Team JOY

tajippei、再スタート。
岩と人の記録

 

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

帰省時・・・

とんぼにて
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

久留米に帰る途中、
日田某うなぎやにて
クリックすると元のサイズで表示します

やばい、体重が・・・。
0
投稿者:tajippei

(無題)

6月14日、大分県中津市
初ダイハツ壁。

クリックすると元のサイズで表示します

10分程度講習を受け、
登りはじめる。

5段階程度テープ課題があったので、
易しい方から順番に。

すべて足Freeではあったが、
一番上のランクの課題は難しかった。

落ちかけたものの一応すべてOnSight。

一枚の壁でも使い方を選べば、
楽しめるものだ。

快適に過ごせるし、
また来よう。



夜は実家へ。

室内犬と化したハナ
クリックすると元のサイズで表示します

翌朝はいつも通り、猛烈な行くなアピールをくらう。
クリックすると元のサイズで表示します
2
投稿者:tajippei

バーベキュー

日向神で登ったその日、
陽が沈む前に飯の準備を始める。

クリックすると元のサイズで表示します

もちろん、火も熾してもらう。

クリックすると元のサイズで表示します

夜に入り、
徐々に人も増え始めた。

クリックすると元のサイズで表示します

いつのまにか、
呑みだの食いだの
勝手に始まる。

クリックすると元のサイズで表示します

ヅリ刺し馬刺しスモーク等々・・・、
大変そうなものが沢山集まったが、
これだけの人がいれば瞬殺は免れない。

衝さんが後に来る人のために死守しようとしていたが、
どうなったのだろうか。


21時ごろから降り出した雨は、
徐々にひどくなっていく。

日付が変わるころ、
雨は豪雨になっていた。
それにも関わらず、
焚き火の炎は消えることなく保たれていた。


クリックすると元のサイズで表示します

炎より先に、
私の意識が消えた・・・。


記憶も断片的にしかない。
ひとつ、
はっきり覚えているのは、

大富豪中、
同じチームの大人の手札をちらっとみて、
相手チームの子供に言った
マサ(小学3年生)の一言


『 こいつAしかないから、
    大丈夫ばい(*・ー・)』


大富豪とは、残酷なゲームである。
1
投稿者:tajippei

岩壁初心者たちと日向神

6月12日(土) 初心者引き連れて日向神。

メンバーは、
タカとし・ムロヤ・キハ・小島親子・緒方親子・やぶ・衝・飛・TAK。
抜けていたらごめんなさい。

クリックすると元のサイズで表示します

経験者もいたので、
初心者を放置してみた。

やばくなったら手を貸そうと思ってはいたが。

様子を見ていると、
みな試行錯誤しながらうまくやっていた。

クリックすると元のサイズで表示します

本当に思う、
うちに来てくれている人たちは
良い人だかりだと。

陽が当たりはじめたころ、
YさきさんとK1さんが様子を見に来てくれた。

〜1時間近く話し込んでしまい、すみません。〜

その後、お二方は弁財天へ。

追うように何人か弁財天に移動。
私はもう少しここで登る。

クリックすると元のサイズで表示します

太郎5.10c は悪かった・・・
落ちかけた・・・。

落ち着いたところで、
弁財天偵察に散歩。

クリックすると元のサイズで表示します

そこでは、久々にいろんな人と話した。
リフレスのT村さんやK原さん、ガイドのえださんたち。
様々な話ができてよかった。
少し得した気分。

K1さんとYさきさんは、
今日は登る日だと宣言していたのに、
結局既存ルートの整備に入っていた・・・。

〜もう頭が上がりません・・・〜

クリックすると元のサイズで表示します
壁の似合う枝さん。



JOYでバーベキューをするため
夕方とは言い切れない時間帯に終了。


日向神、
思いの他近い。

週末の朝錬にも適している。
また行こう!!!

2
投稿者:tajippei

Rock and Snow 048

クリックすると元のサイズで表示します

ひとつの夢の完結 村岡達哉 
Dream Time の完登記、
この記事は最高だった。

ただ、ひとつ考えさせられた。
〜 以下引用

ここ数年、世界中でボルダリングにおけるグレード議論がたびたび行われ、Dreamtimeはその中心に存在したように思う。
Dreamtimeは2001年、ニコルによって新たなレベルとして8cが提案されたわけだが、のちのクライマーが新時代と銘打ってグレードダウンし、いつしか8b+として語られるようになった。さらには他のクラシックな課題もグレードダウンされていった。
私はこの流れが理解できなかった。グレードとは超主観的なものであり、身体的特徴やクライミングスタイルのわずかな違いによって、体感するグレードがまったく別物になるのは、今さら言うまでもないであろう。そんななか、どのように結論をだしたのだろう、と。

〜以上引用終わり。

私も村岡に同意見ではあるが、
反論理由は異なる。

ここには書かないが、

文中にある、

『 グレードは超主観的なもの・・・ 』

これについて。

実際自身が登る際はそうであろう。


では、
何のためにグレードをつけるのか?
誰のためにグレードをつけるのか?
自分のためか?
なぜグレードは必要なのか?


暇な人、
もしくは開拓に携わる可能性のある人は是非考えてみてほしい。

話は違えど、
似たようなことを。

クリックすると元のサイズで表示します

池田常道 ON THE SCENE 
『女性初の8000m峰14座争いに決着?】

世界は違うが、
韓国の数値主義の醜い実態が垣間見れる。

世界であれ日本であれ、地方であれ、
やってることは同じなんだな。

しょうもない・・・。

コミュニケーションツールであるグレードくらいはうまく使わねばな。





5
投稿者:tajippei
1 2 | 《前のページ | 次のページ》
/2 
 
AutoPage最新お知らせ