奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2022/1/21

101-1称光天皇  天皇陵巡り
 せっかくの金曜日休みの日も、朝から京都は雪で、もう10p以上積もってまだ降っています。
車で遊びに出かけるのは午後からでないと無理なので、朝から雪を見ながらブログを書いています。
 クリックすると元のサイズで表示します
 第100代後小松天皇(1377〜1433)(在位1382〜1412)の第1皇子で、母は日野西資子(ヒノニシシシ・スケコ)(1384〜1440)の実仁親王(ミヒトシンノウ)は、父の譲位を受けて12歳で第101代称光天皇(ショウコウ)(1401〜1428)(在位1412〜1428)となりました。
  いつもの石柱です
 クリックすると元のサイズで表示します
 称光天皇は生まれながら病弱で、何度も危篤になって葬儀の準備をすると持ち直すことを繰り返してたようです。
典侍藤原光子との間には子は生まれず、他の数人の妃との間にも数人の皇女が生まれただけでした。
  いつものJR奈良線踏切です、右側が御陵
 クリックすると元のサイズで表示します
 病弱であったことが精神にも及んだのか、妻と側近の密通を疑ってその側近を謹慎にしたり、後継ぎがないので父後小松上皇が崇光流から皇位継承を計画してることを知って、すねるように父と不仲になったり、天皇という地位にいるにしては称光天皇は問題児だったようです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 称光天皇には皇位継承なら次の同母弟小川宮(オガワノミヤ)(1404〜1425)がいたのですが、この弟もかなり問題児で、頼み込んで兄称光から貰った羊をその日のうちに撲殺したり、同母妹に突然暴行を加えたりと、精神状態はかなり不安定なうえに身体も病弱で、兄より早く22歳で突然死んでしまいました(突然すぎてるので殺されたのかもしれません)。
  12人の天皇が眠る十二帝陵
 クリックすると元のサイズで表示します
 こうして長男の第89代後深草(持明院統)と弟の第90代亀山(大覚寺統)から始まった、変わりばんこにその系統が皇位に就いた両統迭立は、第96代後醍醐の武力による反抗によって南北朝に分裂しました。
その北朝方も長子の北朝3代崇光と弟北朝4代後光厳の二つに何となく分裂、第4代足利将軍義持によって守られていた後光厳側も、南北朝合一は果たしたものも、今回の第101代称光の死で継承男子がいなくなり、元の長子系の崇光流から天皇を迎えざるを得なくなりました(第102代後花園天皇)。
  称光など持明院統の12人が眠る深草北陵(伏見区深草坊町)は、12回(13)出てきますので、おなじみというか・・・・

  書き終えて朝10時ですが、まだ雪が降り続いています、午後からの外出もできないかもしれません。

        返事
和さん:そう言われてみたら、
    完全におこたの上ですね。
     富江の「ニク勝」家は、元々走る一家だったのですね。
Toitennさん:しばらく冬眠ですね。
    ブログのネタ無くなりますが。
花水木さん:「鎌倉殿」2回目も面白かったですね。
    静岡が今後もたくさん出てきそうですので、また「クレソン畑」で現地紹介してください。
     古希は越えると、かなりしんどくなりますよ。
    家内も老人化してきましたし、私は当然それ以上です。
1

2022/1/13

100‐2後小松天皇皇子宗純王  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 宗純王(ソウジュンオウ)(1394〜1481)は第100代後小松天皇(1377〜1433)の落胤と言われ、母は官女でその父は楠木正成の孫と伝えられています。
  仕事帰りに近鉄奈良線新田辺駅まで行って、そこから歩いて一休寺を目指しました
 クリックすると元のサイズで表示します
 あまり確かでないかもしれない落胤説に従って、宮内庁がこの墓を治定し、後小松天皇皇子宗純王墓(京都府新田辺市薪里ノ内)として、一休寺内に祀っています。
ある意味天皇陵巡りで回ってる陵墓の内、宗純王は一番有名な人かもしれません。
 クリックすると元のサイズで表示します
 そう宗純王と言ってもピンときませんが、一休宗純のことで、もっとくだけて言うとあの頓智の一休さんです。
 京都の南の酬恩庵一休寺(シュウオンアンイッキュウジ)を中興し、80歳ごろに大徳寺の住職になってからも、ここから通っていたそうです。(30Kmはあると思いますが、歩いてでしょうね?それとも馬?輿?)
  一休寺の入り口です、昔行った時の印象で静かな所と思ってましたが、周囲はかなり開けていました
 クリックすると元のサイズで表示します
 後小松天皇の皇子達は、過激でやや性格がゆがんだ人が多かったようですが、一休さんも禅宗の高僧ですがなかなか型破りで、70歳を過ぎてから女と同棲するという、うらやましいが私には真似出来ない体力もあったようです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 一休寺に入ってすぐ右に墓所はあったのですが、門には菊の御紋の透かしが入っていたので、そこから廟を覗くことは出来ました。

 嫌になるほど感染者数は増えてきましたね!
症状が軽そうなのと、終息も早そうなのですが、近くに感染者や濃厚接触者の影も出始めました。
孫が中学受験なので、それも少し気になりますが、なんといっても本日予定の麻雀も中止になって、悲しいと言えば不謹慎ですかね。

      返事
花水木さん:「鎌倉殿の13人」第1回観ました。
    面白かったので、久しぶりに1年間観るでしょうね。
    後白河や後鳥羽天皇も出てくると思うので、
    皆で天皇陵巡りの復習をしましょうね。
1

2022/1/9

100-1後小松天皇  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 北朝5代後円融天皇(1358〜1393)(在位1371〜1382)の第1皇子で、母は内大臣三条公忠(キンタダ)の娘厳子(イツシ)の幹仁(モトヒト)は、父から譲位されて6歳にして北朝6代後小松天皇(ゴコマツ)(1377〜1433)(在位1382〜1412)として即位しました。
  写真は師団街道沿いの十二帝陵の石柱
 クリックすると元のサイズで表示します
 父後円融上皇が院政を敷きましたが、足利3代将軍義満(1358〜1408)(在職1369〜1395)の専制的な政治も進み、1392年南北朝合一も成って、南朝の第99代後亀山天皇(?〜1424)(在位1383〜1392)から三種の神器を受け取って、北朝6代から一応第100代後小松天皇となりました。
  写真は私が週に2回乗るJR奈良線沿い、降りるJR藤森駅の手前にある深草北陵(十二帝陵)です
 クリックすると元のサイズで表示します
 後円融上皇が没すると、義満は皇室の権威的な部分を後小松天皇には渡さずに自らが継承し、教科書でも有名な明国の使いに「日本国王」として認められたり、一説には天皇になろうとしたとも言われています。
 クリックすると元のサイズで表示します
 後宮の日野西資子(ヒノニシスケコ)(1384〜1428)との間に後の第101代称光天皇(1401〜1428)や小川宮(1404〜1425)をもうけ、ほかにも5人以上の妃がいましたが、そのうちの一人の皇子が一休宗純(1394〜1481)、あのとんちの一休さんと言われています。
 クリックすると元のサイズで表示します
 後小松天皇の治世はほぼ義満の天下の下でしたが、義満が死んでようやく束縛から解放された1412年、第1皇子称光天皇に譲位し院政を開始しましたが、今度はちょっと風変わりな息子と対立することも多く、後継者にも恵まれなかったので、とうとう北朝方では正統になる崇光系に第102代は譲り、院政を敷いたのちに亡くなりこの深草北陵(フカクサノキタノミササギ)に葬られました。
  これで100代まで行った天皇陵巡り、あと五分の一になりましたので、皆さんもう少しのご辛抱ですが、終わったら次は素晴らしいものが待っているという自信は皆無ですよ。

        返事
花水木さん:残しておくと、
    笑いを忘れなかったが、馬鹿なご先祖さんですね、と言われそう。
大雪男さん:こちらこそ今年もよろしく!
    安全第一で遊んでください!
1

2021/12/30

99‐1後亀山天皇  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 (南朝2代)第97代後村上天皇(1328〜1368)(在位1339〜1368)の第2皇子で、母は女御藤原勝子(ショウシ)ですので、第98代長慶天皇(1343〜1394)(在位1368〜1383)の同母弟になる煕成親王(ヒロナリシンノウ)ですが、誕生日は不祥ですし、後宮に入内した女性も確かでなく、皇子には恒敦親王(ツネアツ)がいたといわれてるぐらいです。
  奥嵯峨(鳥居本)と言われてる、以前は女性に人気の化野念仏寺・祇王寺・二尊院の近くに、陵へ続く写真の参道がありました
 クリックすると元のサイズで表示します
 同母兄長慶天皇の譲位を受けて、1383年頃に即位し(南朝4代)第99代後亀山天皇(ゴカメヤマ)(?〜1424)(在位1383頃〜1392)になった煕成親王ですが、治世の初めは同母兄長慶の院政が行われ、北朝方に対して徹底抗戦を行っていたようですが、劣勢は免れず、次第に和平の方向に舵を切ったようです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 北朝方の足利3代将軍義満も和平を望み、三種の神器を返して譲位の形で地位を譲り、その後は替わり番この両統迭立で行き、領地は公平に二つに分けるという条件で、1392年南北朝合一がなされました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 この合意によって、後亀山天皇は吉野の行宮を出発、京都に入って北朝の後小松天皇に神器を渡し、南北朝合一ということですが、南朝は消滅しましたし、その後約束の両統迭立も守られませんでした。
 クリックすると元のサイズで表示します
 京都嵯峨に行った後亀山はその後出家し、一時は吉野に戻りましたが、再び帰り嵐山の小倉山で隠遁生活を送り、たぶん78歳で崩御し、この嵯峨小倉陵(サガオグラノミササギ)(右京区嵯峨鳥居本小坂町)に葬られています。
 これで残りは5分の一、何とか天皇陵巡りは75歳までには完結できそうです。

 今年はこれでたぶん終わりです、皆様良いお年をお迎えください。
来年も駄文に飽きず、読んでいただければ幸いです。
   to be continued


        返事
Toitennさん:美味しいものは噛みしめよ、
    といつも言われてますが、
    貧乏性か、美味しいものは慌てて食べています。
3

2021/12/24

98‐3長慶天皇皇子承朝王  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 承朝王(ジョウチョウオウ)(1374〜1443)は第98代長慶天皇(1343〜1394)の皇子ですが、母は不明、俗名は憲明と言いました。
  嵐山嵐電駅近くの長慶天皇嵯峨東陵の制札に、並んで承朝王墓とありました
 クリックすると元のサイズで表示します
 1392年南北朝合一で出家し、海門承朝(カイモンジョウチョウ)と名乗り、南禅寺・天竜寺・河内観心寺などで偉いお坊さんとして過ごし、父の菩提を弔うために慶寿院を開創してますので、承朝王ははっきり実在した人のようです。
  陵の入り口から左手に長慶天皇を見て奥に進み、振り返ってみた写真ですが、手前が承朝王の墓です
 クリックすると元のサイズで表示します
 昭和19年(1944年)にここが慶寿院跡地であることから、平坦な長慶天皇陵とされたのですが、一緒に承朝王墓(右京区嵯峨天竜寺角倉町)ともされたのでしょうね。
  長い入れない参道の奥に墓があるようです

         返事
Toitennさん:まあ夢ですね。
2

2021/12/22

98-2長慶天皇皇子世泰親王  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 吉野如意輪寺にある第96代後醍醐天皇(1288〜1339)の塔尾陵(奈良県吉野郡吉野町吉野山)の制札には、長慶天皇皇子世泰親王墓の名も書かれていました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 世泰親王(ヨヤス・セイタイシンノウ)は第98代長慶天皇(1343〜1394)(在位1368〜1383)の第1皇子で、母は三条教子と推定されているだけです。
 塔尾陵への参道を上ってすぐの右側に、小さな階段とその奥に世泰親王の墓がありました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 この墓は父長慶天皇が治定される前の1879年(明治12年)には、もう治定されていますし、こんな何もわからない親王墓を、わざわざ後醍醐天皇陵の脇に治定してるのも不思議です。
この吉野に南朝方の行宮(アングウ)が置かれていた1373〜1378年頃に親王が死んだからですかね。

          返事
Toitennさん:私も死後550年後に認められて、
    地球を救った英雄として立派な墓を作ってもらえるような、
    そんな老人に今から成りたいですが???。
2

2021/12/20

98-1長慶天皇  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 父第97代(南朝2代)後村上天皇(1328〜1368)(在位1339〜1368)の第1皇子で、母はたぶん女御の勝子(ショウシ・カツコ)で、吉野山中で生誕したといわれてる寛成親王(ユタナリシンノウ)は、父後村上天皇の崩御の頃に第98代(南朝3代)長慶天皇(チョウケイ)(1343〜1394)(在位1368〜1383)として即位したらしいです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 その頃、南朝方の楠正儀(マサノリ)(正成の息子)の北朝帰参などで、南朝方は衰退の一途をたどっており、長慶天皇の業績もほとんど記録に残ってないため、そもそも即位したかどうかさえ不明でした。
 クリックすると元のサイズで表示します
 1911年(明治44年)に南北朝正閏問題は、明治天皇の裁定により、南朝が正統とされましたが、その時でさえ長慶天皇は歴代天皇代数に入れられず、1926年(大正15年)にやっと長慶天皇は皇統加列に入ったぐらいです。
 このだだっ広い御陵に至っては、1944年(昭和19年)(私の生まれる4年前ですよ)に死後550年たってからここに決定されたようです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 こんな天皇ですから、皇妃や子供も不明で、1383年頃に同母弟といわれる煕成親王(ヒロナリ)に譲位しましたが、その煕成親王が第99代後亀山天皇になって南北朝合一後京都に帰還した時も、長慶上皇は同行しなかったようです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 京都で亡くなったのか、吉野や河内で亡くなったのか判りませんが、京都嵐山にこの嵯峨東陵(サガノヒガシノミササギ)(右京区嵯峨天竜寺角倉町)が造られたわけは、息子承朝が父長慶天皇を弔うために開創した慶寿院の、ここが跡地だからだそうですよ。

        返事
Toitennさん:日曜日朝は、
    今季初のうっすら雪化粧でしたね。
大雪男さん:恐縮です。
    ライトアップは、なんでも綺麗にしますね。
2

2021/12/8

97-2後村上天皇中宮顕子  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 南朝2代でもある第97代後村上天皇(1328〜1368)(在位1339〜1368)の女御には、嘉喜門院(カキモンイン)藤原勝子(カツコ・ショウシ)(生没年不詳)がいて、たぶん第98代長慶天皇や第99代後亀山天皇を産んだそうですが、裏付けもなく墓もはっきりしません。
  いかにも奈良の山奥の山村という感じの眺めの中、道端に車を停めて歩き出すと、写真の陵が見えてきました
 クリックすると元のサイズで表示します
 そんな中、後村上天皇が中宮に迎えた源顕子(ケンシ・アキコ)(1332?〜1359?)との間には、特に皇位に就くような皇子もいませんが、忠臣として名高い北畠親房が顕子の父だろうということなのかどうか、皇后扱いの陵として宮内庁は治定しています。
  ズームで見上げた陵は、なかなかいい感じです
 クリックすると元のサイズで表示します
 奈良市からは南東の方角の山間部に有る後村上天皇中宮顕子の笠間山陵(カサマヤマノミササギ)(奈良県宇陀市榛原笠間(ウダシハイバラカサマ))も何とか制覇です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 なんでこんな所にこんな人の陵が有るのか解りませんが、後村上天皇との間に坊雲を産み、親子で陵の横にある陽雲寺(ヨウウンジ)に世俗を離れて住んでいたので、ここが陵になったとも言われていますし、父親房の墓と伝えられてる墓が近くの室生寺にあるそうですので、この辺りは北畠家の勢力圏だったのかもしれません。
でも宮内庁がこんな人のこんな墓を、治定陵として管理してる意味はちょっと解りかねます。
  参道の登り口に、民家程度の陽雲寺がありました
 クリックすると元のサイズで表示します
 顕子は27歳で亡くなったそうですので、息子坊雲もせいぜい10歳ぐらい、昔の人はみな若くしてしっかりしていますね。
 また、私の好きな話、顕子さんは公家と密通して長谷寺で出家したという噂もあるようです。
まあいたかどうかもわからない人の陵ですが、立派です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 陵に上って見下ろす景色は、なかなか良いですし、陵内には落ち葉も落ちていませんので、宮内庁の人が掃除に来るのはたびたびでもないような場所、たぶん地元の人が戦後もずっと掃除をされてるのでしょうね。

       返事
二つ前の花水木さん:奈留島に行ってからは、
    子供たちからは「犬先生・マリオ先生」と呼ばれてましたが、
    大人からは「京都の福山雅治」と呼ばれてました(妄想かもしれませんが)。
    その前の病院では、この私の写真を見てクリックすると元のサイズで表示します
    「外科医島耕作」と呼ぶ人も(私だけ)いましたよ。
2

2021/12/4

97-1後村上天皇  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 第96代(南朝初代)後醍醐天皇(1288〜1339)(在位1318〜1339)の第7皇子で、母は阿野廉子(新待賢門院)の義良親王(ノリヨシ・ノリナガシンノウ)(初名は憲良)の生涯は戦乱の渦中にありました。
  奈良時代に役行者が開き、弘法大師の弟子実恵(ジツエ)が872年に創立した観心寺(カンシンジ)に行ったのは紫陽花の季節です
 クリックすると元のサイズで表示します
 1333年父後醍醐天皇の建武の新政では、5歳の義良親王は北畠親房(チカフサ)・顕家(アキイエ)父子に擁せられ陸奥多賀城に赴き、1335年に足利尊氏が新政から離反したので、北畠父子と共に西上、8歳で比叡山で元服、再び奥州に戻りました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 1338年には戦いながら吉野に戻り、その後三度奥州を目指すも暴風雨に会い伊勢に漂着、1339年吉野に帰って皇太子になり、父後醍醐崩御直前に義良親王は11歳で皇位につき、第97代(この時は南朝2代)後村上天皇(ゴムラカミ)(1328〜1368)(在位1339〜1368)として即位しました。
  写真は観心寺の奥にある御陵への参道です
 クリックすると元のサイズで表示します
 後村上天皇を擁する南朝方は1348年に高師直(コウノモロナオ)に攻められ、紀州の山奥に逃げた時もありましたが、1351年正平一統によって一時的ながら南北朝は合一され、後村上天皇は南朝の天皇から全日本の天皇になり、北朝崇光天皇は廃されて三種の神器も接収されました。
その後足利軍の巻き返しにあい、三上皇などを拉致した南朝軍は大和賀名生(アノウ)に陣を構えました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 その後も北朝方と戦い続け、短期間ですが京都を占拠した時もありましたが、ほぼ劣勢の中、和睦交渉にはなかなか応じずに5歳の時から戦い続け、在位30年間の間も第一線に立っていたわけではないでしょうが、いつも鎧兜ぐらいはつけていたような、ほかには類を見ない天皇だった後村上天皇、生きて戦う目標や信念は何だったのでしょうね。
  写真は落ち葉一つなかった参道ですが、それもそのはず、この小屋にずっとボランティアをしてるおじさんが座っていました
 クリックすると元のサイズで表示します
 戦いに明け暮れた生涯を41歳で大阪の地で終え、観心寺のこの檜尾陵(ヒノオノミササギ)(大阪府河内長野市寺元観心寺内)に葬られています。近くには母廉子の墓といわれてる参考地が2か所もありました

         返事
Toitennさん:H病院の院内報、
    私の写ってた白黒の頃から奈留島まで送ってもらったカラーの号まで、
    10号以上持っていますので、
    焚書された今、メルカリに出せるかな。
2

2021/11/19

北朝5-2後円融天皇宮人藤原厳子  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 内大臣三条公忠(キンタダ)(1324〜1384)の娘であった藤原(三条)厳子(タカコ・イズコ)(1351〜1407)は、20歳で緒仁親王(オヒト)(直後に北朝5代後円融天皇になる)(1359〜1393)(在位1371〜1382)に上臈女房(ジョウロウニョウボウ)(身分の高い女官)として仕えました。
  前々回も訪問した親切なお寺の方がおられた華開院(ケカイイン)です。
写真横のくぐり戸から、おそるおそる入りました
 クリックすると元のサイズで表示します
 厳子は1377年には後に北朝第6代及び第100代の後小松天皇になった皇子を産み、1381年には珪子内親王(1381〜1399)も産んでいます。
  華開院本堂左手の玄関であいさつして、右手のほうから墓地に回りました
 クリックすると元のサイズで表示します
 夫後円融と3代将軍足利義満との関係は、天皇在位中も上皇になってからも最悪で、後円融はかなりすねてる状態にあったようです。
 1383年に厳子が、出産後わずか20日足らずで里帰りから宮中に無理矢理戻され、義満との密通までも疑われて、刀の峰で殴られるという夫のDVにより、出血が止まらなくなって実家に逃げ帰る事件まであったようです。
  華開院墓地では、塀に囲まれた立派な宮内庁治定の光照院宮墓地のほうが目につきますが、この塀の裏側に廻って塀越しに光照院宮墓地を見下ろした写真です。
 肝心の厳子の墓は、この向こう側になります
 クリックすると元のサイズで表示します
 この時は、姑である藤原仲子が中に入って、我が子後円融をなだめたりしていますので、お墓は制札も何故か無い小さなものですが、嫁と姑が仲良く同じところに眠っています。
 クリックすると元のサイズで表示します
 この後厳子は宮中に戻らなかったことなどから、作家海音寺潮五郎さんは「後小松は義満の子ではないか」という説を唱えています。
万一そうであっても、後小松のその後の系統は今の天皇家には繋がっていないので、現在の皇統に義満の血は入ってはいません。
 しかしながら怒られそうですが、男系で繋がっていると思われる家系でも、密通とかがあって、他の男子の血が入ってしまう危険性は必ず有るでしょうね。
  皇后にはなってないので、後円融天皇後宮通用門院藤原厳子墓(上京区衛町華開院墓地内)です

         返事
Toitennさん:Toitennさんの笑いのツボは、
    どこか理解不能の時がありますね。
     勉強いたします
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ