奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2019/2/3

44-3吉備内親王  天皇陵巡り
    クリックすると元のサイズで表示します
 吉備内親王(キビナイシンノウ)(686?〜729)は草壁皇子と第43代元明天皇との間に産まれた次女で、第44代元正天皇と第42代文武天皇は同母兄姉ですので、かなり高貴な生まれです。
 前回の44-2長屋王に嫁ぎ、3人の息子を産んでいます。
 夫の長屋王墓から歩いてすぐの民家の間の石段を登ります。
     クリックすると元のサイズで表示します
 夫の長屋王も、第40代天武天皇の長男高市皇子を父に、母も第38代天智天皇の皇女御名部皇女ですので、吉備内親王の3人の息子は当然皇孫待遇となり、天皇になる資格を充分持っていることになります。
     クリックすると元のサイズで表示します
 その頃の天皇第45代聖武天皇は、母は藤原不比等の娘宮子、妃も不比等の娘光明子で、女系に民間人が入りすぎてる観がありました。
そして、藤原一族の期待を一身に集めて産まれた息子基王(モトイオウ)は1歳にならずに死んでしまいます。
 不比等の死後も政治の実権を握ろうとした藤原四兄弟の多分陰謀だと思いますが、偽りの密告の下、聖武天皇(甥)・太上天皇としての元正天皇(姉)・舎人親王(同じ皇族)がいたのにもかかわらず、長屋王の変(729年2月)として、夫や息子3人と共に吉備内親王は自殺しました。
      クリックすると元のサイズで表示します
 変の翌日には、吉備内親王は無罪宣告を受け、長屋王と不比等の娘との間の子は難にあわずに行き残っています。
半年後、光明子が皇族以外で初めて皇后になったことからも、長屋王の変は藤原氏の陰謀説がかなり有力です。
これでは長屋王は祟るでしょうね。
    クリックすると元のサイズで表示します
 拝所から振り返って平群を見下ろします。
 高貴で有能な夫と大邸宅、3人の子にも恵まれた吉備内親王の死を、実姉の太上天皇の元正天皇は止められなかったのでしょうか。
一説には、同じ姉妹でも向こうは幸福、私は一生独身で中継ぎ天皇なんていう役をやらされてるという思いが、この悲劇に一役買ったという話もあります。

     返事
花水木さん:長屋ですか!思っても見なかった発想ですね。
    その辺の花水木さんの視点が好きです。
     ララポートはスーパーではなくアウトレットですよね。

2019/1/30

44-2長屋王  天皇陵巡り
   クリックすると元のサイズで表示します
 古代に都のあった桜井や飛鳥から見て、奈良盆地の北西の対角地域としての辺国(ヘグニ)がなまって、平群(ヘグリ)という読みが難しい地名になりました。
 その平群には、今回の長屋王(676?〜729)や以前紹介した山背大兄皇子と、政権争いに敗れて滅ぼされた人の墓があります。
     クリックすると元のサイズで表示します
 近鉄平群駅を降りて、住宅地のような農地のような道を歩いて、到着したのが長屋王墓(ナガヤオウノハカ)です。
     クリックすると元のサイズで表示します
 長屋王の父の高市皇子は、第40代天武天皇の長男ですが、母親の身分が低いために、高い身分の持統天皇系の皇子の補佐役として、天武天皇以後の皇親政治を支えてきました。
 長屋王の母親は第38代天智天皇の皇女で、第43代元明天皇の同母姉でもある御名部皇女(ミナベノヒメミコ)です。
 以上から長屋王は天皇に成れるに充分な身分だったのです。
 44−2ではなく、天武天皇の40で紹介するべきだったかもしれませんが、44-1元正天皇が義姉弟なので、44にしています。
    クリックすると元のサイズで表示します
 長屋王の夫人は、母親は第43代元明天皇で、第42代文武天皇や第44代元正天皇を弟姉に持つ吉備内親王(キビナイシンノウ)です。
 しかも長屋王自身も、政治的にもなかなか優れた人だったようで、藤原不比等と共に皇親政治を支えたようですし、もしかしたら天皇位を狙っていたのかもしれません。
     クリックすると元のサイズで表示します
 長屋王墓の横にあるほぼトイレだけの長屋王御陵公園の案内板には、不比等が死んだ後も、不比等の娘宮子の子第45代聖武天皇を助けて政治の中心にいたのですが、藤原4兄弟の陰謀と言われてる謀反の疑いで、長屋王夫婦とその子4人は縊死に追い込まれた書いてありました。(729年長屋王の変)
 長屋王は吉備内親王以外にも、不比等の娘藤原長娥子(ナガコ)も妻にしていますが、長屋王の変でもこちらの子には御咎めなかったようです。
 この藤原4兄弟、変後天然痘で次々と死んでいったので、長屋王の祟りとか呪いとか言われています。
     クリックすると元のサイズで表示します
 奈良そごうの建設現場から、昭和63年に大量の木簡が発掘され、平城京の東南隅に長屋王の大邸宅があったことが、事実として証明されました。
    クリックすると元のサイズで表示します
 ここに建った、内部に夢殿を模した建物があったり、有名老舗店が入ったちょっと高い食堂街がある、バブル期の象徴奈良そごう店は、2000年(平成12年)に閉店に追い込まれ、その後に入ったイトーヨーカ堂も地の利が悪いのかもう一つパッとせず、2017年(平成29年)閉店しました。
 そして今は、ミ・ナーラという商業施設になっていますが、がらんとしていてもひとつ人は入っていませんでした。
これらは「今だに長屋王の呪いが続いているせいだ」と言われています。

     返事
花水木さん:若い時に憶えた事は今でも憶えていること多いので、
    わけのわからん暗唱も、全くの無駄とは言えないと思いますが、
    あの頃は嫌でした。
     歴代女性天皇は8人いますが、
    結婚した人の相手は皆男天皇ですので、その子は男天皇の子でもあります。
    愛子さんは皇室典範をなおしたら、天皇になれます。
    でも、一般人と結婚して子をなしても、
    その子が次の天皇に成るのは、私はやめておいた方が良いと思います。
    日本天皇家の拠りどころ、男系がつぶれるからです。
タグ: 天皇陵 長屋王 平群

2019/1/25

44-1元正天皇  天皇陵巡り
   クリックすると元のサイズで表示します
 氷高皇女(ヒタカノヒメミコ)の父は草壁皇子、母は阿閇皇女(後の第43代元明天皇)です。
氷高皇女の祖母である第41代持統天皇が望んでいた父草壁皇子の天皇即位は、皇女が9歳の時に草壁皇子が亡くなったので、ご破算になりました。
     クリックすると元のサイズで表示します
 しばらくして皇女の同母弟が第42代文武天皇になりましたが、この弟も体が弱かったので、いつ亡くなるかも分からない。
 そこで弟の息子(首皇子(オビトノミコ)後の第45代聖武天皇)が大きくなるまでの中継ぎ要員として、氷高皇女は独身のまま置かれたそうです。
 尚同母妹の吉備内親王は長屋王と結婚しています。
     クリックすると元のサイズで表示します
 弟の文武天皇は予想通り夭折したので、先ずは母親である阿閉皇女が第43代元明天皇になり、その後母元明は譲位し、自分は後見役として太上天皇に成り、予定通りとっておいた氷高皇女が即位し第44代元正天皇(ゲンショウ)(680〜748)(在位715〜724)となりました。
  クリックすると元のサイズで表示します
 その治世中には、718年養老律令制定、後ろ盾になっていた藤原不比等は720年に亡くなりましたが、722年百万町歩開墾計画・723年三世一身法(サンゼイッシンホウ)と受験日本史で学んだけれど中身は覚えていない法令を次々と定めています。
    クリックすると元のサイズで表示します
 譲位して甥の聖武天皇に位を譲った後も、独身のまま20年以上生きて(68歳)、ここ奈良の北、甥夫婦や母親の陵にも近い奈保山西陵(ナホヤマノニシノミササギ)(奈良市奈良阪町)に葬られています。
 聖武天皇陵から元明・元正天皇陵に向かう道に、セメント漬されて半分地中に埋まった道標がありました。

      返事
花水木さん:俵屋吉富の雲龍ですね。
    京観世と雲龍はどっちが好きかは好みの問題ですが、
    どっちが古いかは詳しく知りません。

2019/1/5

43‐1元明天皇  天皇陵巡り
    クリックすると元のサイズで表示します
 阿閇皇女(アヘノヒメミコ)の父は第38代天智天皇、母は蘇我倉山田石川麻呂の娘姪娘(メイノイラツメ)ですから、第41代持統天皇とは異母姉妹になります。
従兄妹でもあり甥でもある草壁皇子と結婚して、第42代文武天皇・第44代元正天皇・吉備内親王(キビ)を産んでいます。
     クリックすると元のサイズで表示します
 権力者持統天皇の希望でもあるし、健康であったなら、夫の草壁皇子は天皇となり、自分は皇后になって、その後は息子天武が天皇になるはずでした。
しかし、夫草壁皇子は夭折してしまい、若くして天皇になった息子文武さえも夭折ということで、孫が大きくなるまでの中継ぎとして、阿閉皇女は藤原京で即位し第43代元明天皇(ゲンメイ)(661〜721)(在位707〜715)となりました。
 史上3人目の女天皇です。
      クリックすると元のサイズで表示します
 708年武蔵国秩父から銅が献上されたので、年号を慶雲(ケイウン)から和同(ワドウ)と改元、《今と違って同じ天皇で年号は変わって良い》和同開珎(ワドウカイチン)を発行しました。《我々はワドウカイホウと読まされて、日本最古の貨幣と憶えましたが、今は「広範囲に流通した日本最古の貨幣」と、その地位は少し下がっています。
    クリックすると元のサイズで表示します
 在位中の710年には、都を藤原京から平城京に遷都しました。
712年には、太安万侶が古事記を撰上しました。《お世話になりました》
     クリックすると元のサイズで表示します
 715年、54歳の元明天皇は老いと疲労を理由に譲位し《ちょっと若いが、わかりますね!》、娘の氷高皇女(ヒタカノヒメミコ)に皇位を譲りました。
 そしてその6年後に崩御し、ここ奈保山東陵(ナホヤマノヒガシノミササギ)(奈良県奈良阪町)に葬られました。

       返事
花水木さん:お賽銭を出した神社では、
    卑しい私は願い事を沢山してしまいます。
    それがだめの元だったのですね。
和さん:笑えるブログのリクエストがあると、
    ついつい天皇陵巡りを出してみたりする、
    天邪鬼な私です。
 

2018/12/10

42⁻2草壁皇子  天皇陵巡り
    クリックすると元のサイズで表示します
 明日香から西南地域の山には終末期古墳が集まっていて、真弓崗(マユミノオカ)と呼ばれています。
その辺りにある、草壁皇子の陵と真陵の両方を捜してる時に、道を一筋間違えたのか、このマルコ山古墳に行き当たりました。
写真の中の耕運機操作中のおじさんに尋ねて、草壁皇子の陵を目指します。
    クリックすると元のサイズで表示します
 草壁皇子(クサカベノミコ)は、両親ともに天皇であり叔父と姪でもある天武・持統の二人の間に産まれています。
また妃の阿閇皇女(アヘノヒメミコ)(後の元明天皇)は、父親が天智天皇ですし、母親は姪娘(メイノイラツメ)なので、持統天皇とは異母姉妹(その上異母同士は姉妹です)。
 その間に産まれた子供は、元正天皇・文武天皇・吉備内親王と、皇族同士の濃い血の中で、草壁皇子は産まれ育っています。
    クリックすると元のサイズで表示します
 血の濃さのためか、草壁皇子は27歳の若さで亡くなり、母の持統天皇の執念も実らず、天皇になれませんでした。
 死後は、息子天武が天皇になったので、天皇の父親が天皇でないのは何かと不都合なのか、追尊天皇(ツイソンテンノウ)として、岡宮天皇(オカノミヤ)(662〜689)と追号されました。
 歴代天皇には数えられていませんが、墓は陵と呼ばれ、宮内庁の管理下に置かれています。
     クリックすると元のサイズで表示します
 この眞弓丘陵(マユミノオカノミササギ)(奈良県高取町)は正面に回れませんので、石垣と垣根の下から正面を仰ぎ見るようにして、写真に納めました。
     クリックすると元のサイズで表示します
 この陵に行きつく前に、細い峠道をえっちらおっちら自転車で登って行くと、峠の頂上には「的場」姓が多いい大きな家が密集していました。
この小さな看板に沿って進むと、春日神社という社があり、その境内にあったのが束明神古墳(ツカミョウジンコフン)です。
    クリックすると元のサイズで表示します
 束明神古墳、今でこそ神社横の小さな盛り土ぐらいにしか見えませんが、昭和59年の発掘によって、直径60mぐらいの大規模な八角形墳で、わずかに残っていた被葬者の若い歯牙から、こちらの方が本当の草壁皇子(岡宮天皇)の墓だったとする方が妥当なようです。
    クリックすると元のサイズで表示します
 眞弓丘陵からは坂を下って御所方面に出、斉明天皇陵にも寄って帰ったのは、もう1年前の出来事です。

      返事
花水木さん:大化の改新後に薄葬令が出され、
     持統天皇も火葬にされて、骨壺に納められたそうです(盗掘されましたが)
      お釈迦さんも火葬で、その仏舎利が分けられていますので、
     仏教と共に火葬は広がったと思います。
      私も田舎で土葬に参加してますが、
     昔はきれいに焼くのもなかなか大変で、薪代もバカにならなかったでしょうね。

2018/12/7

42−1文武天皇  天皇陵巡り
  クリックすると元のサイズで表示します
 父は草壁皇子(クサカベノミコ)で、母は天智天皇皇女阿閉皇女(アヘノヒメミコ)(後の第43代元明天皇)である軽皇子(カルノミコ)は、7歳で父を失いましたが、祖母である41−1持統天皇の寵愛の元で育ちました。
   クリックすると元のサイズで表示します
 高市皇子(タケチノミコ)の薨去に伴い、持統天皇は譲位し、軽皇子は弱冠15歳で藤原京で即位し、第42代文武天皇(モンム)(683〜707)(在位697〜707)となりましたが、政治は太上天皇(ダイジョウテンノウ)になった持統と藤原鎌足の息子不比等が担っていました。
     クリックすると元のサイズで表示します
 歴史的には文武の時代、701年大宝律令(タイホウリツリョウ)が完成、又30年以上断絶していた唐との国交が再開し、遣唐使がまた派遣されました。
     
    クリックすると元のサイズで表示します
 文武天皇は皇族出身の妃は持たず、夫人(ブジン)とした不比等の娘藤原宮子(フジワラノミヤコ)(〜754)との間に首皇子(オビトノミコ)(後の第45代聖武天皇)をもうけています。
    クリックすると元のサイズで表示します
 文武天皇は父と同じように25歳の若さで亡くなり、高松塚古墳のそばの檜隈安古岡上陵(ヒノクマノアコノオカノエノミササギ)(奈良県明日香村)に、火葬して葬られました。
 この文武天皇の記述からは、日本書紀に続く六国史(リッコクシ)2番目の続日本紀(ショクニホンギ)になります。

      返事
花水木さん:湯気があるほうが、
    美味しく見えると思いましたが、ダメでしたか。
     リモコンの蓋を開けると、字幕設定ありました。
    やってみて、確かに字幕出てきましたが、
    大きすぎるし、字体が美しくないので、これはやめておきます。

2018/11/13

41−1持統天皇  天皇陵巡り
   クリックすると元のサイズで表示します
 鸕野讃良皇女(ウノノサララノヒメミコ)は、父38−1天智天皇で母は遠智媛(オチノイラツメ)ですので、前回の40−2大田皇女の同母妹になります。
 姉の大田皇女と一緒に、叔父にあたる大海人皇子の妃に13歳でなり、草壁皇子(クサカベノミコ)を産んでいます。
    クリックすると元のサイズで表示します
 姉の大田皇女は早くに亡くなっているので、壬申の乱後に夫の大海人皇子が第40代天武天皇になった時に皇后になり、夫の皇親政治を助けると共に、自分の病弱な息子草壁皇子をなんとか次期天皇にしようと努力しました。
    クリックすると元のサイズで表示します
 夫天武天皇の崩御(686年)後は、皇后のまま称制を敷いて政治にあたり、姉大田皇女の優秀な息子大津皇子を、謀反の疑いで抹殺してまで、我が息子草壁皇子を天皇にしようと思っていましたが、689年息子草壁皇子が27歳で亡くなった為、皇后は即位して第41代持統天皇(ジトウ)(645〜702)(在位690〜697)になりました。
    クリックすると元のサイズで表示します
 もちろんこれは、最愛の息子草壁皇子の忘れ形見、すなわち我が直系の孫である軽皇子(カルノミコ)を次の天皇にするための繋ぎ役をしようとしたのであって、少々目の上のたんこぶであった夫天武天皇の息子高市皇子(タケチノミコ)が薨去した後は、速やかに若き孫軽皇子を15才で第42代文武天皇として即位させました。
    クリックすると元のサイズで表示します
 持統天皇は藤原京(奈良県橿原市と明日香村)を造営し、この大和三山(耳成山・畝傍山・天香久山)に囲まれた都は、平城京や平安京よりも大きく、一代の天皇の宮ではなく、三代の天皇に続けて使用されました。
 小倉百人一首の2番目は、持統天皇の
      春すぎて  夏きにけらし  白妙の
               衣ほすてふ  天の香久山
藤原京にいる時に詠んだのですかね。
     クリックすると元のサイズで表示します
 持統天皇陵はこの檜隈大内陵(ヒノクマノオオウチノミササギ)(奈良県明日香村)で、夫である先代の第40代天武天皇と共に葬られています。
持統天皇は天皇としては初めて火葬された人で、銀の骨壺に遺骨は納められていたそうです。
 1235年盗掘にあって、この骨壺がさらわれてしまった事は、藤原定家の「明月記」にちゃんと書かれていますが、それでもこの陵は真陵ではないという説も有力です。
 この持統天皇記で日本書紀は終わっています。
高校日本史で学んだように、次の日本の歴史書は「続日本紀(ショクニホンキ)」になります。

     返事
花水木さん:忙しい時には、読んでもらっているだけで充分ですよ!
     私はどっちかと言うとシンプルに生きてる気はします。
タグ: 天皇陵

2018/11/10

40−2天武天皇皇妃大田皇女  天皇陵巡り
   クリックすると元のサイズで表示します
 37−1斉明天皇と36−2孝徳天皇皇后間人皇女の越智崗上陵と38−3天智天皇皇子建王墓に登っていく200段ほどの写真右の石段、その途中に天武天皇皇妃大田皇女墓(オオタノヒメミコノハカ)はあります。
      クリックすると元のサイズで表示します
 40−2大田皇女(オオタノヒメミコ)(〜667年20代で没だろう)、父は38−1天智天皇で、母は遠智媛(オチノイラツメ)です。
同母妹の鸕野讃良皇女と共に、大海人皇子の妃となり、大来(大伯)皇女(オオクノヒメミコ)と大津皇子(オオツオウジ)を産むが、大津皇子がまだ5歳の時にもう亡くなりました。
    クリックすると元のサイズで表示します
 大海人皇子が40⁻1天武天皇になった時に妹の鸕野讃良皇女が皇后になったのですから、亡くなってなかったら当然姉の大田皇女が皇后になったと思います。
そうなれば、息子の大津皇子は立派な皇子だったので、謀反の疑いで殺されることもなく、すんなりと天武天皇の次期天皇になって、歴史はまた少し変わったかもしれません
   クリックすると元のサイズで表示します
 同母弟の建王(禁断の恋が正しければ異母弟かもしれませんが)が658年に夭折し、父方祖母の37−1斉明天皇が661年に亡くなり、叔母(父の妹)の36−2間人皇女(禁断の恋なら建王の母に成る)が665年亡くなり、667年にやっと斉明天皇の葬儀が行われ、上記3人が同じ陵に合葬された時、同じく667年に没した大田皇女もこの陵の下近く越智崗上墓(オチノオカノエノハカ)に葬られたようです。
 
タグ: 天皇陵

2018/10/26

40-1天武天皇  天皇陵巡り
   クリックすると元のサイズで表示します
 飛鳥の岡の上にある天武・持統天皇陵、この夫婦の天皇陵はよく目立ちます。
40-1天武天皇は武力によって政権を奪い、皇族中心の皇親政治を行い、律令政治の基礎を築いた、強い天皇のイメージですし、そもそも今まで私が書いてきた文章の根拠となってる「日本書紀」の編纂を命じた人ですが、分からない点がたくさん有ります。
   クリックすると元のサイズで表示します
 父は34−1舒明天皇で、母は35−1宝皇女(後の皇極・斉明天皇)なので、38−1天智天皇の同母弟になる大海人皇子(オオアマノオウジ)は高貴な出のはずなんですが、生まれ年は不明です。(まあこれは日本書紀では普通らしいですが)
   クリックすると元のサイズで表示します
 成人するまでははっきりしたことが分からないため、大海人皇子は新羅の皇族だったという説や、母の宝皇女が舒明天皇の皇后になる前に結婚していた前夫高向王(タカムコノオウキミ)(31−1用明天皇の孫です)との間の子漢皇子(アヤノミコ)である、すなわち天武は天智の異父兄であるという説もあります。
    クリックすると元のサイズで表示します
 いずれにしても、(兄)天智天皇の娘、すなわち姪にあたる皇女4人を娶っています。
大海人皇子は、大田皇女との間に大来皇女(オオク)と大津皇子、鸕野讃良皇女との間には草壁皇子、新田部皇女(ニイタベ)との間には舎人親王、大江皇女との間には長皇子(ナガ)と弓削皇子(ユゲ)をもうけています。
他にも天智天皇の娘さん以外も娶り、十市皇女(トオチ)・高市皇子・忍壁皇子(オサカベ)・磯城皇子(シキ)など、多数の子供がいました。
これらの中から、また天智天皇の息子や娘と結婚した人がいたので、天智・天武間の血の濃さはかなりのものです。
  クリックすると元のサイズで表示します
 大海人皇子は、兄天智天皇から皇位を譲ってもらえるチャンスもあったのですが、協力することを嫌って吉野に出家隠遁しました。
 そして近江朝廷にすぐに反旗を翻し、武力で持って1ヶ月ほどで近江朝を倒しました。
しかしこの有名な壬申の乱(672年)で、天武天皇は全く戦闘場面に出てくることはなく、後方で座っていただけですのに、そんな大将を実際に戦った豪族が天皇として担ぐ不思議さが、私にはちょっと納得しにくいです。
 私が納得しようがしまいが、奈良の岡本宮→飛鳥浄御原宮(アスカキヨミハラノミヤ)で即位し第40代天武天皇(テンム)(〜686)(在位673〜686)となりました。
     クリックすると元のサイズで表示します
 ここから9代にわたり、いわゆる天武天皇の血が続き、藤原京→平城京と律令政治が始まり、東大寺大仏などの天平文化が花開くことになります。

    返事
花水木さん:60過ぎたら思い込みで、
    自然に文字を間違って読んでしまうのですかね。
    若い時は意図的でしたね、
    全国共通オコメ券をオ○▽券と読むと教えられ、
    全国共通のこの券ほしいと思ってました。
大雪男さん:春は広島と西武が圧倒的に強かったですが、
    秋はやっぱりソフトバンク。
    でもそれになんとか抵抗できるセのチームは広島だけ。
    面白いシリーズになりそうですね。
タグ: 天皇陵

2018/10/17

39⁻1弘文天皇  天皇陵巡り
    クリックすると元のサイズで表示します
 38-1天智天皇はたくさんの妻を持っていましたが、あまり皇子には恵まれず、身分の高くない伊賀采女宅子娘(イガノウネメヤカコノイラツメ)との間に産まれた、大友皇子(オオトモノオウジ)(伊賀皇子とも)に後を譲りました。
 大友皇子が即位して天皇になったかどうか、もちろん敵方の正史である「日本書紀」には大友皇子の巻もなく、即位もさしていません。
即位はしてないが天皇代理として統治した称制説、即位したのは天智天皇皇后38-2倭姫王だった説など有ります。
    クリックすると元のサイズで表示します
 明治政府は即位説をとって、明治3年(1870年)に39‐1弘文天皇(コウブン)(648〜672)(在位672年1月〜8月)と諡号しました。
24歳で近江宮(滋賀県大津市)で即位し、わずか半年後に自害に追い込まれたことになります。
     クリックすると元のサイズで表示します
 妃は叔父40⁻1天武天皇の娘十市皇女(トオチノヒメミコ)で、葛野王(カドノオウ)を産んでいます。
 日本史で学ぶ有名な壬申の乱(672年)がなぜ起こったのか、先代天智天皇の敵をせん滅するような数々の強引な改革に対する不満、後継ぎ弘文天皇は身分の低い側室の子ではないか、白村江の大敗戦や対唐政策などで近江宮に遷都したことへの不満、額田王をめぐる天智・天武の恋のさや当て説まで、色々あるようです。
仮にも出家した男天武が、兄の子でありわが娘も嫁ぎ孫も出来てる甥を、滅ぼそうと思い、それに同調した豪族が沢山いたことがもひとつ理解できません。
    クリックすると元のサイズで表示します
 乱の総指揮官、大将である天武天皇は、全く戦闘には参加することなく、わずか1ヶ月で近江朝廷軍は大敗、弘文天皇は一人山中で首を吊って自害したと、日本書紀は記しています。
一応この長等山前陵(ナガラノヤマサキノミササギ)(滋賀県大津市)が大津市役所(左の建物)の裏、近江宮跡に近い所に、明治政府によって定められていますが、園城寺亀山古墳を明治政府が陵にしようと思っただけの場所だと思います。
     クリックすると元のサイズで表示します
 壬申の乱後、弘文天皇の忘れ形見葛野王は、父を殺した母方の祖父40⁻1天武天皇や父方の叔母である41−1持統天皇にも、殺されることなく仕えられたのも不思議です。
皮肉にも持統天皇には、皇位継承は直系に限ると、42−2文武天皇にするように進言までして、称賛されています。(これでいったら弘文の次の天皇は自分に成るのですがね)
また、弘文天皇の曽孫は淡海三船(オウミノミフネ)という、ちょっと偉い文人で、天皇の和風諡号を作った人です。
タグ: 天皇陵


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ