奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2015/8/24

城岳展望所  富江
  クリックすると元のサイズで表示します
 台風15号が戻ってきて、長崎直撃コースを進んでいるようですが、今の所はまだ静かな当直です。
 8月22日(土)・23日(日)は天気も良く当直でもなかったので、一人で福江島の夏の名残りを求めてブラブラとドライブ。
 22日は岐宿にもある城岳の城岳展望所まで登ります。
 クリックすると元のサイズで表示します
 登ると言っても奈留島の城岳と同じく、ほとんどは車で登れますし、駐車場からは急な階段をふた息ぐらいついて登ると、このテレビか電話の鉄塔を兼ねた展望所に到着。
 クリックすると元のサイズで表示します
 左の方の眺めは、三井楽の半島から三角形の姫島まで見下ろせますし、はるかかなたは東シナ海。
 ただ一人居られた上等な写真機を持った地元の人が、写真中央の姫島にも小学校が有ったと言われたので、びっくりです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 右の方の眺めは、いつもの風車の向こうはるか海上にぼんやりと見えるのは(写真でははっきりしませんね)宇久島と説明されました。
そして右にある小さな島はホゲ島です(ここから見えるとは驚きです)。
  クリックすると元のサイズで表示します
 ズームにしてみると、確かにホゲ島です。(花水木さん、ズームにするとはっきり右上に黒点が出てますよ!キミマロ寿命か!)
 この後ホゲ島に向かいましたので、次回はホゲ島です。
クリックすると元のサイズで表示します
 そして眼下には、いつもの魚津ヶ崎公園といつもの灯台がある小さな島が見えてます。
 クリックすると元のサイズで表示します
 魚津ヶ崎ではヒマワリが咲き乱れているはずだったのですが、数本だけ枯れずに残ったヒマワリがあるだけで、夏も終わりです。
 左が姫島、中央は灯台のある小島です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 すぐ近くにある浜田海水浴場も、夏は終わっていました。
 向こうに見えるのは、これまた姫島です。

      返事
花水木さん:いつもいつも好反応、ありがとうございます。
大雪男さん:1年500個で10年と計算しましたが、
    冬は食べない日が多いので、目標は2千個に訂正します。
どきんちゃん@うらやましーさん:奈留の親和銀行も閉めましたね。
和さん:男の人形と違うので、なんか楽しいですよ!

2015/8/21

十八銀行のマーメイド  富江
 クリックすると元のサイズで表示します
 富江の町中、商店街の一角にある十八銀行、富江にある唯一の銀行なので、給料振込み用にここの口座を私も持っていると思います。
 その銀行の前に鎮座するマーメイド、この像が何の為にあるのか、やや理解に苦しみます。
人魚は木に登っているのか、富江は珊瑚漁で栄えた町なので、たぶん珊瑚と人魚なんでしょうね。
でも、お堅い銀行とこの国籍不明(人魚に国籍を求めるのもおかしいです)で、それに色っぽくはないですが一応半裸の像は、ミスマッチのような気もします。
 クリックすると元のサイズで表示します
 昔はお天気時計が付いていたようですが、今は壊れて取り払われたのか、表の時計はいつも9時すぎです。
定期的にペンキの塗り替えはしてるようで、それほどうらぶれた感じはありませんが、ちょっと不思議な銀行前の景色です。
 十八銀行はいわゆるナンバー銀行というやつで、歴史は古いと思いますし、経営は今年度も大幅黒字で安心しています。
 クリックすると元のサイズで表示します
 裏の時計はいつも2時7分。
ナンバー銀行;明治5年(1872年)制定の国立銀行条例に基づいて設立された国立銀行(国営ではなく民間銀行)の銀行名で、許可順に付された番号がそのまま銀行名にになっています。
 *第一国立銀行(現みずほ)から第百五十三国立銀行まであります。
 *今も当時のまま残ってるのは、第四銀行(ダイシ)(新潟)・七十七銀行(シチジュウシチ)(仙台)・
   十六銀行(ジュウロク)(岐阜)・百五銀行(ヒャクゴ)(三重)・百十四(ヒャクジュウシ)(香川)と
   この十八銀行(ジュウハチ)(長崎)の6行です。
 *ちなみに昔あった三和銀行は、34+13+148の三行が合併してこの名になったそうです。

        返事
花水木さん:ビンゴは女の人が当たる確率が高い気がします。
    念じ方の気の入れ方が違うようです。
     私はビールはもうあと10ダースぐらいしか飲めないでしょうが、
    アイスはあと五千個は食べたいです。
福山市さん:目標はいつも低めにおいて、それをクリアして、
    安心して終わってしまうこと多かった人生なので、30回以上に訂正します。
大雪男さん:日本一周を1回はやりたいとは思っています。
和さん:玉之浦まで40分ぐらいなので。
どきん@おめめが可愛いさん:???

2015/8/17

玉之浦港まつり  富江
 クリックすると元のサイズで表示します
 8月11日(火)は富江まつり、その晩五島は50年に一度の大雨が降ったようですが、夜中雨音が激しく、フークがごそごそしてるのかなあと思ったぐらいで、特に周囲にも実害はなかったようです。
8月12日(水)午後には、雨もほとんど止んで少し波が高いぐらい、昨年は三井楽夏まつりに二人で行ったので、今回は玉之浦港まつりに一人で参加。
 クリックすると元のサイズで表示します
 五島市がまだ合併してない頃にそれぞれの町で始まった夏祭がそのまま続いているようですが、富江まつり・三井楽夏まつり・奈留夏まつり・玉之浦港まつりとそれぞれ少し名称が違うところもあります。
 クリックすると元のサイズで表示します
 カラオケ大会の間は、一人で30分ほど玉之浦の夕暮を散歩、この津軽三味線の演奏から聴きだしました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 五島弁で歌って、今や全国区になりつつあるベベンコビッチライブショー、やっぱり上手です。
左の女の人は、昨日の富江まつりで最初に歌っていた演歌歌手のうらくみこさんです。
 富江でよりも、誰も知ってる人がいない玉之浦の方が、寂しいですが安心して観てられます。
そう思っていたら、奈留島の住民に会ってしまいました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 富江ではオネオンデ、福江ではチャンココ、三井楽ではオーモンデ、そしてここ玉之浦ではカケと呼ばれる踊り、基本的には鉦と太鼓に合わせて死者を弔って盆に踊るのですが、衣装は少しずつ違います。
 クリックすると元のサイズで表示します
 ビンゴゲームの紙も全員貰えましたし、商品も豪華そうでしたが、私の紙はほとんど開くことなく終わりました。
こういう時家内はすごく強いと、またまた一人の寂しさの中、最後は花火が海の上にあがります。
海上に光が反射して、涙でではなくにじんで、綺麗でした。 
  早くも今年の夏は終わりですかね、あと夏は15回ぐらい。

      返事
大雪男さん:阪神はまだまだこれから、また落ちていくのか、
    調子に乗って勝ち続けるか、予想つきにくいです。
     巨人が予想以上にもたついて(昨日の9回は最低)、弱い中日にもあれほどサービスしてもらいながら負けるのですから、
    笑いが止まりません。
花水木さん:五島の花火は、気力&体力や努力を全く必要とせず、
    のんびり観られるので良いです。
綾部のとしちゃん:県民ショー見ませんでしたが、
    長崎の甘い味つけは、私にはよくあっています。

2015/8/14

富江まつり  富江
 クリックすると元のサイズで表示します
 8月11日(火)は第41回富江まつり、41回目と言うことは、私が医者になった年から始まったのかと思うと、なんとなく…なんとなく・・・です。
 夕方7時前に、ブラブラとそして寂しく、おじいさん一人で会場の富江小学校の運動場まで行きました。
アコウの木の下に、けっこうな人が集まって来ています。
奈留の夏まつりよりか、さすがににぎやかです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 うらくみこ歌謡ショーが始まった7時過ぎには、さすが日本の西のはて、まだ空は明るいです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 龍崎鬼一朗ライブの7時半には、少しづつ暗くなって、一人で遠く隅の方でじっと見てる自分が、寂しくなりましたので、明日の朝食用に買ったパンを食べてしまいました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 一番有名だと思う五島つばき歌謡ショーが始まった8時には、陽はすっかり暮れて周囲は暗くなっています。
 ちなみに3人の歌手共に五島の福江島出身です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 今年の花火900発は、帰って富江病院の屋上から見ることにしました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 昨年はこの屋上で、研修医・看護助手さん・看護婦さんや家内も一緒に賑やかに見ましたし、フークは官舎で音だけ聞いていたんだと思います。
今年は、院長と遅出の看護婦さんの3人だけで、しんみりと見ました。

     返事
花水木さん:安心して下さい、
    私も泣きながらブログ又始めています。
綾部のとしちゃん:元H病院のとしちゃんの同僚のMさんからです。
    富江病院の看護婦さんからも花貰いましたが、でも犬に花が届いたことにびっくりしました。
和さん:町民センターは長い歴史があったのですね。
商家の嫁さん:basil.ocnの方にメール送りましたが、
    Nifty.におくればよかったですよね。

2015/8/10

くちびるに歌を  富江
 クリックすると元のサイズで表示します
 8月は一人です。
官舎のドアを開けても、フークは出てきてくれません。
薄情な人間ですので、毎日泣いて暮らしてはいませんが、最近は少し忙しいのと、やっぱり書く意欲が少し薄れたので、ブログ更新滞ってしまいました。
   また元気に更新続けたいと思います。
 クリックすると元のサイズで表示します
 病院から歩いて3分ほど、富江支所の横に、町民センターの建物があります。
 クリックすると元のサイズで表示します
 この2階には、ゴリラはいますが人はあまりいない小さな図書館もあります。
家内はここで本を借りていますが、私は奈留の図書館か福江の図書館で借りてるだけです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 8月6日(木)夜、ここの3階で五島の中学生を主人公にした映画「くちびるに歌を」の上映会がありました。
 今年の春に全国で上映された映画で、家内も京都の映画館で観て、島の中学生らしい映画だったと感激していました。
 私の小学校の担任の先生が「心に太陽を・くちびるに歌を」のフレーズが好きだったのも思いだしたので、観に行きました。
    当日券600円
 クリックすると元のサイズで表示します
 上映の前には、監督さんからの手紙の紹介や主催者挨拶などもあって、なんとなく小さい頃の夏休みに学校の運動場で会った野外映画上映会の雰囲気です。
 画面も小さくしわがよっているのも心配でしたが、上映が始まったら、五島のよく見る景色や話に引き込まれて、そんなことは気にならなくなっていました。


    返事
和さん:泳ぐのはそれほど好きではなっかたフークです。
    その数少ない姿を見ていただけたのですね。
花水木さん:フークが幸せだったかどうかはわかりませんが、
    私たち家族はフークによってかなり幸せになりました。
大雪男さん:ブログを読んでいると、
    植木職人は危険でかなりハードな仕事ですね。
綾部のとしちゃん:「先生もお疲れ様でした」って、
    私はまだ元気!
商家の嫁さん:花ありがとう!差出人が嫁とは気づかず、
    商家の旦那さんにお礼のメールをしてしまいましたので、盗み読んで下さい。
アケトンさん:「じょんのび」でコーヒーを飲んでる間に、
    前庭に置いてけぼりのフークがリードをかみ砕いていたことも、懐かしい思い出です。
福山市さん:若い時のフークは、
    奈留島海鮮グルメウオークでも、奈留島中をずっと歩いて行けてたのですよ。
ともぞうさん:富江の人のようですね、ありがとうございます。
   犬連れでなくても、散歩するようにしていますので、お声かけて下さい。

2015/7/24

台風  富江
 クリックすると元のサイズで表示します
 6月末から7月は、五島はあまり天気が良くなかったですね、台風も何個か少しだけ近づき、土・日は天気の良くない日が続きました。
今週末も台風12号が、五島にはやや心配な経路で近づいています。
先々週には、長男家族が来島してくれる予定でしたが、台風で運悪くその日だけ飛行機が飛ばなくなって、キャンセルになりました。
 (花水木さんご指摘の右上の黒点、やっぱり付いていますね。キミマロピンチ!)
 クリックすると元のサイズで表示します
 先週時々晴れた時の夕陽も、ちょっと不気味な感じでした。
 クリックすると元のサイズで表示します
 先に来ていた末娘も、台風で天気が悪く、可愛いがってる甥も来ないし、父親の手術の付き添い以外は手持ちぶたさ。
 3人で黒瀬まで荒れた海を見に行く日もありました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 夫婦して仲良く?共同作業?何にするのか、荒ぶる海の撮影です。
こういうノー天気な老夫婦が、台風を見に行って波にのまれるのでしょうか、と言いつつ、今週末も台風見物かもしれません。
  (末娘写す)

       返事
花水木さん:70歳までは癌・心筋梗塞・脳卒中にならないと、
    信じて暮らしていますが、これも少し危うくなってきています。
和さん:若い時から局麻の時はけっこう患者さんと、
    「難しいなあ」などと言いながら、手術をするタイプです。
大雪男さん:年寄りで片目だったら、患者さんは心配でビビりますかね。
綾部のとしちゃん:白内障手術中見えてはいましたが、恐怖心を感じるほど
    はっきりとは見えていませんでした。
     局麻の患者さんは90歳以上なので、このブログは読んでないと思います。
福山市さん:視界は明るくなりました。もう少し外科続けられそうです。

2015/7/6

3人の研修医  富江
 クリックすると元のサイズで表示します
 7月に入っても雨が続き、明け方に官舎の庭にフークを出してやる時もまだ冷たいと感じて、夏がまだ来ない五島です。
 4日(土)、予報より早く雨が降ってきましたが、富江病院に7月に来てくれている3人の研修医と、ぐるっと福江島観光に。
 医療のことは他の先生に教えてもらって、奈留の時も富江の時も、私の役目は遊びと観光案内です。
 いつものように大瀬崎灯台からですが、灯台もかすみがち。
 クリックすると元のサイズで表示します
 富江小学校のアコウの木にも素直に感動してくれていたので、玉之浦のアコウにも案内。
この木はどの方向から撮っても、女神さまでなく男3人でも、後光がさしてきていますね。
 クリックすると元のサイズで表示します
 いつも撮る高浜海岸も雨、もっともっときれいな海の色の時の五島を見てもらいたかったのに、残念です。
それなりに感激してくれていた3人に、天気のいい日に、もう1回見に来てもらうことを頼みました。
 今の若い人は、個々に会うと皆しっかりしています、私の若いころはもっともっとだめで、年上の人とまともに話せなかった気がしています。
 クリックすると元のサイズで表示します
 鬼岳も景色はあまり見えませんが、雨のため緑が余計にきれいだなあと、強がりを言ってみました。
 長崎大学からの福岡人、杏林大・埼玉医大の東京人、三人三様ですが、自分の子供より若い人と一緒にいることが不思議です。
医者になりたての頃、70近い老人医と話することなんか思いもしなかった私ですが・・・。
 クリックすると元のサイズで表示します
 最後に鐙瀬(アブンゼ)でまた写真、結局どこの観光スポットも、僕たち男4人だけで誰もいません。
雨だったのですが、7月の土曜日にこれでは、五島観光もやや心配。
 結局小雨がずっと降り続いて止みませんでしたが、寿司食べて、男4人でお茶もして、なんとかメインレースを買える時間には富江病院まで帰ってきました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 皮肉にも、夕方7時過ぎにはこんな夕焼けが。
 先週の宝塚記念では、痛恨の判断で3連複15万円馬券を逃して、「もう競馬しばらく止め」と、嫌になっていましたが、帰ってあまり考えずささっと買った、土曜の3連複4頭ボックスで2万円馬券が当たり、JRAのちょっと勝たして続けさすの企み通り、又続けます。

     返事
綾部のとしちゃん:キミマロのファインダー付きがほしいので、
    今のが壊れたら買う予定ですが、どうでしょうか?
花水木さん:この雑誌の「大人の」は、純粋の「大人の」です。
    私は不純な「大人の」をより好んではいますが、このような普通の「大人の」にも
    接している人間ですよ。

2015/6/28

大白瀬・小白瀬  富江
 クリックすると元のサイズで表示します
 富江病院屋上から、目の前にひろがる富江湾を眺めます。
対岸の右側の山が鬼岳、左の画面外が湾の奥の田尾の海岸です。
目を凝らすと、中央小さく白い灯台が見えますね、その向こうに二つの岩が見えますかね。
これが前回飛行機の上から見下ろしていた、大白瀬・小白瀬(オオシラセ・コシラセ)です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 今度は、鬼岳の山の上から見下ろした富江湾、その真ん中に二つある岩がそれです。
向かいの左端に隠れている辺りに富江病院はありますし、右の白い辺りは田尾の陸橋。
 クリックすると元のサイズで表示します
 続いて田尾の陸橋からの写真です、左の鬼岳は判りますね。
この写真なら、富江湾に浮かぶ二個の岩礁が解かっていただけると思います。
  クリックすると元のサイズで表示します
 田尾の海岸に移動して、キミマロズームで少しアップした、左の鬼岳よりの大きな方が大白瀬です。
 昔々、鬼岳に力大臣と言う暴れ者が住んでいて、山の上から大きな岩を投げては、麓の村人を脅かしていました。
ある時、知恵大臣が「対岸の富江まで岩を投げて届くのか?」とけしかけました。
「あたりまえじゃ」と、怒った力大臣は岩を投げましたが、届かず富江湾に落ちてしまいました。
あわてた力大臣は、もう少し小さな岩を投げましたが、少し遠くに飛んだだけでした。
力大臣はこのことを大いに恥じて、もう暴れることはやめたそうです。
 この時投げて届かなかった大きい岩が大白瀬に、もう少しとんだ小さい方の富江側の岩が小白瀬になりましたとさ。
 クリックすると元のサイズで表示します
 もっとキミマロズームで寄ってみると、左の大きな方の大白瀬は、よくここまで投げたなと思うぐらい大きな岩です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 ちょっとは投げやすそうな、右の小さな岩の小白瀬、鳥の糞で白くなっていますが、この為白瀬と言う名が付いたのでしょうか?
 噴火している鬼岳を実際に見た人類がいたかどうか知りませんが、火山と岩礁を組み合わせて、上手に話を作っていますよね。
 それに、大いに恥じた力大臣も潔くて偉かったですよね。


     返事

花水木さん:最近のTV、しわ一本まで映りすぎて、
    年配の女優さんは気の毒ですね。
    でも、TV映りが良い白塗りべったり化粧ばかりが流行ってるようで、
     これがしわ以上に私は嫌いです。
どきん@お馬が好きですね!さん:はじめまして、かな?
    英語版もあるんですね、私は「人間交差点」が好きでした。
和さん:ご主人も阪神ファンですか!!!
    子供の時には、甲子園に行ったらダブルヘッダーさえ両方勝ってたのですが、
    大人になってからは、観に行って勝ったことがありません。
大雪男さん:サンセット77のクーキーを真似て、髪を梳かしたこともありましたね。
    あの頃はアメリカ文化への憧れが、半端でないほど強かったです。
    10代の私は、1ℓの紙パック牛乳と、その他大勢役のグラマー美人に憧れていました。

2015/6/24

富江ー京都往復で  富江
 クリックすると元のサイズで表示します
 今回の京都行は、福江ー福岡はORCの飛行機、博多ー京都は新幹線の旅です。
富江からなら5〜6時間で帰れるので、奈留に居た時ほど京都は遠くではなくなりました。
 ORCは小さいプロペラ機ですが、雲の上を飛んでいきます。
 クリックすると元のサイズで表示します
 博多から30分ほどで、新幹線は小倉に到着。
30年ほど前に、スペースワールドに行った時に小倉の街も歩きましたが、今では駅前は結構なビル街です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 帰りの京都駅で新幹線の出発を待つ間にも、ひっきりなしに新幹線が上下します。
向こうの山は東山、大文字も見えます、着いた日の夜は大雨が降ったのに、帰る昼は晴天です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 新大阪を出た車窓から、伊丹空港に着陸するジェット機をキミマロで写しました。
走る新幹線から飛んでるジェット機を撮るのは難しいと思っていましたが、平行に飛んでいたので、意外と楽に綺麗に撮れてしまいました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 それに比べて、走る新幹線から立ってる看板を撮るのは、あっという間で、キミマロズームにする間もなく意外と難しい。
写真中央に小さく映ってる「727」の立て看板、昔々から新幹線に乗るたびに気になる「727」、写そうと思ったときにはもう遅かった「727」、小さいですがやっと撮影できましたが、この化粧品を売ってる場所や、使ってる人を見たことありません。
   たぶん吉永小百合?が
     夢のジェエット機〜727(セブンーツーセブン)
          恋をしました お相手は〜 
 と歌っていましたが、727は今も飛んでるのでしょうか?
 クリックすると元のサイズで表示します
 最後、夕暮の富江湾上空を通ってORCは福江つばき空港への着陸態勢に入りました。
富江湾中央の二つの小さな点、これは次回の報告で。
 今回も福岡空港ですれ違って行った家内が撮っておいてくれた日曜競馬ビデオで、万馬券が入っていたことを知って、今回の旅は終了。
    めでたし めでたしの旅になりました。

        返事
花水木さん:1年たったので、更新もう少し増やしてください。
和さん:遠慮して、夕食食べてから行ったのが間違いでしたが、
    蛸は十二分にいただきました、ありがとうございました。
大雪男さん:6歳、まだマンガを読む習慣はないようです。

2015/6/15

2015五島長崎国際トライアスロン大会  富江
 クリックすると元のサイズで表示します
 6月14日(日) 曇り
今年も2015五島長崎国際トライアスロン大会(バラモンキング)の日がやってきました。
Aタイプは、水泳3.8q・自転車180.2q・走り42.2qと計200q以上のアイアンマンディスタンスで、12時間以上福江島全体を走り回ります。
 クリックすると元のサイズで表示します
 朝5時半に病院集合で、富江病院のボランティア医療団は、例年のように富江港をスタートするスイム会場に向かいます。
20人以上の手慣れた精鋭部隊ですので、港のいつもの救護隊テントに到着するやいなや、テキパキと寝台や毛布・医療器具の設置・温水風呂の用意などを整えます。
例によって、私はこういう時にはまったく戦力になっていません、邪魔しないように眺めるだけでした。
 精鋭部隊の一部と記念撮影も終了。
 クリックすると元のサイズで表示します
 テント内は準備完了
写真手前の浴槽2台にもお湯がはられ、大釜のお湯も沸きだしました。
 少し雨も降りだし、海水温も低そうですが、幸い風がなく波もないのが救いです。
 結局10人ほどの選手が担ぎ込まれたり自力で歩いたりしてテントに来られましたが、一人だけ富江病院に入院(夜には無事退院)しただけです。
病院スタッフがシャシャと手際よく対応してくれるので、私はほんのお飾り程度でした。
 クリックすると元のサイズで表示します
 今春から富江病院に企業団から来てくれた若いN先生、一緒に働いていて私も元気を貰っていますが、自転車が得意のトライアスロン選手で、五島の大会にも何度も出ています。
 医療班の特典を利用した近くからの応援で出ていきましたが、無事完走されました。
(シフォンさんも完走です)
 応援横断幕のゼッケン番号769は、富江病院職員のひらがな名で作られ、その中にN先生の名前が浮き出るこりよう、私の名前も見えています。
 クリックすると元のサイズで表示します
 先ずはAタイプから一斉にスタート、私はこのスタート地点まで泳げるかどうかわかりません。
まあスタート5分後に、体調不良でテントに担ぎ込まれた選手もいましたが。(元気になってもう一度参加しかけましたが、失格ということで口惜しがっていました。)
 クリックすると元のサイズで表示します
 最後にプロ集団であるエリート軍団(男5人・女1人)が、水泳2q・自転車124.0q・走り28.0qでロングディスタンスに近い距離を走るBタイプの選手団を追いかけるようにスタートしていきました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 唯一の女子エリート選手で長崎県の東夏海(ヒガシナツミ)選手です。
先週の大学からの当直医K先生が、「長崎市内の当直バイトで、この東選手が交通事故で運ばれてきて、首を痛めていたので、トレーナから出場を止められるのではないか。」と話してくれていました。
そのことを東選手に尋ねたら、びっくりされていましたが、「元気になりましたと、その時の先生に伝えて下さい。」と、元気に飛び出していかれました。
  勿論!女子Bタイプ総合優勝です!
 クリックすると元のサイズで表示します
 東選手に付き添っていたサポートの選手ですが、このドヤ顔に見覚え有りませんか?!
2014年10月17日の私のブログ「長崎国体トライアスロン」で紹介した、女子で優勝した長崎の川口選手を一生懸命に伴走して応援し、優勝後川口選手と一緒に川口選手以上にドヤ顔で、今回と同じガッツポーズで、写させてもらった女の子。
調べたら、境優希(サカイユキ)という同じ長崎の若いトライアスロン選手でした。
このドヤ顔を好きになったので、これから出てくるようなことがあったら応援します。

     返事
和さん:広報ごとうの奈留と富江の人口減、毎号気になりますね。
    日曜日はわざわざ救護テントまで訪ねていただき恐縮です。
   シャイ?な人間なので、お会いすると何も言えない恥ずかしがり屋の老人です。
   お許しください。
花水木さん:さすが花水木さん!お目が高い!
    最近糖尿の気が出てきたようなので、筋力トレーニングしています。
大雪男さん:日本の西のはてだと思うせいか、
    余計に五島の夕陽は綺麗に見えますね。
福山市さん:要するに暇人だからだと思います。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ