Team JOY

tajippei、再スタート。
岩と人の記録

 

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

植物

前々から気になっていた植物。

内に来て2年
ずっと伸びっぱなしになっていたが、
ようやく植え替え。

クリックすると元のサイズで表示します

元気になった。

クリックすると元のサイズで表示します

寒い中作業ありがと。




最近内の連中でホットな話題、竜体山のチョーク痕。
この2日間で情報がだいたい集まったので一応開拓者としてコメントしておこう。そもそも竜体山自体のクライミングは、黙認という形で許可されている。何か問題が起こればまず使用禁止エリアとなるであろう。その意味では慎重に利用せねばならないエリアだ。チョーク痕についてはどうか。冷静に考えれば、どれだけひどく残っていようが、一般人的には問題ない。そもそも一般人にはどれがどうとかわかる問題ではない。よってエリアの存続に関わる問題ではない。では、チョーク痕、何がいけないのか?これはクライミングのモラルの話しだ。なぜチョークを落とすのがマナーとなっているのか?それを日常生活レベルと同じ程度で考えて欲しい。マナーが守れない人間が秩序を崩す。低い次元の例えかもしれないが。次に利用する人、みんなのことを考えて利用してもらいたい。


この2日間、善意で内の連中の何人かがブラッシングにいってくれたらしい。

今回、特に気になったのはチョークの残っていた場所。
もし残っていたのが2級以上の課題であれば、後々誰が残したものか見当がつき、誰かしら注意するであろう。今回は違う。易しい課題(V2 4級程度)からひどく残っていたらしい。しかも性質が悪いことにブロックチョークをこすり付けたようなあとまで。

ようはこの初心者層が岩に出てきている中で、教育できる環境が整えられていないということ、 それは大問題だ。

日田ローカルによると最近特にビジターの出入りが激しかったらしい。
ただ、そもそも、人気課題は一日に成ったものではなく積み重なって成ったものではないかと思う。皆が皆ブラッシングをしてあの状態になったなら、私は仕方ないと思う。人気課題としての代償であろう。

ただし、もしかしたらひとりひとりがブラッシングを怠ってチョークがこっ酷く残ったならたならそれは確実にモラルの問題に発展する。

実際には見ていないからわからないが、深い問題なのか杞憂なのか各自判断して動いて欲しい。

最後にもう一度、

『 チョーク痕についてあなたはどう思いますか? 』









脱線した。



みんなありがとね。
お疲れさん。

そういえばキハラさんが『スローピートラバース V4』と『ROSSIAN PAB V4』を完登した模様。

また剛が『龍の涙 V5』を完登した模様。





2
投稿者:tajippei

超越 四段 に尽くす

大津イベントの夜から、
ずっと頭から離れないものがあった。

『超越 四段』だ。

あの日、
確かに半分登ったようなものなのだろう。

でも、
そこに『千の風三段』
というlineが与えられている以上、
私が登ったのは『超越』ではない。

確かにその岩は登った。
climberとしてはそれで満足できるはず。

ただ、私は満足できなかった。

たぶん私のエゴであろう。
課題名とグレードが気になって仕方なかった。

課題名とグレードは誰かが与えて岩に定着するもの。
あくまで人工物なのだ。
その人工物が気になるというのはやはり、climber誰もが抱くmotivetionからではなく、私個人のエゴから発するものなのだろう。

大津の開拓者、マッキム氏が初登した
『超越 四段』

氏が超越を完成させそれを公開するとblogにUPした時点で、私は『超越』という課題から熱を受けた。

そこから、
登りたいという気持ちが徐々に大きくなり、
イベントに参加することを決めた。

だからこそ、やはり引っかかったのかもしれない。

私が登ったのは超越ではないのだ。


11月26日(木)
再び大津へ。
メンバーはYUUとNOBU。

現地では、見覚えのある強い若者のグループ。

スーパーモアイでウォーミングを済ませ、
いざ超越の岩へ。

リップは乾いてこそ無いものの、
トライ可能な湿り具合であった。

とりあえずMOVEをおさらい。
前回登ったときより厳しく感じた。
理由はわからない。
気持ちの問題か。

その後一応上部のリップトラバースをばらす。

落ちないことがわかった。

数便後、
引っかかっていたものが全て消えた。


超越 四段  完登。

クリックすると元のサイズで表示します

登る前はいろいろ考えてしまったが、
登れたことで 全て私の中で結論着けれた。


『千の風 三段』
最も美しいline。
どこのエリアに在っても★★★のlineであろう。

『超越 四段』
に関しては、美しさや合理性で言えば『千の風』に劣る。
グレードに関しても『千の風』とほぼ変わらないであろう。

だからこそ、
今日登る前までは、
そこまでしてやる価値があるのか?
そう思っていた。

でも、トライしてみてようやくわかった。

〜やる価値はあったと。

リップトラバースを付け加えたとしてもグレードは変わらない。
合理性の意味では劣るだろう。

でも、・・・
グレードが変わらずとも内容が増すこともある。

それがわかった。

岩の形状を生かしたのであろう。
こういう開拓もありだということ、
そこに熱を感じれるかということ。

もし、
初登者がマッキム氏でなければ、まずやってなかった。
わからないままだった。


人工物を登りに来たつもりであったが、
結果的に岩を登っていた。

初登者のおかげだな。
感謝。




〜その後を2級から初/二段までを数本やって終了。
NOBUは終始一緒に登ってくれ助かった。

ちなみにNOBUもいい登りしていた。
とはいえ、スーパーモアイの核心越えて落ちてきたときには、
『 あほ 』
って本音漏らしてしまったが・・・。

まぁよい。

今度スポットしたる。
それまでにそつなく登れるようなっとれ。



大津エリア、まだまだ課題が沢山ある。
また来よう。

そういえばThe Ranchのホームページに、
大津のイベントの写真がUPされてて、
そこにコメントとともに麟太郎が沢山のってて、
私としては微笑ましかった。

見てみてね。



成果

じゃじゃ馬ならし 4級
スーパーモアイ 初段 3撃
▲モアイ 3級 上でやめる。高い。
▲しけっちょん 5級 敗退 下が怖い。
真夏のピンチ 初段 3撃 NOBUも惜しかった
ストーンパイン 4級 2撃
ザ・ルイージショー 3級 一撃
カチの気配 2級 1撃
ダークサイド 2級 1撃
ミルクロード 4級 
Re: アンダーキャッスル 初/二段
超越 四段 DAY2

5
投稿者:tajippei

体調不良と高難度 『スーパーピンチマン 三段』 『千の風(超越ショート) 三段』 

2週間ほどまえから、体調不良が続いた。

体調が戻っては、
岩へ行き、
そしてぶりかえす。

最終的には、
体調が悪くても力を出す方法がわかってきた。

そしてまた調子にのり岩へ行く。

11月19日(木)
長崎某エリアへ。

狙うはスーパーピンチマン 三段。
手数がそんなにないのでやれる気がしていた。

クリックすると元のサイズで表示します

1時間くらいして完登。

ただし、足がマットにかすった。
とはいえ満足したので終了。
春にでも完全な形でリピートしに来よう。

体感 もちろんV10 三段。
ランディングが怖かった。

帰りの車では、徐々に血の気が引いていき意識が朦朧としていく感覚があった。

夜は安静にすることにした・・・。
が、決意とは裏腹に、
夜のジムは最強の外来が・・・。
つられて一緒にセッションしてしまう。

次の日の朝、頭痛が残っていたのは言うまでも無い。


土日 完全安静。

日曜日の夜、熊本を目指し車を走らせる、
  ちびっ娘いとぅちゃんが・・・。
    私は助手席。
     ありがとうな。
体調はほぼ回復。

これでがっつりと超越を楽しめる。
そう思っていた。

熊本県大津のキャンプ場についてからはイベントの前夜祭の中に身をおいた。

摂取してもいない風邪の薬を言い訳に呑まないつもりで居た。
けれども久々の濃い連中との話しが楽しくてついつい呑んでしまった。

心地よい酒だった。

夜も更け、明日に備え寝ようと思っていたころ、
KOが慌てて帰ってきた。

いろいろ言っていたが、何を言っているのかさっぱりわからない。
わかった頃にはときすでに遅し。

酒を抱えたRanch軍団参上。
それだけならまだ良かったが、
先頭に 天敵おがっちが・・・
私の名前を叫びながら、こっちにむかってきた。

ここからはあまり記憶に無いが、
どうもジンとウォッカを飲まさせたらしい。

敗退。

11月23日(祝)大津ロックブレイク 
清々しいイベントの朝とは思えないほど、
目覚めの悪い朝だった。

岩までのアプローチは凄まじく気分が悪かった。

途中、一瞬目が覚めた。

目的の岩、超越 四段が目に入る。
頭が冴え渡る。
そしてわかった。
素晴らしい課題だということと、得意パターンだということが。

指先を握りこむと、あまり感覚が無い。
まだ駄目だということがわかり、
正気に戻る。

気分が悪くなった。

とりあえずもう少し下って、
易しい課題をすることにした。

5級、2級、二段、1級、3級、6級
それらを登ったところでもう少し下る。

ルーフの1級や初段、3級など。
かなりかっこいい課題があった。

宮崎のケンセイ達かな?
彼等に混じり登らせてもらう。
みんな積極的に攻めててかっこよかった。
・・・そんななか私はふらふらクライミング。
1級一本登ったところで気分が悪くなる。
流石にルーフはきつい。

休憩しながらさらに下へ。

女性陣5〜6人でセッションをしていた。
流石に悪そうだったので、MOVEをばらす。

悪かった。

いろいろ考えている間に、どんどん先を越されていく。
九州の女性陣も上達しているんだと感じながら、
保留して下のエリアへ。

数本登って、もう一度さっきの岩2/3級へ。

セッションしているメンバーが多少変わっていたが、
スマートな形で完登しているのを見て良いイメージをつくれた。

次の便ようやく完登。

だいぶ体調が回復してきたので、
ぼちぼちメインの岩に戻ることに。

超越 四段。

いざ挑戦。
酒は残っているが風邪ほどきつくない。

彰くんやNOBUにMOVEを教えてもらい、
ひとつひとつばらす。

彼等のMOVEがかなりしっくりきた。
ありがたい。

繋げに入る。
超越のオリジナルパートではほぼ落ちなかった。

その上の初/二段のパートで何度か落ちる。
『 集中力だな 』と感じた。

休む。
TASSYが来た。

が、無視される・・・。

気合が入った。
いざTRY。

しかし周り誰も居ない・・・。
もう少し休む。
流石にスポットが居ないと突っ込みたくない。

シュウイチが戻ってきたのを見計らい、トライ。
何も言っていないのにスポットしてくれて助かった。
ありがとう。
・・・実は登り出したらスポットしてくれるはずと勝手に期待していた(*・ー・)。

超越のオリジナルのパート。
落ちる気がしない。

初/二段のパートの一手目、毎回きわどいが今回はなんとかとまった。

ここから先数手は4級程度、順調に詰めていく。
スポットの人数を増えているのを感じた。
本気トライの空気を感じてくれて、
駆けつけてくれたのであろう。
感謝。

後半部、ポッケを捉え損ねて危なかったが、
辛うじて指がかかったので重心は落ちずにすんだ。

リップへ。
ここから4級のトラバースをこなして終了するのが、
本来の超越だが、
今日はトラバース部分のリップが濡れていたので、
そのままトップアウトした。

超越リップトラバースなし 完登。
(初登者によると、私とこの日の再登者祝くんが登ったこのlineは千の風三段とのこと。)

コンディションにより多少目的はそれたが美しいlineを完登できて満足した。

ただ、若干の不完全燃焼があるので、
近いうちにまた来る。
lineではなくグレードを登りに。

そして自分自身の整理のために。

リップから降りてくると、
結構な人がスポットをしてくれていたことに驚いた。

ありがとう。

とくにNOBUとシュウイチはずっと付き合ってくれ本当に助かった。

その後をスポットを中心に、
何本か登ってイベント終了。

いいclimbingができた。

16時終了。

へとへとになった。

11月24日(火)は一日中寝る。
そして今、ようやく全快となった。

まだまだ登りたい課題が山積みだ。
くたばっている暇なんて無い。


明日はどこに行こうかな。
決まっているけど。

もちろんもう一度。


〜大津で絡んでしまったみなさん、
付き合ってくれてありがとうございました。

スタッフのみなさん、本当にありがとうございました。

今回の日記は自分の登り中心なので、
そのうち全体の感想を。


クリックすると元のサイズで表示します
7
投稿者:tajippei

ぶりかえす。

11月12日(木)
熱がようやく下がった。
よって岩へ。

途中、いつもの山国道の駅へ
クリックすると元のサイズで表示します

かかしフェスタらしく、
本物と見間違うくらいの牛が居た。
・・・地元の人が愛情込めて作ったんだろうな。

近くでみると不気味。
だからこそ可愛らしい。

見学を終えて買出し。

いつもの弁当。

クリックすると元のサイズで表示します

もっちりとしたオニギリと味の染みた肉とたまご焼き。
バランスは最高。

ついでに野菜買出し。
クリックすると元のサイズで表示します
レジのおばちゃんの反応からして確実に地元民と思われてる。
けっこう来てるもんなぁ。

落ち着いたところでエリアへ向かう。
大分県北のとあるエリア。

狙っていた課題は条件悪く触らず。
仕方なく以前少しだけやって不可能とあきらめたlineに挑戦。

今日は冴えていた。
MOVEがひらめく。

トゥフックに気付き、離陸に成功。
しかし、次の一手ははるか遠く。
でもでもやはり今日は冴えていた。
中継HOLD発見。
核心MOVEがばれた。
その後のMOVEをかみ合わせリップまで確認。
1時間経ったところで全MOVEが揃った。
推定V9あたり。
これは今日登れるなと感じた。
繋げに入る。

4便目あたりで、核心の2手目が一瞬とまったが
堪えきれず。

その後は、徐々に指先に力が入らなくなっていった。
握りこぶしをつくって、指の疲労度を確認すると、
開始時ほど力が入らないことに気づく。
『疲労というより集中力だな』
そう感じた。

一度失った集中力を取り戻すのは困難だと知っている。
病み上がりということもあり今日は終了。

体がだるい。
帰りの運転が本当に困難であった。

その後JOYへ。
閉店後、体のだるさが気になり体温を測ると一番悪い状態に戻っていた。

風邪ぶりかえす。

アホだった。

やはり岩に行きたい気持ちだけで行動したらいかんことか。
すこし安静にしよう。

ジムあわせてもまともに登ったのはもう一週間前。
そしてまだまだ完治しそうにない。

くっそ〜。

来週超越のMOVEばらしたいのに・・・。

厳しいな。
まぁゆっくり休もう。

〜ということで、
ビデオをパソコンに接続するのも億劫なので映像も静止画もなし。
ごめんなさい。





お見舞いの品なんて気を使わなくていいので。
JOYでまってます。


1
投稿者:風ラ引きtajippei

風邪をひく

『 最近、再登ばかりでちゃんと開拓してないだろ? 』

と、思われているtajippeiです。



それなりにはやっているつもりだけど。
再登は気が楽で楽しいのだよ。

最近特に中難度が量産されていて、
やりたい課題がどんどんたまっていく。

開拓どころじゃないのだよ。

・・・でも、この時期開拓しておかないと、
いつまでたってもProjectが終わらない。


う〜ん。

いや、でもちゃんと開拓してるのだよ。





クリックすると元のサイズで表示します
↑絆 V7くらい
クリックすると元のサイズで表示します
↑課題名はまだ 
3日くらい打った V10くらい?
最近グレードがよくわからん
抜けで木を保持したからもう一回だけど。
クリックすると元のサイズで表示します
↑PROJECT。たぶんV16くらい。
まったくMOVEできない。
自身のハードクライミング最後の課題になるだろうな。

クリックすると元のサイズで表示します
↑掃除したら最低限のHOLDしかなかった。
綺麗なスラブのPROJECT。
昔ならのぼれてたかもしれないが、
スラブやっていない今は無理。
たぶんV10くらい。
北九州のBOTCH氏なら登れるだろう。





〜ただいま、完全に風邪でダウンしているのだよ。

motivetionはあるのに・・・。

昨日に限って、熱まででやがって。
岩にいけず。

ひさびさに3日も完全RESTしたのだよ。

くっそ〜
からだおみぃ。

いつ治るのだよ。


意味わからなくなってきたので
終わり。

風邪がはやく治る方法教えてくれ。
3
投稿者:tajippei
1 2 3 | 《前のページ | 次のページ》
/3 
 
AutoPage最新お知らせ