奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2009/6/9

初孫  京都の思い出

 先週末は京都に帰ったので、4月末に生まれた初孫を抱いてきました。
ゴールデンウイークに帰った時には、まだNICUのガラス越しの面会だけでしたが、今回は息子のアパートで直接触れることが出来ました。
    クリックすると元のサイズで表示します
 おかげさまで元気になりました。
「う〜ん、やっぱり他の赤ん坊より可愛くて賢そうな気がしますね」
 私が抱く時が一番むづかしがりますが、チョット笑ってくれるとなかなかのものです。こうして皆は猫かわいがりになっていくのか。
 写真も沢山撮りましたが、孫も私に似て写真写りが非常に悪く、なかなか良い写真がありません。
 実物のように可愛く写っている写真が撮れないなんて、本当に私そっくりでした!

2009/1/29

京都へ  京都の思い出
 
  正月休みには、車にフークを積んで、家内と一緒に帰り、
正月明けて私だけ、奈留島に帰ってきたので、今は一人です。

 今週末は、皆を連れに帰るので、京都に帰ります。
    また麻雀できる。
   クリックすると元のサイズで表示します
 正月、フークは京都の自分の場所に落ち着いていました。
   クリックすると元のサイズで表示します
     クリックすると元のサイズで表示します
 そして、京都でもやっぱり寝てばかりでした。

   久しぶりにフークに会えます。
 家内とは電話やメールでよく喋っていますが、フークは声も聞かしてくれませんでした。
  連れて帰る家内とフークは以前のままですが、乗って帰る車は新車になります。
     チョット楽しみ!
              では又

2009/1/13

新年会  京都の思い出
 もう30回を越えて続いている、恒例の麻雀仲間の新年会に、今年も出席です。
     クリックすると元のサイズで表示します
 京都の町家を改造した伊料理店です。
値段以上に良かったですが、懐かしい京町家の縁側を、靴のままで歩いて奥のトイレに行くのは、やや違和感が有りました。
 私の実家の隣の町家も、レストランになっているようで、一度行って見たいものです。
   クリックすると元のサイズで表示します
 あれだけ顔を隠せと言っているのに、幹事だけが隠しませんでした。
   その後はやはり 麻雀です。

2009/1/11

京都のお正月  京都の思い出
 京都の正月はあまり天気も良くなく、久しぶりに正月墓参りもしました。
     クリックすると元のサイズで表示します
 さすが正月、ほとんどの墓には花がありました。
長崎と違って、造花ではなく生花なので、長崎の墓地に慣れてしまった私には、地味にも感じましたが、やっぱり墓には生花の方が良いと思います。
  クリックすると元のサイズで表示します
 墓参り後、清水坂から三年坂・二年坂を廻って八坂神社に抜けましたが、いつもの甘味処「かさぎ屋」に空席があったので入れました。
 ブログ「五坪の家庭菜園から」の写真とは違って、人多し。
   
  クリックすると元のサイズで表示します
 私はぜんざい、上品で美味しいです。
年末家族、成人男子3人・成人女子3人・フークで、飲んだアルコールは、350cc缶ビールが2缶だけの我が家です。

2009/1/6

京都への道  京都の思い出
 正月休みは、フークも家内も連れて、車で京都に帰りました。
4ヶ月前に島で入れたレギュラーは200円ぐらいしたのに、今回はハイオクでも120円ぐらい、びっくりするぐらい安くなっていました。
 安くなったガソリンを入れたせいではないでしょうが、車の調子はも一つで、軽自動車にも抜かれながらゆっくり帰りました。
    クリックすると元のサイズで表示します
 高速のSAにも何度か寄りましたが、SAのトイレは綺麗ですね。
小便器には全て、的のマークが入るようになっていました。
 当ると温度差で色も変わります。これを付けると、周囲の汚れも激減するようです。
     クリックすると元のサイズで表示します
 ハルナールDの効果は素晴らしく、これよりもっと高い所に的が付いている小便器でも、バンバン的に当って、以前のように靴に飛び散ってしまうような惨めな思いはしませんでした。
 ただし、期待の副作用は、いまだにまったく出ていません!!

2008/11/18

墓参り  京都の思い出
   クリックすると元のサイズで表示します
 京都の小さな家にはほとんど庭はありませんが、借景だけはこのように立派です。
1ヶ月前に京都に帰った時のブログに比べて、紅葉は進んで、真っ盛りです。?
 その分土日の京都は、観光客だらけですね。人込みにかなり酔いました。
私とは逆に、長崎から関西に来られた方のブログ
 「五坪の家庭菜園」を紹介します。
京都の素晴らしい写真が、時々たくさん載っています。
 人込みにもまれて観光するより、ずっと楽で、気持ちが良く、私も行ったことがない景色も見られて、重宝しています。
  とうまジィージさん、最近ブログさぼっておられるようなので、又お願いいたします!
      クリックすると元のサイズで表示します
 今回は金曜日の午後に島を出たので、土曜日の午前中も時間が有りました。
朝から早速、残っていた「白くま」を食べました。正直あまり感激は無し。
 以前の病院で診ていた若い患者さんが亡くなっていたので、そのお参りに行きましたが、「南方神起」さんとは今回も会えず、さすが!「見ないほうがいい」キャラですね!!
 日曜日も時間が有ったので、娘とゆっくり過ごしました。
コーヒーとか御飯とか、色々気遣ってくれて、久しぶりのお父さん役も楽しかったです。
 麻雀は2回もしてしまいましたが、2回とも負けてしまい、娘に帰りの金を借りて帰る羽目になりました。
 2年前に、カワカミプリンセスの3連複を獲ったと思ったら降着で、悔しがったらそれより高い配当の馬連が獲れていたエリザベス女王杯も、家でゆっくり見れましたが、今年は武豊か落ちて終わり。
      クリックすると元のサイズで表示します
   お題の墓参り
 筋金入りの親不孝者の私は、島へ行ってから始めての墓参りです。
清水寺も近いので、観光客で酔いそうですが、長崎と同じく墓は坂の上にあって、京都タワーや西山までも見える景色の良い所です。
 しかし、長崎や奈留島のお墓を見慣れてしまった私には、京都の墓はどれも小さく、古いかもしれないが質素に見えますね。

2008/11/17

同窓会  京都の思い出
 
 先週は小学校の同窓会で、京都へ帰りました。
      クリックすると元のサイズで表示します
 私の小学校は、その頃、い・ろ・は組の3クラス、一学年約160名程。
その約3分の一が集まりました。
 手術したとか、薬が離せないとか、癌になったとか、そして死んでしまった子も・・・。
    クリックすると元のサイズで表示します
 都市のドーナツ化現象で児童数が減り、ずっと前に廃校になってしまった母校の見学会もありましたし、
  こんな漫画の歴史本も貰いました。
      クリックすると元のサイズで表示します
 京都市の真ん中、烏丸御池の角にあった小学校は、在校中の50年前に、
「この地下を地下鉄が走って、ここで東西南北の線が交差するのです。」と説明されていたとおりに、地下鉄も出来、便利になり、なんと世界で一つの、
  京都国際マンガミュージアムになっていました。
  京都へお越しの時には、神社仏閣だけではなく、ぜひ一度訪れてください!

     クリックすると元のサイズで表示します
 昔の教室は事務所になっていて入れませんが、あっちこっち懐かしい物がまだ残っていて、皆と喋っているとだんだん記憶がよみがえり、楽しかった。
 褒められ好きの子供だった私が、掃除当番でずっと磨いていた玄関の真鍮の飾り(看板の下)も、まだ有りましたが、すっかり錆びついていました。
    クリックすると元のサイズで表示します
 校庭もこうしてみると狭くて(奈留小学校の三分の一ぐらいか)、6年の時の遊び時間は校庭に出られなくて、屋上で遊ぶように決まっていました。
 そう言えば、放課後のソフトボールも、御所やまだ車も少ない御池通りでしていました。
 又、この3階の窓から、先生に足首を持たれて逆さまに吊り下げられた記憶があります。
やめろと言われた雑巾投げを続けていたためで、高所恐怖症の私ですが、その時には以外と恐くなく、地下の窓ガラスがやけに輝いていたのを憶えています。
  そうです、もう半世紀前の話なんですね!!

2008/10/21

高校同窓会  京都の思い出
 昭和42年(1967)に京都市立堀川高校を卒業して40年以上、還暦の同窓会で京都に帰りました。
 土曜日の早朝に奈留島を出て、車→フェリー→ジェットフォイルで長崎に→特急かもめ→新幹線→地下鉄と8時間30分で京都に。
   クリックすると元のサイズで表示します
 私の出身高校は音楽コースが有名で、今をときめく指揮者の佐渡裕さんも卒業生ですが、普通科はたいしたことはありませんでした。
 当時1学年13クラス、650人いた内100数十人の出席です。
   三次会まで行って、喋って10時間
    クリックすると元のサイズで表示します
 京都の家に帰って、まだ起きていた娘と喋って、睡眠は5時間
朝、家の窓から見えるイチョウは、もう黄色くなっていました。
   クリックすると元のサイズで表示します
 この前鹿児島から送った「白くま」を、朝から一個食べました。
レンジで少しチンするのですね。
    それ程感激はなし!
   クリックすると元のサイズで表示します
 そのあと近くの店で、娘と二人でランチデート。デザートはあんみつでした。
今回は娘と5時間ぐらい過ごせました。
   
 例によって何をおいてもやる麻雀が、5時間30分。 まだ勝てます。
帰りは、地下鉄→新幹線→車→博多港から「太古」で月曜日の朝8時奈留島到着。
   13時間の往路です。

 まだチョット疲れていますが、阪神がなんとなく肩すかしのような感じで終わってしまったことも影響しているのでしょうか?
 怒りはこみ上げず、「まあ仕方ないか」と思ってしまうのは、関西から遠く離れて情報が少ないためか?私の野球(阪神)熱が冷めた為か?

2008/7/23

奈留ー京都ー奈留  京都の思い出
 連休は京都に帰りましたが、京都はやはり暑いですね!
麻雀して、祝賀会兼留年会でしゃべって、大阪へ見舞いに行って、などなど。
 クリックすると元のサイズで表示します
 京都も大阪も人が多いですね。駅のホームに立っている人だけで、奈留島中の人よりも多いぐらいかも知れません。
 確かに若い綺麗な人が多いですが、人混みに疲れます。
若い頃から、以外と旅行や遊びの後は強くて疲れず、元気に仕事が出来たのですが、今回は少々疲れました。
クリックすると元のサイズで表示します
 今回の奈留へのお土産は、大阪で買いました。
今日は完封負けですが、昨日の巨人戦は、0−4の劣勢から逆転勝ちしたので、まあ今年は安泰でしょう!!
 同窓の医者仲間からは、「まだ帰ってきたらあかん、もうチョット島で医者やれ!」と言われてしまいました。
 また、奈留島のペースに戻ります。

2008/7/17

留年組  京都の思い出
 私はまさに団塊の世代の人間であり、いわゆる全共闘世代です。
わたしの母校もやはり大学闘争があり、ストやロックアウトが有ったのですが、昭和42年に入学した100名の同級生のうち、スト解除で試験が再開された時に試験を拒否し、そのまま留年した者が13名いました。
 私も軟弱な思想ながら、一応ヘルメットをかぶり参加していたのと、どちらかと言うと玉砕型美学の人間だったためか、単にひねくれ者だっただけなのか、「エイッ!今更試験なんか受けられるか!」と、留年してしまった人間でした。
 この留年組や友達は、私が奈留島に行くと言った時は、わざわざ送別会を開いてくれて、激励や罵詈雑言で送ってくれました。
 今回、この留年組から教授が生まれました。しかも1年前にもう一人(女性)も教授になっていた事が判り、二人の祝賀会が行われます。
 言いだしっぺなので、この連休に京都へ出かけます。還暦の歳でもあって、今年は色々と同級生の会があるようです。
 皆に会えるのを楽しみにしていたら、留年組の一番親しい友から電話があって、「来週手術をするので行けない!」。  体から力が抜けました。
 
  そんなこんなで、1週間ほど休みます。 
 大丈夫です。麻雀もしてくるので、1週間後には又お気楽なブログ開始しますよ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ