Team JOY

tajippei、再スタート。
岩と人の記録

 

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

5月中旬

5月第2週、GWの疲労が凄まじくこの一週間は果てしなかった。
木曜日はjoyを無視して10時間以上睡眠。

koくん、yuu、さんきゅ。

5/12(土) 八面山
前にも触れたが、

yuu ウキウキ通り 5.12a red point

私はとりあえず裏のboulerで遊ぶ。

クリックすると元のサイズで表示します

夕方からは実家大分に帰る。

5/13(日) 大分国体予選

『師匠お疲れ様でした。スタッフにクライマーが少ないと大変でしょう。
ありがとうございました。』
内容は、全然紐を結んでない割に頑張れた。それくらいか。
あとは後輩が一人除いて育っていない。

午後は鶴見岳接待。tassykongがさらば友よ初段を第2登したのと、etowと飛車が煩い2級をさくっと登った以外は、特になし。

5/16(水)joy wall
最近、熱心な若者二人がjoyに入門にした。ハマさんとオダチャン、2回目にしてmyシューズを持ってきていた。
私に珍しく、ちょこっと期待している。

5/18(金)joy wall

一階のマット強化。これで安心して落ちれる…これは良いことなのか?

クリックすると元のサイズで表示します

まぁ、着地体制はしっかり身につけましょう。

5/19(土)八面boulder
マタレオンルーフのprojectを何本かtry。基本的に全然歯がたたなかったが、左のlineのみはルーフの途中から全moveができた。しかし、ときすでに遅し。3時間打ち込んだところで終了。

5/20(日)八面boulder
前日のprojectがあまりに気になって、また来てしまう。
しかし午前中はrest。みんなに付き合って、無線boulderへ。メンバーは、
KO、飛人、ハタケ、yuu、そして私。

クリックすると元のサイズで表示します

↑飛人は ノーズ 2級 余裕の完登。

クリックすると元のサイズで表示します

↑ko、ノーズ

クリックすると元のサイズで表示します

↑ハタケ hi-boulder

夕方からは、昨日のproject、本気try。
…しかし、昨日はできた一手目のランジが全く止まらない。昨日の疲労がとれていない。
30分tryして一回とまりかけたが、振られに耐え切れず落ちる。

クリックすると元のサイズで表示します

このまま、あきらめて帰るのも嫌なので、とりあえず2手目からつなげようと試みた。
2便目、2手目から完登。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

一手目さえできれば登れる確信は得たが、今日は無理だ。
次回は完登することを決意し諦める。
とはいえ、来週は広島に行くため来る事ができない。
となると、もう当分来れないかもしれない。…この課題が頭からはなれない。
気になってしょうがないが、どうしょうもない。

秋にでも来よう。忘れることにしよう。

…2日かけて登れなかったのは痛い。

0
投稿者:tajippei

鶴見岳グレード改正

5/13(日)
tassykong、あべちゃん、etow、tajippei、飛人、KO、itoちゃん、yuuで鶴見岳にグレード確認に行きました。

改正グレード↓

煩い 1級 → 2級 (グレードダウン)
さらば友よ 初/二段 → 初段 (tassy4撃)
ラップスター 1級 → 3級 (hold欠損)
alive 初段 → 初/二段
麒麟 一級 → 初段
幻霧鶴 V10(三段) → 1級/初段 (line変更)
huges dora sill v8 → 消滅 
(low start ヴァージョン succubusをV9としたため)




 
0
投稿者:tajippei

Yuu 5.12a Red Point!!!

ただ、純粋に数字に憧れる時期が度々ある。
それが5.12や5.13という数字だったり…

2006年秋、この時のyuuにとっての憧れは、5.12という数字だった。

冬になって、様々なルートがRedPoint間近に迫ったとき、アクシデント発生。
指の故障。パキッタのだ。2ヶ月のclimbing中断。

時は流れ、2007年5月12日(土)、約半年ぶりに紐を結んだ。
yuu自身、5.12というグレードの憧れは薄れており、純粋にウキウキ通りというルートを見ていた。
午前中、2便目、あっけなくRedPoint。
登ってしまえばそんなものだろう。

グレードというものは、ひとつのコミュニケーションツールである。
取り付く前や、登ったあとに役目をはたすが、トライ中には役に立ってくれない。

グレードはひとつの目標にはなるが、実質的な意味はあまりないのである。

yuuはいう。
『12とかじゃなく、ウキウキ通りを登れたことが嬉しい』と

もし、ウキウキ通りが実質的に5.12ないとしても、能力的にも精神も、yuuは12climberといえるのではないだろうか。

クリックすると元のサイズで表示します
0
投稿者:tajippei

Golden Week 鳳来の旅

5/3(木)福岡を発ち、愛知へ。

クリックすると元のサイズで表示します

空港からはレンタカーで移動。鳳来を目指す。

クリックすると元のサイズで表示します

高速に入ってすぐ、サービスエリアで休憩。
かなり快適な空間だった。

クリックすると元のサイズで表示します

その直後、渋滞に巻き込まれる。
高速で停車するのは、今回で2回目だ。

クリックすると元のサイズで表示します

この日はもう登る時間がなかったので岩を見学。
1時間登り続けて、ようやくハイカラ岩についた。遠すぎる。
岩は素晴らしかった。私の好きな傾斜だ…、しかしこのアプローチはありえない。

クリックすると元のサイズで表示します

その後、現身とイニシエーションを見た。マニックは探しきれなかった。
夕方、河原でスリップしムチウチに。数分間身動きが取れなかった。
そのため、夜は薬局へ。明日には直ることを期待し就寝。

クリックすると元のサイズで表示します

5/4(金)
首の痛みは引かないが、現身をTRY。
結局一日、この岩の下で過ごした。

この日は、ベテランclimberも数名来ていた。
べテランのなかには、ものすごくマナーの悪い輩も。なぜこれでプロが成り立つんだと感じた。
九州なら間違いなく突いたが、私のエリアでもないので今回は遠慮した。
言いたいことは言うべきだったか?

しかし、今回の連休、鳳来は残置ヌンチャク問題で荒れたらしい。
この辺は、わけのわからないclimberをつぶす人間が不足しているのか。
それとも、わけのわからないclimberが増えすぎたのか。
だれが教育しているのだろうか。

5/5(土)
現身をTry。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

なんとか全move完成。つなげるのは厳しい。
6手中、3手がone finger。1 fingerを強化しよう。
かなり、好きな課題。

その後は2時間、1級〜初段を4本登る。

クリックすると元のサイズで表示します

簡単な垂壁もした。

クリックすると元のサイズで表示します

岩も良かったが、それ以上にロケーションが最高。
山の中に埋もれる感じでclimbingできる。
また来よう。かなり具体的に目標ができた。

クリックすると元のサイズで表示します

夜から雨、と携帯が言っているのでこの日は名古屋市内のビジネスホテル。
晩飯は、なぜか同じ店が3件並んでいる山ちゃんという居酒屋へ。

クリックすると元のサイズで表示します

5/6(日)
big rock名古屋へ。10時に着くと開いていない。なぜだ?
10時30分開店。スタッフが前日の飲みすぎで寝坊したらしい。おいおい。
3時間程度滞在したが、まったくmotivetionがわかず、ほとんど登っていない。
課題がマニアック。というか単調。そしてグレードが辛い。2級が初段近くある。
私はあまりすきではない。
後味悪く退散。まぁ、鳳来の後味が残っているので良い。

早々とジムを後にしたため、時間があまる。遠征の残り時間は空港で過ごした。

綺麗な空港だった。

とはいえ、飛行機が2時間近く遅れたのはかなりマイッタ。

12時過ぎ、帰宅。
この疲労が1週間以上残る…。仕方ないか。



0
投稿者:tajippei

4月後半〜GW前半

4月後半、ようやくTeam Joy主力二人が復活した。


飛人

二人に期待!

Golden Week初日 2007/4/28土曜日
連休前半は近場の岩場でのんびりしようと決め、大分鶴見岳へ。

クリックすると元のサイズで表示します

やっぱり岩の近くで受ける風は気持ちいい。
この日のターゲットは二年前あきらめたHuges Dore Sill V8のロングヴァージョン(ルーフの右奥からHDSにつなげるline)
早速、Try開始してみる。

クリックすると元のサイズで表示します

どん奥のアンダーガバからスタートし、左手ガバ気味のガストンをめざす、とらえたところで重心が落ちるのに耐えすかさず右手をunderによせる。数手のunderをこらえHDSの2手目につなげる。
上部もHDSとは逆手になるため、MOVEは組み立てなおした。

1時間後、なんとか全move完成。しかし、13手厳しいmoveが続くためつなげるのは難しい。完登は厳しいと思われた。新たなprojectの誕生に、わくわくしながら狙いに入る。

2便目、完登。

拍子抜けした。気合の完登だった。うれしいが…残念。

クリックすると元のサイズで表示します

Succubus V9 first Ascent

気持ちよく岩場をあとにし、夕方からは湯布院探索。
その後は旅館いよとみでくつろぐ。

クリックすると元のサイズで表示します

5/30(月)
弟子KOと、新人ハタケで黒木へ。
私は完全に昼寝モード。ハタケ調子よかった!

クリックすると元のサイズで表示します
↑KO 黒木ボルダー
クリックすると元のサイズで表示します
↑KO unknow V3
クリックすると元のサイズで表示します
↑HATAKE unknow V3
0
投稿者:tajippei
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ