Team JOY

tajippei、再スタート。
岩と人の記録

 

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

ステルス ペイントキット

今流行のステルスペイントキット。
興味本位で入荷してみた。

この道具は主に、
シューズのつま先・いわゆるトゥフックをかける部分にリキッド状のラバーを張るために使われる。

クリックすると元のサイズで表示します

私も早速その部位に試してみた。
工事時間約1時間半、なんとか完成した。
完登した5.14全てこのシューズで登っている。
想い入れの深いシューズ
↓ ドラゴンレース
クリックすると元のサイズで表示します
正直、難しい。
もの造りが好きでないと厳しい。
あきっぽい私には結構しんどい。

けれど、コツもつかんできた。

2足目、JET7
ラバーコート上塗り。
そこそこ綺麗にできた。

クリックすると元のサイズで表示します
でも、なんかパラパラする・・・(´□`)
慣れないうちは少しづつやっていったほうが良いようだ。

ついでなので、
破れかけたベルクロ部分も補強の意味でラバーを張ってみた。

クリックすると元のサイズで表示します
ベルクロ部分でもある程度フックが効くようになった。


慣れれば
もう少し綺麗に出来だすであろう。

結論

このキットとVACに工事注文することを比べたとき、
このキットはどうなのか?

コスト的にはたいして変わらない。
VACに注文したときのメリットは確実性。
ペイントキットのメリットは、
待たなくてもいいこと。
また、自由にその都度自分の思った位置にラバーを貼れるということ。
『 自分でやる 』
ということはデメリットでありメリットであろう。

ある程度慣れてきたら自分の好きに工事できるだろう。

好きな人は、
試してみる価値ありだろう。

ぜひ挑戦してみて欲しい。

・・・私はもう当分いい。

疲れた。



クリックすると元のサイズで表示します
内に通う小学生の親から頂いたキャラメリーゼのティラミス系ケーキ。
癒されました、
ありがとうございました。
2
投稿者:tajippei

福岡県民大会 JOY KIDS引率

10月25日(日) アクシオンで県民大会クライミング競技が行われた。

私はJOY KIDSの引率で。

クリックすると元のサイズで表示します

運営はかなりアバウト。
スタッフにコンペティターが少ないから仕方ないが。
ミスジャッジが多いのは改善すべきであろう。
ボルト踏み・違うHOLD蹴り・違うHOLDの保持。
同じ子が連発していたのも気になるところ。

ローカルな大会だからこれまでは許されてきたのであろう。
今後内から関わることが教育上よくないので何らかの方法は練らねばならない。

とはいえ小規模な大会のメリットもあり、
KIDZのデビュー戦には丁度良かった。


それぞれの子のクライミングをしっかりと感じることができた。

簡単に。

〜ヨシ
見事優勝。当日のクライミングの出来は100点。
ただしあくまで当日の話。
8月あたりからうっすらと感じていたことが現実にしっかりとでた。
上達率が下がっている。
刺激が薄くなってきたことが原因であろう。
今大会での上位3人はほとんど差はない。
結果だけが一位になっただけということ。
同じ上達率であと半年後行けば、厳しい。
今回の内容は私としても厳しいものをたたきつけられた。
期待しているからこそここまで感じるものがあるのだろうけど。
ヨシには頑張って欲しい。
大好きなカチ課題を自粛して、スローパーピンチ系の課題、
遠い距離をいかにMOVEで処理するか。
気持ちがあるなら、一緒に頑張ろう。

ちなみに中学生と比べると突破力の差がかなりある。


福岡勢も着実に上達している。
みんなこのまま進んで欲しい。

〜マーサ
予選完登の瞬間は皆に感動を与えた。
結果も上出来の4位。
しかし、これが本格的な大会運営方式で行われていたら、
予選敗退していたのは確実。
順位に満足しないように。
登り自体は言うことなし。
お疲れさん。

〜ナジ
予選は力を出し切った。
しかしそこで集中力が切れてしまったかな。
決勝は気持ちで負けてしまった。
気持ちがついていかずとも、
恐怖心に打ち勝つ方法がある。
正確には恐怖心を抱かずにすむ方法が。
それをじっくりとやっていこう。

〜チャンユ
ひとつミスをしてしまっただけ。
こればかりは経験だから仕方ない。
ただ、悔しい気持ちがあるならば、
もっともっとやれる。
内容自体も良かった。
練習のときに言った安定するための改善点もしっかりできていた。
たくさん練習したんだなと感じれた。
このまま頑張ろう。


今回は本当にいい練習になった。
参加させて良かったと思う。

運営された新原さん他スタッフの皆様に感謝。




福岡県もすこしづつ進化していけたらいいな。


そういえばひとつ報告を忘れていた。
『 飛永親分もミドルクラスで決勝にすすみました。 』

決勝でもスマートな登りでクリップも早く、
ほぼ完璧な動作。

リード2回目とは思えないクライミングを見せてくれた!

『 また参加しましょうね! 』




さてみんな、トレーニング頑張りましょう。
2
投稿者:tajippei

雑記

林間を吹き抜ける風が
本当に気持ち良い

この時期の岩は最高だ。


クリックすると元のサイズで表示します

マット位置が明らかにおかしい・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

龍の涙(仮) V5 1級



クリックすると元のサイズで表示します
秋香 V3 完登のYUU。


小竜北面をまとめた。
詳しくは、JOY2blogへ。
http://blog.livedoor.jp/joywall2/





クリックすると元のサイズで表示します
明日はJOY KIDSの初舞台。
一部大人も居るけどね〜。
3
投稿者:tajippei

DVD 『 PROGRESSION 』

これまでDosage vol.1を越える作品は出ないと思っていた。

登場人物のカリスマ性、
話題の課題、
先端のスタイル、
映像、編集。

条件全てが整っていた。

最近出されたDVDで素晴らしいものも沢山あったが、
条件全てクリアするというものは・・・。

時に左右されるところが大きいためか・・・、


この作品が完成したのは必然だったのかもしれないが、
ここに存在するのは、
奇跡に近い偶然ではないだろうか。

DVD『 DOSAGE Vol.1 』
2000年 Chris Sharmaが限界を押し上げたREALIZATION 5.15a。このルート完成以前にも5.15のルートはあったが、このルートが完成し映像として公開されたことにより5.15という数値が現実のものとして世に広げられたといっても過言ではないと思う。
とはいえこのように歴史的背景や数値で言えば難しくなってしまうが、実際はもっとシンプルなもの。

当時でいう世界最高のclimbingを実戦したChris Sharmaのあの完登劇を見て多くのclimberが感動した。


DVD『 PROGRESSION 』
『DOSAGE Vol.1』のときと状況が似ている。
クリックすると元のサイズで表示します

2009年に再び彼自身の限界を一つ押し上げ、
それがそのまま世界的限界なっていた数値の向上となった。

『 Jumbo Love 5.15b 』 Chris Sharma 初登

このDVDの流れは偶然にもDosage vol.1と似ている。
各チャプターのつくりも、
きっちり現在をとらえていると思う。

流行の岩と課題、
トレーニングとコンペシーン、
現在のトラッド、
極BIG WALL、
そして限界。

全てにおいて私の中でDosageを越えたと感じた。


Jumbo Loveは凄まじすぎる。

そして完登の感動はRealizationを越える。

もちろん数値もだろう・・・。

でも、何かRealizationのときと決定的に違っている気がした。

何だろう・・・。



Dailaの存在か。
tryを温かく見守ってくれる存在、
完登を共に感じてくれる存在、

映像中のDailaのコメントも、
感じるものがあった。

最愛の人のそばで最高のclimbingができたなら、
それは幸せだろうな。










Chris Sharma 一体どこまで進むんだ・・・。

しかし、ビレイまでDailaがしなくてもいいんじゃない?
体重差ありすぎやろ。





岩にいきたいぞ!!!!!



クリックすると元のサイズで表示します
0
投稿者:tajippei

Pink Spider 二段

Pink Spider 二段、
クリックすると元のサイズで表示します

黒木のメインハングの右端に位置するこのline、
今年の春ごろ瀬高のMOMO氏より見出され初登された。

国体前に初登者より直接情報を聞いた私は、
先日早速Tryをしてみた。

何度も訪れているこのエリアではあるが、
ここにlineを導く発想が無かった。

実際に取り付いてみると、
思いのほか難しい。
若干打ちのめされる。

二段といって少しなめていた。

ただ、そこでめげなかったのは課題の質の高さからであろう。

打ち込みも終盤、

左ガストン右足ジャミングキョンの体勢から右手を寄せるMOVEがあるが、そのパートで思いきり左手がスリップしてしまった。

クリックすると元のサイズで表示します
フットジャムが残ってるだけに

やばい

と、感じながら自由落下。

クリックすると元のサイズで表示します

↓このままフェイドアウト
クリックすると元のサイズで表示します

落ち方は間抜けだが、
私本人は大概びびった。

怪我しないで本当に良かった。
何年かぶりのマジ落ちだった。

このfallで逆に気合が入った次の便、
全てが順調に行き、
何とか完登することができた。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

Pink Spider 二段 GET!

充実したclimbingを送らせて貰った、
このlineと初登者に感謝。

グレードに関しては最近登ったどのV8よりも厳しい気がする。
体感二段V9。
ただし、日向神や黒木は気温に著しく左右されるエリアであるため、
真冬にtryすれば易しく感じられるかもしれない。

ちなみに初登も気温が上がりだした春先だったと記憶する。


クリックすると元のサイズで表示します

さて、いいシーズンが来たからにはまだまだ登りまくるぞ!

クリックすると元のサイズで表示します
↑このエリアは道路から近く人気のあるエリア、登った後はブラッシング。
4
投稿者:tajippei
1 2 3 | 《前のページ | 次のページ》
/3 
 
AutoPage最新お知らせ