奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2019/4/7

大原 松露饅頭  菓子たくさん
    クリックすると元のサイズで表示します
 佐賀県唐津の祭り唐津くんち、鯛や兜の曳山で有名ですが、その祭りの絵柄を使ってる元祖 阿わび屋 大原松露饅頭。
    クリックすると元のサイズで表示します
 この松露饅頭は1個90円と安いですが、京都なら200円の値が付きそうです。
    クリックすると元のサイズで表示します
 唐津にある日本三大松原の一つ、虹の松原の松の根元の砂地に自生する球状の食用キノコ、松露に形が似てるので、こう名付けられました。
    クリックすると元のサイズで表示します
 カステラ生地で餡を包んで焼いた焼き饅頭です。
食べてみると、餡がびっしり入っていて、確かに薄い生地は屋台のベビーカステラの味を思い出させますが、より上品で、一個だけでは少々物足りない味でした。
     クリックすると元のサイズで表示します
    クリックすると元のサイズで表示します
 住職であり、表千家の重鎮でもあった、故山下恵光さんの書いた「菓子珊珊」という本を貰いました。
高い本なので、買えとお勧めできませんが、図書館ででも借りて下さい。
珊珊(サンサン):輝いて美しい様子だそうです。
    クリックすると元のサイズで表示します
 「菓子珊珊」にもこの松露饅頭の項がありました。
菓子をこんな風に説明し、こんな風な菓子器に入れて写真を撮れれば良いのですが、私ではなかなかそうはいきません。
 せめて一歩でもそんな風になりたいと、ブログの記事カテゴリーを、珊珊にあやかって「菓子たくさん」に替えてみます。
(たくさん)のなかに、これから沢山のお菓子を食べたいという気持ちと、食べすぎて糖尿になったりしないよう、お菓子はもうたくさんだ、の意味をこめました。

     返事
大雪男さん:阪神も広島も今がどん底、
    と思って生きていきましょう。
     香川県は行く所ないですかね、
    剣山なんかどうですか?剣山は徳島県かな?
花水木さん:目が点は放送時間が変わってからは観てません。
    残念!
     美人薄命;昔YMCAのキャンプリーダーで行ってた時、
       美人のリーダーが白い水着で泳いでいて、
       なんとなく透けてると、男たちで騒いでいると、
       一人が「やっぱり美人(はパンツを)はくめい」と言ったので、
       全員笑いが止まらなくなったことがありました。
       美人薄命を聞くと、いつも若いあの頃を思い出します。
       でも男のノーパンは美しくはないですよ。

2019/2/11

叶匠寿庵  菓子たくさん
     クリックすると元のサイズで表示します
 叶匠寿庵の和菓子、名前は不明も冬のお菓子です。
正月用か、金粉もふってありました。
    クリックすると元のサイズで表示します
叶匠寿庵(カノウショウジュアン)は戦後に出来た滋賀県の和菓子屋さん、50年ぐらい前から有名になって、一時はブームのような感じで、京都の和菓子屋さんよりここの和菓子を買ったり貰ったりすることが多くなった時もありました。
近年は、同じく滋賀県のお菓子屋さん「たねや」にやや押され気味です。
    クリックすると元のサイズで表示します
 窓の外に小雪がちらつく冬の休日、ゆっくりと上品に和菓子をいただいて、15年ほど前に自作した抹茶碗で、多めに点てた一服をいただく。
私はやっぱり、酒より甘いものが似あう老人です。

      返事
花水木さん:というわけで、私もゆっくり過ごす日もあるのですよ。
     インフルエンザも、下火になってきた気はします。
さかさん:なんということか!!
    指摘されるまで、全く気が付きませんでした。
    馬鹿ですね!!  すみません。
    ノートパソコンを逆さまにして、確認しました。
    それでうさぎです!  ありがとうございました。
     他の人も写真逆さまに観て下さいね!

2019/2/9

雪うさぎ  菓子たくさん
     クリックすると元のサイズで表示します
 富山県小矢部市にある白梅軒五郎丸屋の、季節の薄氷(ウスゴオリ)「雪うさぎ」です。
    クリックすると元のサイズで表示します
 元の形は、薄氷が割れたかのように不定形に切られた、うす焼きせんべいに和三盆糖を塗った干菓子で、「雪うさぎ」はその季節限定変形商品です。
    クリックすると元のサイズで表示します
 元のよりちょっと高く、1枚120円ぐらい。
何枚もパクパクとすぐに食べてしまうので、高くつくお菓子かもしれませんが、上品なお味です。
ポテトチップスのように食べるのではなく、お抹茶一服に1枚ぐらいにして、優雅に食べた方が良いでしょう。

      返事
花水木さん:テイッシュ一箱使う鼻水・咳・咽頭通・節々の痛み・倦怠感など熱以外はそろってました。
     そうですね、なにもせずに寝ていましたが、用意されたご飯は食べていました。
ヌカタオキミさん:一応予防接種はしています。
     直木賞は獲れると思いますが、
    獲れなかっても、私に内容は教えて下さいね。

2019/1/21

京観世  菓子たくさん
    クリックすると元のサイズで表示します
 京都の有名和菓子屋さんの鶴屋吉信。
以前働いていて、今も少しだけバイトで働いている病院の、堀川通りをはさんだ向かいに店があります。
柚餅(ユウモチ)も有名で好きですし、よく貰いました。
 この京観世(キョウカンゼ)も鶴屋吉信の定番商品です。
この絵柄は堂本印象の絵らしいです。
     クリックすると元のサイズで表示します
 以前は1本の羊羹状になっていて、切って食べてましたが、最近はこの様に一口サイズに切って包装して売ってる和菓子が増えましたね。
 こうなって1個260円です。
高い気もしますが、まずまずですかね。
   クリックすると元のサイズで表示します
 袋を開けると、いつでも新鮮な京観世が出てきます。
確かに切って食べてた時は、最後はやや硬くなってくるのが普通で、それがまた良いと言えば良かったのですが、その印象があるのか、久しぶりの京観世は昔より柔らかくなった気がしました。

     返事
花水木さん:都会では1個500円のケーキに、
    私も慣れてきて驚かなくなってきましたが、
    この笹乃雪は見かけより安いので、お土産に良いかも。

2019/1/17

笹乃雪  菓子たくさん
    クリックすると元のサイズで表示します
 石川県能登の浜口長生堂という店の「笹乃雪」
    クリックすると元のサイズで表示します
 金沢市内にも店があるようですが、竹皮(本物ではないよう)に包まれたお菓子です。
見かけは豪華そうですが、意外と安く130円ぐらい。
    クリックすると元のサイズで表示します
 もちの中にきなこを練り込んで、雪に見立てた粉砂糖をまぶした、笹の葉の形をしたお菓子です。
3枚入っていて、粉が落ちるのに気を付けて、くるっと巻くようにして口に入れると、甘さが広がりました。
ものすごく上品な味というわけではありませんが、それがまた良いのかもしれません。
    クリックすると元のサイズで表示します
 私は初めて食べたと思います。
能登や金沢に行かれたら、お土産にどうぞ。

     返事
花水木さん:シホンケーキに目の前でクリームを塗って苺を載せて、
    孫と息子の嫁が作ってくれました。
     私は嫁や婿には恵まれてると思います。
どこまでも追っかけ、だった頃もあったさん:
    ある時はサメ肌の女、またある時は三重ノ海、
    しかしてその実体は、七つの顔を持つH病院のNさんですね。
    久しぶりのコメントありがとうございます。
         多羅尾坂内
タグ: 笹乃雪

2019/1/14

正月も終わり  菓子たくさん
    クリックすると元のサイズで表示します
 成人の日の連休も終わり、今年の正月もなんということなく終わりました。
あとは年賀はがきのお年玉籤が当たるかどうかぐらい。
 娘夫婦が年賀の挨拶に持って来てくれた、近所の京都北山マールブランシュの正月用ケーキ。
    クリックすると元のサイズで表示します
 正月三が日過ぎは家内の誕生日でもあるので、皆で祝った嫁の手作り誕生日ケーキ。
    クリックすると元のサイズで表示します
 この連休は、近くの家族だけで夕食会。
お土産の、昨年秋に京都にも出来たパリの店ブーランジェリーのケーキ。
じゃんけんはべべから2番目でしたが、私はどれが当たったでしょうか?
ちょっとパリの味がする(知らんくせにと言われましたが)、右下のミルフュールでしたが、美味しかった。
 正月1.5sほど太りました。

      返事
花水木さん:新元号の私の予想。
    Aだと思うので、「安○」という感じでどうでしょうか。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ