にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 戦うオヤジへ
にほんブログ村

2011/2/24  19:28

トシさんレポ@鷲ヶ岳スキー場  その他特派員

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 こんばんはわーい(嬉しい顔)先週の水曜日から風邪気味で、酒も飲まず煙草も吸わずで少しキツかったです。でも昨日、鷲ヶ岳スキー場で楽しんで温泉に入ったら治った感じですウインク今日は飲み会で久し振りにアルコールを解禁しましたビール2次会にカラオケに誘われましたが、さすがにうつしたら悪いと思い今夜は1次会で帰って来ました電車

 20日は、お友達家族と名古屋から約120`の岐阜県奥美濃の鷲ヶ岳スキー場に行ってきましたスキー抜けるような晴天で最高のコンディションでした晴れ鷲ヶ岳は年間の入込数が30万人を超える東海北陸道エリア屈指の人気ゲレンデですexclamation
 高鷲ICから僅か3`の驚異的な立地、センターハウスなどのスタイリッシュな雰囲気は、まず人気があるのが肯けまするんるん
 そして、このスキー場が良いのは、
 @20日は5000人以上の来場者だったと思いますが、混雑のストレスを感じない施設の設計と許容量。
 Aキッズパークの良心的な設定によりスキーが出来なくても家族ぐるみで楽しめる。
 Bゲレンデは長い中斜面こそ有りませんが、多彩なコースをクワッドで効率的に滑れる
   ことですねるんるん山頂からの白山連峰の眺望も見事でしたぴかぴか(新しい)


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 山頂に向かう第3クワッドは、何とリフト待ち0分exclamation隣りのホワイトピアたかすスキー場と共通の峰で、出だしが整地急斜面で気持ちが良いパラダイスコースのスタート、そして尾根伝いに続く3500mのロングラン・標高差440mのコースのスタート地点でも有りますウインク
 またパラレルコースの前半は30°ですが完璧な圧雪の気持ち良いバーンです。しかもゲレンデ中央にありながら、なぜかガラガラ指でOKスノーボーダーにはパークエリアが人気なので空いているのかもしれませんウッシッシ
 一緒に行った5年生のSちゃんは、昨日初めてのスキーだったとのことですが熱心に練習して、みるみる上達グッド(上向き矢印)午後にはなんと第1クワッドリフトに乗車。そして2回目には、バランスと制動が目に見えて上達し、転ばずに難なく降りて来て「スキーは楽しい」とのことexclamationSちゃんのセンスが良いからとは思いますが、子どもは本当に上達が早くしかもチャレンジャー振りにビックリでしたexclamation ×2スキー人口が減る中で、スキーの魅力を伝えられてガッツポーズでした手(チョキ)
 滑った後は、センターハウス内の「天然鷲ヶ岳温泉」でノンビリいい気分(温泉)ランチに食べた「けーちゃん丼」ピリ辛の「ジャジーライス」は斬新なメニューでデザート類も豊富で嫁たちは大満足でしたショートケーキ
 我家は一人っ子なので、やっぱり大勢で行くスキーは楽しいですねわーい(嬉しい顔)


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

湯浅6位「自信になった」/世界アルペン
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1509689&media_id=8
 さて、のん気にスキーを楽しんでいる間にドイツから嬉しいニュースが飛び込みましたウッシッシ
 湯浅選手は北海道東海大学時代に、2006トリノ五輪のスラロームで4位の皆川に続き7位に入賞の快挙を果たしました。しかし2010バンクーバー五輪は代表枠の不運により、まさかの代表漏れたらーっ(汗)しかし、その苦渋から立ち上がり、見事世界の檜舞台で大きな成果を残しましたぴかぴか(新しい)
 湯浅選手とは、オフシーズンのイベントで共通の友人もい、お話が出来て、サインを貰いました。今後の世界での活躍が、ますます楽しみですスキー
 ↓昨年6月に湯浅直樹選手(アルペン)とカメラ

クリックすると元のサイズで表示します

 東海北陸道エリアは、シーズンはアイスクラッシャーやピスラボで開幕は早いですが終わりも早いたらーっ(汗)来週も、スキーに行きたくなりました車(RV)




トシさん何時も貴重な丁寧なレポ感謝です。

暖かくなり雪モードが減るかも?ですか?

湯沢地区はまだまだ中盤・・・・これからです。

いつもありがとうございます。

感謝!


にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 戦うオヤジへ
にほんブログ村

↑↑↑ 戦ってます!はい!!
3



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ