Team JOY

tajippei、再スタート。
岩と人の記録

 

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

山水 V9 in 黒木boulder

『山水 二段』 first ascent YAMAKAZU 2007/10

福岡県黒木町に美しいboulderが存在する。

傾斜は120度前後。その岩の中央付近に散らばる必要最低限のhold。

それらをうまく組み合わせて繋ぐ1本のline。

それが『山水』

〜難解なパズルを解くようだった。

クリックすると元のサイズで表示します

山水、美しいこのline、道筋は一発でわかる。

holdが非常に細く、力でねじ伏せようとすると
絶対に登れない、そんな気がした。
2007年初冬、取り付く。やはりholdが悪い。
そこで、holdの真保持を避けるため
うまくフックを使うように意識した。

その成果もあり、最後1手までは細かいholdをほとんど保持することなく進むことができた。
問題はそこから・・・
どうしても最後一手が合わない。

難解なパズルを解くようだ。

打ち込むこと数時間、パズルをあきらめる。

やはり細かいhold群に真正面から挑むことにした。




2007年12月24日、黒木。初登者と偶然出会う。
今日は真正面から挑むことを決めこみ、取り付く。

やはりholdが悪い。正面突破するにはあまりに厳しく、半分くらい進んだところで力尽きる。

実力が足りない、そう思い始めた頃、
山一氏が初登シーケンスを教えてくれた。



その2便後、完登。

この課題、奥が深い。
山一シーケンスは
細かいholdと真っ向勝負することもなく、
かといってholdを避けたりもしていない。

自然なシーケンス。
完登することはできたが、
今回は完全にやられてしまった。

山水は岩場でしか体感できないシーケンスが詰まっている。


やはり岩は素晴らしい。
今日一日本当に楽しかった。

岩場ならではの楽しみ。
これを一人でも多くの人に伝えたい。
新JOY WALLでclimbingをはじめた人たちも徐々にうまくなってきた。

いつかは一緒に岩場で過ごす日がくることを、
深く期待している。








0
投稿者:tajippei

Japan Cup参加でした。


大分の竹田高校で行われたjapan cupに参加してきました。

クリックすると元のサイズで表示します

結果は23位
力は出し切れたのだが、無駄なところで頑張りすぎた。
あまり書きすぎると言い訳しそうだからこの辺でやめとくが、今日のおれはいつも以上にかっこ悪い。

言葉を発すると言い訳してしまいそうで嫌になる。
言い訳が次から次へと出てきてしまう。

どちらにせよ絶対にいえるのは
俺は弱い、それは確かだ。

強ければどうにでもなる。

強くなりたい

応援してくれた皆さん、ありがとう
このままじゃ終わりません。
絶対に


〜こんなに悔しいcompeは初めてだ・・・
   なぜだかわからないけど悔しい・・・

    もう一度大きな大会にでます
      次は後悔しないように

〜climber tajippei




0
投稿者:tajippei
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ