奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2021/4/16

85-1仲恭天皇  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 祖父の後鳥羽上皇が誕生を待ち望んでいたという懐成親王(カネナリシンノウ)は、第84代順徳天皇の第1皇子として産まれ、母は摂政九条良経(ヨシツネ)の娘の中宮立子(リッシ)(1218〜1234)です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 誕生早々に立太子し、1221年4月には、祖父後鳥羽上皇の討幕計画に加担するために退位した父順徳天皇の後を受け践祚(センソ)(天子の位を受け継ぐこと)、第85代仲恭天皇(チュウキョウ)(1218〜1234)(在位1221.4.20〜7.9)となりました。
  名もなき天皇ですが、参道はきれいに整備され、まずまずの大きさもある陵です
 クリックすると元のサイズで表示します
 でも、位についたことを内外に示す即位は行われない間に、5月には承久の乱が起こり、瞬く間に敗北に終わったので、乱後の7月には鎌倉幕府に依って、仲恭天皇は廃されてしまいました。
  参道奥の制札の立つところから、直角に曲がると拝所に出ます
 クリックすると元のサイズで表示します
 わずか4歳の天皇で、在位期間も歴代天皇最短の70日、即位の式も行われてない「半帝」「九条廃帝」と呼ばれていましたし、歴代天皇として第85代仲恭天皇の諡号(シゴウ)が贈られたのは、明治3年(1870)のことです。
  拝所から参道を振り返った写真です
 クリックすると元のサイズで表示します
 明治維新直後で、長州藩士がいばりくさっていた頃に陵が出来たのか、拝所正面下に写真のように、維新戦役防長藩士之墓が並んでいるのが、ちょっと気に入りませんね。
 又参道途中には、崇徳天皇皇后聖子の陵も有るので、歴代天皇と認められてから作られた陵のようと思います。
 クリックすると元のサイズで表示します
 廃帝後は、母の実家九条の家に引き取られ、皇女も一人もうけていますが、17歳で没しこの九条陵(クジョウノモササギ)(伏見区深草本寺山町)が治定されています。
 クリックすると元のサイズで表示します
 陵から少し下って師団街道沿いの道端に、写真のようにある東山本町陵墓参考地が、元々の仲恭天皇陵だと言われています。
廃帝にしては、母の実家の力か、結構な陵に丁寧に葬られたようですね。

        返事
大雪男さん:阪神上手く行きすぎで心配、
    と言うか、セリーグの他チームが悪すぎですね。
    (巨人がその中で勝ってるのが嫌ですが)
     最近のラグビーはノックオンしませんね。
    近くからあんなに速いパスをほられたら、
    私は全て落としてましたね!
    最近はボールも良くなったのですかね。

2021/4/14

84-2順徳天皇皇曾孫志玄王  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 第84代順徳天皇の第6皇子善統親王(ヨシムネ)は1233年生まれですので、父順徳が佐渡島へ配流された後につくった皇子のようです。
祖母の修明門院の下で育ち、親王宣下を受け、七条院領を相続し、四辻宮とも呼ばれていますので、島流しの父を持ったにしては、まあまあの生活をして85歳まで行きました。
  少しかすれ始めてる制札でした
 クリックすると元のサイズで表示します
 善統親王の息子で、四辻宮の2代目が尊雅王(タカマサオウ)です。
  嵐山(天龍寺)から近い慈済院の一般墓地の真ん中に、宮内庁治定の墓があるので、裏側からも見通せました
 クリックすると元のサイズで表示します
 そして尊雅王の息子が、今回の志玄王(シゲンオウ)(1282〜1359)ですので、順徳天皇のひ孫にあたります。
 13歳で出家し、庭園設計でも有名な夢窓疎石(ムソウソセキ)(1275〜1351)に師事し、京都天龍寺の第2世になったそうです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 天龍寺塔頭の慈済院を創建したので、この慈済院墓地内にお墓があるのは分かりますが、こんな人の墓を、宮内庁がわざわざ治定陵墓に加えて守ってる意味がもひとつ分かりませんし、こんな墓までわざわざ巡ってる私の意図も判然としませんね。
もやもやしながら墓を巡って、三条通りに出たら、そこは若い時に当直にも行ってた先輩外科先生の病院でした。

       返事
和さん:今年の京都の桜は早かったので、
    絶好の時期でしたね。
    半木の道の枝垂れも早かったようですね。
花水木さん:孫に会えたの1年半ぶりとは、
    島にいた頃の私より間隔開いていて、気の毒ですね。
     朝橘さんの実演を観れない今、せめてNOTEの献金と思ってますので、
    もっと頻回に書くよう(文章上手です)、親の方から命令しておいてください。
toitennさん:フィッシャーマンズワークより、
    海岸線沿いの店を、私は主に回っています。

2021/4/9

84-1順徳天皇  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 母は藤原範季(ノリスエ)の娘重子(ジュウシ・シゲコ)(修明門院)(1182〜1264)で、第82代後鳥羽天皇(1180〜1239)の第3皇子として生れた守成親王(モリヒラシンノウ)は、異母兄第83代土御門天皇の皇太弟に3歳でなっています。
  写真は昨秋の大原三千院前から陵の方向を撮ってますが、この大原三千院の前をもう少し奥に行くと、実光院の向かい側に御陵は有りました
 クリックすると元のサイズで表示します
 異母兄土御門天皇はおっとりしており、父後鳥羽上皇は守成親王の才気煥発で俊敏な性格から、この子の方が鎌倉幕府に対しても毅然とした姿勢で臨めると考え、2歳年上の兄土御門天皇を譲位させ、弟の守成親王を14歳で即位させ、第84代順徳天皇(ジュントク)(1197〜1242)(在位1210〜1221)が生れました。
  ともに遠い島で亡くなった親子は一緒に祀られています
 クリックすると元のサイズで表示します
 順徳天皇は、女御から中宮になった藤原立子(リュウシ)との間に懐成新王(カネナリ)をもうけ、それ以外にも藤原清季の娘との間に忠成王など、10人以上の皇子女に恵まれています。
 クリックすると元のサイズで表示します
 ほぼ父後鳥羽上皇の院政下の治世でしたが、その父の討幕計画に加担するために順徳天皇は、わずか4歳の懐成親王に譲位し上皇として身軽になりました。
  写真は御陵の正面です
 クリックすると元のサイズで表示します
 しかしながら、この承久の乱(1221年)はあっさり頓挫してしまい、佐渡島に配流された順徳上皇には20年にも及ぶ辛い抑留生活が待っていました。
 最後、第5皇子忠成王(タダナリオウ)が第87代四条天皇の急死に依って次期天皇候補に挙がりましたが、惜しくもそれもかなわず、自身の京の都に戻る夢も破れて失望も大きく、食を絶って亡くなり、佐渡島で火葬にふされた後、父後鳥羽上皇と同じ大原陵(オオハラノミササギ)(左京区大原勝林院町)に並んで葬られています。
  左側の円丘部分が順徳天皇陵
 クリックすると元のサイズで表示します
 順徳天皇は父後鳥羽院や藤原定家の影響もあって、歌の才にも恵まれ、定家の小倉百人一首最後の百首目は、順徳院の歌でしめられています。
  この歌は、マンガトリオの漫才で、繰り返し「ももひきや〜」と歌われ、若い時に憶えました

       返事
花水木さん:そこまで宝くじ党を卑下しなくても良いですよ。
    馬券は獲った時に、「なぜ自分はこれを買ったか!」を
    自分に詳しく自慢できると言うメリット?が有りますね。

2021/4/7

83-1土御門天皇  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 今年の京都の桜もほぼ終わりですので、不評ではありますが再び天皇陵巡り再開です。
 第82代後鳥羽天皇(1180〜1239)(在位1183〜1198)の第1皇子で、母は内大臣源通親(ミチチカ)の養女在子(ザイシ)・承明門院(ショウメイモンイン)の為仁親王(タメヒトシンノウ)は、わずか4歳にして第83代土御門天皇(ツチミカド)(1195〜1231)(在位1198〜1210)となりました。
  阪急長岡天神駅から色鮮やかな長岡京はっぴいバスに乗って、新興住宅街をグルグル回って、高台西で降りたらすぐに、今回の御陵は有ります。
 クリックすると元のサイズで表示します
 即位直後の1199年源頼朝が亡くなり、息子頼家がその後を継ぎましたが、1204年には謀殺され、鎌倉幕府3代目将軍実朝も1219年に暗殺されるなど、出来たての武家社会も安定しなかった時代です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 そんな中で、父後鳥羽上皇の院政下での土御門天皇ですが、生来温厚で世事には疎かったことから、父後鳥羽上皇はこれでは鎌倉幕府と渡り合えないと、16歳の土御門天皇に、異母弟の順徳天皇に譲位するように迫りました。
この時も、内心は不満ではありましたが、そぶりも見せずに父の意に従ったそうです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 その後起こった承久の乱(1221年)では、土御門上皇は討幕計画に関与していなかったので、乱後に鎌倉幕府が後鳥羽・順徳両上皇を島流しにしたのに対して、特別に罪は問いませんでした。
  御陵を巡ったのは昨年の秋、直角に曲がる参道も綺麗でした
 クリックすると元のサイズで表示します
 しかしながら、この辺が私がなんとなく土御門天皇に心を寄せる理由でもあるのですが、咎められなかったことを潔しとせず、自らの意思で鎌倉幕府に申し出て、土佐へ続いて阿波に下り、出家した後に徳島で亡くなっています。
土御門天皇火葬塚(徳島県鳴門市大麻町)は、写真のように堀もある立派なものです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 この火葬塚の隣にある、広々とした参道の有る阿波神社の祭神は、土御門天皇です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 鳴門市に火葬塚や神社が有るので、晩年はこの辺に住んでいたのでしょうね。
 クリックすると元のサイズで表示します
 か弱く真面目そうに見える土御門ですが、そうはいっても15人ほどの妃に20人以上の子をもうけていますし、死後20年経ってその息子の一人が天皇になったので(第88代後嵯峨天皇)、土御門の血は現在の天皇に繋がっています。
そんなわけででもないですが、金原陵(カネガハラノミササギ)(京都府長岡京市金ヶ原)は、京都西南の山すそに、綺麗に存在していました。

       返事
花水木さん:私の人生と同じで、
    競馬の負けは、これぐらい獲り返しても、
    への足しにもなりません。
     宝くじは選べませんが、競馬などの賭け事は、
    考えて考えて、選んで選んで、上手にはずれ馬券を買うという、
    面白さがありますので、ぜひやってみて下さい。
toitennさん:散ったらすぐに次の準備をする桜に負けないように、
    私も、獲れなくてもすぐに、
    次のレースを買う準備をしてます。

2021/3/16

82-7後鳥羽天皇皇女禮子内親王  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 第82代後鳥羽天皇の第3皇女禮子内親王(レイシナイシンノウ)(1200〜1273)の母は坊門信清の娘なので、道助親王は同母兄、頼仁親王は同母弟になります。
 異母兄の土御門・順徳両天皇朝に賀茂斎院に入ってますが、承久の乱の混乱で賀茂斎院は廃絶したので、禮子内親王は最後の斎院となってしまいました。
  御墓は太秦映画村にも近い、少しは畑も残る住宅地の中に、かなり広々と存在していました
 クリックすると元のサイズで表示します
 禮子内親王は病気の為に13歳で斎院を退下し、七条院殖子の元で養育されたこともあってか、嘉陽門院の院号を宣下され、承久の乱前には出家していました。
  御墓の中央には、ポツンと石塔が立っていました
 クリックすると元のサイズで表示します
 七条院領を相続したためか、墓は単なる内親王にしては広目です。
宅地開発された農地の中に、宮内庁治定になった為に、こんな空き地が残るのは良いことかもしれません。
  後鳥羽天皇皇女禮子内親王墓(右京区太秦安井池田町)
 クリックすると元のサイズで表示します
 後鳥羽天皇の皇子女6人の墓参りをしましたし、この後天皇になった2人の親王の陵も廻りますので、後鳥羽だけで10回分ぐらいを使わなくてはならないようです。
 少しスピードを上げたいような、終わりを長引かせたいような気分です。

       返事
花水木さん:善峯寺の山門は、
    白い部分があるので、余計立派に見えます。
     75点以上ですか!
    63点でなんとか世の中を渡ってきた私は、
    追加の2000円を払います。

2021/3/14

82-6後鳥羽天皇皇子道覚法親王  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 道覚法親王(ドウカクホッシンノウ)(1204〜1250)は後鳥羽天皇の皇子で、母は尾張局です。
朝仁親王(アサヒトシンノウ)と親王宣下は受けましたが、12歳で出家し天台教学を学びました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 承久の乱(1221)で青蓮院を退出せざるを得ませんでしたが、その後天台座主となり、青蓮門院門跡にもなってますので、ここ善峯寺の青蓮院宮墓の中に祀られてるのでしょうね。
 青蓮院宮墓地(ショウレンインノミヤボチ)(西京区大原野小塩町)の一番左横にありました
 クリックすると元のサイズで表示します
 特に巡るまでもない人のようですが、善峯寺にも行ってますので、数増やしに挙げさしてもらいました。
もちろん宮内庁治定陵墓です。

       返事
花水木さん:75歳以上の試験は難しそうですね!
    せっかくの新車に2年間しか乗れなかったら辛いです。

2021/3/7

82-5後鳥羽天皇皇子頼仁親王  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 母は坊門信清(ボウモンノブキヨ)の娘で、後鳥羽上皇の第7?皇子として産まれたのが、倉敷市のはずれに見つけた墓に葬られた頼仁親王(ヨリヒトシンノ)(1201〜1261)です。
  後鳥羽天皇皇子頼仁親王墓(岡山県倉敷市木見字正光寺)の制札は、やや赤っぽく写真に写りました
 クリックすると元のサイズで表示します
 鎌倉三代将軍実朝が暗殺された時、北条政子によって頼仁親王も征夷大将軍に推挙されましたが、これまた父後鳥羽上皇の反対で実現しませんでした。
  村道?の横にあった墓は、菊の御紋も付いてる門と石塔でした
 クリックすると元のサイズで表示します
 1221年承久の乱で、頼仁親王もその頃はまだ本当に島だった備前国児島に流されました。
ここには異母兄で第4?皇子の覚仁法親王(カクニンホウシンノウ)(1198〜1266)が、熊野での修行後に移り住んでいて、五流尊瀧院(ゴリュウソンリュウイン)の大僧正となっていました。
頼仁親王墓から少し離れてますが、熊野神社沿いの空き地に、伝桜井宮覚仁親王墓と書いた標識を見つけました。
  写真の左の宝塔が覚仁親王の墓らしいですが、ここは宮内庁管理地ではありませんでした
 クリックすると元のサイズで表示します
 1240年父後鳥羽上皇の一周忌にあたって、覚仁・頼仁兄弟が建てたこの後鳥羽上皇御影塔も近くにありました。
朝堂・経堂は応仁の乱で燃えてしまい、この塔だけが残されたそうです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 この地の熊野神社は立派な大きな建物も並んでいましたし、この五流尊瀧院三重塔も立派なものでした。
 頼仁親王はこの地で没しましたが、南北朝時代に南朝の忠臣として働いた児島高徳(タカノリ)の曾祖父が、今回の頼仁親王であるとも言われています。
児島高徳の名は、戦前の人なら皆知ってる国民的英雄でしたが、戦後生まれの私は、田舎に有った戦前の子供向けの本でのかすかな記憶しかありません。
こんな遠くに有る頼仁親王墓を宮内庁が管理してるのは、戦前の皇国史観の流れからかもしれませんが、半年前ぐらいの1泊2日旅行に行けたので、私にとっても良き場所でした。

       返事
花水木さん:これを家内が読んだら怒られるかもしれませんが、
    私は言葉の使い方に、じっと耐える方です。
     京都市民の私も、
    雪にはいつも心が躍りますよ。

2021/3/3

82-4後鳥羽天皇皇子雅成親王  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 第82代後鳥羽天皇の第3皇子は第84代順徳天皇ですが、少しとんで第6?皇子は、母が藤原重子(ジュウシ・シゲコ)(1182〜1264)と順徳天皇の同母弟になる雅成親王(マサナリシンノウ)(1200〜1255)です。
  兵庫県豊岡市のJR豊岡駅から少し山側の高屋、道端から傍に少し雪の残る石段が続いていました
 クリックすると元のサイズで表示します
 1219年鎌倉3代将軍源実朝が甥の公暁に鶴岡八幡宮で暗殺され、源氏将軍が絶えたので、鎌倉幕府は雅成親王を次期将軍に迎えたいと要請したのですが、何故か後鳥羽上皇はこの申し込みを拒絶しました。
この時にこの要請を飲んで、雅成親王を征夷大将軍にしておけば、後鳥羽上皇も承久の乱など起こさずに、武家の上に立って天下を掌握できたのにと思いますがね。
  石段を登ると、いつもの風景が見えてきました
 クリックすると元のサイズで表示します
 そして承久の乱(1221年)が起こり、雅成親王もこの豊岡の高屋に幽閉されたそうです(黒木御所)。
 父後鳥羽上皇が隠岐で亡くなった後には、雅成親王は許されて一旦京都に戻れたようです。
  後鳥羽天皇皇子雅成親王墓(兵庫県豊岡市高屋)
 クリックすると元のサイズで表示します
 しかしながら、雅成親王を担ぎ出して次期天皇にしようとする公卿達の動きが有ったので、再び但馬のこの地に戻された雅成親王は、ここで亡くなっています。
  宝塔が並んでいる墓でしたが、どれが誰かまでは分かりませんでした

        返事
花水木さん:花が無く、
    寂しいばかりの天皇陵巡りですみません。
    ここはまだ車内で待つ家内が居る車道にも近く、
    明るい気持ちで巡れました。

2021/2/28

82-3後鳥羽天皇皇子道助親王  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 第82代後鳥羽天皇第2皇子の道助親王(ドウジョシンノウ)(1196〜1249)の母は坊門信清(ボウモンノブキヨ)の娘ですので、今後紹介予定の禮子内親王や頼仁親王(ヨリヒト)の同母兄にあたります。
  制札の字体はやや子供っぽかったです
 クリックすると元のサイズで表示します
 後鳥羽天皇の第1皇子は第83代土御門天皇で、第2皇子でしたが道助親王は11歳でもう出家し、1214年には仁和寺第8代門跡になっています。
  主に美福門院の御陵に行くために高野山宿坊に泊まりましたが、そこからは少し離れた光臺院奥の静かな所に墓は有りました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 1221年承久の乱に直接は参加していませんが、父後鳥羽の為に祈祷は行ったようです。
でも、前から出家もしていたので、他の子供たちのように処罰はされなかったようですが、36歳で高野山に隠遁させられています。
  墓は小さな塚になっていました
 クリックすると元のサイズで表示します
 墓は高野御室光臺院(コウダイイン)で、結構立派な門構えがありました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 奥の左に木戸があって鍵がかかっていました、
たまたまか弘法大師のお導きか、この院の奥様らしき方に尋ねると、御親切にも鍵を開けていただき、おまけに道筋まで丁寧に嫌な顔一つせずに教えていただけました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 聞き及んだとおりに歩くと道助親王墓にすぐにたどり着けました。
墓の目の前には、高野山で自刃したこの写真の豊臣秀次公墓もありました。
 全体にこの辺りは霊気が漂ってる感じがして、こんな時は一人で天皇陵巡りより、家内がいてくれた天皇陵巡りの方が安心でした。

2021/2/26

82-2後鳥羽天皇皇女尊称皇后昇子内親王  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 第82代後鳥羽天皇(1180〜1239)は沢山の妃にたくさんの皇子女を産ませていますが、奥さんで宮内庁治定陵に上がってる人は誰もいません。
しかし、皇子女は次期天皇に成った二人も含めると、8人もの治定陵墓がありますので、ここは一応順次巡って行きます。
  ここは昇子内親王墓と言われている、あくまでも陵墓参考地ですが、浄菩提院塚陵墓参考地(ジョウボダイインツカリョウボサンコウチ)(伏見区竹田小屋ノ内町)
 クリックすると元のサイズで表示します
 後鳥羽天皇の唯一の皇后は、摂政関白九条兼実(カネザネ)(1149〜1207)の娘九条任子(クジョウタエコ・ニンシ)で、産まれたのが、立っても座っても光ってると言われた第1皇女昇子内親王(ショウシ・ノボルコナイシンノウ)(1195〜1211)です。
  名神高速京都南ICの南、城南宮の近くの小さな空き地が陵墓参考地でした
 クリックすると元のサイズで表示します
 第74代鳥羽天皇皇女しょうし内親王(八条院)の猶子となったので(生後すぐ)、莫大な八条院領を譲られ(1才)、異母弟第84代順徳天皇の准母ともなっていて(13才)、春華門院という院号も宣下されています(14才)。
でも、義母となった八条院が亡くなって5カ月後に、昇子内親王は17歳で亡くなったので、八条院領はそのまま順徳天皇に相続されたそうです。
順徳天皇も1221年の承久の乱で佐渡に流されたので、八条院領は誰のものになったんですかね。
  掃除直後なのか、綺麗でした
 クリックすると元のサイズで表示します
 クリックすると元のサイズで表示します
 浄菩提院塚陵墓参考地辺りは、鳥羽離宮があったので、白河・鳥羽・近衛天皇陵も近くですが、現在は名神高速道路京都南ICがあって、誰かは不明ですが後宮塚(コウキュウヅカ)・中宮塚(チュウグウヅカ)陵墓参考地もありました。
 このゴミ捨て場のようにも見える後宮塚陵墓参考地は、本当にラブホテル街の真ん中にあって、塚の前の道の両側ともにラブホテルでしたので、一人で訪れるのは恥ずかしかったです(と言っても、この年では二人で訪れるのはもっと恥ずかしいかもしれませんが)。

      返事
Toyさん:トップにならないように(成れないか)生きてきましたので、
    たった二人になった我が家でも、トップは家内です。
花水木さん:人の目の基準が変わってきてるだけのような気はしますが、
    若い時の思い込みは、なかなか断捨離出来ません。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ