョウモン)も見学。
大学生の頃や子供と一緒に来た頃は、洞穴の下は国道だったので、車でくぐれましたが、今はトンネルが出来きれいに整備されて、真下には行けないようになっていました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 もう少し行くと有名な東尋坊なのですが、越前海岸一番北ぐらいのこの鉾島(ホコジマ)も、東尋坊と同じ玄武岩の柱状節理で出来ていました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 帰りはちょっと北陸自動車道路にも入りましたが、南条SAはやけに車が多いと思ったら、併設の道の駅が丁度その日にオープン、綺麗で綺麗で、道の駅にしては綺麗すぎるし、人も多かったので、休憩は次のPAに変更。
 クリックすると元のサイズで表示します
 PAで、パンナコッタとパイナップル入りのメロンフローズンジュースという、わけが判らんジュースを飲んで休憩。
疲れて帰ったら、阪神はヤクルト3連戦初戦を落として、これで優勝はかなり難しくなりましたね、お疲れ様でした!

        返事
Toitenlabeeさん:なんで桜のコメント、
    と思ってしまいましたが、
    私が桜や花見を書いたからですね。
    なんか最近本当のボケが進んできています。
2

2021/8/3

梅花藻  
 クリックすると元のサイズで表示します
 先々週は4連休、先週はいつもの3連休です。
金曜日は、ちょっとでも涼しい所と、滋賀県米原近くの醒井(サメガイ)までドライブ。
JR醒ヶ井駅前に車を停めて散策ですが、日なたは暑い。
 写真は、滋賀県ではおなじみのヴォーリスさんが設計した旧醒井郵便局です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 中山道醒井宿は、日本武尊の伊吹での熱を醒ました湧水「居醒の清水(イサメノシミズ)」が湧いてる清流の郷。
この清水を源流とする地蔵川に沿って歩きました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 この地蔵川には、梅の花そっくりなキンポウゲ科の水中花「梅花藻(バイカモ)」が無数に咲き乱れていました。
5弁の花の梅花藻は、水温が年間14℃前後の清流にしか生息しないそうです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 丁度今が一番の見ごろの様で、我々ぐらいの人が少しは見に来ていました。
水は冷たく、期待通り木陰は涼しいです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 西行法師がここの茶店で休憩したところ、茶店の娘が西行に恋をし、西行が立ち去った後に飲み残した茶の泡を飲んだところ、懐妊して男の子を産んだという、火野正平も真っ青な話がある「西行水」。
 この真上は名神高速道路が走っていて、絶えず車の音がするのは欠点です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 関東からの帰り道に、再びここを訪れた西行は、この話を聞き、「泡から生まれた子が我が子なら、元の泡に帰れ」と、祈ったところ、子供は元の泡になっちゃったそうです。
これはどんな意味の教訓話なんですかね。
 クリックすると元のサイズで表示します
 もうこれ以上は子供は作らないと決めているので、私はお茶は飲みませんでしたが、この梅花藻ソフトクリームは食べました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 長浜で、少し遅めのランチをいつもの店でとって、この日は結局琵琶湖を一周ドライブして帰りました。
帰りの道の駅で食べたアドベリーフロートですが、こちらのソフトの方が梅花藻ソフトより美味しかったです。

       返事
じょんのびかあさんさん:元気なら安心しました。
    ブログ書く人は、せめて月に1回は更新してもらわないと、
    心配しますよ。
2

2021/7/19

越前大野  
 クリックすると元のサイズで表示します
 先週は、温泉でも浸かってボーとしていたいなあと思いつつ、結局日帰りで蕎麦でも食べに行くことに日和ってしまい、越前大野までドライブです。
 小京都と言われてる越前大野には5回以上は行ってますが、やっと越前大野城にも登りました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 今流行の天空の城と言われてる割には、それほど高い山城ではなく、本当にこれで雲海に浮かぶことがあるのか、と思うぐらいの山の上にあります。
暑い日でしたが、ほとんど木陰の登り道だったので、ゆっくり歩いて天守までは20分ほどで、なんとか登りきれました。
 天守は昭和43年に再建で、登城料300円です。
元は織田信長家臣金森長近の築城です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 天守に登って、碁盤目状の町割りになってる大野城下を見下ろしました。
再開発したのかどうかわかりませんが、町筋は意外と広いです。
 麓の駐車場に停めた愛車も、まだ新しいので暉って見えました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 大野で一番有名な蕎麦屋でおろし蕎麦を食べる目的は、店が改装中で休業してるので、達成不可能。
 方針を全く転換して、こじゃれた喫茶店でコーヒーと水ようかんアイスの昼食でしたが、このコーヒーが美味しかったので当たりです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 越前大野は町中に湧水が湧いていますが、この湧水をここでは清水(チョウズ)と呼んでいます。
 クリックすると元のサイズで表示します
 信長に敗れて一乗谷から逃げてきた、「麒麟がくる」でユースケ・サンタマリアが演じてた朝倉義景は、ここ大野で自害したようで、墓所も水で囲まれていました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 墓所の前の義景清水(ヨシカゲショウズ)、湧水も多いですし、冷たい!
 クリックすると元のサイズで表示します
 武家屋敷旧田村家(300円)
大野藩家老田村家の屋敷を解体復元した建物で、300円の値打ちは無いのですが、「風車棚」を作って人を集めていましたので、若い人もパラパラとは来てました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 暑い日なので、縁側に座って風にあたったり、暗い室内でゆっくり涼んだので、まあ300円は許します。
 クリックすると元のサイズで表示します
 クリックすると元のサイズで表示します
 クリックすると元のサイズで表示します
 蕎麦を食べ損ねたので、越前海岸まで足をのばして、岩ガキ・船盛り・撮影時は残骸になってた鬼エビの塩焼きの、遅い昼兼早い夕食を食べて帰りました。
73歳になって、私の日帰りドライブも、片道3時間ぐらいのこの辺が限界になってきたようです。

       返事
Toitenlabeeさん:Toitenさんの昔は、
    どれくらい昔のことですか。
2

2021/7/5

吉野へ2.如意輪寺  
 クリックすると元のサイズで表示します
 鳥のさえずりさえも聞こえない静かな朝に、ゆっくりと庭を観ながら、龍に見られながら朝食を食べ、竹林院を出発。
車で数分の今回の最大目的地、後醍醐天皇陵の有る如意輪寺(ニョイリンジ)を目指しました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 江戸時代に真言宗から浄土宗に改めた南朝勅願寺如意輪寺の本堂です。
楠木正成の息子正行(マサツラ)が大阪四条畷(ナワテ)の合戦前に、この本堂の扉に鏃(ヤジリ)で辞世の句を刻んで、出陣しました。(まあ、違法落書きと同じと言えば、そうなんですが)
 クリックすると元のサイズで表示します
 如意輪寺には後醍醐天皇陵があり、これは無料で巡れますが、500円の拝観料で入った所には、後醍醐天皇御霊殿もありました。
内部には天皇ご自作の木像があるそうです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 500円の拝観料ですが、庭はたいしたことは無く、宝物殿の正行公の刻んだ辞世之扉は有りましたが、写真撮影は禁。
 まあ吉野の谷が見渡せる宝物館からのこの眺めは、桜の時に来たら総観でしょうね。
 クリックすると元のサイズで表示します
 楠公父子の石像も、それ程立派なものではありませんでしたが、
   青葉繁れる桜井の〜♪♪ 
    里のあたりの夕まぐれ
     この下かあげに駒とめて〜
と、この時代には育ってないにしては、軍歌や桜井の別れの歌が、自然に口から出てくる私です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 と言うことで、帰りには奈良県宇陀に有る、高台にあって写真のようにほっこりする皇后陵にも寄って(今回で4回分巡れる)、吉野の旅を終えました。
 今はまだどこもガラガラで(私の行く所がマイナーのせいもありますが)、旅行に行くなら、オリンピック前で夏休み前でもある今かもしれません。
2

2021/7/2

吉野へ2.竹林院  
 クリックすると元のサイズで表示します
 観心寺から吉野までは予想以上に近く、昼頃には着きました。
先ずは天婦羅と葛うどんを二人で分けて、私のメインランチは写真の葛しること葛もちです。
さすが吉野葛で有名な本場の葛しるこ、初めてこんなお汁粉を食べましたが、美味しい上に腹一杯になりました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 金峯山寺蔵王堂(キンプセンジザオウドウ)は国宝で、奈良の東大寺大仏殿に次ぐ木造大建造物ですが、こんな山の上に建てるのは大仏殿より大変だったでしょうね。
 クリックすると元のサイズで表示します
 蔵王堂正面に、玉垣で囲まれ4本の桜が植えてある大塔宮御陣地跡、ここで北条幕府の大軍に囲まれた後醍醐天皇第2皇子護良親王(モリナガ)が、最後に皆で酒宴を開いた所らしいです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 二天門跡には、村上義光公忠死之所の碑が立ってました。
酒宴の後に、義光は大塔宮護良親王の鎧兜を身に付け、その身代わりとして腹かき切って最期を遂げたので、その間に護良親王は高野山に落ちのびることが出来たそうです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 ここで敗れ去った南朝方の涙雨か、雨が強く降ってきたので、急いで宿に戻ろうとしたのですが、途中こじゃれた喫茶店で雨宿り。
コーヒに付いていた左の角砂糖のような葛の干菓子、これが干菓子とは思えないくらい美味しかったので、思わずお土産に買ってしまいました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 吉野で泊まったのは、宿坊のような旅館「竹林院群芳園、大きい旅館でしたがその日はたったの3組4人だけで、男は私一人だけで、他の2組はおばさんの一人旅とのこと。
 クリックすると元のサイズで表示します
 竹林院内の庭園群芳園(グンポウエン)は、大和三庭園の一つに数えられています。
豊太閤の吉野山観桜(1594年)の際、千利休がそれまであった物に手を加えて、今の桃山風庭園にしたそうです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 食事も風呂も我々だけの貸し切りのような感じで、食事は明治の重鎮たちが会議したような部屋で、掛け軸の龍に見守られながら、ゆっくり静かに食べられました。
 宿泊場所は空いてるのが一番ですね。

返事
Toitenlabeeさん:さすが!もう食べてるんですね。
    ここの生クリームは、カロリー少ない上等の砂糖を使ってるので、
    罪悪感なしに食べられると、TV は伝えてましたよ。
     私は「明智小五郎と少年探偵団」で育ってます。
 
2

2021/6/30

吉野へ1.観心寺  
 クリックすると元のサイズで表示します
 東京は第5波?が、京都もまだ蔓延防止下の世の中ですが、天皇陵巡りの在庫も尽きかけなので、久しぶりの吉野への1泊旅行です。
 第2京阪・近畿道と大阪の高速道路を久しぶりに走りましたが、都会の道路はトラックも多く何車線も有るので、緊張しました。
着いたのが、大阪府河内長野市の観心寺(カンシンジ)です。
  クリックすると元のサイズで表示します
 高野山真言宗観心寺(300円)のこの金堂は、前に石柵囲いの弘法大師礼拝石がありますが、一見そうは見えない国宝です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 子や孫など増えれば、また悩みも増えるので、最近神社仏閣で祈るのは家内安全ばかりで、賭け事の勝運祈願まで手が回らなくなっています。(宝塚記念も獲れてません)
ここでも、家内安全のお線香を選んで、立てるのではなく横にして置いておくそうです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 観心寺に行った目的は、境内に後村上天皇陵があるためで、南朝ゆかりの寺で千早城も近く、楠木正成公御首塚もありました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 山門前には楠木正成銅像(大楠公)もあります。
15歳以上年長の皇国史観で育った従兄弟の残した本を、田舎に行ったら必ず読んでいた私は、小学生から中学ぐらいまでは、私の一番の英雄の一人は楠木正成でした。
この銅像と同じような皇居前にある楠木正成銅像を、中学の修学旅行のお土産に買って帰ったことを思い出しました。
「かあさん!僕のあの銅像どうしたでしょうね、夏・・・・」
 クリックすると元のサイズで表示します
 観心寺でも、手水鉢に花が浮かんでいました。
今はやりですが、紫の紫陽花はなかなか良いですね。
 ここから吉野までは、五条を抜けて意外と近かったです。

        返事
Toitenlabeeさん:伏見にも「ふたば」あるそうですよ。
     この前TVで、城陽の懐かしい「シェル」横にある、
    フルーツサンドの店を紹介してましたが、美味しいのですか?
1

2021/6/2

岡寺  
 クリックすると元のサイズで表示します
 奈良県桜井の山奥に有る宮内庁治定陵墓を訪ねるために、緊急事態宣言下でありましたが、先週土曜日は他府県までドライブ。
二つのうち一つは、どこだかわからずにたどり着けませんでした。
 疲れはてて傷心のまま寄った店で、野菜のピザを食べて、ちょっと力を貰いました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 元気になって、飛鳥の地にある岡寺に初めて行きました。
てっきり聖徳太子ゆかりの寺と思ってましたが、西国三十三カ所第七番札所でした。
拝観料400円。
 クリックすると元のサイズで表示します
 クリックすると元のサイズで表示します
 真言宗のお寺は色々と商売上手と言うか熱心です。
今はやりの手水鉢に花を飾る手法もしてました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 岡寺のご本尊は如意輪観音像(重要文化財)で、わが国最大・最古の塑像です。
インド・中国・日本の三国の土を使って、何でもできる弘法大師が造られたそうです。
 丁度特別拝観期間だったので、近くで見ることが出来ましたので、その大きさはなかなか迫力ありました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 天智天皇に育てられた義淵(ギエン)(?〜728)が開基した岡寺ですが、義淵僧正はこの飛鳥の農地を荒らす悪龍を、その法力によって石の蓋を持ってこの写真の小池に封じ込め、改心した龍は善龍となってこの池に眠ってる為に、この池は龍蓋池と言い、岡寺の正式名称も龍蓋寺(リュウガイジ)と言うそうです。
 善龍になったのなら、もう閉じ込めておく必要もないと思うので、この石を動かして龍を逃がしてやったらどうなるんですかね。
 クリックすると元のサイズで表示します
 奥之院には石窟も有りました。
こんな場所は怖いのですが、記念写真に私もおさまりました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 岡寺の創建は奈良時代のようですが、もう奈良時代の面影はない寺になっていました。

 交流戦、やっぱり阪神は苦戦してますが、巨人も勝てないのでなんとかもってますね。
ダービーも私は苦戦どころか、完敗でした。
 
       返事
花水木さん:私は中島みゆき本人が歌う方が好きです。
    好みの顔の、中島みゆきが目に浮かぶからです。
Toitenlabeeさん:熊を見たら私の方が驚きますよ、
    たとえメス熊であったもです。
2

2021/4/18

紫式部公園  
 クリックすると元のサイズで表示します
 京都も新型コロナ1日感染者が100人になり、大阪・神戸や奈良さえも行きにくくなり、家で自粛が筋なんですが、じっと家に居られない性分なので、福井県の人の少なそうな所へドライブなら良いかと出発しました。
越前大野城を目指しましたが、ゆっくりしすぎて時間が足らなくなりそうなので、武生まででUターンして帰る途中に、誰もいない紫式部公園に行きあたりました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 なんで越前市に紫式部公園と思いましたが、越前国司に赴任した父藤原為時に附いて、紫式部は若き日の1年半を武生で暮らしたそうです。
 十二単衣を着た金色の紫式部が、どこを向いているかと言えば、
 クリックすると元のサイズで表示します
 目の前の寝殿造庭園と、その向こうの日野山の美しい姿を、郷愁の思いでながめてる姿らしく、文化勲章も受賞してる圓鍔勝三(エンツバカツゾウ)さん(全く知りませんでしたが)の作です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 もう少しで満開になりそうな大藤棚もある紫式部公園ですが、少しだけ桜も残っていましたが、金曜日のせいでもあるのか、人は誰もいませんでした。
 クリックすると元のサイズで表示します
 近くでたまたま捜せた蕎麦屋さんで遅めの昼食も、人気もあるせいかお客さんも密にならない程度には多く、座敷も立派です。
名物おろしそば(700円)、辛いですがダシの味もよく、たいへん美味しく当たりでした。
 土日は雨、阪神は調子良いですが、皐月賞はダメで、私は又下り坂です。

      返事
大雪男さん:10ゲーム以上離しても負けた年が有るので、
    まだまだですが、近本が今日は4安打でした。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ