Team JOY

tajippei、再スタート。
岩と人の記録

 

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

4月後半

climbers ranchよりシューズが届きました!!
クリックすると元のサイズで表示します
カタログも一緒に送ってもらったので、JoyWall取り寄せもできます(・^・)v

〜先週のJoyWallはNewFaceが多かった。伊万里からきた入門者やベテランルートクライマー・長野からこっちに越してきた若者など。

07/4/22(日)完全な2日酔…指先に力が入らない。どうするか迷ったが、雨なのでTeamJoyのメンバー巻き込んでジャングルへ。

結局、メンバーはtassyKong,Etow,イトゥちゃん,Yuu。
ジャングルはかなり人が多く、そのなかには強豪も多数。強豪みんなでセッションしていた。

…が、私らは結局、ほとんど身内でルーフを貸切りセッション。

ぬるいけど気が楽でよい。

と、このmotivetionでは当分コンペは無理か。
tassyKongは強豪軍団のセッション混じればよかったのに…。
付き合ってくれたのか?

クリックすると元のサイズで表示します

ラーメン食べて、温泉入って帰宅。

週末の雨は嫌になる。気の合う仲間と陽のあたる岩に行きたい。
0
投稿者:tajippei

Jungle Cup

2007/4/15 Jungle Cup。

クリックすると元のサイズで表示します

全参加者は78人程度。九州の室内コンペでは過去最大クラスではないだろうか。
自身も室内九州ボルダーは初参加。結構緊張した。
当初全く参加を考えていなかったが、きっかけを与えてくれた方に感謝。

クリックすると元のサイズで表示します

内からは私tajippei、yuu、koの3人。

クリックすると元のサイズで表示します
↑Bクラス、yuu

クリックすると元のサイズで表示します
↑Bクラス、ko

クリックすると元のサイズで表示します
↑Aクラス決勝1本目、たじっぺい

クリックすると元のサイズで表示します
↑Aクラス決勝最後、たじっぺい

『スタッフの皆さん、お疲れ様でした。セッターの方々、楽しませてもらいました。
ジャングルオーナーさん、また行きますのでよろしくです。
予選ではランジ課題に30分近く打ち込む私に付き合ってくれた周りの方々、すいません。
決勝では、ほとんど面識のない方からも声援やガンバコールを頂き、ちょっと感動。
声援、応援に完登で応えたかったのですがそれができず…それが一番悔しい。
でもでも、本当にありがとうございました。おかげで私にはめずらしいくらいに頑張ることができたと思います。』

今回の好成績は、ジャングルにできた新ウォールがルーフだったことによるだろう。決勝課題はほとんどが130度以上傾斜があり、相性がかなりよかった。もし、決勝に一本でも110度〜120度の課題があれば振るい落とされたであろう。
現に予選は垂壁の課題が一番嫌だった。

本当に運が良かったと言える。
今回の大会で得たもの全て何らかの形で九州クライミング界に返して行きたい。

〜夜、いろんな人からメール連絡をいただいた。中にはコンペにあまり精通のない人からの連絡もあり、感動。
やっぱいろんな人に支えられているのだなと実感。

全ての人に…本当にありがとうございました。





0
投稿者:tajippei

Big Hold!!!

手持ちのbig holdようやく全てset終了。テクニック、レボ、dai〜など。
(climbers ranchには感謝。)
これまで、細かいholdがmainだっただけに…
らしくないJoyWallをよろしく(・ー・)v

クリックすると元のサイズで表示します

とはいえ、私の趣味スペースも拡張。…パキらないように。

クリックすると元のサイズで表示します

課題帳も整理完了。今、裏課題を省いて500課題程度。

クリックすると元のサイズで表示します

ちょこっと良い感じです。それと新壁開放です。

クリックすると元のサイズで表示します
0
投稿者:tajippei

Norsh Gate Cup

2007/4/1(日) 大分ノースゲートで草コンペが行われた。

今回、私はセッターにまわった。
前日、9時からセット開始。メンバーはarah!氏、ノブ、TeamJOYからは私の弟子KO。
まずはHOLDの取り付け。でかいHOLDからセットを行う。
クリックすると元のサイズで表示します
その後、細かいHOLDのセットに入ったが、今回は例年と違い全HOLDを付けてしまうということでかなり時間がかかった。
クリックすると元のサイズで表示します
17時、ようやく課題作りに入る。今回は40本課題をつくり、それをA・Bクラス関係なしに全課題登ってもらう方式にする予定だったのでひたすら課題をつくる。
20時、半分程度完成したところで、arah氏の奥さんがつくったカレーをご馳走になる。
食事中は作戦会議。ひとつの議題は、明日もし人が集まったときA・B分けなくて大丈夫だろうかということ。結論は、安全面からやはりA・B分けることにした。
急遽方式の変更をしたため、バランスの考慮をする余裕はなかった。20時30分、作業開始。今はひたすら課題を作るしかない。私の任務は、残り4本の2級と4本の初段。すでに疲労が見え始めていた。
23時、課題作り完了。相当きつい。Aクラスは全て私が設定しようと考えていたが、この数は体力的に登ることができなかった。垂壁をノブに、どっかぶりとルーフの何本かをarah氏にサポートしてもらった。今の私が設定するより良い課題ができていたと思う。本当に感謝。
Bクラスに関しては、情けないことに全く関わることができなかった。しかし、結果的にバランスがとれていたようなのでよかった。
クリックすると元のサイズで表示します
残すはテープ貼りと、A・Bの課題仕分け。課題の仕分けは単純に、3級までをBクラス、2級以上二段までをAクラスとした。ここで気になったのは、Bクラスに2級が一本もなくて簡単すぎではないだろうかということと、Aクラス全て2級以上で大丈夫だろうかということ。…気になりはしたが、もう考える気力はなかった。
24時、完全終了。
クリックすると元のサイズで表示します
↑最後のテープ貼り。本当におめでとう、セッターも。

コンペ当日、選手の顔ぶれをみて驚いた。各地から、かなりの強豪が来ているではないか。Aクラスは課題選定に成功したことを知った。
問題はBクラス。これはメンバーを見てもわからない。
10時、競技開始。予選では、2つのトラブルがあった。ひとつはHOLDの回転。原因は電動ドライバーの使用によるものだろう。電動では締り具合が計らない。
もうひとつは、Bクラス参加者の多さが原因の接触トラブルの心配。私も最初スポッターに入っていたが、途中かたやん氏の彼女さんに助けられてからは、巻き沿いをくらいたくないので非難。
無事終了してくれて良かった。
Bクラスも結果的に課題選定は成功したんではないだろうか。

Bクラス決勝、設定ノブ。多少リメイクはしたが。
結果はフレデリック氏の筋肉がやたら目立って、他の選手の奮闘がかわいそうに思えた。皆さん、良いクライミングでした。

Aクラス、決勝。一本で終わらせたくなかったので、完登2〜3人程度の課題でいく。
しかしこの課題、あまり見せ場のない地味な課題なので完登がでないときは、最低。
結果は、見事佐賀のとくさん、完登。追うように宮崎のノムさん完登。大分ムラクは核心をこえてからヨレ落ち。しかし、場は盛り上がりました。

2本目、11手ほとんど足ブラ課題。ノムさんは流石に、1本目ぎりぎりで完登した疲労が残っているのか高度は伸ばせなかったが、黄色いビックホールドに手が届いた瞬間は最高に盛り上がっていた。
優勝はとくさん。最後のランジ(?)が決まらず、完登はのがした。が、予選からさえていました。

クリックすると元のサイズで表示します
15時、無事終了。
〜スタッフ側からのレポートでした。
0
投稿者:tajippei
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ