Team JOY

tajippei、再スタート。
岩と人の記録

 

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

クライミングシューズ他

最近のギア、

Millet OKTOU

クリックすると元のサイズで表示します

このメーカーのラインナップでは数少ないミドルエキスパート対象のシューズ。
オールラウンドに使える柔らかめのシューズで軽くダウントウしているが幅がある造りの為、ストレスなく使用することができる。

奥嶽のイベントで初の実践投入。

快適に長時間は履き過ごすことができた。

マントルの多い河原の岩で気になるのはヒール性能。
結果は、奇妙なヒールカップ形状も思いのほか効いてくれ問題なし。

難点は今流行りでないレースアップタイプ(紐靴)ということ。

トウフックはほぼ効かない。人工壁では致命傷であろう。

5月に発売される MITAKE はこのシューズのベルクロ版後継機。
一般ユーザーはそちらに期待した方が良いであろう。

そつなく使える1足。ダウントウのお供に。




他、最近シューズが続出している感想を。
ダウントウで言えばオススメはFIVE TEN PROJECT。
かなり素晴らしいと思う。
柔らかめダウントウ。きっと最強シューズの一つになるはず。

スタンダードモデルもかなりマイナーチェンジやnewモデルが出ているが、
エキスパート仕様となると悩む。

少し前に出たシリーズを含めるなら、断然MAD ROCKの赤シリーズであろう。
もともと定評のあったトウヒール性能のうえに、ソール性能は信じられないほど向上。使用すれば絶対にわかるはず。

最近のものに絞れば、
やはり少し変化した5Xに落ち着いてしまう。
私が古いからだろうか?

とはいえ、初心者中級者にオススメできるモデルは沢山でているが。


均衡するこの春の1足。みんな悩み所ですな。



クリックすると元のサイズで表示します
↑ちと早い誕生祝。
さんくす。今度のイベントでみんなに配ります。

あとサイズばっちりやった。

0
投稿者:tajippei
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ