Team JOY

tajippei、再スタート。
岩と人の記録

 

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

春夏秋冬 V10

クリックすると元のサイズで表示します
2006年 春
耶馬渓-HuecoDomeに出会う。耶馬渓のclimber,原田氏に発見されたこの岩は、見ただけで私の気持ちを満してくれることがわかった。

〜このエリアはドーム状になっているため、雨でも登れる。梅雨時期、本格的に開拓に入る。私が入るころには既に何本かlineが引かれていた。初期作品は名作が多い。原田氏、武下氏によるサブマリン、黒岩氏による川蝉、今ではこのエリアの看板になっている。

2006年 夏
hueco plasm V8(初/二段)を完成させるとともに一本のprojectを見いだし、try開始。moveは全てできたが、一手一手が限界。限界の1手が16手、とんでもないことを始めた感がある。

2006年 秋
hueco dome開拓の9割が終了した。あとはこのprojectを登るだけだ。...ようやく10手までいけるようになったが、まだ遠い。

2007年 冬
2月10日土曜日、登れるだけの実力はつけてきたつもりでいた。condetionも抜群。あとは登るだけの状況でtry開始。
結果、あと一手まで攻めたが完登には至らなかった。確かに手ごたえはあったが、登るつもりで来ていただけに、今日登れなかったのは痛かった。

クリックすると元のサイズで表示します

2月11日日曜日、16時try開始。全身筋肉痛。流石に2日連続はきついがこの課題が気になってしょうがない、駄目元で挑む。
1便目、最悪なcondetionとはうらはらに体はスムーズに動いてくれた。中間部でスリップ落ちしたが、今日いける気がしてきた。

クリックすると元のサイズで表示します

やるしかない。そして、2便目...完登。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

疲れているはずなのに、信じられないほど体がスムーズに動いてくれた。不思議な感覚だった。

登れたことが信じられない。
この課題が終わると同時にこのエリアも終わる。
春 このエリアに出会う
夏 projectを設定
秋 開拓に目処をつけ残すはprojectのみ
冬 projectを落とす このエリアの開拓終了

クリックすると元のサイズで表示します

終わったはずなのに、終わった気がしない。
また次の春が来るように、私もふらっとここに来てしまいそうな気がする。
ここにはもう用事はないのだ。
少し寂しいが、次に進もう。時間は待ってくれないのだから。

「春夏秋冬 V10 first ascent」


クリックすると元のサイズで表示します
0
投稿者:tajippei

2月前半

2007.2.6(火)Joy Wall
ジムの前の広場でボルダリングマットを広げくつろぐ。夜風が気持ち良い時期になった。

2007.2.8(木)JoyWall
久々にジムで本気登り。いいことをひとつ発見した。足ブラになるときやなりそうなとき、膝に力を入れるとふられを減らせる。もしくは足が残る。今日はちょっと得した気分。

2007.2.9(金)
鹿児島のclimber、ルー氏が祝子に課題を一本追加したらしい。

神風 二段

祝子では鬼子母神に続き、気になる。

2007.2.10(土)
耶馬渓HuecoDomeで登る。今日は登れると踏んでいたproject、うまくかみ合わず進展なし。

2007.2.11(日)
Yuuに付き合い近場のエリアへ。Yuuはのんびりclimbing。私は岩を探す。成果はあった。3〜4mくらいの岩が5個程度転がっているエリアを発見。けっこういいかも...。
明日、projectを落としに耶馬渓HuecoDomeに行こうと思っていたが、予定変更。早速明日、ここを開拓しよう。
ということで、夕方駄目元で耶馬渓のprojectをした。二便目、完登。

春夏秋冬 V10 first ascent

登攀記録とトポは後日。
夜、ご褒美に酒を飲んだ。久々だ。
クリックすると元のサイズで表示します

2007.2.12(月)
クリックすると元のサイズで表示します
6人で開拓に入る。正直イマイチだった。...が、それなりに課題はできた。初boulderだったTURUさん、それなりに楽しかったでしょう。(^_^)vまたね。
とりあえず写真一枚。
クリックすると元のサイズで表示します
TeamJoy Climber真(しゃなさん)はこの連休で冬壁を登ってきたらしい。おつかれさんでした。


0
投稿者:tajippei

2006.1〜2

2007.1.30(火) JOY WALL
今日は、久々に一部の会員をきつく注意した。会費の未納が主な原因である。前回注意したにも関わらずできていなかったのでなおさら頭にきたのである。2つ警告する。「次回必ず支払うこと」「来月までは私に注意されるようなことをしないこと」これらができなければやめてもらうしかない。

2007.2.3(土)
YUUとともに近場のエリアに登りに行く。YUUは指をパキっていたため2カ月ぶりのclimbing。やさしめの課題を適当にさわり、それなりに楽しんでいた。私も隣にYUUがいると安心する。YUUのいない2カ月、climbingに集中できていなっかた気がする。YUUは私のclimbing styleに大きく関係しているのだろう。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし今日は寒かった。雪は積もっているし霜柱も溶けきっていないなかでのclimbing。

クリックすると元のサイズで表示します

私は以前全く歯がたたなかったルーフのprojectをした。核心moveを完全にばらすことを目標にtryしていたが、開始30分早くも達成。いざつなげに入る。まさかこんなに早く狙える態勢に入れるとは思いもしていなかった。
1時間ぐらい経っていたのだろうか。先程ばらした核心MOVE手前までconstantにいけるようになっていた。
何便目かはわからない。下から通して、核心MOVE手前までまで綺麗にこなすことができた。完登は見えていなかったが、核心はこえようと瞬間的に決める。力を振り絞り、強引に核心の手を出す。
すると完璧に捕らえることに成功。
残すは後7手だがその2手目で見事に力つき落ちる。
会心のclimbingだった。
核心をこなせると思っていなかった。うれしい。残す7手もかなり悪く、もう少し時間はかかりそうだがようやく暗いルーフから抜け出し、空の一片に近付くことができた。もう少しの辛抱だ、頑張ろう。

クリックすると元のサイズで表示します


指が内出血し始めたところで終了。

2007.2.4(日)
飛人・YUU・新メンバーけんたろうと耶馬渓Hueco Domeへ。皆それぞれ適当に登る。飛人は先週取り付いた「川蝉 初段」を狙う。

クリックすると元のサイズで表示します


この課題は指皮のダメージが激しいため、前半何便かが勝負を決める。
2便目、あっさりと登ってしまった。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

私としてはコメントのしようがないが、飛人は「・・・これは2級やろ」とコメントしている。正確なグレードについてはよくはからないが1級はあっていいのではないだろうか。
飛人自身、いまいち満足しきれていない様子。

〜私はこないだのprojectを引き続きtry。

クリックすると元のサイズで表示します

・・・しかし、昨日の疲労から全身筋肉痛及び指皮1枚の状態で狙うどころじゃない。・・・が、とりあえずtry開始。結局、5便程度で力つきたが、こないだと同じ到達点までこなせた。

クリックすると元のサイズで表示します

あとひとつ手を延ばせたら確実に登れる。万全のconditionなら登れることを確信し、耶馬渓でのclimbingを終了した。



午後からは八面山でclimb。
ここで耶馬渓のclimberふろっがぁH氏参戦。
私は、そこらへんで一番高そうな岩を見つけ、その岩の上で終始昼寝。皆は相変わらず適当に登っていた。
途中、ふろっがぁH氏の秘伝の筋トレ課題を教えてもらったので紹介しよう。ルールは簡単、八面山無線エリアにある中級クラックをギャストンのみで登る。
クリックすると元のサイズで表示します
背筋が鍛えられるらしい。
クリックすると元のサイズで表示します

16時過ぎ、駐車場にもどる。今日もいいclimbingだったなぁと、みんなで話している片隅でまだ登っているけんたろうの姿が目に入る。・・・普通なら、がんばってるから応援でもしにいくかという気持ちになるのだが、今回はどう応援していいのかわからなかった。なぜなら、彼がやっていた課題が、手を使わずに登れたら二段という妙な課題だったからだ。

クリックすると元のサイズで表示します

「がんば・・・なのか?」よくわからないが、ひとつだけ言えることがある。

この課題をやっているときのけんたろうが一番輝いて見えた。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

0
投稿者:tajippei
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ