Team JOY

tajippei、再スタート。
岩と人の記録

 

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

みんなで八面山

4月18日、総勢11人で八面山へ。
私の目的はトポの作成。

クリックすると元のサイズで表示します

まずは石舞台。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
なかなかのハイボールにも関わらず
皆果敢に攻めていた。

クリックすると元のサイズで表示します

魂と掃除人の完登がでるとは思わなかった。

この岩を登ると、中津市を一望できる。

クリックすると元のサイズで表示します
…藪子、邪魔や。

〜ざっとトポを作ったところで移動。

クリックすると元のサイズで表示します

無線のボルダーへ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
EL CAP V0 まいまい(藪子)

クリックすると元のサイズで表示します
八面5大クラシックのひとつ、
『ノーズ V4』のTAK。


一通りトポをまとめたところで
分岐のボルダーへ。

チェルシーチェインV5の岩にいく。
そしてまずチェルシーチェインを。

3便ほどしたところ、
TAKがあと3分で帰ると言い出した…。

あせった挙句3分では登れず、敗退…。

…まさかv6で敗退するなんて。
というかREPEATで落ちたことなかったのに…。

後味悪く、
TAK、まいまい、私はここで撤収。

他の連中はもう少し打ち込んでいたようだが、
私が悪いイメージを作ったためか敗退した模様…。


ごめん。



実は先ほどの無線のボルダーでもV4で敗退しており、
かなりな不完全燃焼な一日だった。


リベンジしてやる。



もやもやもやもや…。


『皆さんお疲れ様でした。』






0
投稿者:tajippei

人工壁リード

4月12日(月) またしても雨。

クリックすると元のサイズで表示します
岩は厳しいので、人工壁。
14時集合で竜岩に行く、

つもりが、パートナーTAKから
いつまで経っても連絡がない。

苛立ちながら待った結果、17時出発に。
前日の呑みで酔いつぶれてたらしい。

集合して、
向かった先はラリーグラス。

リードモードに入っていたため、
リードから入る。

5.10cから始め、最難であろう11dまで7本をon sight。

ひとつわかった。

リードの方がボルダーに比べ、
痛めた指によくない。

ガバを握ると痛い。

クールダウンにボルダー。
はちさんの垂壁課題が一番悪くかなり打った。
指には優しかったが…。


帰りに、考えるのが面倒だったためJOYFULLで飯。



4月15日(木)
変わり映えしないいつものTAKとアクシオン。
クリックすると元のサイズで表示します

久々の10mOVERのリードということで5.11-程度を3本。
ハングは問題ないが、
緩い傾斜のスローパー系統課題に恐怖心があり。

ということで緩めの5.11+にtry。
結果、onsightこそしたもののかなり不安定要素あり。
一箇所理不尽なデットをかましてしまう。

MOVEを探る粘りがない。

保留し、
ハングガバ系であろう5.12-を。
これは安定。

最後にもう一度、先ほどの5.11cをやる。
今度は安定して完登。

きちっと足を拾い捲りMOVEを探って登ったためであろう。

先ほどより時間はかかったが、
温存はできた。


クリックすると元のサイズで表示します

力を温存しながら登る意識、
先の動作を考えながら登る意識、
残りの力を把握しながらMOVEを起こす意識、

それらが戻ってきた。
今年はリードでの本気TRYを!

〜とはいえ片想い中のlineはない…。

とりあえず、
人工壁。

まずはアクシオンカップ。


指の復活も同時進行。

がんばろうっと。
と、簡単に言う。



0
投稿者:tajippei

湯ノ釣開拓

新緑入り混じる桜、
クリックすると元のサイズで表示します

4月9日(金)、久留米に戻る途中寄り道をし湯ノ釣へ。

高トシ開拓中のエリア偵察を目的に。

クリックすると元のサイズで表示します

思いの外エリアは深く、
それなりに良いエリアになりそうであった。

とりあえず、私も数本登らせてもらう。

クリックすると元のサイズで表示します
高トシFAのV2、課題名はまだついていないようだ。
グレードは私もV2だと思う。

その隣にV3を作った。

クリックすると元のサイズで表示します
グリーンピンチ V3

しょぼっちぃが内容はそれなり。
トポには載せないかも。


クリックすると元のサイズで表示します
次は時間があるときに、
登りに来よう。

それまでにproject終わらせといてね、
0
投稿者:tajippei

North Gate Set!

4月9日(木)大分North GateのSET。

9時作業開始。
クリックすると元のサイズで表示します

まずは1000個弱のHOLD付け。

クリックすると元のサイズで表示します

パートナーはNOBU。
クリックすると元のサイズで表示します

この日は早かった。
16時にHOLD全付けを終えた。
すべてのHOLDを付けきったのは初めてかもしれない。

クリックすると元のサイズで表示します

差し入れ、感謝。
クリックすると元のサイズで表示します

途中、大分のclimber数人がパラパラと見学に。

クリックすると元のサイズで表示します
ユウ介としゅう。

クリックすると元のサイズで表示します
遠くを歩くシミたん。

写真はないが夕方にタカ、夜に大分女性陣。

作業の話に戻そう。
HOLDセットは最速で終わったのだが、
課題作りに大苦戦。

師匠から数ヶ月持つ課題をと言われていたこともあり、高めの難度課題をいつもより多めに作ったためだと思う。

17時には終えて、呑みに行く予定だったのに気づけば21時…。

そこから妥協してスタンダート系課題を量産すればすぐ終わるのに、

結局、プライドが許さず
一課題一捻りにこだわった。

結果35本弱(私は13本?)作るのに5時間以上かかり、
作業終了は…。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

23時、完全終了

今回は、
NOBUも中々に進化していることを途中で感じ、
いくつか重大な仕事を頼んだ。

NOBUがいなかったら作業は翌日まで及んだことであろう。
Thanks。

師は本業で疲れ気味、
無理はせぬように。


お疲れ様でした。

0
投稿者:tajippei

中学生

JOY KIDSの数人が中学生になった。
その中のひとり、ヨシは本気でclimbingを続けようと考えている。そのためこれを機にトレーニングを開始させた。

トレーニングといっても、
プロを目指したり、
大会に勝つためのトレーニングではない。

故障しないためのトレーニング。

長く続けるためにはこの時期に、
基礎体力をつけておく必要がある。
何らかの障害を抱えてしまってからでは遅い。


実際に若年層の多い地域で騒がれている問題のひとつ。

マイナースポーツである以上、トレーニングに関しての情報こそ少ないが、
体の発達の増進と芯の強化がこの時期に必要とされることは確かであろう。


ヨシユキのトレーニング開始2日目のこと、
ユウスケが


『 僕も明日から走らせてください、
   
   僕もクライミング続けます。 』

と、言ってきた。




響いた。

その言葉が、
無性に嬉しかった。


健気な気持ち、
しっかりと還元せねば。


クリックすると元のサイズで表示します
二人ランニング。
こいつらがかわいくてしかたない。
だからって、着いていく必要はないか?

クリックすると元のサイズで表示します
ハナ




さて、私もがんばろう。
アクシオンカップにむけて。
リードをぼちぼちやらねば。
指のリハビリは60%

2
投稿者:tajippei
1 2 | 《前のページ | 次のページ》
/2 
 
AutoPage最新お知らせ